樹木葬の種類を解説!使われる木や埋葬方法について

樹木葬の種類を解説!使われる木や埋葬方法について

昨今、これまでの墓石のお墓に代わって、樹木葬というお墓が広まっています。
聞いたことがある方は、「自然豊かな山林に遺骨を埋葬し、その上に植樹する」というイメージを持つかもしれません。
しかし、最近では、樹木葬の広まりに伴い、様々な種類の樹木葬が誕生しています。
この記事では、樹木葬の種類について解説します。

記事のポイント

ペンのマーク
  • チェックマーク

    樹木葬は樹木や草花を墓標とするお墓で、承継を前提としません。

  • チェックマーク

    シンボルツリーは霊園によりますが、桜が人気です。

  • チェックマーク

    都市部にある樹木葬を「都市型樹木葬」、山林などにある樹木葬を「里山型樹木葬」と言います。

  • チェックマーク

    遺骨の埋葬方法は墓地によって異なり、遺骨を土に還さないこともあります。

近くの樹木葬を探してみる >>

樹木葬の特徴

町田いずみ浄苑
町田いずみ浄苑(東京都)の樹木葬

樹木葬には、これまでの家墓とは違う、以下のような特徴があります。

樹木葬の特徴

  • 樹木や草花を墓標にする
  • 緑に囲まれて眠ることができる
  • 承継を必要としない
  • 費用を抑えてお墓を持てる

樹木や草花を墓標にする

これまでのお墓のように大きな墓石は建てず、樹木や草花を墓標とします。
国内で初めての樹木葬は、1999年に岩手県一関市にある祥雲寺(現・知勝院)が開設しました。
当初は山林に遺骨を埋葬してその上に植樹するものでしたが、現在では、都市部の霊園などに花壇のような区画を設けているものも、樹木葬として販売されています。

緑に囲まれて眠ることができる

樹木葬の形式は様々ですが、おおむねどこでも、区画自体が草花に覆われていたり、立地が自然豊かであったりと、緑に囲まれて眠ることができます。

承継を必要としない

樹木葬は、承継を前提としないお墓です。
どちらかといえば少人数向きの区画が探しやすく、おひとり、ご夫婦、ご家族、友達同士など、限られた人たちだけで使用できます。

費用を抑えてお墓を持てる

樹木葬では従来のような大きな墓石を建てないので、費用を抑えることができます。
国内初の樹木葬であった岩手県一関市の祥雲寺(現・知勝院)の樹木葬は1区画あたり80万円で販売されましたが、現在では形態も多様化し、価格帯にも幅が出ています。

樹木葬に使われる樹木の種類

樹木葬には、どんな種類の樹木が植えられるのでしょうか?
当サイト「お墓さがし」でご紹介している樹木葬のうち、複数の霊園で採用されている樹木の例をご紹介します。

桜は、樹木葬のシンボルツリーとしてよく見られます。
日本の国花にも指定されている桜はやはり日本人に人気です。日本リサーチセンターの調査(2019年)や、アイリスオーヤマの会員投票(2018)でも、桜が一位になりました。
なお、首都圏で初めて造られた樹木葬はエンディングセンター(現・認定NPO法人)が企画した「桜葬」ですが、こちらも桜をシンボルツリーとしています。

バラ

洋風ガーデンをイメージしている霊園では、しばしばバラがシンボルツリーとして採用されています。バラと合わせてパンジーなどの草花が植えられていることも多く、たくさんの花に包まれて眠りたいという方にはイメージに合うかもしれません。

梅は「春告草」とも呼ばれ、これから春が来るという明るい予感を感じさせる花です。桜よりも花持ちが良く、比較的長い期間、花を楽しむことができます。桜などの他の樹木と併せてシンボルツリーになっていることもあり、時期をずらしてお花を楽しめる霊園もあります。

オリーブ

バラと同様、洋風をコンセプトとした樹木葬では、オリーブをシンボルツリーにすることがあります。オリーブはしばしば平和の象徴としても用いられます。故人の安息の地にはふさわしい意味合いを持つ樹木です。

ハナミズキ

玉澤霊廟
玉澤霊廟(静岡県)(サラソウジュ、シダレザクラ、ハナミズキの下で眠る樹木葬)
ハナミズキは4~5月頃に白やピンク花をつける樹木です。比較的長い期間お花を楽しむことができます。秋には紅葉し、赤い実がなる木で、季節によって違う表情を楽しむことができます。

