お墓の工事(施工)


5.お墓の工事(施工)
 お墓の工事(施工)は、お墓の形状や現場の状況などによってことなりますが、通常2~5日程度を要します。 工事の大まかな手順は以下のようになります。

1)基礎工事
 基礎工事とは、外柵や石碑を据え付けるためにコンクリートの基礎を打つ工事のことです。
 基礎工事の方法は、地盤の強弱や地域の寒冷差、石材店によっても異なりますが、耐久性と強度を増すため、鉄筋を配したりします。
 手順としては、最初に30㎝ほど根切りをして、割栗石(わりぐりいし。大きめの砕石)を入れて固めます。次に外枠を入れて鉄筋を組んで強度を増した後、コンクリートを打ちます。コンクリートの厚みは、地盤や墓所の大きさなどによって異なります。

2)外柵据付
 外柵にもさまざまな加工と積み方がありますが、外柵を三段に積む場合は、外柵の下石、中石、上石の合口(あいくち)にモルタルを流して順々に積み上げていきます。上石の上には、塔婆立てや小柱などが据え付けられます。
 土を入れる前にカロートを据えます。カロートの大きさ、深さ、材質なども地域によってさまざまです。カロートを設置し、石碑据付工事後に土を入れると、外柵は完成します。

3)石碑(石塔)据付
 基礎と外柵工事が済んだら、拝石や芝台を据えます。中台、上台を乗せ、その上に竿石を建てます。そして、墓誌や物置台などの付属品を据え付けて完成です。

4)完成検査
 墓所完成後は、施工業者さん立会いのもと、地方自治体で完成検査を行います。