納骨堂とは


2.納骨堂
1)納骨堂とは
 納骨堂は遺骨を収蔵する施設で、遺骨を土に埋めないことがお墓との大きな違いです。もともとは遺骨を一時的に収蔵する施設でしたが、次のような理由から、遺骨を恒久的に祭祀する需要が、都市部中心に増えてきています。

・屋内なので、雑草が生えたり雨風にさらされたりすることもなく、手入れ・管理がしやすい
・交通便利なところにある施設も多く、お参りしやすい
・墓石などが不要なので、お墓よりも安価
・寺院経営の納骨堂でも、宗旨宗派不問が多い
 納骨堂は、法律的にはお墓と同じ扱いで、開設には都道府県知事の認可が必要です。経営形態も、お墓と同様に、公営、民営、寺院の3つがあります。

2)納骨堂の収蔵形態
 納骨堂は収蔵形態で分けると、次のようなタイプがあります。最も一般的なのはロッカー式ですが、最近は機械式も増えてきています。
①棚式
 数段式の棚に骨壺を並べて収蔵します。

②ロッカー式
 ロッカーのように、個別の収蔵庫が縦横に並んだタイプです。遺骨に向かってお参りする場合と、お参り用のご本尊が設けてある場合があります。ロッカーの上段、中段、下段で料金が違うこともあります。

③仏壇式
 上段が仏壇になっていて位牌を安置し、下段に遺骨を納めるタイプが一般的です。遺影(いえい)やお花を飾ったり、写真や記念品などの副葬品を納められるところもあります。

④お墓式(墓石式)
 お墓(墓石)を屋内に建てるタイプです。「屋内墓地」「室内墓地」などとも呼ばれます。花や線香を供えたり、水をかけたり、一般の墓地と同じようにお参りできるところもあります。

⑤機械式
 お参りする際に、遺骨を納めた厨子などをコンピューター制御により自動的に礼拝室に呼び出して、お参りをするタイプです。専用のカードなどでコンピューター管理しているため、中には24時間お参りできるところもあります。

3)納骨堂と永代供養墓の違い
 納骨堂と永代供養墓とでは、一般的に次のような違いがあります。

・遺骨の安置方法は、納骨堂は個別なのに対し、永代供養墓は集合や共同が多い。
・継承については、納骨堂は、一定期間後、合祀墓に移すタイプが多いが、代々受け継ぐタイプもある。永代供養墓は原則、受け継ぐことはできない。
・収蔵施設は、納骨堂は基本的に室内にあり、永代供養墓は屋外にあることが多い。
・年間管理費(維持費)は、納骨堂はかかる場合が多いのに対し、永代供養墓は基本的にかからない。

4)納骨堂のチェックポイント
①収蔵期間
 納骨堂の収蔵期間は、短いところで1年、長いところでは永代と幅広くなっています。 収蔵期間を1年、3年、5年といったように期間が短いところでも、契約更新をして引き続き使用することができるところが多くなっています。
 永代にわたり収蔵する納骨堂も増えてきましたが、永代といってもその期間には違いがみられますので、確認しましょう。

②収蔵方法
 遺骨の収蔵(安置)方法には次のような違いがありますので確認しましょう。

・遺骨を永代にわたり収蔵しておく
・一定期間は個別に収蔵し、その期間が過ぎたらほかの遺骨と一緒に合祀(ごうし)する
・最初から遺骨を骨壺から出し、ほかの遺骨と一緒に合祀する

③納められる遺骨の数
 骨壺を1器のみ収蔵できる施設から、遺骨10体分くらいまで収蔵できるものまで、納められる遺骨の数が違います。

④供養方法
 多くの納骨堂では、水や花、線香などを供え、墓石に向かって拝むといった、通常のイメージのお参りはできません。
 花や線香を供えるのは共同参拝所でというところが増えています。また、収蔵庫への立ち入りが規制され、直接遺骨を前にして拝むことができない施設もあります。 ですので、自分たちが納得できる供養方法かどうかも確認しましょう。

⑤納骨堂の費用・価格
 納骨堂の使用料は、今までみてきた納骨堂のタイプ、収蔵期間や収蔵方法、供養方法などによって大きく違います。 年間管理費(維持費)は徴収するところが多く、金額は約3,000円~15,000円程と幅があります。
 納骨堂は、建物内に遺骨が収蔵されており、建物であれば当然、老朽化します。改修や修理の必要が発生した場合の費用負担はどうなるのか、あらかじめ確認しましょう。