園芸用の草花など

ガーデニング風、庭園風などをコンセプトとする樹木葬では、草花がメインのシンボルになることがあります。パンジーやベゴニア、ペチュニア、マリーゴールドなどの園芸用の草花などでお墓を彩り、華やかな雰囲気になります。

樹木葬の種類

樹木葬は、いくつかの観点から種類を分けることができます。

里山型樹木葬

里山型樹木葬は、農村部などの里山にある樹木葬です。国内初の樹木葬は里山型で、人の手が入らなくなっていた里山を墓地として管理することで、里山の再生を図るものでした。いわゆる「自然に還る」というイメージに近く、遺骨を土に還す形態が探しやすいでしょう。また、一区画に一本の樹木を植えるタイプの樹木葬を探すなら、里山型がおすすめです。アクセスは不便なので、こまめなお参りをしたい方には向きません。
bookmark

こちらもあわせてご覧ください

thumbnail

里山型の樹木葬について解説!費用や選ぶ際の注意点

都市型(公園型)樹木葬

都市型(公園型)樹木葬は、都市部にある樹木葬です。すでにある霊園の一部に樹木葬を設けるものや、霊園全体に樹木葬のみの区画を設ける専用霊園があります。一~数本のシンボルツリーの周りに個別区画を配置するものや、区画の区別をつけずに複数の遺骨を埋葬する形態が主です。個別区画があるタイプでは遺骨は土に還さないことが多く、遺骨を骨壺などで納骨し、一定期間後に取り出し、合葬墓に移動するというタイプの方が一般的です。都市部にあるのでアクセスしやすい傾向にあり、定期的にお参りに行きたい方におすすめです。
bookmark

こちらもあわせてご覧ください

thumbnail

公園型樹木葬ってどんなもの?特徴・費用・注意点を解説

ガーデン型樹木葬

最近では都市部に、「ガーデニング型樹木葬」や「庭園型樹木葬」などを称する、花壇や庭園のような樹木葬も増えています。草花が植えられた花壇のようなところに区画を設けて、納骨します。

樹木葬の区画の形式

樹木葬は、区画の分け方や樹木の配置の仕方に、いくつかの形式があります。

個別型樹木葬

個別型樹木葬のイラスト
個別型樹木葬は、一区画に一本の樹木を植える樹木葬です。主に里山型で見られる形式です。墓地が定める範囲で自分の好きな樹木を選べることもあります。

集合型樹木葬

集合型樹木葬のイラスト
集合型樹木葬は、一~数本のシンボルツリーの周りに個別区画を設けて、納骨する樹木葬です。埋葬箇所に、小さな石のプレートなどを設置することもあります。墓域は、芝で覆われていたり、花壇に石室の納骨室を設けたりしたものなど、バリエーションがあります。

合葬型樹木葬

合葬型樹木葬のイラスト
合葬型樹木葬は、一~数本のシンボルツリーの下、あるいは付近に一つの共同区画を設けて、そこに不特定多数の遺骨を埋葬する樹木葬です。「祀る」という宗教的な意味合いを伴い、「合祀型」として販売されていることもあります。区画の区別がされていないだけで埋葬する穴は分かれている場合と、埋葬する穴あるいは納骨室が一つになっている場合があります。

樹木葬の埋葬方法

遺骨の埋葬方法も、墓地や霊園によって異なります。

土に直接埋葬する

遺骨を骨壺から取り出し、土の中にそのまま埋葬するタイプです。
納骨室の壁面が石や塩化ビニール管で、底面が土になっていることもあります。
樹木葬では一定期間後に遺骨を個別区画から合葬墓に移動するものも少なくありませんが、土に直接埋葬するタイプでは、永年遺骨を移動しないものが主流です。

土に還る素材に入れて埋葬する

さらしの骨袋や、土に還る素材でできた骨壺などで、土の中に埋葬するタイプです。
基本的には永年個別区画から動かしませんが、一部では、埋葬から一定期間後に合葬墓に移す墓地もあります。

骨壺などの専用容器で納骨する

骨壺や、霊園が用意する専用容器で納骨します。
土に直接埋葬するよりは、石室などの納骨室に納める方が一般的です。
個別区画に使用期限が設けられており、期限が過ぎたら合葬墓に移されるシステムが主に採用されます。
都市部の樹木葬でよく見られる形式です。

「粉骨」をする?しない?

