墓じまい後の遺骨の改葬や処分の方法についてわかりやすく解説します!

墓じまい後の遺骨の改葬や処分の方法についてわかりやすく解説します!

近年では葬送の多様化や、少子化・核家族化などの影響で、墓じまいを考える人が増加しています。
終活の一環として墓じまいを行う場合もあり、墓じまいについて知っておくことで、子や孫など次の世代の負担を減らすことができます。
この記事では、墓じまいと、その後の遺骨の改葬方法について解説します。

墓じまいの無料お見積り・ご相談はこちら >>

墓じまいとは

墓じまいは、墓石などを片付けた後その場所を更地にし、土地を寺院や霊園の所有者に返還することです。

墓じまいを行う場合は、埋葬されている遺骨も同時に移動させなければいけません。
そのため、墓じまいと遺骨の移動は、必ず合わせて考える必要があります。

墓じまいの費用

墓じまいには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
墓じまいに必要な費用について解説します。

墓じまいにかかる費用総額の相場

墓じまいの費用総額の相場は、20~30万円程度といわれています。

ただし、お墓の広さや立地条件によって相場費用の倍以上かかることもあります。

例えば、墓域まで階段があり、墓石解体に必要な機材が入らない立地にある墓地の場合は、手作業で墓石を運ばなくてはならなくなります。
手作業だとその分、時間や人手がかかり、危険が伴うため、費用が高くなります。

正確な値段は、石材店に現地を見てもらい、見積もりを出してもらうまでわかりません。

墓じまい費用の内訳

墓じまいの費用は、内訳で見ると以下が相場になります。

  • 墓石解体工事費:8~10万円/㎡程度
  • 魂抜きのお布施:1~5万円程度
  • 離檀料(寺院墓地のみ):1~20万円程度

実際の費用は、お墓の種類や墓地の種類、お寺などによって変動します。

墓じまいお見積もりサービス

墓じまいの手順

思い立ったからといって、明日いきなり墓じまいを行う、といったことはできません。
関係各所への連絡から、書類の準備、遺骨の供養と移動を行い、最後に墓石を解体します。
墓じまいの手順について、それぞれ順を追って解説します。

親族・関係者・寺院への確認

実際に墓じまいを行う前に、親族・関係者・寺院へ墓じまいの意向を伝える必要があります。
それぞれ理由があり、必要だから行うことなので、本来は墓じまいに良し悪しはありません。

しかし、先祖代々のお墓を撤去する場合は、あまりいいことだと思われない場合があります。
事前に確認をし、丁寧に話し合うことで、トラブルに発展することを未然に防げます。
詳しくは後述しますが、墓じまいを行う場合は、書類の発行と遺骨やお墓に対して供養を行う必要があります。
そのため寺院には必ず協力をしてもらう必要があり、寺院への確認を怠ると途中で進行が止まってしまう場合があります。

  • 親族・関係者には墓じまいを行う理由と必要性を伝え、しっかりと納得してもらう。
  • 寺院には墓じまいをすることを伝え、それに関係する法要の確認と、準備や費用などについて相談する

この2点を確実にしてから、墓じまいに取り掛かりましょう。

必要な書類や手続き

墓じまいを行う場合は、墓地管理者と行政に対して、書類の提出と手続きを行う必要があります。
必要な書類と手続きについてまとめます。

受入証明書の発行

改葬先の墓地管理者から、永代使用許可書・受入証明書を発行してもらう必要があります。
墓地使用者と改葬許可申請者が違う場合、埋蔵許可証が必要になります。
書類に記入する内容は

  • 申請者の住所・氏名・捺印
  • 故人の本籍地・住所・氏名
  • 改葬先の住所・名称

この3点が基本的な物です。

埋蔵証明書の発行

現在遺骨が埋葬されている墓地管理者から、埋蔵証明書を発行してもらいます。
この場合も、墓地使用者と改葬許可申請者が違う場合は、改葬許諾書が必要です

改葬許可申請書の提出

改葬許可申請書・埋蔵証明書・受入証明書の3点を、遺骨が埋葬してある墓地のある市区町村の役所へ提出します。
内容に間違いや不備がなければ、数日程度で改葬許可書を発行してもらうことができます。
改葬許可書は、遺骨1人分に対して1枚必要になります。
そのため、同じお墓に複数人埋葬されている場合は、その分の改葬許可書が必要になります。

かなり古いお墓を墓じまいする場合は、墓誌に彫られた人数と出てきた遺骨の数が合わなかったり、中に遺骨が入っていないことがあります。
理由は、遺骨が直接土に面しているお墓だと、遺骨が土に還るからです。

