納骨堂の種類を解説!違いや費用相場を徹底比較

  • 投稿日:2018/10/09
  • 更新日:2021/11/26
納骨堂の種類を解説!違いや費用相場を徹底比較

墓じまい後の改葬先や、お墓の承継に不安がある方などに近年多く選ばれているのが「納骨堂」です。

納骨堂とは、屋内に遺骨を納める施設を指す言葉です。
一口に納骨堂といっても、その形態はさまざまで、いくつかの種類に分類することができます。

種類によって、特徴や費用相場は大きく異なります。
したがって、納骨堂を選択するのであれば、種類ごとの違いを押さえておく必要があるのです。

今回の記事では、納骨堂の種類ごとの特徴や費用など、お墓選びの参考になる情報をお届けします。

近くの納骨堂を探してみる >>

納骨堂とは何か

納骨堂の種類の画像1
「納骨堂」とは、文字通り故人の遺骨を納める建築物であり施設のことです。
難しい言い方をする場合は、霊廟とも呼ばれます。

「墓地、埋葬に関する法律」によれば、納骨堂は「他人の委託を受け焼骨を収蔵するために納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設」となっています。
(参考:厚生労働省 墓地、埋葬等に関する法律

納骨堂は一般的には寺院や霊園の敷地内に建てられますが、中には自治体によって建立、運営されている納骨堂もあります。
では、納骨堂の運営主体によって、どのような違いがあるのでしょうか。

納骨堂の運営主体による違い

納骨堂の運営主体には、お寺、宗教法人などの民間、自治体があります。

お寺の納骨堂

もともと納骨堂は、お寺が災害などで管理が困難になったお墓の遺骨や、引き取り手のいない遺骨を境内で収蔵するようになったのが始まりといわれています。
お寺の納骨堂と聞くと、檀家になる義務があるのでは?と考えてしまいますが、多くの場合、お寺の檀家にならなくても申し込みができます。
宗教・宗派を問わず利用できるうえ、お寺に法要や供養をお任せできるため安心です。

ただし、永代供養の方法は納骨堂を運営するお寺の宗派に則ったものになります。
自分と同じ宗派で供養してほしい方は、契約前にお寺の宗派を調べましょう。

民間の納骨堂

宗教法人や公益社団、財団法人などの公益性をもつ法人が運営をしている納骨堂もあります。
このタイプの納骨堂は、多くの場合、管理や販売を民間業者が行っています。

民間の納骨堂は、宗教・宗派に関係なく利用できます。
民間業者が運営に関わっていることもあり、施設やサービスが充実しているところも多くあります。

自治体の納骨堂

自治体が運営する納骨堂もあります。

公営の納骨堂で注意しなければならないのは、多くの場合、自治体が行う抽選に当選しなければ納骨堂を利用できないという点です。
その上、応募には、「その自治体に継続して住んでいる方」などの条件があります。

また、自治体の納骨堂は、他の納骨堂に比べ費用が安く、自治体が経営しているため倒産の心配がないなどのメリットが大きく人気があります。
人気が高い分、抽選の倍率も高くなります。
たとえば、都立多磨霊園内にある納骨堂「みたま堂」の令和2年度の公募では、募集数40に対し、1009もの応募が殺到し、倍率は25.2倍でした。

参考:令和2年度 都立霊園公募受付状況と抽選会について| 東京都

一般的な納骨堂では、遺骨が遺族に返還されることはなく、一定期間後や承継が途絶えたあとに合祀になり、永代供養されます。
しかし、自治体の納骨堂は、期限後に遺骨が遺族に返還されるなどの特殊な条件がある場合があります。
抽選に申し込む前に条件をしっかり確認しましょう。

納骨堂の種類ごとの特徴や仕組み

コラムお墓の形式の画像2-1
ロッカー式
コラムお墓の形式の画像2-5
マンション型
コラムお墓の形式の画像2-4
仏壇式
コラムお墓の形式の画像2-2
棚式
コラムお墓の形式の画像2-2
位牌式
コラムお墓の形式の画像2-2
屋内に墓石を建てるタイプ

