お墓の開眼法要・魂入れとは?準備の流れとお布施の相場
新しくお墓を建てて、石材店の人にお墓の開眼法要について聞かれたけれど、開眼法要って何?と思われる人は少なくありません。 というのも、先祖代々のお墓がある、親が建てたお墓があるなどの理由で、お墓の開眼法要を経験したことがある人が少ないからです。 そこで、今回はお墓の開眼法要について、いつ、どのような時期に、どのような準備が必要で、どのような流れで行われるのかなど、お墓の開眼法要についてわかりやすく解説していきます。 [toc]

開眼法要とは

開眼法要(かいげんほうよう)とは、新しくお墓を建てたり、改装といってお墓を移動したとき、お墓をリフォームしたときなどに行う法要で、僧侶に読経を行っていただきお墓に魂を入れて礼拝の対象にするとともに、お墓の完成を祝う儀式にもなります。 この儀式は、どの宗派でも行われるのですが、開眼供養(かいがんくよう)、お性根入れ(おしょうこんいれ)、入魂式(にゅうこんしき)、魂入れ(たまいれ)、霊入れ(たまいれ)など呼び方がさまざまあります。 また、例外として、浄土真宗ではお墓や仏壇に魂が宿るという考えがないので、開眼法要の代わりに御移徙(おわたまし)や建碑式(けんぴしき)、建碑慶讃法要(けんぴきょうさんほうよう)、墓所建立法要(ぼしょこんりゅうほうよう)と呼ばれる慶事の法要を行います。

開眼法要を行う時期

開眼法要を行う時期については、特にこの時期に行いなさいという明確な決まりごとはなく、家族や親族が集まりやすい時期に行うようにしてください。 一般的には、お墓が完成した後に行われる四十九日や百ヵ日、一周忌などの法要のときに、一緒に開眼供養を行うことが多いです。

開眼法要の準備

開眼法要は、新しく建てられたお墓に魂を入れることと同時にお墓の完成を祝うという慶事にもなるので、僧侶の手配や法要後の会食、引き出物などさまざまな準備が必要になります。 開眼法要は新しくお墓を建てた施主が務めることになるのですが、準備には1ヶ月くらいの期間が必要になります。 それでは、開眼法要の準備について、順を追ってみていきましょう。

お墓の準備

開眼法要はお墓に魂を入れる法要になるので、お墓が完成していないと意味がありません。 一般的にお墓を建てるのに約1ヶ月から3ヶ月くらいかかると言われていて、墓地や霊園探し、石材店との打ち合わせなどの期間を含める、さらに時間はかかることになります。 開眼法要は四十九日や百ヵ日、一周忌などの法要に併せて行われることが多いので、石材店にお墓がいつ完成するのか確認するようにしてください。

日程調整と僧侶の手配

開眼法要の日程を決めるときには、参列者が集まりやすい日、僧侶が来てくれる日になるように調整をしていかなければなりません。 参列者が集まりやすい日は、土曜日や日曜日、祝祭日になると思うので、この日に併せて僧侶に来ていただけるように、遅くとも1ヶ月くらい前までに僧侶に連絡をして、日程を決めるようにしてください。 お盆やお彼岸の時期は僧侶も忙しく、また、ゴールデンウィークやお盆などの長期に渡って休む期間には、参列者が旅行などの計画をしていることがあるので、この時期に開眼法要を行うときは、2ヶ月、3ヶ月くらい前から準備をする必要があります。

参列者への連絡と人数確認

開眼法要の日程が決まったら、参列者を決めて連絡をして、人数の確認を行います。 開眼法要の参列者は家族や親族、故人の友人、知人になり、その方々に開眼法要を行う日時や場所、地図の他に会食をする場合はその会場などが書かれた案内状を送って、出欠の確認をとって、参列者の人数を確認します。

会食の手配

開眼法要が終わった後には、参列者や僧侶と会食を行うのが一般的です。 会食の会場は、墓地や霊園、寺院などにある施設、ホテルや料亭、自宅などで行います。 会食に出される料理は、お寿司や懐石料理が使われることが多いのですが、お墓の開眼法要の会食であることをお店には伝えるようにしてください。 自宅で会食を行う場合は、仕出し弁当などを利用するのが一般的になります。 また、会食をしない場合は、折り詰めの弁当と小瓶のお酒など、持ち帰れるような食事を用意するといいですね。

お布施

開眼法要のときには、僧侶に渡すお布施を用意する必要があります。 お布施は、お墓に来ていただき、読経をあげていただいた謝礼として渡すもので、お布施以外にも、お車代、御膳料があります。 お布施は10,000~30,000円くらい、お車代は5,000~10,000円くらい、御膳料は5,000~10,000円くらいが相場になります。 御膳料は、僧侶が会席に同席する場合は、渡す必要はありませんが、親族などが集まる会食の席には僧侶は遠慮をして、同席することはほとんどありませんが、僧侶に開眼法要の日程について相談するときに併せて確認するようにしてください。 お布施の金額には、特に決まった金額がないので、よくわからないときは、僧侶に直接聞いてみるか、墓地や霊園の管理者、石材店の人などに聞いてみるのもいいですね。 また、お布施を渡すタイミングですが、開眼法要が始まる前に、挨拶をかねて僧侶に渡すようにしてください。 お布施は、直接手渡しをするのではなく、黒い色の切手盆(きってぼん)などに載せて渡すか、慶事に使える紫色の袱紗(ふくさ)などに包んで、僧侶に渡すときに開いて、袱紗にお布施が載った状態で渡すようにしてください。

