お墓の引っ越しはどうやる?移転の費用や方法を解説

お墓の引っ越しはどうやる?移転の費用や方法を解説

お墓の引っ越しのことを、「改葬(かいそう)」と言います。
また、現状のお墓をなくすことに重きを置いて、「墓じまい」ということもあります。

改葬には行政手続きが必要になる他、お墓の関係者や業者との調整が必要になります。

今回の記事では、お墓の引っ越しの方法について解説します。

墓じまいの無料お見積り・ご相談はこちら >>

お墓の引っ越し(改葬)の流れ

遺骨を移動するには、お墓のある役所で手続きをして、「改葬許可証」を交付してもらう必要があります。
改葬許可を交付してもらう手続き書類を作るには、諸々の手配を済ませておく必要があります。

お墓の引っ越しは、以下のような流れで行うのがおすすめです。

お墓を引っ越す8ステップ

  • 1.親族の同意を得る
  • 2.寺院などの墓地管理者の承諾を得る
  • 3.遺骨の引っ越し先(改葬先)を選ぶ
  • 4.お墓の解体工事をする石材店を選ぶ
  • 5.行政手続き(改葬許可申請)をする
  • 6.閉眼供養をする
  • 7.遺骨を取り出して解体工事をする
  • 8.遺骨を引っ越し先に納骨する

1.親族の同意を得る

まずは、お墓を引っ越すことについて、親族に承諾を得ましょう。
特に、お墓に入っている人の親兄弟や子どもには相談します。
本家の墓を引っ越す場合は、分家にも相談しましょう。

親族の同意を得ずに墓を移してしまうと、後々トラブルになることがあります。
親族がお参りに行ったときに墓がなかったとなれば、いい気持ちはしません。

加えて、墓地の名義人が自分であれば手続き自体はできますが、墓地の名義人が他の親族になっている場合は、その人の承諾書が必要になります。
手続きを進めるうえでも、墓地の名義人の承諾は必須です。

いずれにしても、今後の関係を悪くしないためにも、お墓の引っ越しについて親族の合意は得ておきましょう。

2.寺院などの墓地管理者の承諾を得る

引っ越しの手続きを進める上では、墓地管理者の署名・捺印または墓地管理者が発行する埋蔵(葬)証明書が必要です。
墓地管理者は墓地によりますが、おおむね以下のようになります。

墓地形態ごとの墓地管理者

  • 公営霊園:自治体役所または霊園管理事務所
  • 寺院墓地:寺院
  • 民営霊園:管理事務所
  • 共同墓地:地域の墓地管理委員会(なければ自治体役所)

寺院墓地でなければ、そのまま墓地管理者にお墓を引っ越したい旨を伝えてください。
お墓がお寺にある場合は、伝え方に注意してください。

お寺にお墓があるということは、基本的にその家はお寺の「檀家」になっています。
檀家とは、所属するお寺に仏事全般のお世話をしてもらう代わりに、経済的に支える家のことを言います。
逆に言えば、お寺からお墓を引き払えば、普通は檀家も辞めることになります。
お寺からしてみれば、檀家が減るということは経営に関わる問題です。
突然「墓じまいをする」と言われると、態度を硬化させてしまう住職もいます。
お寺からお墓を引っ越す場合は、まずは、「相談」という形で、墓じまいを考えているということを伝えましょう。
この時、やむを得ずお墓を移したいと考えるようになった理由や、今までお世話になったお礼や、これまであまりお墓のお世話ができなかったお詫びなどを付け加えるとなお良いです。

3.お墓の引っ越し先(改葬先)を決める

お墓を引っ越す方向で固まったら、お墓の引っ越し先(改葬先)を決めます。
自治体によっては、手続きの際に、改葬先の情報や、改葬先から発行される、「受入れ証明書」が必要になることがあります。

