マンション型のお墓・納骨堂を写真で解説!費用やメリット・デメリット

マンション型のお墓・納骨堂を写真で解説!費用やメリット・デメリット

マンション型のお墓は、お墓の跡継ぎの問題、墓地不足の問題などから都心部で注目を集めています。
今回の記事では、マンション型のお墓について、費用やメリットデメリットなど、細かい情報を解説していきます。

☆動画でもご覧いただけます。

近くのマンション型のお墓を探す >>

マンション型のお墓とは何か?

マンション型のお墓の画像1
仙行寺 沙羅浄苑(東京都)

それでは、マンション型のお墓の大まかなイメージを掴んでいきます。

マンション型のお墓は「自動搬送式納骨堂」が正式名称

マンション型のお墓は、正式には自動搬送式納骨堂と言います。機械式納骨堂とも呼ばれることもあります。
自動搬送式納骨堂(マンション型のお墓)は、納骨堂の中でも機械が自動的に遺骨をお墓まで運んでくるタイプのものを言います。
この他、「ビル型納骨堂」「マンション型納骨堂」「マンション納骨堂」「マンションタイプ」「カード式納骨堂」などの俗称もあります。

納骨堂とは何か?

納骨堂とは、屋内の専用スペースに遺骨を安置する施設のことです。
かつては遺骨の一時預かりを目的にお寺などが設けていました。
しかし、現在では多くの納骨堂に永代供養がついており、跡継ぎのいらないお墓の一つとしての認識が広まっています。

マンション型のお墓の外観

マンションのような外観
自動搬送式納骨堂(マンション型のお墓)のほとんどは、都心部にあります。
自動搬送式納骨堂は、都心部の土地不足に対応して造られる場合が多く、少ない土地で多くのご遺骨を収蔵するため、一般的には縦に高い設計になります。
これによって、自動搬送式納骨堂一つで、数千基~数万基の区画(納骨する入れ物)を収納できるようになります。
結果的に、自動搬送式納骨堂の外観がマンションのようになったため、「マンション型のお墓」「マンションタイプのお墓」と呼ばれるようになったと考えられます。
和風建築の自動搬送式納骨堂(上野さくら浄苑)
和風建築の自動搬送式納骨堂(上野さくら浄苑 東京都
和風建築の自動搬送式納骨堂
なお、自動搬送式納骨堂の全てがマンションのようになっているわけではなく、比較的郊外にあるものや、都心でももともと広い土地を持っているお寺などでは、和風建築で設置する場合もあります。

マンション型のお墓の内部

本駒込陵苑のエントランス
本駒込陵苑(東京都)のエントランス
ホテルさながらの内装
マンション型の納骨堂のデザインは内外ともに凝ったものが多く、エントランスやロビーはホテルさながらの内装が施されています。
机やいすなどが設置され、休憩や待合スペースに利用できます。
マンション型のお墓の画像3
赤坂一ツ木陵苑(東京都)の参拝フロア
マンション型のお墓の画像4
赤坂一ツ木陵苑の参拝ブース
参拝フロアと参拝ブース
数階ある中のいくつかが参拝フロアとなっており、参拝フロアには数か所にお墓が設置されています。
カードをかざすなどの操作で、お墓に遺骨を呼び出し、お参りします。
マンション型のお墓が一つあれば何千基もの厨子(骨壺を納める入れ物)が収容できるため、墓地不足の問題からも関心が高まっています。
また、管理するお寺が末永く供養してくれる「永代供養」がついており、跡継ぎのいない人が利用することも少なくありません。

永代供養とは何か?

マンション型のお墓には「永代供養」がついています。

永代供養とは、簡単に言うと(墓地の管理者が)将来にわたって故人を供養することを言います。
お墓の管理や供養を任せられるので、跡継ぎがいない方も使用できます。

ただし、遺骨を個別で管理してくれる期間には限りがあります。
多くは「最後の納骨から33回忌」などの期限が明示されています期限を設けられていなければ、管理料を支払った分の期間個別管理されます。
期限後、遺骨は合祀のお墓に埋葬されます。
合祀墓とは、他の人の遺骨と一緒くたになって埋葬するお墓のことです。
大きなお墓の中に納骨スペースがあり、そこに遺骨を入れていくイメージです。
管理料を払った分は個別で管理、その後は合祀で供養してくれると考えてください。