納骨堂は、大きく分けて下記6種類があります。
それぞれの特徴や仕組みを解説していきます。

ロッカー式

ロッカー式納骨堂イラスト
ロッカー式納骨堂とは、ロッカーのように前面に扉が設けられた棚に、骨壺に入った遺骨を収蔵するお墓です。
ロッカー式と聞くと、コインロッカーのような簡素なものを想像してしまいますが、実際は、扉に装飾が施されているものや絵が描かれているものなど豪華なものが多くあります。
納骨堂によっては、骨壺と一緒に位牌や写真を入れることができるところもあります。

納骨できるスペースに限りがあるため、ご夫婦やご家族での使用に向いています。
埋蔵人数は、1~4名、多くても8名程度です。

戸棚での遺骨の安置には、あらかじめ期限が設けられているところが多く、期限後は合祀されます。
合祀とは、骨壺から取り出した遺骨を、他の人のものと合わせて納骨する埋葬方法です。
合祀になった後は、お寺によって年二回の合同法要が行われ、お寺が存続する限り供養されます。
中には、永続的に戸棚に遺骨を安置してもらえるロッカー式納骨堂もありますが、多くはありません。

霊園やお寺が遺族に代わって、遺骨の管理や供養をしてくれることを永代供養といいます。
永代供養をしてもらえるため、遺骨が無縁になることがありません。
お墓の承継者がいない方や、子供にお墓の負担をかけたくない方におすすめです。

自動搬送式(マンション型)

自動搬送式納骨堂イラスト
自動搬送式とは、倉庫のようなところに遺骨を安置しておき、お参りの時だけ墓前に骨壺を運ぶ方式の納骨堂です。
参拝者にはICカードかまたはID番号が割り当てられており、参拝ブースで操作すると、遺骨を収蔵する厨子が運ばれてきます。
自動搬送式納骨堂は、マンションのような外観をした建物であることが多い為、「マンション型」とも呼ばれます。

他の納骨堂に比べ新しいタイプの納骨堂で、都内を中心に数が増えてきています。
そのため、新しく建てられたものが多く、最寄り駅から徒歩圏内のアクセスしやすい立地のものが多くあります。

埋蔵人数は多く、1~8名で使用できます。
ロッカー式と同じように、期限後に合祀になるものもありますが、年間管理費を支払い続ける限り、納骨堂を使用できるものも多くあります。
そのため、家のお墓として代々引き継ぐことも可能です。

仏壇式

仏壇式納骨堂イラスト
お寺の納骨堂で多く見られるのは、仏壇式の納骨堂です。
屋内にお仏壇が並べられており、それぞれ一つの家で使用します。
多くの場合は、上段が仏壇、下段が遺骨の収蔵スペースの二段構造になっています。
焼香具、花入れ、燭台なども用意されているので、通常の墓参と同様のつもりでお参りできます。

納骨堂は、お寺が運営しているものでも、宗教自由で利用できるものが多いですが、仏壇式に関しては他のタイプに比べ、宗派を問われることがあります。
仏壇式納骨堂を検討する際は、宗派の指定がないか確認しましょう。

下段の遺骨の収蔵スペースが大きく、8~10名程度収蔵できます。
大人数収蔵できるため、家のお墓としての使用に向いています。

仏壇式に関しても、ほとんどの場合で永代供養がついています。
そのため、もしも承継が途絶えても、お寺に供養を続けてもらえるため安心です。

棚式

棚式納骨堂 イラスト
棚式は古くからある納骨堂のタイプです。
ロッカー式のように区画の区切りがなく、数段の棚に骨壺を並べていきます。

位牌式

位牌式納骨堂 イラスト
位牌式は、屋内に位牌を並べるタイプです。
ロッカー式と違って、位牌分のスペースしか設けられていないことが多く、写真などの記念品を置くことはできません。

位牌式納骨堂は、遺骨の収蔵方法ごとにさらに2つのタイプに分けられます。

位牌に遺骨を入れるタイプ

位牌下部の台座などに収骨スペースをつくり、そこに遺骨を納めて安置するタイプです。
位牌に納骨するために、遺骨を細かいパウダー状にする「粉骨」が必要になることもあります。
お参りの際は、遺骨の入った位牌に手を合わせます。