いずれの埋葬方法においても、樹木葬では「粉骨」することを前提としていることがあります。
粉骨とは、遺骨を粉末状に粉砕することです。
粉骨をすると、遺骨が土に還る期間が短くなったり、コンパクトになることでより多くの遺骨を納めることができたりします。
粉骨を前提とする墓地では、原則墓地側で粉骨を請け負ってくれますが、遺骨を砕くことに抵抗感がある方は、資料請求や見学の際などに確認しておきましょう。

運営主体ごとの樹木葬の特徴

墓地や霊園は、運営主体がどこになっているかで分類することができます。
それぞれの墓地や霊園ごとの、樹木葬の特徴を紹介します。

民営霊園の樹木葬

民営霊園は、宗教法人や公益法人などが主体となり、公益事業を目的として造られた霊園で、実際の運営は民間団体が担います。
公園や庭園などを思わせる明るい雰囲気で整備されていることが多く、ペットと入れる区画お比較的探しやすいでしょう。宗教の制限は緩めです。付き合いのある僧侶などの宗教者を園内に同伴したい方は、民営霊園がおすすめです。また、サービスや設備が充実している傾向にあります。

寺院墓地の樹木葬

寺院墓地は、宗教法人が宗教活動を目的として設置している墓地です。基本的にはお寺の敷地内(境内)にあります。
基本的に墓石のお墓はお寺の檀家になって使用しますが、樹木葬の場合は檀家にならずに使用できるものも多くペットと一緒に納骨できることもあります。ただし、宗旨宗派不問、宗教不問としている場合でも、「納骨法要はそこのお寺に頼む必要がある」などの条件がつくことがあります。また、原則他の宗教者を境内に同伴することはできません。
お寺が管理しているので、法事や葬儀などの仏事の際にはすぐに相談できるという安心感もあります。

公営霊園の樹木葬

公営霊園とは、市区町村などの地方自治体が経営している霊園です。公営霊園の樹木葬はまだそれほど数がありません。形式は、一つの区画に不特定多数の遺骨を納める合葬型か、シンボルツリーの周辺に個別区画を設ける集合型が見られます。樹木葬に限らず、人気の公営霊園は抽選によって使用者を決めます。募集の時期は自治体のHPや広報誌で告知されます。また、居住地や遺骨の有無などの要件があることが一般的です。

樹木葬のメリット・デメリット

樹木葬のメリットとデメリットを紹介します。

樹木葬のメリット

  • 跡継ぎを必要としない
  • 自然の中で眠ることができる
  • 墓石を建てないのでお墓の費用が抑えられる
  • お墓は維持しなくていいがお墓参りはできる
  • 宗教不問であることが多い

樹木葬は、承継を前提としないお墓です。「跡継ぎがいない」「自分や夫婦だけのお墓を持ちたい」という方も、納骨先に困りません。
また、環境は緑豊かで場所によっては遺骨を土に還すことができるので、自然志向の方にもおすすめできます。遺骨を自然に還すという点では散骨と同じですが、お墓参りができるという点では異なります。
公営霊園や民営霊園でももちろん、寺院墓地でも宗教を問わない樹木葬は多く、多くの人が検討しやすいお墓です。

樹木葬のデメリット

  • 基本的に代々引き継ぐことはできない
  • 季節によって景観が変わる
  • 一度埋葬した遺骨は取り出せないことがある
  • 里山型樹木葬はアクセスが不便

どちらかといえば少人数向けの区画が多く、納骨予定者はあらかじめ登録しておくという場合もあり、代々承継したい方には樹木葬は向きません。土に遺骨を還すタイプや合葬型の樹木葬では、原則一度埋葬した遺骨は取り出せなくなるので、引っ越しもできません。
加えて、自然志向ならではの特徴もあります。樹木や草花を墓標とする以上は、季節によって景観が変わります。秋や冬になると思ったより寂しくなってしまうこともあります。気になる方は、見学などの際に四季の写真などを確認しておきましょう。また、里山型などの、自然豊かな立地にある樹木葬ほどアクセスは不便になります。お墓参りをこまめにしたい方は、立地にも気をつけましょう。

樹木葬を選ぶ際のチェックポイント

樹木葬選ぶときは、次の点に気をつけましょう。

樹木葬を選ぶ際のチェックポイント

  • 遺骨の埋葬方法はどうなっているか
  • 契約後に費用はかかるのか
  • 樹木の手入れは誰がするのか
  • 四季の景観はどうなるか
  • アクセスはどうなっているか
  • お参りの方法はどうなっているか

