お墓の費用・価格の内訳について


6.お墓の費用・価格

お墓を建てるには、霊園・墓地の永代(えいたい)使用料と管理料(年払いが一般的)、墓石建立(こんりゅう)費(石材費、工事費等)、開眼法要・納骨法要の費用などがかかります。
お墓の価格内訳の画像

1)墓地の永代使用料

永代使用料は霊園・墓地によって異なります。都心ほど高く、郊外にいくほど安くなるのは一般の土地と同じですが、お墓の区画の広さや立地・アクセスの良し悪し、民営か公営かなどでも違ってきます。また、同じ墓地内でも向きなどによって異なります。
1区画当たりの永代使用料の平均価格は、東京都で約90万円、神奈川県約80万円、千葉県約70万円、埼玉県約60万円となっています。 永代使用料の支払いは、墓石の建墓に関わらず、墓地を取得した際に支払います。いったん支払うと、たとえ数年でお墓が不要になったからと契約を解除しても、永代使用料は基本的に返還されません。

2)墓地の管理料

墓地を購入したら、定期的に管理料を支払うことになる場合がほとんどです。墓地内の施設の維持・運営管理(参道、水道、駐車場、緑地、墓地清掃など)に使用されます。 支払いは1年分をまとめて支払うのが一般的ですが、数年分をまとめて支払うように定めているところもあります。
年間管理料は数千円~1万円程度が多いようです。管理料の支払いを怠ると、墓地の永代使用権が取り消されることもあるので、規定内容をよく確かめておきましょう。

3)墓石建立費

墓石建立(こんりゅう)費とは、「墓石本体」、「外柵(がいさく)・納骨棺(のうこつかん)と付属品」、「工事費(施工費)」の3つを合わせた費用です。
墓石本体費用(価格)は、「墓石の種類」、「石の使用量(容積)」、「墓石の加工費」、「工事費(施工費)」によって左右され、中でも「墓石の種類」によっては数十倍の価格差が生じることがあります。
墓石建立費の全国平均は約168万円、首都圏は178万円となっています(全優石「2013年版 お墓購入アンケート調査結果」より)。

4)開眼法要・納骨法要の費用

開眼式・法要や納骨式・法要の費用としては、次のものが一般的です。

①お布施、お車代、お膳料

読経をする僧侶への謝礼として、お布施(ふせ)を渡します。お布施ですので定められた金額はありません。判断がつかない場合は、参考までに石材店に問い合わせるとよいでしょう。 また、寺院墓地境内以外で法要を営む場合は、現地まで僧侶に出向いてもらうため「お車代」を渡します。1万円程度が相場で、僧侶がタクシーなどではなく自分の車で来た場合にも渡します。
法要が終了すると会食が行われますが、僧侶が出席しない場合にはそれに見合う金額を「お膳料(ぜんりょう)」などとして包みます。これも1万円が相場と言われています。

②埋葬手数料

ご遺骨を埋葬する際には、墓石やカロートを動かしてもらう墓地の管理者や石材店さんが必要になり、埋葬手数料を志(こころざし)として支払います。料金は霊園・墓地によって異なりますが、1度の立ち合いで1万~3万円が相場になっています。

③法要施設利用料

寺院本堂や霊園の法要施設の利用料金は、寺院・施設によって異なります。寺院本堂を利用する場合は、お布施の中に含めて渡すのがいいでしょう。

④その他

その他の費用として、「会食費」、「引き出物(ひきでもの)代」、「お供物(くもつ)代」などがかかります。