その場合は、改葬には該当せず、遺骨が残っている方のみ改葬します。
そのため、遺骨が残っていない方の改葬許可申請は必要ありません。

墓じまい前の魂抜き

魂抜きは、閉眼供養とも呼ばれ、墓じまいをする前には必ず行わなければなりません。
お墓を新しく建てた際に、魂入れ・開眼供養を行います。
お墓を新しく建てただけでは、これはただの石として扱われます。
そこに魂入れの儀式を行うことで、故人の魂が宿り、始めてお墓として成立するのです。
魂が宿った状態でお墓を撤去してしまうと、故人の魂も同時に撤去されてしまうと考えられます。
墓じまいを行う前に、魂抜きを行い、お墓をただの石の状態に戻す必要があるのです。

無宗教の方だと、閉眼供養のためにお坊さんを呼ぶことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、閉眼供養をしないと石材店に解体工事を断られることもあるので注意しましょう。
もちろん、閉眼供養をしていなくても対応してくれる石材店もいますので、事前の確認が必要です。

また、取り出した遺骨を石材店が引き取って処分することはできません。
取り出した遺骨がいらない場合も、後述するしかるべき方法にのっとって処分しましょう。

石材店が遺骨の取り出しを行う

遺骨の取り出しは、基本的には閉眼供養の時に解体工事を依頼している石材店が行います。
解体費用にお骨の取り出しの費用が含まれていることが多いですが、出張費として1万円程度の費用がかかることがあります。
遺骨を取り出すには、納骨室の蓋とお墓の間を接着している目地をはがし、納骨室の蓋を取る必要があります。
納骨室の蓋は重いので、慣れている石材店にお任せしましょう。

墓石の解体工事をする

お墓の種類や規模にもよりますが、墓石は一般的に700kg以上あります。
これらを自分で撤去することは難しく専門業者に委託する必要があります。
ただ墓石を撤去するだけではなく、綺麗な更地にした状態で返還します。

墓じまいで後悔しないためのポイント4点

墓じまいをする際に、親族やお寺、石材店とトラブルになり、後悔してしまうことがあります。
そうならないためのポイントを4点ご紹介します。

ポイント1. お墓に関わる親族全員に了承を得て、費用負担についてもはっきりさせてから墓じまいする

先祖に対する考えや、お参りをする場所が欲しいという理由で親族から反対されることがあります。
反対する親族と話し合わないまま墓じまいに踏み切ってしまうと、疎遠になるなど、対立してしまう恐れがあります。
そうならないために、墓じまいをしなければならない事情や、永代供養墓に改葬すればお参りはできることなどを説明しましょう。

また、墓じまいを実施した後で、誰が墓じまいの費用を負担するのかでもめてしまうケースがあります。

通常は、お墓の名義人が墓じまいをするのが自然です。
お墓の名義人が不明の場合は、墓地管理者に問い合わせましょう。

お墓の名義人が「承諾書」を書くことで、名義人以外が墓じまいを代行することもできます。

墓じまいの費用は、決して安いものではありません。
親戚に金銭の援助を乞う場合は、必ず先に相談をしておきましょう。

ポイント2.お寺のお墓を墓じまいするときは、お寺に相談という形でお話する

墓じまいをする際に、稀にお寺に高額な離檀料を請求されてしまうというトラブルが起こります。

離檀料とは、お寺の檀家を辞めるときにお世話になったお礼として支払うお布施です。
離檀料は、あくまで気持ちを包むものですが、ごく稀に数百万などの法外な金額を要求してくるお寺もあります。
中には、提示した金額を払わないと遺骨を引き渡さないと主張されるなど、お寺との関係が悪化してしまったケースもあります。

対策としては、お寺に墓じまいをする了承を得る前に相談という形で前もってお話しておくことが大切です。
「お墓が遠くて管理ができず困っている」「跡継ぎがいないため、この先の供養が厳しい」など、墓じまいしなければならない理由を伝えれば、お寺としても理解を示してくれます。

また、お墓の手入れがおろそかになっていることを申し訳なく思う気持ちや、お寺に今まで法要やお墓のお世話をしてもらった感謝を伝えましょう。

話し合いをしても、お寺が高額な離檀料の請求をやめてくれなかったり、遺骨を引き渡さないと主張してくる場合は、お寺に断ったうえでお寺の本山に相談するか、弁護士に相談しましょう。

