瑞華院 了聞 ~都内唯一・全個室納骨堂~(東京都港区)【見学レポート】

瑞華院 了聞 ~都内唯一・全個室納骨堂~(東京都港区)【見学レポート】

東京都港区にある了聞に伺いました。
館内の様子をレポート形式でお伝えします。

了聞の詳細はこちら >>

了聞の特徴

現地のレポートをよりお楽しみいただくために、了聞の特徴を先にご説明します。

故人との語らいにふさわしいプライベート空間

了聞は、完全個室の参拝室を、全8種類22室ご用意しています。
外界から切り離されたプライベート空間で、ゆったりと故人と語らうことができます。

電車、バス、車、どの交通手段でもアクセス至便で、ICカード1枚でご参拝いただけるため、ふと故人に会いたくなったときにいつでも会いに行ける環境です。

午前8時20分から18時まで開館しています。

開かれたお寺が運営する納骨堂

了聞は、浄土宗のお寺である瑞華院(ずいけいん)が運営している納骨堂です。
室町時代から続く名刹が見守る安心感がありながら、宗教・宗派問わず多くの方にお求めいただけます。
本堂のある7階には、瑞華院の僧侶が常駐しており、気軽に仏事などのお悩みに関する相談ができます。

また、毎日朝・夕にお経をあげて供養をしていただける上、一般公開しているため、お勤めに参加することができます。
写経やお花、お茶などのワークショップ、絵画や料理の教室など、様々なイベントが行われ、地域の人々の拠り所にもなっています。
了聞は、故人と語らうための場所でもあり、今を生きている方のための場所でもあります。

至上のおもてなしと洗練された美しさ

快適にお参りいただくためのサービスが充実しています。
来館時には、ドアマンコンシェルジュがお出迎えをし、お客様のサポートをいたします。
さらに、2種類のラウンジにはフリードリンクをご用意しており、ゆったりとおくつろぎいただけます。

了聞は、日本を代表する建築家・竹原 義二氏によって設計されました。
本物の素材や職人の技にこだわり抜いて造られた上質な空間です。
素材だけでなく、館内のインテリアも世界の名作家具から吟味したものを使用しております。

見学レポート

外苑西通り沿いにそびえるモダンな外観。

入口には、ドアマンの方がいらっしゃいます。
丁寧に迎えられ、高級ホテルのようです。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】5

1F エントランス

館内に一歩入ると外の喧騒がすっと止み、静謐な空気に包まれ、玄関口を飾る石造りの滝のせせらぎだけが聴こえます。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】25館内の素材、建築、調度品はすべて一流。通常、館内は1時間程度で見てまわることができますが、建築やブランド家具に詳しい方は3時間以上見学されることもあるそうです。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】26
受付には常にコンシェルジュおり、来館者をサポートします。
取材時は、コンシェルジュの方に館内の案内をしていただきました。

通常、受付にあるカードリーダーにICカードをかざして、参拝室を選択し、受付を完了させます。
プランによって使用できる参拝室は異なりますが、全8種類22室あるため、待たずにお参りできそうです。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】28
参拝室の受付を済ませると、館内随所に設置された画面に名前が表示されます。
どこの参拝室が空いているのか一目でわかります。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】24
2Fエレベーターの壁は、鎌倉大仏や自由の女神像にも使用されている緑青で着色されています。細部まで凝られた造りです。

参拝室

了聞は、受付の手続きを済ませると、ご遺骨が自動的に参拝室に運ばれる「自動搬送式」を採用した納骨堂です。
参拝室にはデジタルフォトフレームが設置されており、在りし日に想いを馳せていただきながらお参りができます。
どのお部屋も宗教に関係なく、どなたでもお使いいただきやすいデザインになっています。
3F~6Fはすべて参拝室のフロアです。
全8種類22室ある参拝室のうち、いくつかご紹介いたします。

4F 淡月(たんげつ)