マンション型のお墓の費用・価格

マンション型のお墓の費用イメージ

マンション型のお墓の価格相場
収容人数 永代供養料 納骨料 年間管理料
1-4人 50-60万円 2-3万円 1-2万円
8人 80-100万円 2-5万円 1-2万円

マンション型のお墓の価格は、スタンダードなプランだと、8体収蔵できるもので永代供養料は80~100万円程度が相場です。
数は少ないですが、収容人数が少ない個人墓などの場合は、価格は50-60万円前後で抑えられることもあります。
なお、この場合の永代供養料は、区画を使う料金と、永代供養をしてもらう料金と考えてください。

同様に8体収蔵できるものでも、プランをグレードアップすると永代供養料だけで200万円以上かかる場合もあります。
ハイグレードなプランにすると、デザインに高級感がある、参拝フロアにラウンジがついている、最上階で見晴らしが良いなどの特典がつきます。

年間管理料などの別途かかる費用

最初に払う費用の他、別途年間管理費が1~2万円かかります。
管理料については一括払いで前納すると割引になることもあります。
この他、納骨の際に別途納骨手数料が2~5万円程度かかる場合があります。

近くのマンション型のお墓を探す >>

マンション型のお墓のメリット6つ

メリットのイラスト
マンション型のお墓のメリットには、以下のようなものがあります。

  • 屋内墓所なのでお参りが快適
  • 跡継ぎがいなくても無縁にならない
  • 手ぶらでお参りに来れる
  • 都市型のお墓だから交通アクセスが良い
  • お墓を建てるより費用を抑えられる
  • お墓以外の設備も充実している

メリット1.屋内墓所なのでお参りが快適

屋内のお墓なので、季節や天候を気にせずにお参りできます。
設備も充実していることが多いので、温度管理もしっかりとなされ、いつでも快適です。

メリット2.跡継ぎがいなくても無縁にならない

東京御廟本館(東京都)内の本堂。お寺と納骨堂が一体化している。
マンション型のお墓には永代供養がついています。
もし跡継ぎに不安があっても、主体となっているお寺さんが供養してくれるため安心です。
一方で承継できる所も多く、代々墓としても利用できます。

メリット3.手ぶらでお参りに来れる

満照山 眞敬寺 蔵前陵苑(東京都)のお墓。お供えが常備されている。
お香や花などが常に供えられているため、カード一枚でお参りに来れます。
清掃などは施設側が行うため掃除や草むしりもなく、気が向いた時にふらっと立ち寄ることができます。

メリット4.都市型のお墓だから交通アクセスが良い

伝燈院 赤坂浄苑(東京都)の周辺の様子。街中にある。
一般的に、マンション型のお墓は車よりも交通機関での来園が想定されており、駅から歩いて5分程度などの極めて交通の便が良い所に多くあります。
足繁く通うにも負担になりません。

メリット5.お墓を建てるより初期費用を抑えられる

一般的な墓石のお墓は150~300万円程度が相場であるのに対し、マンション型は100万円以下で購入できます。1人用なら40万円程度でも購入できます。

ただし、「跡継ぎがいらないお墓」ということで考えた場合は、樹木葬や合祀墓の方が費用を抑えられます。大人数で永代供養墓を使用したい、お墓が承継されるか分からない、と言った場合に、マンション型のお墓はおすすめです。

メリット6.お墓以外の設備も充実している

場所によって差はあるものの、設備がとても充実しています。
法要施設や、ホテルのようなラウンジやロビーを用意している所も少なくありません。契約後は葬儀、納骨、法事までワンストップで対応できるところも多く、便利です。

近くのマンション型のお墓を探す >>

マンション型のお墓のデメリット5つ

デメリットのイラスト
マンション型のお墓を購入するにあたって、不安なことは何でしょうか。
マンション型のお墓のデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 建物の改修などが心配
  • 機械が故障するとお参りできない
  • 最終的には合祀になる
  • 普通のお墓に比べて年間管理費が高い
  • 混雑時には待ち時間ができる

