お墓の名義変更届け


3.承継の手続き
1)名義変更届け
 お墓を承継しても、法的な届出は必要ありません。しかし、承継すると、墓地の使用権者となり、管理料を支払い、法要を営み、寺院墓地では檀家としての務めも引き継ぐことになります。そのため、墓地の管理者にはお墓を承継した、名義変更の届け出をする必要があります。
 届け出の期限を定めている墓地もあり、承継した連絡をとらないまま期限を過ぎると墓地の使用権を失ってしまうこともあります。承継後は速やかに届出しましょう。

2)名義変更手続きに必要な書類
 墓地の名義変更には、一般的には次の書類が必要になります。

・名義変更申請書
・墓地使用許可書(永代使用許可書)
・旧名義人の死亡が記載された戸籍謄本
・新名義人の戸籍謄本と実印・印鑑登録証明書
 墓地により、また誰が承継するかによっても違ってきますので、墓地の管理事務所に確認しましょう。

3)名義変更手数料
 名義変更手続きには手数料も必要です。手数料は墓地により異なりますが、公営墓地では数百円~3,000円ほどです。民営墓地では5,000~10,000円が多くなっています。
 寺院墓地の場合は、檀家としての役目も引き継ぐことになりますので、名義変更料のほかにお布施や寄付金が必要になるケースもあります。