引き出物

開眼法要は新しく建てたお墓に魂を入れる儀式で、法要という言葉が使われていますが、新しく建てたお墓を祝う儀式でもあります。 引き出物は、お祝い事でもある開眼法要に参列していただいたお礼にあたる品物になります。 引き出物は、会食が終わるころに席のそばに用意して、会食後に持ち帰っていただくので、お菓子やタオル、消え物(使うと無くなる消耗品)や日用品など、かさばらず軽いものが喜ばれます。 最近では、品物を選ぶのに迷ってしまうという方もいるので、カタログギフトを引き出物に選ばれる人が増えているようです。

開眼法要の服装

開眼法要の服装は、納骨式を一緒に行うかどうかによって変わります。 開眼法要と納骨式を一緒に行う場合ですが、納骨式が弔事(仏事)にあたるので、主催者、参列者ともに黒いスーツに黒ネクタイ、ワンピースなど、喪服を着用することをおすすめします。 納骨式を行わない開眼法要は、慶事にあたるので、主催者側は礼服に白ネクタイ、色無地の着物など落ちついた服装がいいです。 また、参列者は、白、黒、紺を基調とした服装を選ぶようにし、露出が多くて派手な服装、派手な色のアクセサリーは避けるようにしてください。 このように開眼法要での服装は、慶事なのか弔事なのかということがポイントになりますので、開眼法要を主催する人は、納骨式を一緒に行うのかどうかということも参列していただける人に伝えるようにしてください。

開眼法要の流れ

開眼法要、当日の流れは、以下のようになります。 1.寺院の本堂や墓地の会館などで読経 2.墓前に移動して読経 3.墓石に巻かれた白い布をとる 4.主催者、参列者が順番にお焼香をする 5.会食会場に移動して会食をする お墓の開眼法要はこのような流れになります。 ※開眼法要と納骨式を一緒に行う場合は、開眼法要に続いて納骨式も行い、その後に会食会場に移動するようになります。

開眼法要のお返し

開眼法要に参列していただいた方には、当日に会食を振舞い、引き出物をお渡ししているのでいいのですが、参列者以外の人からお祝いをいただいた場合は、お返しをする必要があります。 お返しをする金額の目安は、いただいた祝儀の金額の半額程度で、引き出物と同様に、お菓子やタオル、消え物(使うと無くなる消耗品)や日用品、もしくはカタログギフトなどがいいのではないでしょうか。 ただ、注意しておきたいのがのし紙と表書きです。 開眼法要と納骨式を一緒に行う場合は弔事(仏事)にあたるので、のし紙は黒白結び切り、黄白結び切りを使い、表書きは「志」、「粗供養」と書くようにしてください。 開眼法要だけを行う場合は慶事にあたるので、のし紙は紅白結びを使い、表書きは「御礼」、「内祝」、「建立内祝」と書くようにしてください。

開眼法要のあいさつ

開眼法要のあいさつは、開眼法要と納骨式を一緒に行うのかによって違いがあります。 開眼法要と納骨式を一緒に行う場合は弔事(仏事)なるので、足を運んで参列していただいたことに対して感謝と敬意、故人への気持ちや想いを伝えるようなあいさつをするようにしてください。 開眼法要のみを行う場合は慶事になるので、足を運んで参列していただいたことに対して感謝と敬意を伝えるようなあいさつをするようにしてください。

開眼法要は仏壇でもする?

新しく仏壇を購入した時も僧侶に読経を行っていただき、仏壇に魂を入れる開眼法要は行ないます。 仏壇の開眼供養を行う場所は、寺院もしくは仏壇を置く場所になり、仏壇を購入した後に行われる四十九日や百ヵ日、一周忌などの法要のときに、一緒に開眼供養を行うことが多いです。

仏壇の開眼法要の準備

仏壇の開眼法要は新しく購入した仏壇に魂を入れることですので、僧侶の手配や法要後の会食、引き出物などさまざまな準備が必要になります。 開眼法要は新しく仏壇を購入した施主が務めることになるのですが、準備には1ヶ月くらいの期間が必要になります。 仏壇の開眼法要の準備はお墓の開眼法要と同じ内容です。 ただし、仏壇の開眼法要では、納骨式は行わないので、納骨式の部分は省いていただけると幸いです。

仏壇の開眼法要の流れ

仏壇の開眼法要、当日の流れは、以下のようになります。 1.仏前に炊きたてのご飯、ろうそく、お花を供える 2.仏膳に料理を供え、供物台に果物を供える 3.寺院の本堂または自宅で読経 4.主催者、参列者が順番にお焼香をする 5.会食会場または自宅に移動して会食をする 仏壇の開眼法要はこのような流れになります。

開眼法要は必ずしなければいけないの?

開眼法要はあくまでも仏式の儀式なので、仏教にこだわらなければ必ずしも行うものではありません。 ただしお墓の場合、神式やキリスト教式にのっとった場合も、納骨の際には宗教者を呼んで儀式を行います。 信仰がなければあとはお墓の持ち主の気の持ちようなので、自分が納得できればどのようにしても良いでしょう。 ただし、お墓がお寺の境内にある場合は、そのお寺のお坊さんに開眼法要をしてもらうことがほとんどの場合で必須になります。 また、仏壇を購入する際も、仏壇自体が仏教式の供養で用いられるものなので、開眼法要は行うのが自然です。

まとめ

ここまで、お墓の開眼法要について、いつ、どのような時期に、どのような準備が必要で、どのような流れで行われるのかなど、お墓の開眼法要について解説してきました。 お墓の開眼法要を何度も経験することがないので、開眼法要についてよく知らないこともありますが、新しくお墓を建てたときは、この記事を参考にしていただき、開眼法要を行ってお墓に魂を入れ、ご先祖様や故人が安らかに眠れるようにしてあげてください。