お盆とお墓参り


7.お盆とお墓参り
1)お盆とは
 お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、先祖の霊が帰ってくると言われています。 お盆の時期は、7月または8月の13日を「お盆の入り」とし、16日の「お盆明け」までの4日間です。この間に新盆(にいぼん。初盆)の法要や、お墓参りが行われたり、迎え火・送り火を焚く風習などがあります。

2)盆棚
 「お盆の入り」の前日には、仏壇を清め、先祖の霊を迎える盆棚(ぼんだな)を設けます。精霊棚(しょうりょうだな)ともいいます。最近は、仏壇の前に小机を置き、真菰(まこも)で編んだすのこ(盆ござ)を敷いて簡単な盆棚とすることが多くなっています。
 仏壇から位牌を移し、香炉・線香立て、花立て、燭台を置き、季節の野菜や果物、水を供えます。先祖の霊の乗り物と言われる、きゅうりやなすで作った馬の牛の飾り物を供えるのも昔からの習わしです。

3)迎え火・送り火
 13日の夕方、戻ってくる先祖の霊が迷わないように、玄関や庭先でおがらを燃やして「迎え火」をたきます。都会では、ロウソクをともすだけのこともあります。 お盆明けの16日夕方には、迎え火と同じようにして「送り火」をたき、霊を送ります。

4)新盆
 人が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆(にいぼん)と言います。初盆(はつぼん)とも言われます。四十九日の忌明けまえに新盆を迎える場合は、翌年を新盆とします。
 新盆では、近親者や友人が集まり、僧侶に読経してもらい、精進料理でもてなすなど、特に手厚く供養します。 お盆の間は、霊が迷わないように、提灯(ちょうちん)を軒先につるすか、仏壇の脇などに飾り、夜には明かりを入れます。近親者が盆提灯を贈る習わしもあります。

5)お墓参り
 お盆のお墓参りの時期については地域差などもありますが、一般的にはお盆の入りの13日に行われます。お墓参りの際に、「迎え火の種火を点火し、白提灯に入れて先祖の霊を連れて家に帰ってくる」という風習からです。
 勤めたりしている人は、13日が休みでないと難しいことなどから、現在では、「13~16日のお盆の間」あるいは「会社のお盆休みの間」のお墓まいりが多くなっています。