お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

両家墓を建てるときの問題点や注意点は?

墓参り

両家墓とは、複数の家のお墓を一つにまとめたものです。両家墓自体は昔からあったのですが、あまり一般的ではありませんでした。

近年、少子化で一人っ子同士が結婚するなどお墓の継承者がいなくなるケースが増えたことにより、両家墓も徐々に増加しています。今後、さらに両家墓を建てたいというニーズは増えていくと思われます。

両家墓のメリットや、建てる際に注意すべき点についてまとめました。

両家墓にするメリット

夫と妻の双方に継承すべきお墓がある場合、夫婦二人で二つのお墓を守っていくというのは大変なことです。

供養のためにかかる時間も費用も大きくなりますし、お墓の維持がおろそかになるかもしれません。まして両家のお墓が離れていると、交通費をはじめ負担がさらに大きくなってしまいます。

両家墓にするとお墓参りが一度で済みますし、維持・管理のための負担も軽くなります。お墓の後継ぎの不安もなくなります。

両家墓の形式

両家墓には以下のようなタイプがあります。

1.同一区画に2つの墓碑を建てる

広い区画の墓地に両家それぞれの墓碑を建てるタイプです。カロート(納骨スペース)も別々に設けられます。

このタイプは費用がかかるため、最近ではあまり見られません。また、墓地・霊園によっては建てることができないこともあります。

2.一つの墓石に両家の遺骨を納める

一つの墓石を建て、両家の遺骨を納めるタイプです。最近の両家墓はこのタイプが多いようです。

カロート(納骨スペース)を二つにして両家の遺骨を別々に納骨する場合と、カロートを一つにして両家の遺骨をまとめて納めるタイプがあります。

棹石には、両家の家名を併記する場合と、「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」といった宗派の名号・題目などを刻む場合があります。洋型墓石の場合、「ありがとう」「絆」といった好きな言葉を大きく刻み、その下に両家の家名を併記することも多いようです。

両家墓を建てる際の注意点

公営霊園の場合、両家墓が許可されないことがあります。民営霊園や寺院墓地は許容されていることが多いのですが、宗教や宗派の違う方の改葬を認めない寺院もありますので、事前に相談しておきましょう。

また寺院墓地の場合、宗旨が違うと改宗が必要になることもあります。宗教自由の民営霊園であれば問題はありませんが、規約で墓石に二つの家名を彫ることを禁じている場合がありますから事前の確認が必要です。

また、両家墓にするにあたっては事前に親族の了解をきちんと取っておく必要があります。無断で進めたり、事後承諾だったりするとトラブルの原因になります。

当人の親兄弟がお墓に入っている親族とはきちんと話し合っておきましょう。本家のお墓である場合は特に親族の反対が予想されます。自分がきちんと供養していく意思を伝え、誠意をもって話し合うようにしましょう。

遺骨を移すにあたっては改葬の手続きが必要になります。同じ霊園・墓地の中で区画を移動する場合でも改葬の手続きは必要です。

両家墓にするためには親族との話し合いや煩雑な手続き、お墓の改修・購入や元のお墓を返還するための費用など精神的・経済的な負担がかかります。

しかし、お墓を守っていくための負担を軽くし、無理なく子や孫の代へ引き継いでいくことを考えればメリットが大きいのではないでしょうか。

墓地や霊園をお探しですか?

お墓さがしでは、全国の墓地や霊園をご案内しています。
ご希望のエリアや条件に絞ってお探しできるので、ご自分の条件にあるお墓にはどんなものがあるか、一度チェックしてみましょう。
近くの墓地・霊園を探してみる >>