承継者がいないときは


4.承継者がいないときは
1)承継者を指定できる
 子供がいないからといって、すぐにお墓の承継をあきらめる必要はありません。現行の民法(第897条)では、墓地の使用者が指定すれば、子供や親族でなくても承継できます。 承継者を指定する場合は、トラブルを避けるために、あらかじめ承継する当人はもちろん、周囲の了承を得て、遺言書などの文書に残しておきましょう。
 「親族に限る」など、墓地が定める承継者の条件から外れている場合は、墓地の管理者にあらかじめその旨を伝え、了解を得ることが必要でしょう。

2)結婚・改名した娘でも承継できる
 結婚し、改名した娘が、実家のお墓を承継することもできます。ただし、姓の違い、結婚した先との宗派の違いや菩提寺との関係などが問題になることもありますので、墓地の管理者に確認しましょう。
 実家のお墓を承継した場合、改葬して、両家墓を建立するのもひとつの方法です。その場合は、両家の名を2つ並べて刻むほか、名号や題目、好きな言葉を刻むケースもあります。また、墓地の敷地に2つの墓石を並べて立てるという形もあります。

3)改葬する
 子供や親族がなく、承継者がいない場合、無縁墓(むえんぼ)になることを避けるために、改葬をする方法もあります。これには「永代供養墓」や「共同墓」があります。
 また、改葬しなくても、管理料を数十年分まとめて支払えば、その期間の供養を依頼できるところなどもあります。 寺院や墓地の管理者などとも相談して、よい方法を選びましょう。