お墓完成までの流れ


5.お墓完成までの流れ

1)墓地の情報を集める
お墓を建てるには、まず墓地を決めるのが一般的です。墓地を決めるに当たっては、墓地によって永代使用料や利用規定はさまざまですので幅広く情報を集めましょう。
お墓さがしは首都圏の霊園・墓地情報を取扱うお墓の総合サイトで、幅広い情報収集にはとても便利です。
あなたの希望にあった霊園・墓地をピックアップしてみましょう。資料・情報は無料で、簡単に一括請求できます。

2)墓地を比較検討する

資料が集まったら、永代使用料や管理料などの費用、立地条件や宗派の規定など、各霊園・墓地の内容をよく比較検討しましょう。
その中で良さそうなところを数カ所絞って、現地見学にでかけましょう。
3)現地を見学する

実際に現地に足を運んでみなければ分らないことが必ずあります。また、現地見学は現地の担当者からお墓や区画についての具体的説明が受けられるほか、直接に質問もできるよい機会です。現地は必ず見学しましょう。

4)石材店を選ぶ

霊園・墓地が決まったら、次に石材店を選びます。ただし、民営の霊園・墓地のほとんどは、1軒~数軒の石材店が指定されています。さらに多くは、その石材店が霊園・墓地の販売も委託されています。従って、霊園・墓地を決めてから石材店を探す場合は、指定された石材店から選ぶことになります。

5)墓石・デザインを選ぶ

石材店との打ち合わせで、墓石の材質やデザイン、墓石に刻む文字などを決めます。また、必要なら墓石の付属品も注文します。

6)最終確認と契約

墓石・デザインが決まったら最終確認をします。疑問や不安を残さず、納得のいくまで打ち合わせをしておきましょう。
最終確認が済んだら、正式な契約になります。支払方法の確認のほか、法要(開眼・納骨・年忌など)を行う際は、その旨(むね)を伝えておきましょう。

7)お墓の工事(施工)

区画の基礎工事や外柵工事、石材の加工など、通常1~2ヵ月かかります。

8)完了引渡し

工事完了後、お墓の引渡しになります。契約時にもらった図面や写真などをチェックし、仕上がりを確認します。戒名などの文字彫刻の確認までしっかり行いましょう。
確認し、問題がなければ工事費(施工費)を支払います。石材店に注文した段階で工事費の一部を支払う場合もあり、その場合は残金を支払います。

9)開眼法要・納骨法要

僧侶などの祭祀者を招き、墓石に魂を迎え入れる開眼(かいげん)式・法要という儀式を行います。開眼式・法要は四十九日、百か日、1周忌などの法要の時に、納骨式・法要とあわせて行うのが一般的です。
僧侶に関しても、宗教に応じて霊園・墓地や石材店で紹介してもらえます。