和型? 洋型? 墓石のデザイン

和型? 洋型? 墓石のデザイン

どのようなお墓を建てるか考えるとき、まず決めなければいけないのがお墓のタイプ。大きく分けて「和型」「洋型」「デザイン型」の3つがあります。

伝統的な和型にするか、最近人気のモダンな洋型にするか、思い切って斬新なデザイン型にするか。各デザインのポイントについてまとめました。

「和型」の墓石

もっともよく見かける伝統的なデザインです。お釈迦様の遺骨を納めた仏舎利塔や五輪塔を簡略化したものといわれ、江戸時代の中頃から普及しました。

上から「棹石」「上台」「中台」「芝台(または下台)」の四段構造、あるいは芝台を置かない三段構造になっています。棹石と上台の間に「蓮華台」や「スリン(布団)」を置くこともあります。

棹石の正面には「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」といった各宗旨の名号や題目など、あるいは「○○家之墓」「先祖代々之墓」などの文字を刻みます。

地域によって形状や寸法に違いがあり、バリエーションが豊富です。また、神道のお墓は「トキン型」といって棹石の頂上が四角錐になる、線香を焚くための香炉を置かない、「墓」のかわりに「奥津城」「奥都城」と刻むなどの特徴があります。

洗練され、風格のある和型の墓石は今も根強い人気があります。最近では黒や白い墓石ばかりでなく、グリーン系やダークグレーなどの墓石を使う方もいるそうです。

「洋型」の墓石

近年、公園墓地や芝生墓地で見かけることが多くなった欧米風の墓石。和型に比べて背が低く、幅が広いので安定感があります。

和型を変形し、棹石を横長にしたもので、「棹石」「上台」「下台」もしくは「棹石」「下台」で構成されます。「オルガン型」「ストレート型」「プレート型」などに分けることができます。

オルガン型は棹石正面の文字を刻んだ部分に角度があるもので、オルガンのような見た目からそう呼ばれます。洋型墓石ではもっとも一般的な形です。

ストレート型は正面の部分に角度をつけない、もしくは斜度が少ないものです。斜めになっていないので、彫刻部分に雨水やほこりがたまりにくいのが長所です。

プレート型は文字を刻んだ部分が上を向いたデザインで、芝生墓地などでよく見られます。墓石の使用量を抑えることができるので比較的墓石代を安くすることができますが、彫刻部分に雨水やほこりがたまりやすいという短所もあります。

洋型墓石はモダンな印象で、視界が開けることから明るい雰囲気を感じさせます。和型墓石は石の色や材質が限定されるのに対して、自由度が高いのも魅力です。

墓石量が少なく狭いスペースに建てられるので和型より安価になる、背が低いので掃除がしやすいといったメリットもあります。

東日本大震災の後、重心が低く安定感がある洋型墓石が注目されたという面もあるようです。

デザイン型墓石

和型でも洋型でもない、自由な発想で自分の個性や思いを表現した墓石です。自分の趣味や仕事を表現したお墓は、お参りする人の目を楽しませ、故人に思いを馳せさせることでしょう。

オリジナルデザインの墓石は、他の墓石に比べて若干高額になるものの、個性を大切にしたい人々の人気を集めています。

ただし、墓地や霊園によってはオリジナルのデザイン型墓石を受け付けてないことがあります。また、石材店によっては十分に対応できないこともありますから注意が必要です。

また、デザイン型墓石に対して抵抗を感じる人も少なくないので、家族や親族の同意を得ておくことも大切です。

墓地・霊園の規定を確認しておくことが重要です。

公営霊園の場合は霊園の規定に沿って選ぶ必要があります。寺院墓地も墓石に制限があることが多いので、事前に住職さんに確認するようにしましょう。民営霊園でも区画によってデザインの制限が設けられている場合があります。

子々孫々にわたってつき合っていくお墓です。ご家族と相談しながら、みんなが納得できる素敵なデザインを選んでください。

墓地や霊園をお探しですか?

お墓さがしでは、全国の墓地や霊園をご案内しています。
ご希望のエリアや条件に絞ってお探しできるので、ご自分の条件にあるお墓にはどんなものがあるか、一度チェックしてみましょう。

近くの墓地・霊園を探してみる >>