チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • エリアから霊園・墓地を探す

  • 関東の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 藤沢市の霊園・墓地の平均価格

    • 一般墓地
      243.8万円~
    • 永代供養
      53.9万円~
    • 樹木葬
      38.2万円~
  • 藤沢市の墓地・霊園で よくある質問

  • 藤沢市の 霊園・墓地事情

    藤沢市は、神奈川県の湘南地方に位置する市であり、相模湾に接しています。全国的に有名な江ノ島や片瀬・鵠沼・辻堂海岸などがあるため、観光地として非常に人気の高い地域となっています。

    地理的な特徴として、旧東海道より南側は湘南砂丘地帯と呼ばれる海岸平野となっており、北側は相模野台地及び高座丘陵となっています。また、市の最南部には全国的に有名な江ノ島があります。

    藤沢市の人口は44万人を超え、神奈川県の政令指定都市である横浜・川崎・相模原の各市に次ぎ県内4位の人口を誇っています。また、敷地面積はそこまで広くないため人口密度は比較て高い地域です。

    江戸時代には鎌倉仏教の一つでもある時宗総本山の清浄光寺があったため、その名残からか寺院墓地の数も比較的多いです。

    藤沢市の墓地・霊園の特徴

    藤沢市は、神奈川県の中でも人口密度が比較的高い地域であり、人口も全国的に見ても多い方の地域です。

    そのため、市内中心部にあるお墓はあまり敷地面積が広くなく、区画あたりの面積が0.5㎡以下の区画も珍しくありません。

    市内全域を通して、区画面積が広いお墓はあまり多くないため、広々とした場所でゆったりと先祖を祀りたい方は近隣の地域で探す必要があります。

    墓地の種類としては、中心部に寺院墓地が集まっていることに加え、宗教を問わない民営霊園も数多くあります。
    お墓の種類としては一般墓がもちろん最多ですが、樹木葬などの永代供養墓を併設している墓地や霊園も多く、跡継ぎ不要のお墓や少人数で利用できるお墓をお探しの方も幅広い選択肢を持つことができます。
    一方で納骨堂は数がありません。

    エリア別に見ると、市内全域に点在する形でお墓が存在しています。また、観光地として有名な江ノ島には、位牌堂があります。

    藤沢市の南部では鉄道網が発達しているため、墓地に電車でアクセスすることが可能です。一方で、北部ではあまり駅がないため、それらの墓地には車やバスを利用してアクセスする必要があります。

    藤沢市のお墓の特徴

    藤沢市では44万人以上の人が生活しており、その生活様式は多岐にわたるため、お墓の種類も墓石を建てる一般的な墓から、永代供養タイプのお墓、樹木葬や納骨堂など様々な種類のお墓があります。

    藤沢市内にあるお墓の大半が宗派が自由な場所が多いため、宗派を気にせずどなたでも気軽にご利用できます。
    また、大半のお墓に駐車場が完備されているため、電車のアクセスがよくない地域であっても車を使うことで安心してお参りに行くことができます。

    寺院墓地の他、宗教不問の民営霊園も数多く、いわゆる現代風のお墓も様々な墓地で検討できます。

    藤沢市の一般墓の特徴

    藤沢市は、市内で人口が満遍なく生活しているため特定の地域で人口密度が高いということはありません。ただし横浜市中心部ほどではないにしても全体として人口密度は高く、お墓の区画もコンパクトな傾向があります。広々とした場所でゆったりと先祖を祀りたい方は、近隣の地域でもあわせて検討しましょう。

    形式としては寺院墓地の数の方が、公園風の霊園の数よりも多くなっています。寺院墓地の多くは、基本的にそのお寺の宗派の人でないと利用することができないですが、中には寺院墓地であっても宗派が自由な場所もあります。

    また、元から宗派が自由な霊園も存在しているため、宗派が原因で墓地が見つからない、といったことはあまりないでしょう。

    藤沢市内にある一般墓は市内全域に点在しています。南部にある一般墓は電車でアクセスが可能ですが、北部では駅が少ないため車やバスを利用する必要があります。

    中でも藤沢市遠藤にある湘南泉霊園では、自然豊かな環境でとても陽当たりが良く明るい霊園となっています。また、天気がいい日には富士山を眺めることができ、景色も良好です。
    最寄りの「宝泉寺前」バス停から徒歩1分と、車がない方でも気軽に通える一般墓です。
    園内はお年寄りの方や、お体の不自由な方にも安心してお参りできるように、バリアフリー設計になっています。

    藤沢市内の一般墓の価格としてはおよそ15万円から利用できる墓地があり、比較的安価に一般墓を利用することが出来ます。

    藤沢市の永代供養墓の特徴

    藤沢市では、跡継ぎ不要の永代供養式のお墓は一般墓と比較して少し劣りますが比較的多く存在しています。また、市内の全域に点在する形で存在しています。

    藤沢市大庭にある公園墓地 風の杜 湘南庭苑では、苑内の花木がきれいに整えられ、おしゃれな石畳の参道も相まって公園のような雰囲気の永代供養墓です。
    様々な供養ニーズに応じて選べる多彩なプランが用意されているため、豊富な選択肢からお墓を選ぶことができます。

