お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

自然葬の費用はどれくらい?種類ごとに分かりやすく解説

自然葬の費用イメージ1

いままでは遺骨を骨壺に収め、お墓や納骨堂に収めるのが一般的でした。
しかし近年では、終活が一般的となり、葬儀やお墓に対する考え方が変わりつつあります。
費用を抑えたい、親族に負担をかけたくないなどの理由で、一般的なお墓を建てない場合もあります。
この記事では一般的なお墓を建てない場合の選択肢の一つ、自然葬についてわかりやすく解説をします。

自然葬とは

自然葬とは、遺骨を土や海など自然に還す葬送方法です。
人間も生き物の一種とし、死後は自然に回帰するという考えがもとになっています。
自然葬にはいくつか種類があり、いずれもお墓を建てないため、自然に優しく費用が抑えられる特徴があります。
以下では自然葬の種類と特徴について解説をします。

自然葬の種類と特徴

一般的な自然葬の種類と特徴について解説します。

樹木葬

樹木葬とは、シンボルツリーと呼ばれる樹木を墓標とし、その周囲に埋葬を行う葬送方法になります。
元からあるシンボルツリーを墓標とする場合と、新しくシンボルツリーを育てる場合があります。

遺骨をそのまま埋葬した場合は遺骨が自然に還りますが、骨壺に遺骨を納め埋葬する場合もありこの場合は遺骨が自然に還る事はありません。
墓地に埋葬した場合は、お墓の代わりにシンボルツリーがあるだけで、お墓と変わらず供養する事が可能です。
シンボルツリーとする樹木の種類に決まりはありません。

一般的にはあまり大きくならない低木を選ぶ場合が多く、植樹する場所の環境で生育出来、生態系に悪影響を与えない物を選ぶ必要があります。

散骨

散骨とは、遺骨を海や山などの自然にまく葬送方法になります。
一般的には専門業者に依頼し、クルーザーなどの上でセレモニーを行った後に所定の場所で散骨を行います。
遺族や知人が参加する事もできますが、全て専門業者に任せる事も可能です。
樹木葬とは違い、散骨後に墓参りをする事や法事を行う事はできません。

その他

鳥葬・風葬・土葬なども自然葬となります。
ただし、日本では遺体を火葬せずに葬送する事は違法なので、これらを行う事はできません。

散骨の種類

散骨の種類について解説します。

山林散骨

山林散骨は、山林に散骨を行う葬送方法です。
故人が好きだった場所や、安らかに眠れるよう景色が良い場所などを選ぶ場合が多いです。
ご自身で散骨を行う事もできますが、専用の山林を保有している業者に委託する事も可能です。

海洋散骨

海洋散骨は、海に散骨を行う葬送方法です。
一般的には外洋で行いますが、海岸などで行う事もできます。
こちらもご自身で散骨を行う事もできますが、専門の業者に委託する事も可能です。

宇宙散骨

宇宙散骨は宇宙葬とも呼ばれ、宇宙空間へ遺骨を運ぶ葬送方法です。
大きく分けてロケット式とバルーン式の2種類になります。
ロケット式では、遺骨をロケットに搭載し宇宙へ打ち上げます。
・人工衛星に搭載し、軌道上を周回させる
・月面まで遺骨を運ぶ
・探査機に搭載し、宇宙の果てを目指し飛び続ける
など多数の種類があります。
バルーン式は、専用のバルーンに遺骨を搭載し、高度40km~50kmの成層圏で散骨を行います。
一般的にロケット式よりも費用が安く、葬送を行える場所もバルーン式の方が多くなります。

樹木葬の種類

樹木葬は一般的に永代供養で行われます、更に樹木葬には大きく分けて3種類の埋葬方法があります。

合祀型

合祀型の場合は、大きなシンボルツリーの元に他の遺骨と一緒に埋葬を行います。
埋葬後に遺骨を取り出す事や、個別に供養する事は出来ません。
性質上必要な場所や管理の手間がかからず、他2種類よりも費用が抑えられます。

集合型

集合型の場合も大きなシンボルツリーの元に遺骨を埋葬します。
合祀型と違い、埋葬する地下区画を個別に分けているので、他の遺骨と一緒になる事がありません。

個別型

個別型の場合は、シンボルツリーをそれぞれ用意し、その下に遺骨を埋葬します。
ご自身でシンボルツリーを選ぶ事ができ、個別に区画が用意されるため、墓参りや法事を一般的なお墓を建てた場合と同じように行える事が合祀・集合型との大きな違いです。
合祀・集合型の2種類よりも費用がかかります。

自然葬の費用

自然葬には色々と種類がありますが、それぞれの費用について解説します。

散骨を行う場合の費用

散骨を行う場合は、必ず遺骨を細かく砕く必要があります。
遺骨を砕くのにかかる費用は1万円~2万円が相場です。
散骨を行う場合の費用は、種類別に見ると以下のようになります。

海洋散骨【1万円~40万円】

海洋散骨を行う場合は、どこの海に散骨を行うかとセレモニーの規模で費用が変わります。
東京湾への散骨は1万円程度ですが、仏教国であるタイでの散骨や、ハワイで散骨を行う場合などは更に費用がかかります。