位牌とは別の場所に遺骨を安置するタイプ

位牌が並んでいるひな壇の下が戸棚になっており、そこに遺骨を安置するなど、位牌とは別の場所に安置するタイプです。
大きな仏像を囲むように位牌が配置されている納骨堂では、位牌ではなく仏像に手を合わせてお参りするところもあります。

屋内に墓石を建てるタイプ

札幌もなみ ふれあいパーク6
屋内に墓石のお墓を持つタイプです。

普通のお墓と同じようにお参りができます。
屋内にあるため、天候や季節の影響は受けません。

また、常に雨風にさらされている屋外の墓石よりはお手入れが楽に済むでしょう。

近くの納骨堂を探してみる >>

納骨堂の種類ごとの価格相場

納骨堂の種類ごとに価格の相場は以下の通りです。

納骨堂の種類 価格相場 年間管理費 埋蔵人数
ロッカー式 50~100万円 1万円前後 1~4名
マンション型 50~120万円 1~2万円 1~8名
仏壇式 100~200万円 1~2万円 4~10名
棚式 3~10万円 なし 1名
位牌式 7.5~14万円 なし~5千円 1名
屋内に墓石を建てるタイプ 110~210万円 1万円前後 2~12名

ロッカー式納骨堂の価格相場

ロッカー式納骨堂の価格相場は、50~100万円です。
価格相場は、地域によっても異なりますが、基本的には1区画50万円~です。
個別の区画を持つことができる納骨堂の中では費用が低めです。

年間管理費の相場は、1万円前後です。

マンション型納骨堂の価格相場

マンション型納骨堂の価格相場は、50~120万円です。
8体収蔵できるものだと、80~100万円程度が相場です。
1~4体など収容人数が少ないものの場合は、50~60万円前後で抑えられることもあります。

年間管理費の相場は、1~2万円です。
施設の維持・管理や遺骨を運ぶ機械のメンテナンス費用がかかるため、他の納骨堂よりも少々管理費が高めです。

仏壇式納骨堂の価格相場

仏壇式納骨堂の費用相場は、100~200万円です。
納骨堂に使われる仏壇は、立派なものが多いこともあり、価格相場は高めになります。

年間管理費の相場は、1~2万円です。

棚式納骨堂の価格相場

棚式納骨堂の価格相場は、3~10万円です。
棚に骨壺のまま安置するだけなので、価格はかなり抑えられます。

年間管理費に関してはかからないところが多くあります。

位牌式納骨堂の価格相場

位牌式納骨堂の価格相場は、7.5~14万円です。
位牌に納骨するタイプでは、指定された位牌型納骨容器の費用がかかります。
位牌とは別の場所に遺骨を安置するタイプでも、納骨堂の美観を損ねないために、位牌は統一された規格ものを購入するのが一般的です。

年間管理費は、なし~5000円です。

屋内に墓石を建てるタイプの納骨堂の価格相場

屋内に墓石を建てるタイプの価格相場は、110~210万円です。
費用に関しては、一般的な墓石のお墓と変わりません。

年間管理費は、1万円前後です。

納骨堂の種類ごとのメリット・デメリット

納骨堂の種類ごとのメリット・デメリットを押さえておきましょう。

ロッカー式納骨堂のメリット・デメリット

ロッカー式納骨堂のメリット・デメリットは以下の通りです。

ロッカー式納骨堂のメリット

  • 比較的宗教に寛容
  • 比較的費用が抑えめ
  • 夫婦や1家族のお墓として使える
  • 骨壺と一緒に写真などを入れられるところもある

ロッカー式納骨堂のデメリット

  • 承継ができない
  • お参りやお供え物に制限があるところもある
  • 大人数で使用できない
  • お墓として物足りなく感じる方もいる
  • 多くの場合でいずれ合祀になる

自動搬送式納骨堂のメリット・デメリット

自動搬送式納骨堂のメリット・デメリットは以下の通りです。

自動搬送式納骨堂のメリット

  • 駅チカでアクセスしやすい
  • セキュリティがしっかりしている
  • 承継ができる
  • 施設が新しくきれい

自動搬送式納骨堂のデメリット

  • 年間管理費が高い
  • 機械のメンテナンスのため、お参りできない日がある
  • 建物の老朽化が不安
  • 承継が途絶える・期限が切れると合祀になる
  • お参りのシステムに慣れる必要がある