デメリット1.建物の改修などが心配

建物には必ず耐用年数があります。建物の工事や建て替えが必要になると、遺骨の管理が心配です。
建て替えや改修の時の対応は、見学などをした際に聞いておきましょう。

デメリット2.機械が故障するとお参りできない

マンション型のお墓は機械に依存しています。
機械が故障したり、停電になった時には、お参りできません。

デメリット3.最終的には合祀になる

ほとんどのマンション型のお墓では、あらかじめ定められた期間が経過するか、年間管理費の支払いが途絶えると、遺骨は合祀墓に移動されます。
将来にわたって他の方と遺骨が混ざりたくない方は、土に還る樹木葬や、「永代個別」などとして販売されている永代供養墓がおすすめです。

デメリット4.普通のお墓に比べて年間管理費が高い

屋内で施設の手入れに手間がかかること、機械のメンテナンスが必要なことで、管理料がやや高くなる傾向にあります。
年間1~2万円程度が相場です。
一般的なお墓では年間1万円未満の墓地も珍しくないので、維持費を安く抑えるなら、一般墓の方が探しやすいと言えます。

デメリット5.混雑時には待ち時間ができる

1つのマンション型のお墓に設けられる参拝ブースの数には限りがあります。また、契約したプランによっては使用できる参拝フロアが限られます。
そのため、お盆やお彼岸の時期にはブースが埋まり、待ち時間ができることもあります。

マンション型のお墓を選ぶときの注意点3つ

注意点のイラスト

マンション型のお墓の購入を検討している方は、以下の点に注意してお墓を選びましょう。

マンション型のお墓を選ぶときの注意点3つ

  • 法要の制限はあるか
  • 契約以降の費用は何がかかるか
  • 併設の駐車場や付近に有料駐車場はあるか

注意点1.法要の制限はあるか

マンション型のお墓は原則宗教自由ですが、法要に関して制限が付くことがあります。
具体的には、以下のような条件が付く場合があります。

  • 納骨法要だけは経営するお寺に頼む必要がある
  • 他寺の僧侶や他宗教の宗教者を同伴することができない
  • 本堂は門徒や檀家のみが使用できる

特に、キリスト教徒の方などは、納骨の際にお経をあげられることに抵抗があるかもしれません。

契約の前に、法要や宗派については確認しておきましょう。

注意点2.契約以降の費用は何がかかるか

マンション型のお墓でも、一般墓と同様、契約後に管理費などの費用が発生します。
契約以降に発生する可能性のある費用には、以下のようなものがあります。

  • 年間管理費
  • 納骨手数料・納骨法要のお布施

事前に契約以降に発生する費用は確認しておき、ランニングコストをイメージして、生活に負担がかからないかを考えましょう。

注意点3.併設の駐車場や付近に有料駐車場はあるか

特に都心部のマンション型のお墓では、駐車場を併設していないことが一般的です。
もし自分や縁者が車でお参りに行く可能性があるなら、駐車場についても確認しましょう。
駐車場がない場合は、付近の有料駐車場を確認しておきましょう。

マンション型のお墓の仕組み

「機械によって遺骨が自動で運ばれてくる」とは具体的にどういう状態なのでしょうか。
マンション型のお墓の仕組みについて詳しく解説します。

遺骨はどこで保管される?

遺骨は、骨壺や骨袋に入れられ、専用の厨子に収蔵されます。
関東で一般的な7寸壺のものであれば2体、骨袋やスリムな骨壺などに入れ替えると8体まで入るものが多いようです。
遺骨を収蔵した厨子は、利用者の目には触れないバックヤードに保管されます。
小石川墓陵(東京都)の厨子サンプル

遺骨はどこに運ばれる?

マンション型の納骨堂には、参拝フロアと呼ばれるお参り専用フロアがあります。
参拝フロアにはいくつかブースがあり、それぞれにお墓が設置されています。
遺骨はこちらのお墓に運ばれてきます。
マンション型のお墓の仕組みイラスト
お墓の中央が厨子になっており、この部分が利用者によって入れ替わります。
なので、自分のお参りの時だけ、自分のお墓として使えるようなイメージです。
実際に機械で搬送されてくるときはお墓の奥側から差し込まれる形で運ばれてきます。
マンション型のお墓の画像24
マンション型のお墓の画像24-1
厨子が入っていないお墓(上)と、入っているお墓(下)(小石川墓陵 東京都)
厨子にはあらかじめ名板が付けられており、「○○家」「やすらかに」など好きな言葉を彫刻できます。
場所によっては名板の色や種類も選ぶことができます。
マンション型のお墓の画像6
目黒御廟(東京都)の銘板サンプル

