墓地の種類と選び方


1.墓地の種類 ― 経営主体による分類

墓地・霊園は経営主体によって、大きく公営墓地と民営墓地の2つに分けられます。 さらに、民営墓地は公益法人が経営する民営墓地と、宗教法人である寺院が運営する寺院墓地があります。

1)公営墓地(公営霊園)

公営墓地は、都道府県や市町村などの自治体や、そこから委託された公益法人が管理・運営している墓地です。 自治体が管理・運営しているので安心して利用でき、永代使用料や管理料は民営墓地に比べると割安なことなどから人気があります。 しかし、申し込み資格は民営墓地よりも厳しく、各自治体によってさまざまな条件があります。

公営墓地の主な長所、短所を列挙します。ただし、お墓を選ぶ方の考え方や価値観、好みやスタイルによって長短も異なってきますので、目安として参考にしてください。

【長所】
・経営・管理体制が安定している。
・永代使用料や年間管理料が割安である。
・宗教的制約がなく、どの宗教でも利用できる。
・石材店を自由に選べる。
・広々とした公園墓地が多い。

【短所】
・申し込み資格に「現住所が墓地の管轄内にあること」「遺骨がすでにあること」「親族に承継者がいること」などの制限がある。
・競争率が高く、抽選になることが多い。
・募集が不定期で、募集期間も短いところが多い。
・墓所が指定されたり、墓石の大きさや形状が指定されていることがある。
・都市部から離れた場所にあり、アクセスが不便なところが多い。

2)寺院墓地

寺院墓地は宗教法人が管理・運営している民営墓地です。 お寺の境内(けいだい)にある墓地(寺院境内墓地)と境内以外に開設された墓地(寺院公園墓地)がありますが、ここでは昔からある境内墓地を寺院墓地として解説します。
寺院墓地を使用する場合は、原則としてその寺院の檀家(だんか)にならなければなりません。しかし、檀家向けの墓域と一般向けの宗派不問の墓域を分けて運営している寺院もあります。 檀家になる場合は、永代(えいたい)使用料や管理料のほかに、入檀志納(しのう)金や、寺院維持のためのお布施、寄付金などを求められることもあります。しかし、日ごろから僧侶の回向(えこう)が受けられることなどから、寺院墓地を希望する方も少なくありません。

【長所】
・檀家になると、葬儀や法要をその寺院で執り行うことができる。
・日常的に僧侶の回向を受けることができ、よい供養になる。
・立地がよく、アクセス・交通条件に恵まれているところが多い。
・寺院境内に墓域があるので、管理面で安心できる。
・墓域の管理が行き届いている。
・墓地の継承者がいなくなった場合でも永代供養が受けられる(寺院の状況にもよる)

【短所】
・宗旨・宗派が限定されるところが大部分である(宗派不問というところが増えているが、在来仏教に限定している寺院が多い。また、宗派不問でも、法要はその寺院の宗派によって執り行われるのが一般的である)。
・入檀(檀家になること)を前提条件としているところがほとんどである。檀家になると、お布施・寄付や、お寺の行事・活動への参加等を求められることがある。
・石材店が指定されているところが多い。
・墓石の大きさ、形状・デザインを制限しているところが多い。
・空きが少なく、取得が難しい墓地が多い。

3)民営墓地(民営霊園)

財団法人や社団法人などの公益法人や、宗教法人が管理運営している墓地を民営墓地と言います。ここでは、寺院の境内墓地を除き、寺院が境内以外の場所で管理している墓地も民営墓地として説明します。
民営墓地は新しく造成されるところも多いので、公営墓地や寺院墓地に比べると取得しやすいです。また、宗旨・宗派を問わないところも多く、だれもが利用しやすい墓地です。 ただし、永代使用料や管理料は公営墓地に比べて割高で、墓地によって料金差も大きくなっています。また、指定された石材店しか利用できない民営墓地がほとんどです。

【長所】
・宗旨宗派の宗教的制約がないところがほとんどである。
・さまざまな区画が用意されているので、予算に合わせて選びやすい。
・個性的な特徴や雰囲気、サービスなどの工夫をしているところが多く、自分の好みに合わせて選びやすい。
・お墓の大きさやデザインなどが自由に選択できる。
・広々とした公園墓地が多い。
・管理棟や休憩室など、付属設備が整っているところが多い。
・バリアフリーの墓地や付属設備が多い。
・駐車場を完備しているところが多い。

【短所】
・永代使用料や管理料は、公営に比べて割高である。
・石材店が指定されているところが多い。
・郊外にあることが多く、交通の利便性に欠けるところもある。
・管理や運営の良し悪しの差が大きい。