仏壇式納骨堂のメリット・デメリット

仏壇式納骨堂のメリット・デメリットは以下の通りです。

仏壇式納骨堂のメリット

  • 承継ができる
  • 大人数で使用できる
  • お供えができる
  • 見栄えが立派な仏壇が多い
  • 位牌や記念品が置ける

仏壇式納骨堂のデメリット

  • 他のタイプに比べ、費用が高い
  • 宗派を問われる場合がある
  • お1人やご夫婦での使用には向かない
  • 家以外に仏壇があることに抵抗がある方もいる

棚式納骨堂のメリット・デメリット

棚式納骨堂のメリット・デメリットは以下の通りです。

棚式納骨堂のメリット

  • 費用が安い
  • 年間管理費がないことが多い

棚式納骨堂のデメリット

  • 数が少ない
  • お参りができない場合がある
  • 最終的に合祀になる

位牌式納骨堂のメリット・デメリット

位牌式納骨堂のメリット・デメリットは以下の通りです。

位牌式納骨堂のメリット

  • 費用が安い
  • 年間管理費がない、または安い

位牌式納骨堂のデメリット

  • 専用の位牌を買う必要がある
  • 並んだ位牌に手を合わせることに抵抗を感じる方もいる
  • 位牌がすべて同じ形で個性が出ない

屋内に墓石を建てるタイプのメリット・デメリット

屋内に墓石を建てるタイプのメリット・デメリットは以下の通りです。

屋内に墓石を建てるタイプのメリット

  • 屋外の墓石よりもお手入れが楽
  • 墓石の形や彫刻で個性を出せる
  • 承継ができる
  • お供え物ができる
  • 夫婦用や家族用のものを用意しているところもある

屋内に墓石を建てるタイプのデメリット

  • 屋外の墓石のような大きなお墓は建てられない
  • 一般的なお墓と同じように費用が高額
  • 屋外の墓石に比べ、窮屈に感じる方もいる
  • まだ数が少ない

納骨堂の選び方・注意点5つ!

納骨堂は、どんな点に注意して、どう選べばよいのでしょうか。
納骨堂を選び、契約する前に確認してほしいポイントを5つにまとめました。

1.宗旨・宗派が自由または自分のものと合っているか

納骨堂は、宗教自由のところが多くありますが、中には宗派を限定しているところがあります。

また、まれにその納骨堂を管理・運営しているお寺への入檀を求められることもあります。
そういった条件の有無を契約前に確認しましょう。

2.収蔵可能人数は足りているか

納骨堂の収蔵可能人数は、事前に把握しておきましょう。
誰が納骨堂を使用するのかを明確にし、その人数が入れる納骨堂なのかを確認しましょう。

自動搬送式や仏壇式の納骨堂では、遺骨が埋蔵可能な数を超えた場合、古い遺骨から合祀をするところがあります。
そのため、人数に限りがなく、承継に向いています。

3.お参りする人が行きやすい立地か

納骨堂を選ぶ上で、立地は非常に大切です。
そのため、必ず一度は現地に足を運び、アクセスの良さを確認しましょう。

4.合祀になる条件は何か

多くの納骨堂は、一定期間、または承継が途絶えたあとは、合祀になります。
条件は納骨堂によって違うため、必ず確認しましょう。
中には、合祀にならないところもありますが、その分費用が高くなります。

5.歳を重ねてもお参りしやすい納骨堂か

バリアフリーに配慮した設計がされているかどうかを確認しましょう。
たとえば、施設内に階段しかないところや納骨堂に行くまでの道が険しいところは避けたほうがよいでしょう。
エレベーターを完備しているか、休憩できる場所があるかなどを確認しましょう。

納骨堂をやめるにはどうしたらいい?

