墓石の基本と建て方


1.お墓の構成(仏教式)
 お墓は一般的に、お墓の中心となる「石塔(石碑)」と、遺骨を納める「カロート(納骨室)」、墓地区画を囲む「外柵」(がいさく)」の3つの基本とし、その他、付属品として花立て、香炉などで構成されています。
 図は、お墓の基本的な構成です。カロートと、①~⑦は最低限そろえることがほとんどです。さらに余裕がある場合は、墓誌や灯籠などの付属品を増やしていきます。


お墓の構成
①花立て
 生花を立てるものです。水鉢を挟むように左右対称に配置します。現在では、ステンレスやプラスチック製の花立ても普及しています。

②香炉(こうろ)
 お線香を供えるもので、拝石の上に置かれます。お線香を立ててお供えする「立置型」と、寝かせてお供えする「くりぬき型」があります。

③水鉢(みずはち)
 お水を入れるもので、花立ての間に設置します。花立てと同様に、墓石と一体となった「切り出しもの」と、別づくりするものとがあります。

④塔婆立て(とうばたて)
 浄土真宗以外の仏教では、施主や参列者が供養のために塔婆を立てるしきたりがあり、その塔婆を立てるのが塔婆立てです。墓石の背面か外柵に組み込まれた形で設置されます。

⑤拝石(はいせき・おがみいし)
 お墓参りがしやすいように、墓石の手前に敷く板状の石のことです。年月の経過による墓域の土減りなどを防止する役割もあります。通常、この拝石部分がカロートの入り口の蓋となっており、拝石を動かしてカロートに納骨します。

⑥墓誌(ぼし)
 故人の戒名や生年月日、没年、生前の経歴などを刻むものです。宗派や地域により、法名碑、法名板、戒名板などとも呼ばれます。戒名や俗名は墓石に刻むのが通常ですが、長くなると書ききれなくなるため墓誌を設置します。

⑦灯籠(とうろう)
 灯籠には故人への供養、または邪気を払うという意味合いがあります。お墓の入口や墓石の横に左右一対、あるいは一基のみ設置されます。

⑧つくばい
 いわゆる手水鉢です。本来はお墓参りの前に手を洗い清めるものでしたが、最近は装飾品として置かれることが多いようです。

⑨名刺受け
 参拝者の名刺を受けるためのものです。

⑩物置台
 お参りの際に手荷物などを置いておく台です。

⑪化粧砂利(玉砂利)
 墓地内の石のない部分に敷き詰めるもので、雑草を防ぐという役割もあります。

⑫植木
 墓地に植える木は、背が低い常緑樹が基本です。ツゲ、イブキ、キャラなどがよく植えられます。

1)お墓の基本構成

①石塔(石碑)
 開眼法要の際、僧侶によって魂が入れられるお墓の中心となる石です。石塔の形には原則的に決まりはありませんが、墓地によっては形状について制限しているところもありますので確認しましょう。

②カロート(納骨室)
 遺骨を納めるお墓の心臓部ともいえる小室です。遺骨を納める時には、骨壺から出して納める場合と、骨壺のまま納める場合があります。この納め方の違いによってカロートも変わってきます。
 カロートには地下に埋め込むタイプと、地上に出たタイプがります。どちらにするかは、地域のほか、お墓の敷地の大きさや形態によっても違ってきます。敷地がとても狭いお墓では、地上型がよく用いられているようです。

③外柵
 墓所と墓所との境をはっきりさせ、流水や地崩れなどを防止するものです。境界石、巻石、境石などとも呼ばれます。ただし、芝生墓地や壁墓地では外柵の必要がない場合も多くみられます。