お墓の引っ越し先には、以下のようなものが考えられます。

  • 近くの墓石のお墓
  • 永代供養墓(合葬墓や樹木葬、納骨堂など)

お墓の跡継ぎはいるのか、お墓は誰がお参りするのかなどを考えながら、後々も困らないようなお墓を選びましょう。

近くのお墓を探してみる>>

4.お墓の解体工事をする石材店を選ぶ

その墓地で工事できる業者が決められていない場合は、お墓を解体する石材店を探します。
石材店は、お墓の引っ越し先と同時に探し始めても良いでしょう。

公営墓地では、工事する石材店は決められていません。
共同墓地の場合も石材店は自分で探しますが、ごくたまに工事できる石材店が決まっていることがあります。
寺院墓地の場合は、工事ができる石材店が決まっていることと決まっていないことがあります。
民営霊園のお墓を解体する場合は、工事は指定された石材店でしかできません。

公営墓地以外の墓地からお墓を引っ越す場合は、墓地管理者に決められた業者があるかを確認しましょう。

いずれの場合も、契約前に必ず見積もりを依頼します。
工事できる石材店が決まっていない墓地では、複数社で見積りをとる相見積もりもできます。

工事できる石材店が決まっている墓地でも、見積もりに疑問を感じたら契約せずに、なぜその費用が掛かるのかを確認します。
納得できなければ、墓地管理者に他の石材店で見積りが取れないかを相談してみましょう。

墓石解体の無料見積りサービスはこちら>>

5.行政手続き(改葬許可申請)をする

諸々の手配が済んだら、墓地のある自治体役所で「改葬許可申請」をします。

現在のお墓がある自治体の役所、またはそのHPから「改葬許可申請書」を入手し、必要事項を記載してから必要書類とあわせて提出します。

改葬許可申請書には、納骨されている人の氏名や没年月日、火葬場などを記載します。分からないところは、「不明」と記載してもおおむね受理してもらえます。
自治体によっては、施工業者の名前やお墓の引っ越し先の情報も必要です。

なお、手続きは郵送で受け付けてくれる役所が大半です。
郵送で申請したい場合は、あらかじめ役所に電話して、郵送で手続きしたい旨を伝えましょう。

「改葬許可書」が交付されたら、遺骨を移動することができます。

改葬許可申請には、以下の書類が必要です。
ただし、必要な書類や記載事項は、自治体によって異なります。

書類 発行元
改葬許可申請書 墓のある自治体役所または自治体HP
埋蔵証明書
(または墓地管理者の署名・捺印)
墓地管理者
受入証明書(または改葬先の情報) お墓の引っ越し先の墓地管理者
承諾書(申請者と名義人が異なる場合) お墓の名義人
受入証明書(または改葬先の情報) お墓の引っ越し先の墓地管理者
申請者の身分証明書写し 手続きする本人

墓じまいの行政手続きについて詳しく知りたい方は、下記もご参照ください。

参考:墓じまいの手続きと必要書類がこれで分かる!手順と流れを解説

6.閉眼供養をする

手続きが完了したら、遺骨を移動できるようになります。
遺骨をお墓から取り出す前に、「閉眼供養」(魂抜き)という法要をしましょう。
遺骨を取り出す前であれば、解体工事の当日でなくても構いません。

閉眼供養は、墓石を礼拝の対象からただの石に戻すための法要です。僧侶を墓前に招いて行います。
仏教徒でない方は、その宗教でこれに該当する儀式を行います。

なお、石材店は、閉眼供養をしていないお墓は解体できないというところがほとんどです。
無宗教の人でも、何らかの儀式は必要になるでしょう。

7.遺骨を取り出して解体工事をする

閉眼供養を終えたら、石材店に遺骨を取り出してもらい、工事を始めてもらいます。
原則遺骨を現地に取りに行きますが、地域柄や石材店によっては、立ち合いなしで引っ越し先に遺骨を郵送してもらえます。
見積もりを取るときに確認しましょう。