納骨堂をやめることができるかどうかは、契約の内容によります。
契約書に、納骨堂の解約についての記述があれば、それに従う他はありません。
契約書がない場合、または途中解約を想定されていない契約書であった場合は、納骨堂の管理者と話し合う必要があります。

契約書の有無がわからない、無くしてしまった場合は、納骨堂に直接問い合わせましょう。

納骨堂を途中でやめたら永代使用料は返ってくるのか

永代使用料に関しても、契約書での取り決めによります。
支払い済みの永代使用料は返ってこないケースもありますし、生前予約などで未使用であれば返ってくるケースもあります。

一度でも納骨した場合は、違約金を求められる場合もあります。
また、遺骨を納骨堂からすぐに出すことを要求されることも考えられます。

おすすめ納骨堂をご紹介!

地域ごとにおすすめな納骨堂をご紹介します!

東京都の納骨堂をご紹介!

東京都のロッカー式納骨堂

本覚寺 大光普照殿

&b4&
東京都品川区南品川1-10-11
京浜急行線「新馬場駅」南口より徒歩2分

納骨堂90万円~
寺院墓地宗教自由

正善寺 調布霊廟

&b4&
東京都調布市調布ヶ丘3-8-1
京王線・京王相模原線「調布」駅より徒歩約10分

納骨堂70万円~
民営霊園宗教自由

東京都の自動搬送式納骨堂

麻布十番 ゆめみどう

麻布十番 ゆめみどうの画像
東京都港区元麻布3丁目10-5
東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番駅」4番出口から徒歩6…

納骨堂48万円~
寺院墓地宗教自由

上野さくら浄苑

上野さくら浄苑
東京都台東区上野桜木2丁目6-4
JR山手線「鶯谷駅」から徒歩約7分、JR「日暮里駅」から徒歩約…

納骨堂78万円~
寺院墓地宗教自由

東京都の仏壇式と位牌式を取り揃えた納骨堂

東京徳純院

&b4&
東京都港区芝浦1丁目11-17
JR山手線・京浜東北線「田町駅」芝浦口より徒歩8分

納骨堂3.5万円~
寺院墓地宗教自由

東京都の納骨堂 の一覧はこちら >>

埼玉県の納骨堂をご紹介!

埼玉県のロッカー式納骨堂

サニープレイス所沢 永代供養墓・樹木葬

&b4&
埼玉県所沢市下新井1386-1
西武新宿線「航空公園駅」、JR武蔵野線「東所沢駅」より西武バス乗車「所沢聖地霊園」下車徒歩0分

納骨堂30万円~
民営霊園宗教自由

埼玉県の納骨堂 の一覧はこちら >>

神奈川県の納骨堂をご紹介!

神奈川県のロッカー式・仏壇式・位牌式を取り揃えた納骨堂

妙信寺 報恩閣(納骨堂)

&b4&
神奈川県横浜市鶴見区駒岡5-11-33
東急東横線「綱島駅」より横浜市営バス13系統「鶴見駅」行乗車、「一ノ瀬」バス停下車、徒歩5分

納骨堂14万円~
寺院墓地宗教自由

神奈川県の自動搬送式納骨堂

久保山清苑

久保山清苑
神奈川県横浜市南区清水ヶ丘225
JR横須賀線保土ヶ谷駅より徒歩20分、京急本線黄金町駅より徒歩…

納骨堂90万円~
民営霊園宗教自由

神奈川県の納骨堂の一覧はこちら >>

千葉県の納骨堂をご紹介!

千葉県のロッカー式納骨堂

慶国寺 慶松庵

&b4&
千葉県松戸市秋山336
北総線「秋山」駅より徒歩8分

納骨堂40万円~
寺院墓地宗教自由

千葉県の自動搬送式納骨堂

浦安 月の廟庭

浦安 月の廟庭
千葉県浦安市当代島1-3-3
東京メトロ東西線「浦安駅」より徒歩2分

納骨堂83万円~
寺院墓地宗教自由

千葉県の納骨堂の一覧はこちら >>

北海道の納骨堂をご紹介!

北海道のロッカー式納骨堂

法輪閣

&b4&
北海道札幌市中央区南4条東4丁目5番地1号
地下鉄南北線「すすきの駅」1番出口より徒歩8分

納骨堂50万円~
寺院墓地宗教自由

北海道の屋内に墓石を建てるタイプの納骨堂

札幌もなみ ふれあいパーク

&b4&
北海道札幌市南区石山1条1丁目1291番
札幌市営地下鉄 南北線「真駒内駅」からタクシーで約15分

納骨堂50万円~
民営霊園在来仏教

北海道の納骨堂 の一覧はこちら >>

愛知県の納骨堂をご紹介!

