お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

【実際に行ってみた】マンション型のお墓を一挙紹介!

取材のイメージ1

今、都市部で急増するマンション型のお墓に実際に行ってきました!
関東にあるマンション型納骨堂を一挙に紹介していきます。

マンション型のお墓とは?

マンション型のお墓とは、マンションのような建物の中にお墓が設置されており、そこに自動で遺骨が運ばれてくるタイプのお墓です。
正式には、自動搬送式納骨堂と言います。
カードを受付機かリーダーにかざすと、機械がお墓に遺骨を運んできます。
墓石の正面中央に遺骨を収蔵する厨子がはめ込まれる形になります。

マンション型のお墓については、こちらで詳しく解説しています。
【参考】マンション型のお墓がこれで分かる!費用やメリット・デメリット

それでは、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。
筆者が実際に訪問した東京、神奈川、千葉のマンション型のお墓をレポートします!

1.東京都

赤坂一ツ木陵苑

赤坂一ツ木陵苑は港区、「赤坂見附駅」から歩いて2分、「赤坂駅」から歩いて5分でアクセスできます。
飲食店や娯楽施設が並ぶ都心にありますが、ひとたび中に入ると厳かで本堂が迎えてくれます。
この地に400年以上続く真言宗智山派の威徳寺が管理しており、赤坂不動尊が祀られています。
八十八ヶ所霊場の75番札所でもあるので、一般の参拝者も訪れるのだそうです。

赤坂一ツ木陵苑レポート6
建物周辺
赤坂不動尊が祀られている本堂

参拝室は清涼感のあるデザイン。お墓は黒みかげを使ったどっしりとしたデザインです。
ブースごとの仕切りが背中側まで来るため、プライベートな空間を実現しています。

赤坂一ツ木陵苑レポート15
清涼感のあるデザインの参拝フロア
どっしりとした黒みかげのお墓

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

伝燈院 赤坂浄苑

伝燈院 赤坂浄苑は港区、「赤坂見附駅」から歩いて2分、「赤坂駅」から歩いて5分でアクセスできます。
赤坂一ツ木陵苑のお隣にあります。
金を中心とした煌びやかなデザインがあしらわれており、上質な高級感があります。
エントランスはまさにホテルのような雰囲気でした。

伝燈院 赤坂浄苑レポート3
ホテルのようなロビー

参拝室は白や黒を基調としたシックな石調のフロアを華やかで明るい光が照らしています。
お墓の背景にも金があしらわれており、黒のお墓が一層映えます。
お墓は2種類あり、ギャラクシーというインド産の石材を使ったものと、黒みかげのものがあります。

伝燈院 赤坂浄苑レポート7
きらびやかな参拝室
伝燈院 赤坂浄苑レポート8
ギャラクシーを使ったお墓。実際にみると少しキラキラしている
伝燈院 赤坂浄苑レポート12
なじみのある黒みかげのお墓

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

應慶寺 光の華 目黒御廟

目黒御廟は、「目黒駅」から歩いて3分でアクセスできます。
「目黒駅」にはJR山手線、東急目黒線、都営三田線、東京メトロ南北線の4路線が乗り入れているため、大変便利です。
駅前の飲食店などが並ぶエリアをぬけた所にあり、周辺環境が落ち着いています。
エントランスやそれに続くロビーは木彫と光を上品に組み合わせた優雅な雰囲気です。

目黒御廟レポート9
優雅な雰囲気の受付ロビー

マンション型のお墓の中でもかなり参拝ブースが多い方で、参拝フロアは地下1階、1階、2階にかけて設けられています。
1,2階は自然光を取り入れたスタイリッシュで明るいフロアです。
地下1階は、暖色の光や花柄をあしらったすりガラスの仕切りが、上品ながらも親しみやすい雰囲気を演出していました。

目黒御廟レポート16
2階の参拝フロアはスタイリッシュで明るい。
目黒御廟レポート15
地下1階の参拝ブース。親しみのある暖色の照明

また、2階にはコンシェルジュが常駐するラウンジがありました。
ホテル顔負けの贅沢感です。

目黒御廟レポート21
ラウンジ。凝った照明や歩き心地のいいカーペットがホテルさながら。

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

小石川墓陵

小石川墓陵は、東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」から歩いて2分ほどでアクセスできます。
道順もほぼ真っすぐで分かりやすい位置にあります。
近代的な外観の建物に入ると、白と黒を基調とした石材がシックなフロアが広がります。
程よく配された落ち着きのある色味の木調のインテリアは安心感があります。