お墓を解体して墓地を更地にして、墓地管理者に返還します。

8.遺骨を引っ越し先に納骨する

遺骨を引き取ったら、あらかじめ決めておいた引っ越し先に持っていき、納骨します。
改めて墓石のお墓を建てている場合は、そこの墓地の管理者に、完工まで遺骨を預かってもらえないか聞いても良いでしょう。

これで、お墓の引っ越しが完了です。

お墓の引っ越し(改葬)の費用

お墓を引っ越すための費用相場は、以下の通りです。

お墓の引っ越しにかかる費用相場

  • お墓の解体にかかる費用相場:20~30万円程度
  • 離檀料の費用相場(寺院墓地のみ):1~20万円程度
  • 引っ越し先のお墓の費用相場:3~250万円程度

お墓の解体にかかる費用相場

お墓の解体にかかる費用相場は、20~30万円程度です。
墓地の広さあたりの費用相場は、8~10万円/㎡程度です。

費用はお墓の広さや石材の量、立地の工事のしやすさなどによります。
山の上や通路が狭い墓地など、工事が難しい場合は相場を大きく上回ることもあります。

離檀料の費用相場(寺院墓地のみ)

いわゆる離檀料とは、お寺の檀家をやめるときに、これまでお世話になったお礼を込めてお渡しするお布施です。
離檀料の相場は1~20万円程度です。一般的には、法要一回分相当と言われています。

ただし、相場は地域や寺格によって大きく異なります。

また、お墓の引っ越しの話を進める間にお寺との関係が悪化し、法外な離檀料を要求されるということもごくまれにあります。

お墓の引っ越しの話は、穏便に進めましょう。

引っ越し先のお墓の費用相場

引っ越し先のお墓の費用は、3~250万円程度です。
費用相場は、どのようなお墓に引っ越すかで大きく変わります。

お墓の種類ごとの費用相場は、以下の通りです。

  • 墓石のお墓: 100~250万円
  • 永代供養(納骨堂):30~200万円
  • 永代供養(樹木葬):10~150万円
  • 永代供養(合葬墓):3~30万円/1人

永代供養とは、家族や親族に代わって、寺院などの墓地管理者がお墓を供養してくれることを言います。
永代供養が付いているお墓を、永代供養墓と言います。

永代供養墓は跡継ぎや墓守がいなくても安心して持てるお墓として、子どもがいない方や、自分や夫婦だけのお墓が欲しい方などに選ばれています。

墓石のお墓

墓石のお墓のイラスト

近くに新たに墓石のお墓を建てる場合の費用相場は、100~250万円です。

遠くにあったお墓を近くに持ってきて、その地で代々引き継いでいきたい方は墓石のお墓がおすすめです。

近くの墓石のお墓を探してみる >>

納骨堂

納骨堂のイラスト

納骨堂の費用相場は30~200万円程度です。
納骨堂とは、屋内に遺骨を安置する施設です。

納骨堂にもいくつか種類があり、ロッカー式、仏壇式、自動搬送式(マンション型)などがあります。

仏壇式や自動搬送式の納骨堂は大人数を収蔵でき、かつ代々承継できる傾向にあります。

大人数用の永代供養墓をお探しの方や、天候を問わず快適にお参りできる屋内墓苑をお探しの方におすすめです。

近くの納骨堂を探してみる >>

樹木葬

樹木葬のイラスト

樹木葬の費用相場は、10~150万円程度です。
樹木葬とは、墓石の代わりに樹木や草花を墓標とするお墓のことです。

樹木葬にも様々に種類があり、中には遺骨を土に還す「自然葬」ができる樹木葬墓地もあります。
骨壺で一定期間収蔵したのち合葬墓に移すタイプも多いので、ご注意ください。

