• 円応寺は、鎌倉市山ノ内にある臨済宗建長寺派の寺院です。
    鎌倉時代作の閻魔像や冥界の十王の像で知られ、別名「新居閻魔堂」、「十王堂」とも呼ばれています。

    JR「北鎌倉駅」から徒歩15分と、駅から徒歩で行ける距離にあります。
    萩の花が美しく、訪れた人々を和ませてくれます。

    〈縁起〉
    『新編鎌倉志』等によれば、円応寺は建長2年(1250年)の創建で、開山は建長寺開山蘭渓道隆の弟子にあたる桑田道海(智覚禅師)とされます。
    しかし、桑田道海は1309年の没で、年代が合わないこと、1250年といえば師の蘭渓道隆が開山した建長寺の落慶より以前であることなどから、当初から禅寺として建てられたことには疑問が持たれています。

    円応寺は当初は由比郷見越岩(鎌倉大仏の東側)に建てられたようですが、ほどなく滑川の川岸へと移転しました。
    鎌倉市材木座5丁目11番地に新居閻魔堂跡を示す石碑が残っています。
    現在の川岸から200-300メートルほど東側に離れていますが、閻魔堂創建当時はこのあたりが川岸だったと想定されます。

    本尊の閻魔像から新居閻魔堂と呼ばれ信仰を集めましたが、元禄16年11月23日 (旧暦)(1703年12月31日)の元禄大地震による津波被害により建物が大破しました。

    その翌年、山ノ内の現在地に移転しました。

    寺は建長寺から鎌倉街道を挟んで向かい側の小高い敷地に位置しますが、この地はもと建長寺塔頭の大統庵のあったところです。

    円応寺は大変珍しく死後に出会うとされる十王を祀っています。
    本尊の「閻魔大王像」は、笑っているようにみえることから「笑い閻魔」と呼ばれ、円応寺で赤ちゃんの名をつけてもらうと丈夫に育つということから「子育て閻魔」とも呼ばれます。

    本尊の「閻魔大王像」(運慶作)は国の重要文化財です。
    この本尊のほかに、「倶生神像」は国の重要文化財、「鬼卒像」と「人頭杖」は重要美術品に指定されています。

    プラン名 面積
    [間口+奥行]
    向き 永代使用料 石材・工事費 総額費用 年間管理費
    一般墓所 1.2㎡ 2,000,000

    備考

    上記価格は、2014年3月現在(消費税5%)の価格です。

    いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。 いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。

    • 圓應寺墓苑(円応寺墓苑)の 特徴

      • 室内・屋内
      • 駅から近い
      • ペット対応
      • マンション型
      • バリアフリー
      • 会食施設
      • 墓石持込
      • 富士山が見える
      • 新規開園
      • 法要施設
      • 海が見える
      • 管理棟
      • 耐震・免震
      • 著名人
      • 駐車場
    LINEで資料請求・見学予約

    圓應寺墓苑(円応寺墓苑)の 基本情報

    住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1543
    最寄り駅 「北鎌倉駅」/「鎌倉駅」/「和田塚駅」 詳しく見る
    区画タイプ 一般墓地
    運営形態 寺院墓地
    宗旨・宗派 臨済宗
    ペット供養 不可
    経営主体 宗教法人 円応寺

    圓應寺墓苑(円応寺墓苑)の 地図・アクセス

    神奈川県鎌倉市山ノ内1543

    バスでお越しの方

    • JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩15分

      JR横須賀線「北鎌倉駅」よりバス5分

      JR横須賀線「鎌倉駅」よりバス10分

    お車でお越しの方

    • --