小石川墓陵レポート8
シックでオシャレなロビー

2階から4階が参拝フロアとなっており、なんと4階にはテラスが付いています。

小石川墓陵レポート9
4階のテラス。左手の扉が参拝ブース。

2、3階の室内の参拝フロアもやはり白と黒のコントラストに黄味の強い照明がアクセントとなっており、オシャレです。
お墓も赤・黒・白が組み合わされたコントラストがはっきりとしているもので、モダンな雰囲気です。

小石川墓陵レポート14
やはりコントラストがおしゃれな室内の参拝フロア
小石川墓陵レポート12
赤・白・黒を組み合わせたお墓

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

一行院 千日谷浄苑

一行院 千日谷浄苑は、和風建築の自動搬送式納骨堂です。
JR「信濃町」駅から歩いてすぐの所にあり、1分で着きます。

千日谷浄苑レポート5
外観。自動搬送式納骨堂ではめずらしい和風建築。

エントランスには明るい色調の石材や木材などの自然素材が用いられ、安堵感があります。

千日谷浄苑レポート6
自然素材のやさしさが感じられるエントランス。

徹底して和風なデザインにこだわり、参拝フロアは自然素材の温もりを活かしつつもスタイリッシュな作りになっています。
金色のお墓の背景がアクセントになっており、お墓に華やかさを添えています。

千日谷浄苑レポート9
和風にこだわった参拝フロア
千日谷浄苑レポート10
スタイリッシュなお墓が金の背景に映える

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

東京御廟本館

東京御廟本館は、京成電鉄、東京メトロ千代田線「町屋駅」から徒歩3分でアクセスできます。
荒川エリアでは貴重な自動搬送式の納骨堂です。

エントランスから続くロビーは、明るい自然素材を柔らかな光が照らす、ホテルさながらの気品を備えています。

東京御廟本館レポート7
しっとりとした感じの上品なロビー

参拝フロアは非常に広々としており、随所に曲線があしらわれたゆったりとした空間です。

東京御廟本館レポート10
とても広々とした参拝フロア

お墓は家族用と個人用があります。
数あるマンション型のお墓の中でも、個人用のお墓があるのはとても貴重です。

東京御廟本館レポート15
家族用のお墓
東京御廟本館レポート12
個人用のお墓

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

仙行寺 沙羅浄苑

仙行寺 沙羅浄苑は、都会の山寺をコンセプトにした隠れ家的なお墓です。
JR山手線、西武池袋線、東武東上線、東京メトロが乗り入れる「池袋駅」から5分でアクセスすることができるので、大変便利です。

建物を入るとまず大仏様がお迎えしくれます。
お寺自体には雑司ヶ谷七福神の福禄寿が祀られていることもあり、一般の参拝者も多く訪れます。

沙羅浄苑レポート9
エントランスの池袋大仏。地面についておらず、浮いている。

ロビーは、木材や石材などの自然素材にこだわった、落ち着きのある雰囲気。
まさに都会の喧騒から隔てられた静謐の空間です。

沙羅浄苑レポート12
ロビー。木材と曲線が癒しの雰囲気を作っている。

参拝フロアも石材と土壁、障子を組み合わせたひっそりとした雰囲気。
仕切りの障子は山寺で使われる太鼓張りという作り方になっており、細かな部分にもこだわりを感じます。
お墓は全体に黒みかげを使っており重厚感があります。
特別参拝フロアのお墓は、墓石の中でも最高級の庵治石が使われた大名墓になっています。

沙羅浄苑レポート19
一般参拝フロア 黒みかげのお墓
沙羅浄苑レポート26
特別参拝フロアの大名墓

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

経堂 ゆいの御廟

経堂 ゆいの御廟は、小田急電鉄「経堂駅」からほぼ真っすぐ歩いていくと6分で着きます。
世田谷区周辺では非常に貴重な自動搬送式納骨堂です。
周辺の環境は緑豊かで静かです。

エントランスホールは温かな風合いの石材や木材が配されており、曲線のデザインも柔らかな雰囲気を演出しています。
敷居の高い感じよりも、親しみやすさを感じる安心感があります。

ゆいの御廟レポート7
温かみのあるエントランスホール

参拝フロアも優しさを感じる明るい色調でデザインされています。
お墓は白と黒を組み合わせたスタイリッシュでモダンなデザインです。

ゆいの御廟レポート9
きれいで明るい参拝フロア
ゆいの御廟レポート12
コントラストがはっきりとしたモダンなお墓

また、4階には「ゆいのホール」があり、お葬式や法要ができます。
天気のいい日はテラスに出ることもできるそうです。

ゆいの御廟レポート15
ゆいのホール。晴れた日にはテラスに出られる。

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

満照山 眞敬寺 蔵前陵苑

満照山 眞敬寺 蔵前陵苑は、「蔵前駅」、「新御徒町駅」、「田原町駅」から徒歩数分でアクセスできる、便利な立地にあります。
エントランスホールは自然素材を用いたすっきりとしたデザインで、洗練されている印象です。