納骨堂に比べると少人数向けであることが多く、ほとんどの場合で継承できません。
また、個別で納骨できる永代供養墓としては比較的費用を抑えられます。

自然志向の方や、費用を抑えて個別の永代供養墓を持ちたい方にはおすすめです。

近くの樹木葬を探してみる >>

合葬墓(合祀墓)

合葬墓・合祀墓のイラスト

合葬墓(合祀墓)の費用相場は、3~30万円/1人程度です。

合葬墓(がっそうぼ)とは、不特定多数の遺骨を一緒くたに埋葬するお墓です。
「合わせて祀る」という宗教的な意味を伴って、合祀墓(ごうしぼ)とも呼ばれます。

お墓の選択肢としては最も費用を抑えられるもので、ほとんどの場合で年間管理費もかかりません。
ただし、一度納骨したら遺骨は二度と取り出せなくなる点に注意しましょう。

お墓の費用をできるだけ抑えたい方や、お墓に納骨されていたいくつかの遺骨をまとめて納骨したい方にはおすすめです。

近くの合葬墓(合祀墓)を探してみる >>

お墓の引っ越しでよくある疑問

お墓の引っ越しでよくある疑問にお答えします。

改葬先に今ある墓石を移動できる?

先祖代々受け継いできた墓石に思い入れがある、または墓石を移動すると石を買わなくて済むためお墓の引っ越し費用が安くなりそう、などの理由で改葬先に今ある墓石を移動したいとご相談される方がいらっしゃいます。

しかし、霊園の「建墓規定」によって、墓石の持ち込みができないと定められていることが多くあります。
その上、持ち込みが可能な場合でも、霊園によってお墓の形に規定があり、規定に沿った形に再加工しなければならない場合もあります。

民営霊園や寺院墓地には、指定業者がついていることが多く、指定された業者で墓石を建てなければなりません。
自治体が運営する墓地に関しては、指定業者がないため、墓石の持ちこみができるところが多いでしょう。

霊園によって建墓規定は異なるため、区画を契約する前に、墓石の持ち込みが可能か確認する必要があります。

また、墓石の持ち込みをしても、お墓の引っ越し費用が安くなることはありません。
重たい墓石を移動するのには、それなりのお金がかかります。
墓石を持ち込むよりも、お墓を新しく建てたほうが安いでしょう。

お墓を移すのはよくない?

お墓を解体して、他の場所へ移してしまうとバチが当たるのではないかと気にされる方もいらっしゃいます。

確かに、お墓を粗末にするとバチが当たるという話は聞きますが、粗末にしてはいけないのはお墓ではなく、ご先祖様ではないでしょうか。
お墓を引っ越すことで、お墓の管理がしやすくなるのであれば、引っ越した方がご先祖様も喜ぶはずです。

お墓が遠方にあるため管理ができなかったり、お墓を解体しないまま承継者が途絶えて、お墓を放置する方がご先祖様に失礼といえます。
そのうえ、お墓を解体すること自体は、ご先祖様を粗末にすることにはなりません。

なぜなら、ほとんどの場合でお墓を解体する前に、閉眼法要を行いお墓に宿る魂を抜いているからです。
法要を行うことによって、解体するお墓は魂の宿っていない石となるとされています。

墓石のお墓に改葬する場合は、納骨する前に、入魂法要を行い、お墓に魂を移します。
永代供養墓などに改葬する場合でも、納骨する際は法要を行います。
ただし、浄土真宗の場合は、往生即身仏(おうじょうそくしんぶつ)という考え方があり、死後すぐに仏とになるとされているため、お墓に魂が入っているとは考えません。

大切なのは、ご先祖様に感謝することです。
そう心がけて入れば、バチが当たることなどないでしょう。

お墓の引っ越し先をお探しですか?

お墓さがしでは、全国の墓地・霊園からご希望の条件に合わせてお墓を検索することができます。
お墓の引っ越し先をお探しの方は、ぜひ一度ご利用ください。

近くのお墓を探してみる>>