ポイント3.指定石材店の見積もりが高いときは、すぐに契約せず内容を確認する

指定石材店とは、霊園やお寺によって指定された、お墓の工事ができる業者です。
民間の霊園やお寺の墓地では、指定石材店以外の業者が入れないことがあります。

指定石材店が出した見積もりが相場とかけ離れていたら、すぐに契約せずに、なぜこの金額になるのかを聞いてみましょう。
見積もりが高くなる場合は、墓域まで機材が入らず手作業で工事しなければならない、山の上にあるなど、理由があるはずです。

納得できない場合は、お寺の住職に相見積もりを取らせてもらえないか相談しましょう。

ポイント4.解体業者ではなく、石材店に解体を依頼する

石材店より、安い解体業者に墓石の解体を依頼し、トラブルに巻き込まれることがあります。
解体業者の工事がずさんで、お墓の基礎の部分を解体せずそのまま埋めてしまうケース、工事中に他のお墓を傷つけてしまうケースがあります。
工事の問題が発覚した後に、業者と連絡が取れなくなることもあり、その場合は自費で工事を再度依頼したり、傷つけてしまったお墓の修理費用を負担することになります。

トラブルを避けるために、お墓の解体工事はプロである石材店に依頼するようにしましょう。

改葬先の永代供養墓の種類

改葬とは、一度埋葬した遺骨を、改めて埋葬しなおすことです。
改葬先として人気なのが、跡継ぎのいらない永代供養墓です。
一口に永代供養墓といっても、様々な種類があり、それぞれ特徴があります。
永代供養墓の種類について解説します。

樹木葬

樹木葬のイラスト
樹木葬は、石の代わりに樹木や花壇をシンボルにしたお墓です。
樹木や花壇は、石に比べて安価なため、費用を抑えることができます。

樹木葬には、大きく分けて「里山型」と「都市型」2つの種類があります。

近くの樹木葬を探してみる >>

里山型

里山型樹木葬のイラスト
里山型は、山林を墓地とする樹木葬です。

墓標として新たに植えた樹木の下に直接納骨することが多く、遺骨は時間をかけて土に還ります。
自然志向の方には一番合っている埋葬方法ですが、山の中にあるためアクセスが悪く、車でしか行けない場所にあることもあります。

里山型の樹木葬の費用相場は、5~60万円程です。
埋葬したらそのまま土に還すため、年間管理費も不要というところが多く、費用が比較的安価です。

都市型

都市型樹木葬のイラスト
都市型は、主に都市部にある霊園の中に樹木や草花を整えた空間を作ったものです。

シンボルツリーの下に遺骨を埋めるというタイプよりは、花壇に納骨スペースを設けるタイプのものが多くあります。
里山型に比べると、自然の中で眠るというイメージから離れてしまいますが、アクセスが良く、お参りしやすい立地にあることが特徴です。
納骨スペースに遺骨を納めるときは、骨袋や骨壺に入れた状態で埋葬するものが多く、その場合は遺骨が土に還らないこともあります。

都市型の樹木葬の費用相場は、5万~100万円です。
都市部にあるため、里山型の樹木葬と比較すると墓地使用料が高くなります。

納骨堂

納骨堂は、遺骨を収蔵する施設です。
霊廟(れいびょう)とも呼ばれます。
納骨堂には、大きく分けて「ロッカー式」「自動搬送式(マンション型)」「仏壇式」の3種類があります。

近くの納骨堂を探してみる >>

ロッカー式

ロッカー式納骨堂イラスト
ロッカー式納骨堂は、屋内にロッカーのような棚が設けられており、そこに遺骨を安置する納骨堂です。

夫婦から家族で使用でき、収容人数は1~4名程度のところが多く、大人数の使用には向きません。

ロッカー式納骨堂の費用相場は、50~100万円です。

自動搬送式(マンション型)

自動搬送式納骨堂イラスト
自動搬送式納骨堂は、参拝スペースに遺骨が機械で運ばれてくる納骨堂です。

建物の外観がマンションのようなものであることが多いことから、マンション型納骨堂とも呼ばれます。
遺骨は普段、バックヤードに保管されており、受付か墓前のリーダーにカードをかざすと、遺骨を収蔵した厨子が運ばれてきます。