    また、ペット用のお墓もあるためご夫婦やご家族と一緒に、ペットも同じお墓に入れることができます。ペットと一緒に入れる永代供養墓を探している方には非常におすすめです。

    藤沢市内にはバリアフリーが徹底されており、手すりやスロープが完備されている永代供養墓もあるので、年配の方や車イスを利用される方でも安心してお参りに行くことができます。

    藤沢市内の永代供養墓の価格としてはおよそ15万円から利用できる墓地があり、比較的安価に永代供養墓を利用することが出来ます。

    また、宗派自由な永代供養墓が多いため、宗派が理由で寺院墓地を利用することが出来ないといった方も安心してご利用いただけることが多いです。

    藤沢市の樹木葬の特徴

    藤沢市にある樹木葬はいずれも、市内南部に多く存在しています。

    藤沢市片瀬にあるプレミアム湘南江ノ島樹木葬墓地では、明るい植栽に見守られ、落ち着いた雰囲気のデザイナーズフラワー樹木葬です。湘南モノレール「湘南江の島駅」や江ノ電「江ノ島駅」から徒歩7分とかなりアクセスがいい樹木葬です。

    また、アジュガ・ツワブキ・イソギクなどの植栽に見守られるデザイナーズフラワー樹木葬墓地は、明るいながらも落ち着いた雰囲気に包まれていて、訪れる人を優しい気持ちで包み込んでくれます。

    藤沢市にある樹木葬の中には、管理費がかからないタイプの樹木葬もあるため、家族への負担を残さずに祀ることができます。利用人数や安置方法によって異なるプランも用意されているため、豊富な選択肢から選ぶことができます。

    藤沢市内の樹木葬は、いずれも南部にありいずれも駅から近い立地の樹木葬が多いため電車で気軽にお参りに行くことが可能です。

    藤沢市内の樹木葬の半数近くは、宗派不問の樹木葬なため、どなたでも気軽にご利用することが可能です。

    費用としては最も安い場所で15万円から利用できる場所もあるため、比較的安価に樹木葬を利用することが出来ます。

    藤沢市の納骨堂の特徴

    藤沢市にある納骨堂の数はあまり多くなく、市内に数件ある程度です。
    藤沢市にある納骨堂の多くは駅から近い場所にあるため電車で気軽にアクセスできます。

    納骨堂の多くは継承者を必要としない永代供養墓であるため、後継ぎが不安な方やお子様に負担をかけたくない方でも安心してご利用いただけます。

    藤沢市の納骨堂の費用の目安はおおよそ10万円からで、費用のかかる仏壇式納骨堂では、100万円を超える費用がかかる所もあります。
    中には管理費が不要な納骨堂もあるため、追加の費用が心配な人にもおすすめできます。

    屋内式の納骨堂も存在しているため、季節や天候に左右されず気軽にお墓参りに行くことができます。

    藤沢市のお墓の価格

    藤沢市内でお墓を用意しようとした際の相場としてはお墓の種類別におおむね以下の通りになっています。

    • 一般墓(墓石のお墓):70万円〜250万円程度
    • 永代供養墓:15万円〜100万円程度
    • 樹木葬:15万円〜40万円程度
    • 納骨堂:10万円〜100万円程度

    藤沢市のお墓のアクセス

     
    藤沢市では、市内南部に位置するお墓はいずれも駅から近いため、アクセスは非常に良いです。

    一方で北部にあるお墓へお参りに行く際は、アクセスは電車ではなく車やバスを使う必要があります。大半のお墓には駐車場が完備されているため、安心してお車で行くことができます。

    電車でアクセスする場合はJR東海道本線や小田急江ノ島線などから徒歩で行ける距離にあるお墓が多いです。

    藤沢市にある公営墓地

    藤沢市には、西富墓地と大庭台墓園の2件の公営墓地があります。いずれも駅から近くアクセスがいい墓地となっています。

    西富墓地では新規の利用者募集は締め切っていますが、大庭台墓園では毎年募集しています。今年度の募集は終了しているため、利用を検討している方は来年度以降の利用となります。最新情報は市のホームページをチェックしましょう。

    西富墓地は、開設から60年以上経過している歴史のある公営墓地です。遊行寺の坂道を登った先に位置する墓地からは、特に冬の晴れた日には富士山が見え、絶景となっています。

    民営の墓地と比較するとその数は少ないですが、公営墓地は宗派不問の場所が多く、民営墓地ではお墓を建てられない、といった方にとっては貴重な存在です。

    藤沢市のお墓参りの風習

    お墓参りに行く行事の一つとして、お盆があります。
    お盆には7月盆と8月盆があります。東京や神奈川では、7月盆が主流と言われています。
    ただし、藤沢市を含む湘南地域では8月盆が主流です。

    歴史を遡るともともとは7月15日がお盆だったのですが明治時代に改暦が行われ、日本の多くの行事が30日遅れとなりました。
    その流れでお盆も8月15日となりましたが、関東地方の一部では今でも新盆の7月15日をお盆としている地域が残っています。

  • 藤沢市の霊園・墓地に関する お役⽴ちコラム