分骨


4.分骨
1)分骨とは
分骨とは、一般的には一人の遺骨を複数に分けて納骨することを言います。広義の意味では、遺骨の一部を散骨したり、手元に置いておくことも分骨になりますが、通常は二つ以上の場所に納骨することを言います。
分骨を希望する理由はさまざまですが、「身内の遺骨を兄弟姉妹や家族など、それぞれのお墓に納骨したい」という人が多いようです。 分骨した遺骨を手元に置いておくだけなら特別な証明書は必要ありませんが、埋葬する場合には「分骨証明書」等の書類が必要です。お墓から勝手に遺骨の一部を取り出しても、証明書がなければその遺骨は納骨することはできません。

2)分骨方法と手続き
分骨の方法には、大きくは「火葬場で分骨する場合」と「すでにお墓に埋葬してある遺骨の一部を分骨する場合」の2つがあり、手続きが異なります。

①火葬場で分骨する場合
火葬場で分骨する場合は、次のような流れになります。

・火葬場管理者に「分骨用の証明書」を必要枚数発行してもらう(埋葬許可書は1通しか交付されないので、分骨用の証明書が必要枚数いります)。
・火葬場で各骨壺に分骨してもらう(希望者のみ。分骨してもらう場合は、前もって骨壺を準備しなければならない)。
・納骨する。
葬儀を行う時点で分骨することが決まっているときは、その旨を葬儀社に伝えておきましょう。葬儀社が分骨用の骨壺・錦袋(きんたい)を手配したり、分骨用証明書発行の手続きを火葬場に依頼してくれます。

②すでにお墓に埋葬してある遺骨の一部を分骨する場合
すでに埋葬してある遺骨を分骨する場合は、次の流れになります。

・墓地の管理者に「分骨用の証明書」を発行してもらう。
・石材店に依頼し、墓石を動かして遺骨の一部を取り出す。
・分骨先の墓地の管理者に「分骨用の証明書」を提出する。
・納骨する(骨壺に納める場合は前もって準備する)。
墓地の管理者は、分骨の希望があったら法律的には拒否できません。しかし、お墓が荒れるなどの理由で、分骨をきらう墓地もあります。そのような場合は、十分話し合って理解を得るようにしましょう。