お墓の承継


1.お墓の承継
1)承継とは?
 お墓や仏壇など、先祖を祀(まつ)るための財産を「祭祀(さいし)財産」といい、これらの祭祀財産を受け継ぐことを承継といいます。

2)祭祀財産と相続財産の違い
 祭祀財産は、不動産や預貯金のような「相続財産」とは区別して扱われ、次のような違いがあります。

①権利と義務
 承継者は遺骨やお墓に対する決定権を持つ一方で、義務も負います。具体的には、墓地・墓石の維持・管理(管理料の支払いなど)、先祖の供養、寺院墓地なら檀家の務めを行わなければなりません。

②相続方法
 祭祀財産は分割して承継することはできません。承継者は原則として一人です。分割すると、お墓に対する決定権や義務があいまいになり、トラブルのもとになるからです。

③税金
 祭祀財産には相続税はかかりません。そのため、相続税対策として生前にお墓を購入する人もいます。