都市部に多く、交通アクセスが良いことが特徴です。

自動搬送式(マンション型)納骨堂の費用相場は、80~120万円です。

仏壇式

仏壇式納骨堂イラスト
仏壇式納骨堂とは、仏壇と遺骨の安置棚が一体となった納骨堂です。
上段が仏壇、下段が遺骨安置スペースになっています。

遺骨安置スペースが大きいものが多く、10名以上収蔵できるところもあります。

納骨堂は、基本的に宗教不問のところが多いですが、仏壇式納骨堂は、宗派を指定するところがやや多い傾向にあります。

仏壇式納骨堂の費用相場は、100~200万円です。

オブジェに納骨するタイプ

オブジェをシンボルとし、その下に設けられた個別の区画に納骨するタイプの永代供養墓もあります。

個別で埋葬されますが、隣の区画と距離が近く、オブジェの元に集合しているような外観のものが多いため、集合墓とも呼ばれます。
「夫婦墓」や「家族墓」など、ニーズに合わせたものもあります。

オブジェタイプの費用相場は、20~80万円程度です。

永代供養付き一般墓

墓石のお墓のイラスト
永代供養付き一般墓とは、一般のお墓に永代供養がついているものです。

一定期間が経過したり、承継者がいなくなったときに、霊園内にある永代供養墓に遺骨が移されます。
また、墓地・霊園によっては、永代供養墓に移動せず、墓石を解体しないまま永代にわたり供養してもらえるところもあります。

永代供養付き一般墓の費用相場は、100~360万円程度です。
費用に関しては、一般のお墓と変わりません。

近くの永代供養付き一般墓を探してみる >>

合祀墓

合葬墓・合祀墓のイラスト
合祀墓は、他者と合同に使用するお墓です。
合葬墓や永代供養塔などと呼ばれることもあります。

骨壺から焼骨を出した状態で納骨するものが多く、その場合遺骨が他の人のものと混ざります。
そのため、一度埋葬すると取り出すことができない点に注意しましょう。

合祀墓の費用相場は、3~30万円程度です。

近くの納骨堂を探してみる >>

改葬以外の遺骨の供養方法

改葬以外の遺骨の供養方法には、散骨と手元供養があります。

散骨

散骨のイラスト
散骨とは、遺骨をパウダー状に加工し、粉末になった遺骨を海や山などの自然の中に撒く供養方法です。
散骨には、大きく分けて海洋散骨と山林散骨とその他の散骨があります。

海洋散骨

海洋散骨とは、海に粉末になった遺骨を撒くことです。

海で散骨する場合は、沿岸漁業の漁師や養殖をしている業者の弊害にならないよう、1.5km以上沖に出て、周囲で漁業を行っていない海域で散骨をするのがルールです。
このルールは、日本海洋散骨協会のガイドラインで定められています。

沖で散骨するには、船をチャーターしなければならないため、海洋散骨専門の業者に頼むのが無難です。
業者のプランには、1家族が単独で船を利用するものと複数の遺族合同で散骨するものとすべてを業者に委託し、遺骨を業者に送り、散骨してもらうものがあります。

海洋散骨のそれぞれプランの費用相場は下記の通りです。

  • 1家族が単独で船を利用:20~30万円程度
  • 複数の遺族合同で散骨:10万円前後
  • すべてを業者に委託:5万円前後

山林散骨

山林散骨とは、山の中に粉末になった遺骨を撒くことです。

山林散骨においても、自分で所有している土地か、その土地を所有している人の許可を得た土地でしか散骨できないというルールがあります。
仮に自分が所有している土地でも、近隣住民に迷惑がかかる場所では散骨できません。

そのため、個人で山林散骨をするのは難しく、山林散骨を扱う業者に依頼します。
業者のプランには、遺族が指定の場所で散骨するものとすべてを業者に委託し、遺骨を業者に送り、散骨してもらうものがあります。

山林散骨のそれぞれのプランの費用相場は下記の通りです。

  • 遺族が指定の場所で散骨:10万円前後
  • 業者に全て委託:5万円前後

その他の散骨

その他の散骨には、空中散骨宇宙散骨があります。

空中散骨とは、セスナ機などで上空から粉末になった遺骨を撒くことです。
1家族が単独でセスナ機またはヘリコプターをを利用するプランでは、20~30万円程が相場です。

宇宙散骨とは、カプセルに入れた遺骨をロケットに載せて飛ばし、成層圏で散骨することです。
宇宙散骨の場合は、全て業者に委託するプランのみです。

費用相場は、30万円前後です。

手元供養

自宅供養のイラスト
手元供養とは、故人の遺骨を小さな骨壺に入れたり、遺骨を加工するなどして、手元に保管して供養することです。
近年では、遺骨アクセサリーや遺骨リングなどの商品を通販で購入することができるようになり、人気が高まっています。