蔵前陵苑レポート10
すっきりとしたエントランスホール

参拝フロアやお墓もやはりスタイリッシュでオシャレです。
参拝フロアが2つあるうち、ベーシックタイプは白と木目をメインにした明るく優しいデザイン。
ハイグレードタイプのフロアは格調高い重厚感と暖かみのある雰囲気が魅力です。

蔵前陵苑レポート13
ベーシックタイプの参拝フロア
蔵前陵苑レポート19
ハイグレードタイプのお墓

ハイグレードタイプのフロアにはラウンジもついており、スカイツリーを望むことができました。

蔵前陵苑レポート20
スカイツリーが見えるラウンジ

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

上野さくら浄苑

上野さくら浄苑は、和風建築にこだわった自動搬送式の納骨堂です。
JR山手線「鶯谷駅」徒歩7分でアクセスすることができます。
建物に入ると上品な木目を基調とした受付がありました。

上野さくら浄苑レポート9
受付。木目のあたたかみが優しい雰囲気。

建物全体として自然素材・自然採光にこだわっており、居心地のいい空間が演出されています。
参拝フロアは「さくらの間」と「ひかりの間」があり、さくらの間はすっきりと明るいフロア、ひかりの間は温かみのあるフロアです。

上野さくら浄苑レポート19
さくらの間。春になると窓から満開の桜が見える。
上野さくら浄苑レポート15
ひかりの間。温かみのある照明は安堵感がある。

一階のラウンジにも大きな窓が付いており、自然の光が差し込みます。

上野さくら浄苑レポート28
ラウンジ。大きな窓からはお庭も見える。

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

2.神奈川県

久保山清苑

久保山清苑は、保土ヶ谷駅からバスでアクセスできます。
神奈川県内でのマンション型のお墓は貴重です。

受付のあるロビーは明るく清潔感のある雰囲気です。
机や椅子も用意されており、お参りの後に談笑していく人の姿も見られました。

久保山清苑レポート3
清潔感のある受付ロビー

参拝フロアは1階にあるので、建物に入ってから階段やエレベーターを使うことなくお参りに行けます。
スタイリッシュな石のフロアを柔らかい光が照らす、上品な雰囲気を備えています。

久保山清苑レポート8
上品な雰囲気の参拝フロア

ブースごとに数種類あるお墓のデザインもきれいです。

久保山清苑レポート11
どっしりとした黒みかげのお墓
久保山清苑レポート10
曲線が上品で優雅な雰囲気のお墓

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

3.千葉県

稲毛御廟

稲毛御廟は、千葉県では非常に貴重な自動搬送式の納骨堂です。
他の多くのマンション型納骨堂とは異なり、お寺らしい和風建築を採用しています。

稲毛御廟の画像7
外観。お寺らしい和風建築。

千葉モノレール「穴川」駅からまっすぐ歩いていくと、3分ほどで到着します。
入口から入ると、受付の方が笑顔で迎えてくれました。
ロビーは親しみやすく居心地のいい雰囲気です。
朝一番に行きましたが、お参りに来ている方がすでに何名もいらっしゃいました。

稲毛御廟レポートの画像9
明るくて居心地のいい受付ロビー

参拝フロアは石を基調とした落ち着いた雰囲気です。
それぞれのお墓の背景には四季などをモチーフにした絵が描かれており、ブースごとに異なります。

稲毛御廟レポートの画像17
落ち着きのある参拝フロア
稲毛御廟レポートの画像25
お墓の背景にはそれぞれ絵が描かれている

●価格などの詳細はコチラ
●見学レポートはコチラ

実際に行ってみて

これまでのお墓とは全くちがう形のお墓でした。

リーダーにカードをワンタッチするとお厨子を運ぶ機械音が聞こえてきます。
音が止まったと思うとおもむろに扉が開き、自分のお墓が目の前に現れます。
あまりにこれまでのお墓と違うため、情報を持っていない状態で現地に行ってしまったら衝撃を受けること請け合いです。

しかしながら、お参り自体はお供え物をしてお香を上げる(火気が使えないため電気香炉でご焼香を上げます。)という従来のスタイルを引き継いでいます。
形は変われど、お墓の前で手を合わせるのはいつの時代も同じなのでしょう。

また、どこの納骨堂もデザインに非常にこだわっており、ロビーやラウンジなどはホテルさながらです。
法要室やトイレなどの設備も非常に充実しており、いつも清潔に保たれているためとても快適にお参りができます。
ほとんどの場合駅近にあるのも魅力の一つでしょう。

全く新しい形のマンション型のお墓。
ぜひとも検討してみてください。