愛知県のロッカー式・仏壇式・自動搬送式・位牌式を取り揃えた納骨堂

万松寺納骨堂

&b4&
愛知県名古屋市中区大須三丁目29-12
地下鉄舞鶴線・名城線「上前津駅」より徒歩3分

納骨堂30万円~
寺院墓地宗教自由

愛知県の自動搬送式納骨堂

大須陵苑

大須陵苑
愛知県名古屋市中区大須4-16-16
地下鉄名城線・鶴舞線「上前津駅」2番出口より徒歩3分、地下鉄鶴…

納骨堂82万円~
寺院墓地宗教自由

熱田の杜 最勝殿

熱田の杜 最勝殿
愛知県名古屋市熱田区横田2-4-31
JR東海道本線(浜松~岐阜)「熱田駅」から徒歩約3分、地下鉄名…

納骨堂75万円~
寺院墓地宗教自由

愛知県の納骨堂 の一覧はこちら >>

大阪府の納骨堂をご紹介!

大阪府のロッカー式・仏壇式・自動搬送式を取り揃えた納骨堂

常光円満寺 永代納骨堂

&b4&
大阪府吹田市元町28-13
JR京都線、阪急電鉄千里線「吹田駅」より徒歩5分

納骨堂40万円~
寺院墓地宗教自由

大阪府のロッカー式・仏壇式を取り揃えた納骨堂

海泉寺 納骨堂 永代供養墓

&b4&
大阪府大阪市浪速区恵美須西1-6-15
南海本線「今宮戎駅」から徒歩約0分

納骨堂5万円~
寺院墓地宗教自由

大阪府の自動搬送式納骨堂

寿命寺 池田龍聖御廟

寿命寺 池田龍聖御廟
大阪府池田市西本町2-20
阪急電鉄宝塚本線「池田駅」より徒歩5分

納骨堂10万円~
寺院墓地宗教自由

大阪府の納骨堂の一覧はこちら >>

徳島県の納骨堂をご紹介!

徳島県のロッカー式・仏壇式取り揃えた納骨堂

観音聖陵

&b4&
徳島県徳島市勢見町2丁目2
JR「徳島駅」からタクシーで約7分

納骨堂5万円~
寺院墓地宗教自由

徳島県の納骨堂 の一覧はこちら >>

福岡県の納骨堂をご紹介!

福岡県の自動搬送式納骨堂

さくら陵苑

さくら陵苑
福岡県北九州市小倉南区城野4-3-1
西鉄バス「下城野二丁目」より徒歩1分

納骨堂20万円~
寺院墓地宗教自由

福岡県の納骨堂 の一覧はこちら >>

鹿児島県の納骨堂をご紹介!

鹿児島県の自動搬送式納骨堂

妙円寺 武霊廟 妙寿庵

妙円寺 武霊廟 妙寿庵
鹿児島県鹿児島市武3丁目41-5
「鹿児島中央」

納骨堂50万円~
寺院墓地宗教自由

鹿児島県の納骨堂の一覧はこちら >>

まとめ

納骨堂は、ロッカー式、自動搬送式、仏壇式、棚式、位牌式、屋内に墓石を建てるタイプなどの種類に分けられます。
大まかではありますが、種類によって、費用相場や使用人数が異なります。
納骨堂の種類による傾向を押さえておくことは、自分にとってどんな納骨堂が合っているのかを考える一助になるでしょう。

また、運営主体によっても納骨堂を分類することができます。
運営主体には、お寺、自治体、民間があります。
民間の納骨堂でも、仏教の宗教法人が運営をしているところが多くありますが、中には神道の法人が運営している納骨堂もあります。
運営主体にかかわらず多くの場合、宗教・宗派の縛りがなくどなたでも利用できますが、中には宗教の指定があるところも散見されるので、必ず事前に確認しましょう。

納骨堂をお考えの方へ

お墓さがしでは全国のお墓を紹介しています。
納骨堂をお探しの方は、是非こちらからお近くの納骨堂を探してみてください。

近くの納骨堂を探してみる >>