お墓に納骨する分と、手元で供養する分として遺骨を分けることもできます。
遺骨を分けることを分骨といいます。

故人を近くに感じたい、故人に近くで見守ってもらいたい方におすすめな供養方法です。

遺骨を処分したい場合の方法

墓じまいをした際に自分の知らない古い遺骨がでてきた、遠縁の身寄りのない親せきの遺骨のため思い入れがないなど、遺骨がいらないケースがあります。

いらないからといってゴミにだしてしまうと、死体損壊・遺棄罪に問われます。

刑法190条
死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する

遺骨を処分したいときは、2つの方法があります。

業者に依頼して散骨してもらう

業者に遺骨を送り、海や山に散骨してもらうという方法があります。
業者に散骨を依頼する場合は、1体あたり5万円前後の費用で済むため、おすすめです。

「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)という法律によって、市区町村の許可した墓地以外には遺骨を埋葬できない決まりになっています。
しかし、遺骨をパウダー状にして撒く散骨に関しては、法律での規定がないため、黙認されています。

散骨を自分でやるのは、散骨できる場所限られていたり、粉骨の作業があるので、業者に任せるのが無難です。

合祀墓に納骨する

合祀墓に改葬するという方法があります。

合祀墓は、安いものでは一体あたり3万円で納骨することができます。
合祀墓では、管理費がかからないところがほとんどなので、納骨後の負担はありません。

遺骨を運ぶ方法3つ

送骨のイラスト
墓じまい後に、改葬先に遺骨を運ぶ場合、どのように運ぶのでしょうか。
運ぶ方法としては、以下の3つが挙げられます。

1.自動車・公共交通機関

墓じまいをするお墓の周辺の地域にお住まいの場合は、自動車・公共交通機関で遺骨を運ぶことが多くあります。

遺骨を持って公共交通機関に乗ることは、法律上は問題ありませんが、他の乗客に不快感を与えないように配慮する必要があります。
風呂敷などの布で骨壺を包んだり、バッグに入れて運びましょう。

2.ゆうパックによる送骨

日本郵便のゆうパックのみ、遺骨を郵送することが可能です。
ヤマト運輸や佐川急便などの他の運送会社は、遺骨を送れないので注意しましょう。

ゆうパックで遺骨を送るときは、骨壺に水が入っていないか確認します。
水がたまったまま郵送すると、水が漏れてしまう危険性があるためです。

カロート内は湿気が多いため、結露によりカロート内に水がたまることがあります。
水がたまっていたときは、風通しの良い場所で遺骨を乾燥させましょう。

また、輸送中に段ボール内の遺骨が骨壺からこぼれないように、骨壺の蓋をガムテープなどで固定しましょう。
骨壺が破損しないように、段ボール内に緩衝材をつめて準備を整えてから、郵便局やコンビニエンスストアなどの取扱所へ持っていきます。

墓じまいするお墓が遠方にあってとりにいけない場合は、墓じまいの工事をする石材店が遺骨を送ってくれることがあります。
遺骨を送ってほしい場合は、契約前に石材店に相談しましょう。

3.NPO法人の納骨サービスを利用する

送骨のフォローから永代供養塔への納骨までサポートしてくれるNPO法人のサービスがあります。
NPO法人 終の棲家なき遺骨を救う会では、ゆうパックで送骨するのに必要な段ボールや緩衝材、書類などを一式送り、指示通り遺骨をゆうパックで送ると、東京都新宿区南春寺の合祀墓に納骨してもらえます。

送骨のサポートから納骨までの費用総額は、3~5万円です。

まとめ

墓じまいとは、墓石などを片付け更地にし、土地を寺院や霊園の所有者に変換することです。
墓じまいを行う場合は、埋葬されている遺骨も同時に移動させる必要があります。
墓じまいを行う時期に決まりはありません。ただし、墓じまいには、時間と費用がかかるため、早めの準備が必要です。
墓じまいの手順は大まかに親族や寺院への確認、書類の発行などの手続き、遺骨の改葬か他の供養を行うの順にします。
墓じまい後の遺骨の改葬は、新しくお墓を用意したところに埋葬します。

新しくお墓を持たない場合は、散骨や手元供養にします。

土葬のお墓を改葬する際、遺骨が残っていなければ行政手続きは不要ですが、遺骨の有無は掘り返すまで分からないので、手続きはしておくことをお勧めします。

墓じまいの見積もりサービスに相談してみよう

お墓さがしでは、墓じまいをパック料金で承っています。
お見積り・ご相談を完全無料で承っていますので、お気軽にご相談ください。

墓じまいお見積もりサービス