山林散骨【1万円~10万円】

山林散骨を行う場合は、散骨を行う場所と誰に依頼するかで費用が変わります。
散骨のみを行う業者に依頼した場合は費用を抑える事が出来ますが、供養も同時に行ってもらえる寺院へ依頼した場合は更に費用がかかります。

宇宙散骨【8万円~250万円】

宇宙散骨の場合は、ロケット式なのかバルーン式なのかで大きく費用が変わります。
同じロケット式の場合でも、ただ宇宙へ打ち上げるだけなら30万円程度ですが、月面への散骨などの場合は最高250万円かかります。
ロケットの打ち上げは、日本国内ではなくアメリカで行います、そのため現地で見学する場合は更に渡航費がかかります。
バルーン式の場合は8万円~30万円で行う事が出来ます。
こちらは日本国内で行う事ができるので、渡航費を気にせずご自身が参加する事が出来ます。

樹木葬の費用

樹木葬を行う場合の相場は5万円~80万円程度です。
樹木葬には大きく分けて3種類あり、どれを選ぶかで費用が変わります。
合祀型が一番安く、5万円~20万円が相場です。
集合型の場合は15万円~60万円が相場です。
個別型が一番高く、20万円~80万円が相場です。
個別型の場合はシンボルツリーの種類によってもかかる費用が変わります。

費用を抑えたい場合

自然葬の費用の大半は、専門業者に払う手数料です。
そのため必要な作業をご自身で行う事で、かかる費用を抑える事ができます。
遺骨を細かく砕き、散骨までをご自身で行えば費用は全くかかりません。
ただし遺骨は2mm以下の大きさに砕く必要があるため、ご自身で行うのは難しい場合があると思います。
遺骨を砕くだけであれば専門業者に依頼をしても1万円~2万円なので、この作業だけ専門業者に依頼をし、散骨はご自身で行う方法が一般的です。

自然葬を行う場合の注意点

自然葬は違法ではないのかと思われる方も居るかもしれません。
遺骨や墓地などについて規定する「墓地、埋葬等に関する法律」では、以下のような文言があります。

墓地、埋葬等に関する法律
第4条 埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。

樹木葬の場合は、行政の許可を受けた「墓地」に埋葬すれば、合法です。
散骨に関しては、埋葬とは、土の中に埋めることなので、は違法とは明記されていないということになります。

法務省の見解では、節度をもって行う場合違法にはならないとされています。
ただしこれは公式見解ではなく、散骨についての法律がないため違法でも合法でもないグレーゾーンと言われています。
「節度をもって」という部分が重要とされていて、法律がないからといって好き勝手に行えるわけではありません。
以下では自然葬を行う場合の注意点について解説します。

散骨を行う場合の注意点

散骨を行う場合の注意点を以下にまとめます。

遺骨を細かく砕く

散骨の前に遺骨だとわからない大きさに砕く必要があり、2mm以下の大きさにする必要があります。

散骨を行う場所は慎重に選ぶ

違法ではないからといって、どこでも散骨を行えるわけではありません。
土地の所有者に許可を取り、条例などで散骨が禁止されていないか確認する必要があります。
風評被害を防ぐために、観光地や人目に付く場所での散骨も行う事は出来ません。

土に埋めない

遺骨を土に埋めた場合は、散骨ではなく埋葬となり違法です。
散骨後に土を上にかぶせるだけでも違法となるので気を付ける必要があります。

樹木葬を行う場合の注意点

樹木葬は、シンボルツリーの下に遺骨を埋葬する自然葬です。
遺骨を埋葬するため、許可された墓地以外で行うと違法になります。
樹木葬の種類によっては遺骨の改葬が出来ません、事前に確認する必要があります。
シンボルツリーの管理は基本的に墓地が行ってくれます、ただし枯れてしまった場合の対処方法などは管理者によって異なるので契約前に確認しましょう。

自然葬のメリット・デメリット

自然葬にはメリットがありますが、デメリットもあります。
以下ではそれぞれについて解説します。

自然葬のメリット

自然葬のメリットについてまとめます。

費用が安い

自然葬はほとんどの場合、一般的なお墓を建てるよりも費用を抑えることができます。
葬送後に法事を行う必要もないため、継続してかかる費用もほとんどありません。

遺族の負担を減らせる

散骨の場合は、お墓の手入れや法事は必要ありません。
樹木葬の場合も、手入れや供養は基本的に墓地管理者が行ってくれます。
このため遺族が行わなければならない事がほとんどなく、一般的なお墓よりも遺族の負担を減らす事ができます。

自然葬のデメリット

自然葬のデメリットについてまとめます。

一般的な墓参りと法事を行えない

散骨の場合は墓標がないため、墓参りを行うことはできません。

親族の理解を得られない事がある

自然葬はまだ一般的ではない部分もあり、親族の理解を得られないこともあります。
そのため実際に行う前に、良く相談して決める必要があります。

まとめ

・自然葬とは、遺骨を霊園や墓地に埋葬するのではなく、土や海など自然に還す葬送方法です。
・自然葬は、大きく分けて樹木葬と散骨の2種類になります。
・一般的なお墓を建てた場合よりも費用を抑えられる場合が多いです。
・散骨は違法ではありませんが、注意点を守り適切に行う必要があります。
以上自然葬についての解説記事でした。