• 琴平神社 は川崎市麻生区王禅寺地区に位置し、柿生の琴平さん(かきおのこんぴらさん)として親しまれている神社です。
    緑に包まれた希少な神道専用の墓苑です。

    〈縁起〉
    琴平神社に代々伝わる古文書によると、正徳年代 (1711) 以前に、伊勢山の地に神明社のあった事が記されています。

    それによると「崇源院さま (徳川二代将軍秀忠の正室) ご繁栄の砌、祈祷所として当村鎮守大神宮を勧請致し、これまで年々伊勢踊・神事祭礼・湯立・神楽等仕え来り当村の鎮守にござ候」とあるが、その証拠となる物は確認されていません。

    その後、文政九年 (1826) 、伊勢山の地に志村文之丞によって神明社、琴平社の合社が再建されました。これが琴平神社の起りです。

    昭和55年、氏子崇敬者による金刀比羅神の崇敬の思潮が強く打ち出され、社名を琴平神社と改称しました。
    祭神は大物主神 (大国主尊の別名) ですが、神明社と琴平社の合社相殿のお宮であるため、神座の左側 (神座より見て) に天照大御神を、右側に大物主神を祀ってあります。

    神座は別々の室となっている珍しい神座です。本殿の手水舎にはこれを担いだ山伏の四体の石像が置かれているが、これは通称「がまんさん」と呼ばれ地域の人々に親しまれています。
    また神殿の天井には有名な絵師による63枚の花鳥山水を描いた板絵が嵌め込まれていて参拝者を楽しませてくれます。

    昭和47年以降、377番地に参集殿、琴平神奥宮、神符の札所、社務所、儀式殿、東屋等がつぎつぎに築かれました。
    また境内附属の石造物も建造され、庭内には四季折々の花や樹木が配置され参拝者の憩いの場所となっています。

    境内社として、伏見の稲荷大明社と塩釜神社、多賀神社を合わせて祭った稲荷社があり、弁財天社もあって年々参拝者の数が増えて来ています。

    プラン名 面積
    [間口+奥行]
    向き 永代使用料 石材・工事費 総額費用 年間管理費
    一般墓所 0.81㎡ 800,000 7,000
    一般墓所 1.20㎡ 1,000,000 10,000

    備考

    いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。 いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。

     

    • 武洲柿生 琴平神社の 特徴

      • 室内・屋内
      • 駅から近い
      • ペット対応
      • マンション型
      • バリアフリー
      • 会食施設
      • 墓石持込
      • 富士山が見える
      • 新規開園
      • 法要施設
      • 海が見える
      • 管理棟
      • 耐震・免震
      • 著名人
      • 駐車場
    LINEで資料請求・見学予約

    武洲柿生 琴平神社の 基本情報

    住所 神奈川県川崎市麻生区王禅寺東5-46-15
    最寄り駅 「柿生駅」/「新百合ヶ丘駅」/「百合ヶ丘駅」 詳しく見る
    区画タイプ 一般墓地
    宗旨・宗派 神道
    ペット供養 不可

    武洲柿生 琴平神社の 地図・アクセス

    神奈川県川崎市麻生区王禅寺東5-46-15

    電車・鉄道でお越しの方

    • 小田急線「柿生」駅南口よりバス□東急バス③番乗場より〔柿01〕「たまプラーザ駅行」または〔柿02〕「すすき野団地(虹ヶ丘団地)行」に乗車約15分、「琴平下」バス停下車すぐ □川崎市営バス②番乗場より「溝17(溝ノ口駅方面)」に乗車約15分、「琴平下」バス停下車すぐ

    バスでお越しの方

    • 小田急線「柿生」駅南口よりバス□東急バス③番乗場より〔柿01〕「たまプラーザ駅行」または〔柿02〕「すすき野団地(虹ヶ丘団地)行」に乗車約15分、「琴平下」バス停下車すぐ □川崎市営バス②番乗場より「溝17(溝ノ口駅方面)」に乗車約15分、「琴平下」バス停下車すぐ

    お車でお越しの方

    • 東名高速 「川崎インター」より尻手黒川線王禅寺方面に向かい10分 東名高速 「青葉インター」より上麻生線柿生方面に向かい10分

最寄り駅と近隣の駅 から霊園・墓地を探す

武洲柿生 琴平神社に関する よくある質問