納骨の方法

遺骨を収蔵した厨子を、指定の参拝ブースにて、お墓の正面から入れていきます。
厨子を乗せた代からお墓にかけて専用の板のような器具で坂を造り、厨子を滑らせるようにして入れていきます。
納骨の法要も合わせて参拝ブースで行います。
マンション型のお墓の画像8
納骨専用ブース(小石川墓陵 東京都)

マンション型のお墓参りの方法

本駒込陵苑(東京都)でのお参りのイメージ

普通のお墓とはかなり違う様子ですが、お参りはどのようになるのでしょうか。
お参りの方法は、おおむねどこのマンション型のお墓でも同じです。
お参りの方法について解説します。

1.受付で参拝ブースを選択する

マンション型のお墓の多くは、エントランスかまたは参拝フロアに、お参りする参拝ブースを選ぶ受付機があります。
受付機はエントランスではなく参拝フロアに設置されている場合もあります。
あるいは、受付機を設けず、参拝ブースで直接カードをかざすところもあります。
マンション型のお墓の画像25
千日谷淨苑(東京都)のエントランス。受付機が設置されている。
多くの場合、利用者にはお参りをするための専用のカードが渡されます。
受付機にカードをかざすと、参拝ブースの選択画面が表示されます。
マンション型のお墓の画像26
受付機のリーダーに参拝カードをタッチする。
マンション型のお墓の画像27
カードをかざすと、参拝ブースが選べるようになる。自動選択の所もある。
エントランスには各ブースの参拝状況を確認できるモニターがあり、自分で選択した参拝ブースも、こちらで確認できます。
マンション型のお墓の画像28
エントランスに設置されている参拝状況の確認モニター

2.参拝ブースに行く

参拝フロアには、参拝ブースが複数設置されています。
受付機で決定した参拝ブースに向かってください。
マンション型のお墓の画像29
月の廟庭(千葉県)の参拝フロア
お墓の準備ができたら、ブースの扉が開きます。
エントランスで受付をせず、ここでカードをかざすこともあります。
マンション型のお墓の画像31
お墓の準備ができたら扉が開く。もう一度ブースでカードをかざすこともある。

3.お参りする

参拝ブースには、お花やお香などのお供えが常備されています。
お供えを置けるスペースなども確保されているので、持参したお供えはこちらに置きます。
マンション型のお墓の画像31
小石川墓陵(東京都)のお墓。基本的なお供えは常備されている。
屋内墓苑は火気厳禁のため、線香ではなく電気香炉で焼香でお参りします。
マンション型のお墓の画像32
電気香炉で焼香をする様子。
お墓の隣にディスプレイが付いている場合も多く、遺影や戒名などを表示できます。
マンション型のお墓の画像33
表示する家族の選択画面
マンション型のお墓の画像34
遺影や戒名を表示できる。

4.ブースを閉じる

お参りが終わったら、ボタンを押すなどしてブースの扉を閉じます。
これでお参りの一連の流れが終わります。

マンション型のお墓と他のお墓との違い

マンション型のお墓とその他のお墓では、どちらを選べばいいでしょうか。それぞれの違いを解説します。

マンション型のお墓と他のお墓の違い
種類 自動搬送式 一般墓 樹木葬 その他の納骨堂
画像 自動搬送式納骨堂イラスト 墓石のお墓のイラスト 樹木葬のイラスト 納骨堂のイラスト
特徴
  • 屋内でお参り
  • 管理者がお墓を手入れする
  • 原則永代供養付き

 

  • 屋外でお参り
  • お墓の手入れは自分でする
  • 原則永代供養はついていない
  • 屋外でお参り
  • 原則承継できない
  • 管理者がお墓を手入れする
  • 原則永代供養付き
  • 遺骨が移動しない
  • 参拝スペースが狭い
  • 管理者がお墓を手入れする
  • 原則永代供養付き
初期費用 80~100万円程度 100~250万円程度 5~100万円程度 10~200万円程度
年間管理費 1万2千~2万円程度 5千~2万円程度 0~1万円程度 5千~2万円程度

マンション型のお墓と一般墓との違い

マンション型のお墓の画像17
都立青山霊園(東京都)の一般墓

マンション型のお墓と一般墓の違いには、以下のようなものがあります。

お参りをする場所

一般墓は例外を除いて屋外でお参りしますが、マンション型のお墓は屋内でお参りします。
マンション型のお墓では、雨の日でも快適にお参りができます。

お墓の手入れは誰がする?