遺骨の埋葬方法はどうなっているか

特に樹木葬では、場所によって遺骨の扱いが異なります。
次のようなことをあらかじめ確認しておくと、イメージに近い樹木葬を選べるでしょう。

  • 区画に使用期限があるのか(一定期間後に合葬されるのか)
  • 遺骨は土に還すのか
  • 粉骨(遺骨を粉状に粉砕すること)は必要か
  • 納骨後に遺骨は取り出せるのか
  • 遺骨は他のものと混ざるか

契約後に費用はかかるのか

樹木葬では、年間で管理費、会費、環境保全費などの維持費がかかることがあります。
また、納骨の都度の手数料や納骨法要が必須の場合はお布施などがかかることもあります。
契約前に、購入後の費用は何にどれくらいかかるのかを確認しておきましょう。

樹木の手入れは誰がするのか

数は多くありませんが、一区画に一本の樹木を植える「個別型」の樹木葬では、墓標となる樹木は区画の使用者が手入れする場合があります。その他の場合は、霊園側が樹木の手入れをします。
樹木の手入れや草花の植え替えなどをどのようにしているかは、見学などの際に確認しましょう。

四季の景観はどうなるか

樹木や草花を墓標としているので、四季で景観が変わります。
また、立地自体が自然豊かであればあるほど、霊園全体の雰囲気も変化します。
春先に見学したら花盛りで良い雰囲気だったが、冬に行ったら葉が落ちて寂しくなっていた、ということはあり得ます。
移ろいは自然の醍醐味ではありますが、気になる方は、事前に四季ごとの景観写真を見せてもらいましょう。

アクセスはどうなっているか

納骨後にお墓参りをしたい場合は、樹木葬までのアクセスも重要です。
公共交通機関でアクセスできるのか、駐車場があるのかなどを確認し、定期的にお参りに行くことが現実的かを考えてみましょう。

お参りの方法はどうなっているか

樹木葬は、場所によってお参りの仕方も変わります。
共用の供物台を使用する、個別にお供えができる、火気を使用できない、などのルールを、見学などのときにチェックしましょう。

まとめ

樹木葬は、樹木や草花を墓標とするお墓です。
承継を前提とせず、大きな墓石を建てない分、費用を抑えてお墓を持つことができます。

墓標となる樹木は霊園ごとに異なりますが、やはり桜は人気です。この他、梅、ハナミズキ、洋風な霊園ではバラやオリーブなども墓標として植えられています。また、ガーデン風霊園ではパンジーやペチュニアなどの草花をお墓の周りに植えることもあります。

都市部にある樹木葬を「都市型樹木葬」、山林などにある樹木葬「里山型樹木葬」と言います。
また、樹木葬は区画の形式によっても分類され、一区画に一本の樹木を植えるものを「個別型」、一~数本のシンボルツリーの周りに個別区画を集合させるものを「集合型」、一つの区画に不特定多数の遺骨を納めるものを「合葬型」と言います。
遺骨の取り扱いは墓地によって異なり、土に還すもの、土に還さず一定期間後に合葬墓に移されるもの、遺骨を粉状に粉砕する「粉骨」が必要なところなど、様々です。

樹木葬をお探しですか?

お墓さがしでは、樹木葬を含む全国のお墓をご紹介しています。
ご希望のエリアや条件に沿って検索できますので、ぜひ一度こちらからご覧ください。

近くの樹木葬を探してみる >>

執筆者情報

お墓さがしスタッフ

佐野

経歴

2018年より、お墓マガジンのコラムを執筆しています。適切な情報をお届けできるよう努めて参ります。

樹木葬の種類に関するQ&A

  • Q

    樹木葬にはどんな形式がありますか?

    A

    一区画に一本の樹木を植える「個別型」、一~数本のシンボルツリーの周りに個別区画を集合させる「集合型」、一つの区画に不特定多数の遺骨を納める「合葬型」があります。

  • Q

    樹木葬は何年までできますか?

    A

    墓地や区画のプランによって、異なります。一度埋葬したらそこから永年遺骨を動かさない樹木葬もあれば、十三回忌や50年間などの節目で遺骨を合葬墓に動かす樹木葬もあります。