墓地の種類 ― お墓の形態による分類


2.墓地の種類 ― お墓の形態による分類
 墓地は、経営主体による分け方のほかに、お墓が置かれている状態や形による分け方もあります。そのひとつとして、ここでは「屋外墓地」と「屋内墓地」に分けてみてみます。

1)屋外墓地
 屋外(おくがい)墓地とは、墓地として認可を受けた土地にお墓を建てたところで、広い敷地の公園墓地が増えるにつれ、さまざまな墓所(区画)が開発されています。

①一般墓所
 石碑、カロート(納骨棺)、外柵のある従来型のお墓です。

②芝生墓所
 芝生の上に洋型やプレート型の墓石を据えたお墓です。外柵は設けず、隣との区画の境が明確でないものがほとんどです。

③壁墓所
 壁面に石碑や板碑を据え付け、地中にカロートを設けた墓所です。外柵や塔婆立(とうばたて)などの設置はできませんが、墓地の規定内での花立や線香立、名板の設置は可能です。

④樹木墓所
 墓石の代わりに樹木や花を植えて墓標とし、遺骨は土に埋葬する墓所です。
(「多様化するお墓・供養」で詳しく説明しています)

2)屋内墓地
 屋内(おくない)に屋外と同様のものをつくるものです。大きな建物に何階にもわたって墓地がつくられたり(墓地ビル)、お寺の本堂の地下につくられる場合もあります。ここでは屋内特有の墓所を紹介します。

①霊廟
 納骨スペースと、仏像や位牌(いはい)を置く礼拝スペースを持ち、墓所として代々継承していくことを目的とした墓所です。

②納骨堂
 遺骨を安置しておく施設です。かつては建墓完了までの一時預かり所な意味合いが強かったのですが、近年は永代にわたる墓所とするものも増えてきています。
(「多様化するお墓・供養」で詳しく説明しています)