一般墓を持っている場合、掃除や草むしりは、お墓の持ち主や縁者が行います。
一方、マンション型のお墓は施設の管理者が掃除やお供えなどの手入れをします。
極端に言えば、全くお墓参りに行かなくてもお墓が荒廃することはありません。

永代供養がついているか

一般墓は、代々で使用することを前提としているので、原則永代供養はついていません。跡継ぎがいなくなった場合は、お墓の持ち主が「墓じまい」をする必要があります。
一方、マンション型のお墓には永代供養がついているため跡継ぎがいなくなってもお墓が荒廃せず、管理者が遺骨を合祀墓に移動し、供養を続けてくれます。

ただし、最近では、永代供養付きの一般墓も少しづつ増えています。
跡継ぎに不安があるけど墓石を建てたい方は、こちらから探してみましょう。

近くの永代供養付き墓所を探す >>

マンション型のお墓と樹木葬との違い

市原南霊園(千葉県)の樹木葬

樹木葬は、樹木や草花を墓標とするお墓です。
現代では、遺骨を土に還すタイプと、土には返さずに骨壺などで埋葬する対応など、形態が多様化しています。

お参りをする場所

特殊な場合を除き、樹木葬は屋外にあります。
特に、自然豊かであるか花木が豊富に植栽されている環境下にあり、自然に包まれて眠りたいという方にはおすすめです。
一般のお墓と同様、雨の日など天候によってお参りのしやすさが左右されるので、その点でマンション型のお墓と異なります。

代々引き継いでいけるか

多くの樹木葬は、家族代々使用していくことができません。
樹木葬の区画は、少人数向きで使用期限が決められている傾向にあります。
埋葬予定者の事前登録を必須とするところも多く、末永く引き継いでいくことには向きません。

一方、マンション型のお墓は、管理費を払っている以上、代々引き継いで行ける所も少なくありません。

近くの樹木葬を探す >>

マンション型のお墓と他の納骨堂との違い

納骨堂とは、屋内にある遺骨を収蔵する場所を言います。
実は納骨堂には、マンション型以外にも以下のようなタイプのものがあります。

ロッカー式
棚が同じサイズの区画に区切られており、そこに納骨します。
まさにロッカーに骨壺を納骨するような形になります。
仏壇式
屋内にお仏壇が並べられており、それぞれ一つの家で使用します。
下部に収骨棚が付いています。
位牌式
位牌の下部に設けられた納骨スペースにお骨を入れます。
遺骨を粉状にする、「粉骨」などが必要になることもあります。
棚式
ロッカー式のように区画の区切りがなく、数段の棚に骨壺を並べていきます。

これら納骨堂とマンション型の納骨堂では何が違うのでしょうか。

固定式か搬送式か

マンション型の納骨堂では、遺骨は利用者がお参りするときだけお墓に搬送されてきます。
厨子だけが利用者ごとに異なり、その他のお墓の部分は他の利用者と共用します。

一方、その他の納骨堂では、遺骨は常に一定の場所に安置されます。
少なくとも遺骨が安置されている部分については、自分専用のスペースとして使用できます。

お参りの環境

マンション型のお墓は、他のどの納骨堂と比べてもお墓の形がしっかりとしていることが特徴です。
お墓には屋外と同じように墓石を使っていたり、お供えのスペースが確保されているので、比較的従来に近い形でお参りできます。
また、参拝ブースはそれぞれすりガラスなどで仕切られており、プライベートが確保された空間でお参りできます。

対して他の納骨堂は、棚に並べる・しまう、仏壇に収納する、位牌に収納するといった形態になりますので、一見「お墓らしさ」はありません。
また、共有のワンフロアに棚のような区画が並んでいるため、プライベートな空間を確保することは難しいでしょう。

