樹木葬と納骨堂…永代供養墓を選ぶならどっち?費用と特徴

樹木葬と納骨堂…永代供養墓を選ぶならどっち?費用と特徴

近年では、継承を必要としない「永代供養墓」が広まっています。
永代供養墓の種類は多様ですが、その中でも、樹木葬納骨堂はメジャーな選択肢です。
この記事では、樹木葬と納骨堂それぞれの特徴や違いについてなどを解説します。

近くの永代供養墓を探してみる >>

永代供養墓とは

永代供養墓は、墓地を管理する寺院などが親族に代わって供養してくれるお墓です。
承継を前提としないため、跡継ぎがいない方や、個人や夫婦などの少人数でお墓を使用したい方を中心に選ばれています。

永代供養墓の種類

永代供養墓の種類は様々です。
従来のような墓石を建てるお墓を永代供養墓として使用できることは少なく、その代わりに樹木葬や納骨堂などの近年広まってきたお墓が、永代供養墓として多く販売されています。
永代供養墓の種類には、以下のようなものがあります。

樹木葬

町田いずみ浄苑
樹木葬は、樹木や草花をシンボルにするお墓です。永代供養墓としては比較的安価で、少人数向きです。
緑豊かな環境にあることが多く、自然志向の方にもおすすめです。
樹木葬を探す >>

納骨堂

妙力寺 仏壇付納骨壇の画像1
納骨堂は、屋内に遺骨を安置する施設です。永代供養墓としては比較的高価ですが、ものによっては大人数を納骨できたり、代々承継することができます。
納骨堂を探す >>

合葬墓(合祀墓)

サニープレイス松戸B
合葬墓(合祀墓)は、一つの納骨室に不特定多数の遺骨を埋葬するお墓です。永代供養墓としては最も安価ですが、個別での納骨やお参りはできません。また、一度納骨した後は遺骨を取り出すことはできません。
合葬墓を探す >>

永代供養付き一般墓

小江戸聖地霊園見学レポート3
永代供養付き一般墓は、従来のような墓石のお墓に永代供養が付いているお墓です。費用は一般的な墓石を建てるお墓と同程度かそれ以上かかりますが、跡継ぎがいなくてもこれまで通りのお墓を建て、お参りできます。
永代供養付き一般墓を探す

樹木葬と納骨堂の比較

樹木葬と納骨堂は、どちらも継承不要の永代供養墓として使用できます。
樹木葬と納骨堂の違いは、以下のようになります。

樹木葬と納骨堂との比較
種類 樹木葬 納骨堂
イメージ
費用相場
  • 3~150万円
  • 比較的安価
  • 10~200万円
  • 比較的高価
使用人数
  • 1~6人程度
  • 少人数向きの傾向
  • 1~10人以上
  • 大人数向きも探しやすい
立地
  • 緑豊かな環境
  • 郊外または都市部
  • 山間部はアクセスしづらい
  • 天候を問わない屋内
  • 都市部中心
  • アクセスしやすい傾向
一覧リンク 一覧>> 一覧>>

以下に、それぞれについて詳しく解説します。

樹木葬とはどういうもの?


樹木葬とは、樹木や草花をシンボルとするお墓です。
昭和23年に「墓地、埋葬に等に関する法律」が施行されて以降、国内で初めて行われた樹木葬は山林の樹木の下に遺骨を埋葬するものでしたが、近年では、都市部に花壇のようなものを作り、草花の下に埋葬するタイプも増えています。

樹木葬の種類

樹木葬は、立地によって種類を分けることができます。

里山型樹木葬

自然葬 国見の里1
里山型樹木葬は、里山などの山間部にある樹木葬です。いわゆる「自然に還る」という樹木葬のイメージに近く、遺骨は土に直接または骨袋で埋葬され、土に還されるものが多くあります。また、数は多くありませんが、好きな樹木を植えたい場合も、里山型樹木葬から探すことになります。原則アクセスは不便です。

都市(公園)型樹木葬

メモリアルステージ新横浜 アルヴェアージュの画像1
都市(公園)型樹木葬は、都市部にある樹木葬です。すでにある墓地の一角など比較的小さなスペースに設けられることが多く、ほとんどの場合で遺骨は粉状に砕かれ、専用容器などで埋蔵されます。埋蔵箇所には、名前などを刻んだ小さな墓石を設置することもあります。一般的には個別で埋蔵できる期間に限りがあり、それを超えると「合祀墓」という不特定多数の方が一緒に入るお墓に移されます。アクセスはしやすい傾向にあります。

樹木葬は、区画の分け方によっても種類を分けることができます。

個別型樹木葬

個別型樹木葬は、1つの区画につき1本の花木を植える樹木葬です。自分の好きな樹木を植えることができます。数は少ないのですが里山型樹木葬に見られる形態で、費用は高い傾向にあります。

集合型樹木葬

さいたま聖地霊園 樹木葬 夢見草の画像4
集合樹木葬は、1~数本のシンボルツリーの周辺に、複数の区画を設ける樹木葬です。里山型でも都市型でも探しやすい形態で、埋葬箇所にはプレートなどを設置することがあります。費用もおおむね数十万円程度で、少人数で気軽に使用できます。

合葬型樹木葬

合葬型樹木葬は、1~数本のシンボルツリーの下に大きな区画を設けて、そこに全ての遺骨を埋葬する樹木葬です。集合型樹木葬とは区画の区別ができない点で異なり、樹木葬の形態として最も安価です。遺骨は一緒くたに埋葬される場合と、区画の区別はしないものの埋葬する穴自体は分ける場合があります。

樹木葬の費用相場

樹木葬の費用相場は、3~150万円程度です。
種類ごとには、以下のようになります。

樹木葬の種類と費用相場
里山型樹木葬 3~150万円
都市型樹木葬 10~150万円
個別型樹木葬 50~100万円
集合型樹木葬 20~100万円
合葬型樹木葬 3~20万円

樹木葬で注意すべきトラブル

樹木葬を選ぶことで起こり得るトラブルを紹介します。
家族ともよく相談して、見学や契約の際によく確認して決めましょう。

季節によっては景観が寂しくなる

思ったよりお参りに行けなかった

思ったより維持コストがかかった

納骨したい人数や人が変わってしまった

自然に還れない樹木葬だった

近くの樹木葬を探してみる >>

納骨堂とはどういうもの?


