• 宗信寺墓苑は平塚市南金目地区に位置し、日蓮宗の宗信寺が運営する寺院墓地です。

    宗信寺は、本能寺の変において織田信長のそばに最期まで仕え、将来を嘱望されていた小姓「森蘭丸」など、織田軍団の一翼を担った森家が諸霊追善のために当山を建立した歴史があります。
    その後も森家の末裔が開基檀方としてお寺を守っており、森家と非常にゆかりがあるお寺です。

    近くには金目川の清流が流れ、周辺には緑があふれる豊かな自然に囲まれた墓苑です。
    永代供養墓もあり、ペットの供養も行っています。

    〈縁起〉
    当山は、開山以来、森家の菩提寺として純粋に森一族によって近年まで護られてきました。

    明治7年12月には、当時の住職第31世本心院日静上人(大本山小湊誕生寺巡歴)により、境内に金目郵便取扱所が開設されました。

    明治19年には神奈川県による公立中学校開校よりも実に10年以上も早く、現在の秦野高校・平塚農業高校の前身となる私立育英学校の「三郡共立学校」(三郡:大住・淘綾・足柄郡)を開校し、青少年の教育と育成に大きく貢献しました。

    このように宗信寺は地域の発展と向上に欠くことのできない重責を担って参りましたが、後年、火災による本堂等の焼失、また、廃仏毀釈、農地解放などの政治的影響を大きく受け、本格的な復興もままならぬまま近年に至っておりました。

    平成2年3月、現住職第36世、岡貞潤上人の法燈継承を期に当時20件に満たない森一族の檀信徒が異体同心となって“宗信寺再建”の大悲願を掲げ、平成5年には新本堂を建立しました。

    その後も墓地拡張工事、墓地区画整理、境内整備、永代供養墓「隨縁廟」建立など着実に寺の復興を行うと同時に、森一族以外の多くの檀信徒を迎え入れ、“敷居のない寺”としてどなたにも気兼ねなくお立ち寄り頂ける拠り所となって現在に至っています。

    プラン名 面積
    [間口+奥行]
    向き 永代使用料 石材・工事費 総額費用 年間管理費
    一般墓所 0.81㎡ 281,000

    備考

    いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。 いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。

    • 宗信寺墓苑の 特徴

      • 室内・屋内
      • 駅から近い
      • ペット対応
      • マンション型
      • バリアフリー
      • 会食施設
      • 墓石持込
      • 富士山が見える
      • 新規開園
      • 法要施設
      • 海が見える
      • 管理棟
      • 耐震・免震
      • 著名人
      • 駐車場
    LINEで資料請求・見学予約

    宗信寺墓苑の 基本情報

    住所 神奈川県平塚市南金目2336
    最寄り駅 「東海大学前駅」/「鶴巻温泉駅」/「伊勢原駅」 詳しく見る
    区画タイプ 永代供養、一般墓地
    運営形態 寺院墓地
    宗旨・宗派 日蓮宗
    ペット供養 不可
    経営主体 宗教法人 宗信寺

    宗信寺墓苑の 地図・アクセス

    神奈川県平塚市南金目2336

    バスでお越しの方

    • JR線「平塚駅」北口よりバス
      □平71系統 秦野駅行乗車、南平橋 金目経由で約21分、「金目駅」下車、徒歩約3分
      □平74系統 秦野駅行乗車、 室川橋 下大槻団地経由で約21分、「金目駅」下車、徒歩約3分
      □平73系統 東海大学行乗車、横浜ゴム 広川経由で約24分、「金目駅」下車、徒歩約3分
      □平75系統 秦野駅南口行乗車、井ノ口 金目経由で約21分、「金目駅」下車、徒歩約3分

      JR線「秦野駅」よりバス
      □平71系統 平塚駅北口行乗車、南平橋 金目経由で約17分、「金目駅」下車、徒歩約3分
      □平74系統 平塚駅北口行乗車、室川橋 下大槻団地経由で約22分、「金目駅」下車、徒歩約3分

      小田急小田原線「鶴巻温泉駅」よりタクシーで約8分

    お車でお越しの方

    • 小田原厚木道路 「平塚インター」より5分