安い納骨堂が良ければ検討の余地あり

もし費用を抑えて納骨堂を購入したいなら、その他の納骨堂も検討の余地があります。
マンション型の納骨堂では、8体程度納骨できる区画が、おおむね100万円以下で購入できます。大人数で使用するお墓としては割安です。
一方、少人数で使用したい場合は、ロッカー式や位牌式納骨堂などにすることで費用を抑えることができます。
位牌式では、1体10万円以下で納骨できるところもありますし、ロッカー式でも、2体50万円程度で区画を購入できます。
年間管理料も、これらの納骨堂の方が抑えられる傾向にあります。

近くの納骨堂を探す >>

おすすめのマンション型のお墓4選!

全国にあるおすすめのマンション型のお墓を紹介します。

東京御廟本館

東京御廟本館
東京都荒川区荒川7丁目5ー8

納骨堂25万円~
寺院墓地宗教不問

東京都のマンション型のお墓一覧 >>

寿命寺 池田龍聖御廟

寿命寺 池田龍聖御廟
大阪府池田市西本町2-20

納骨堂65万円~
寺院墓地宗教不問

大阪府のマンション型のお墓一覧 >>

大須陵苑

大須陵苑
愛知県名古屋市中区大須4-16-16

納骨堂82万円~
寺院墓地宗教不問

愛知県のマンション型のお墓の一覧はこちら >>

妙円寺 武霊廟 妙寿庵

妙円寺 武霊廟 妙寿庵
鹿児島県鹿児島市武3丁目41-5

納骨堂50万円~
寺院墓地宗教不問

鹿児島県のマンション型のお墓の一覧はこちら >>
ご希望エリアのマンション型のお墓は、こちらからお探しください。

全国のマンション型のお墓一覧 >>

マンション型のお墓の新型コロナウイルス対策

昨今の情勢にかんがみ、マンション型のお墓では、それぞれで感染症対策を行っています。
マンション型のお墓で行われている感染症対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  • スタッフの勤務前の検温・体調確認
  • スタッフの出社前の手洗い・うがい
  • スタッフのマスク・手袋着用
  • 手すりなどの手が触れる部分の定期的な消毒
  • 飛沫防止パネルの設置
  • 徹底的な換気
  • アルコール等消毒液の設置・配布
  • ご焼香の中止
  • 参拝所のお客様同士の間隔の確保
  • 見学時の組数制限・web見学の対応

施設によって対策の内容は異なりますので、詳しい感染症対策については、それぞれの施設にお問合せください。
お参りやご見学をする方も、各施設の指針に合わせて、マスクの着用や人との間隔の確保などを行いましょう。

また、マンション型のお墓では、新型コロナウイルスの流行を受けて営業時間を短縮している場合があります。
加えて、一部でご焼香の中止など、サービス内容が変更になっている場合があります。
お参りや見学の前には、webサイトや電話などで営業時間を確認しましょう。

まとめ

マンション型のお墓は、正式には自動搬送式納骨堂と言います。
屋内のお墓に、厨子に収蔵した遺骨を呼び出してお参りするタイプのお墓です。
設備がきれいに整えられていること、アクセスが良いことが特徴として挙げられ、手ぶらで気軽にお参りに来れることも魅力です。

また、ほとんどの場合、お寺が末永く供養してくれる「永代供養」がついているため、跡継ぎの無い方が多く検討されます。
代々引き継ぐこともできるため、跡継ぎはいるけど単純に屋内のお墓がいいということで検討する方もいます。

普通のお墓や樹木葬、他のタイプの納骨堂とも比較検討して、いいお墓選びの参考にしていただければ幸いです。

マンション型のお墓をお探しですか?

お墓さがしでは、マンション型のお墓を含む全国のお墓を紹介しています。
マンション型のお墓や永代供養墓、納骨堂に興味がある方は、一度お近くのエリアでお墓を探してみてください。

近くのマンション型のお墓を探す >>

執筆者情報

お墓さがしスタッフ

佐野

経歴

2018年より、お墓マガジンのコラムを執筆しています。適切な情報をお届けできるよう努めて参ります。

マンション型のお墓に関するQ&A