納骨堂とは、屋内に遺骨を安置する施設です。
元々は寺院などが遺骨の一時預かりなどのために設置していましたが、近年では永代供養墓として広く使用されています。
一般的に個別区画を使用できる期間が定められており、その後は合祀墓に改葬されます。
年間管理費を支払い続ける限り、個別区画を使用できる所もあります。

納骨堂の種類

納骨堂と一口に言っても、その種類は様々です。
納骨堂には、以下のようなものがあります。

棚式納骨堂

願成寺13
棚式納骨堂は、その名の通り棚に遺骨を安置する納骨堂です。最も安価な部類の納骨堂ですが、現在では棚式納骨堂を永代供養墓として販売していることは珍しくなりました。

位牌式納骨堂

位牌式納骨堂は、位牌壇の下に納骨するかあるいは、収骨スペースのある位牌を安置する納骨堂です。納骨堂としては珍しく1人向けの形式で、費用も比較的安価です。

ロッカー式納骨堂

ロッカー式納骨堂は、ロッカーのようになっている棚に遺骨を収蔵する納骨堂です。納骨堂の中では最もポピュラーな形式です。どちらかと言えば少人数向きの形式で、収骨数は1~4名程度とすることが一般的です。

仏壇式納骨堂

妙力寺 仏壇付納骨壇の画像1
仏壇式納骨堂は、上段に仏壇、下段に収骨棚を据えた納骨堂です。仏壇とセットになるため費用は高額になる傾向にあります。大人数向きで、10人以上収蔵できることもあります。また、一般的には永代供養が付いていますが、承継できることも珍しくありません。

自動搬送式納骨堂(マンション型納骨堂)

自動搬送式納骨堂は、参拝室にあるお墓に機械が遺骨を運んで来る納骨堂です。参拝者は、カードをリーダーに読み込ませるだけでお参りができます。マンション型納骨堂などとも呼ばれ、東京都心を中心に急増しています。2~8人程度を収容できることが多く、ご夫婦やご家族での利用に向いています。承継もできることがあります。

納骨堂の費用相場

納骨堂の費用相場は、3~200万円程度です。
費用は、納骨堂の種類や収容人数、立地、設備の充実度などによって変わります。
種類ごとには、以下のようになります。

納骨堂の種類と費用相場
棚式納骨堂 3~10万円
位牌式納骨堂 5~15万円
ロッカー式納骨堂 50~100万円
仏壇式納骨堂 100~200万円
自動搬送式納骨堂 50~120万円

この他、5千~2万円程度の年間管理料がかかることがあります。

納骨堂で注意すべきトラブル

納骨堂を選ぶことで起こり得るトラブルを紹介します。
家族ともよく相談して、見学や契約の際によく確認して決めましょう。

お参りスペースが混雑する

法要や葬儀の制約があった

建物を改修する際の対応が心配

近くの納骨堂を探してみる >>

樹木葬と納骨堂はそれぞれどんな人に向いているか

では同じ永代供養でも、樹木葬と納骨堂はどのよう基準で選択したらよいのでしょうか。

樹木葬に向いている人

以下のような方は、樹木葬を検討してみましょう。

こんな方は樹木葬がおすすめ!

  • 豊かな緑や自然に包まれて眠りたい
  • 遺骨を自然に還したい
  • 花木に包まれて眠りたい
  • 少人数用の永代供養墓を探している
  • 個別区画が良いが、費用は抑えたい

近くの樹木葬を探してみる >>

納骨堂に向いている人

以下のような方は、納骨堂を検討してみましょう。

こんな方は納骨堂がおすすめ!

  • 季節や天候を問わず快適にお参りしたい
  • お墓を承継するかしないか分からない
  • 大人数向きの永代供養墓を探している
  • 気軽に足しげくお参りに行きたい
  • 法要や葬儀も一か所にまとめたい

近くの納骨堂を探してみる >>

まとめ

樹木葬も納骨堂も、近年永代供養墓として人気が高まっています。
一般的な特徴として、樹木葬は緑豊かな環境にあり、少人数向きで比較的安価です。原則承継はできません。
納骨堂は屋内のお墓でいつでも快適。少人数から大人数向きの区画まであり、費用は比較的高価です。承継できることもあります。
他にも合葬墓や永代供養付き区画など、別の形式の永代供養墓もあります。

永代供養のお墓をお探しの方へ

お墓さがしでは全国のお墓を紹介しています。
全国には樹木葬、納骨堂を含む様々な永代供養墓があります。
ぜひお近くの永代供養墓をチェックしてみてください。

全国の永代供養墓を探す >>

執筆者情報

お墓さがしスタッフ

佐野

経歴

2018年より、お墓マガジンのコラムを執筆しています。適切な情報をお届けできるよう努めて参ります。