ペットと一緒に入れるお墓


4.ペットと一緒に入れるお墓
 長年、家族と一緒に暮らしてきたペットが亡くなった場合、法律上、動物の死骸は「一般廃棄物」として扱われます。自治体にゴミとして、有料として処分します。しかし、大切なペットをゴミ扱いにすることに抵抗を感じる人は少なくなく、ペットも手厚く埋葬したいとの希望も増えてきています。
 ペットの埋葬法には次のようなものがあります。

1)自宅(土葬)
 ペットの死骸は「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)で定められている人間の「死体」とは異なるので、自宅の庭などに埋葬することができます。しかし、自治体によっては禁止しているところもあるので、埋めたい場合は確認が必要です。
 近年はマンションに住んでいたり、庭はあるけれど借家であったり、埋葬できないケースが増えています。

2)ペット専用のお墓
 ペット専用のお墓で、火葬とお墓をセットにした形が多く、ペット専用業者や葬儀社・石材店などが取り扱っています。 お墓の種類は、人と同じように、個別に墓石を建てる「専用墓地タイプ」や「納骨堂タイプ」、「動物慰霊碑に祀るタイプ」などがあります。
 埋葬方法としては、「合同葬」と「個別葬」に分けられ、「個別葬」には飼い主が火葬に立ち会う「立会葬」と、業者に任せる「一任個別火葬」があります。

3)ペットと一緒に入れるお墓
 人間とペットが同じお墓に入ることは、法律的には何の問題もありません。しかし、動物に対する宗教観の違いや、墓地管理者の価値観などの違い、周りのお墓の所有者が快く思わないケースもあることなどから、人間と動物の遺骨を一緒に埋葬することは行われてきませんでした。
 ところが、「ペットをひとり寂しく埋葬したくない」「愛するペットとずっと一緒に眠りたい」といったニーズが強まってきたことから、2003年にペットと一緒に入れる区画を民営墓地が初めて登場。以後、ペットと一緒に入れるお墓は徐々に増えてきています。 ペットと一緒に入れるお墓は、「Withペット」などとも言われます。

 当サイトは、人の埋葬のためのお墓サイトですので、ペット専用のお墓は紹介しておりませんが、ペットと一緒に入れるお墓は出来得る限り紹介しています。