こちらは、4Fにある淡月(たんげつ)です。
玄武岩の墓石と大理石の床がシンプルながらも上品です。

淡月では、ご遺骨を収蔵する入れ物(厨子)を見せていただきました。
ご遺骨を納める際は、骨壺、骨箱、骨袋などでお納めいただけます。

 

4F 令月(れいげつ)

こちらは、4Fにある令月(れいげつ)です。
やさしさを感じさせる風合いの国産銘石「竜山石」が柔らかな灯りに照らされています。
いるだけであたたかさを感じるような空間でした。

アフターライフレジデンス 南麻布「了聞」の画像9

墓石を設けていない参拝室のため、どのような宗旨宗派の方でもお使いいただきやすい設えです。
電子香炉を採用しており、お線香などを持ってくる必要はありません。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】19

5F 月虹(げっこう)

こちらは、5Fにある月虹(げっこう)です。
月虹は、外光を取り入れた参拝室です。
温かな風合いの自然素材が織りなす空間を、やさしい陽の光が包みます。
ご自宅のリビングのように、ご家族との語らいを楽しめそうです。

5F つきかげ

こちらは、5Fにあるつきかげです。
つきかげは和室になっており、ご自宅の仏間のように靴を脱いでおくつろぎいただけます。
畳にあがるとほっとする方も多いのではないでしょうか。
洋室では味わえない和室ならではの穏やかな時が流れるのは唯一了聞だけの特徴です。

6F 天満月(あまみつき)

こちらは、6Fにある天満月(あまみつき)です。
石碑の玄武岩は各面がそれぞれ異なる方法で研磨されており、石の豊かな表情を楽しめます。
石碑は、香炉とともに台に乗っているのではなく、床まで続いています。
細部まで、「本物」の気迫を感じさせます。

石碑の背面の壁は、大胆にも国産高級石材の庵治石(あじいし)を組み合わせています。
大切な故人様との語らいの場にふさわしい、静謐なお部屋です。

1F 永代供養墓 月籠(つごもり)

こちらは、1Fにある永代供養墓 月籠(つごもり)です。
承継する方がいなくなった場合は、こちらの月籠に合祀され、永続的に供養されます。
それゆえ、ご遺骨が無縁になってしまうことはありません。

合祀になっても、こちらでお参りができます。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】2

7F 本堂

こちらは、7Fにある本堂です。
本堂は、思わずため息が漏れてしまうような美しさでした。

本堂に入ると本日は女性の僧侶がお出迎えし、気さくにお話しをしてくださいました。
普段も見学のお客様や参拝者様の相談に乗ってくださるそうです。
僧侶の方との距離がこれほど近い納骨堂は、おそらく他にはないでしょう。

水面に反射するように、漆塗りの床に阿弥陀様が映ります。
参拝室とは違うお寺の厳粛な雰囲気の中、不思議と身体の余分な力が抜けていくような感覚に包まれました。

7F 応接間

こちらは7階の応接間です。
ご家族との語らいや読書など、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

フリードリンクが用意されており、自宅のように快適です。

2F 客殿

2Fには、和室と洋室の2種類の客殿があります。法要や法要後の会食などにお使いいただけます。
また、写経や絵画教室などのイベントもこちらで定期的に行っているそうです。

こちらは洋室です。
隣のお部屋にも法要室があり、パーテーションを外して1部屋としての利用も可能です。

 

2F 天満月の間

こちらは、2Fにある特別参拝室のご契約者のみが利用できるラウンジスペースです。
専用カードで入室後、ここで受付もでき参拝予約を確認しながらゆっくりと過ごすことができます。
南麻布「了聞」~アフターライフレジデンス~(東京都港区)【見学レポート】31

担当者インタビュー

株式会社 了聞 了聞スタッフにお話を伺いました。

お墓さがしスタッフ

Q.お客様が了聞を選ばれるポイントは何ですか?

株式会社 了聞 了聞スタッフ

A.まずは、アクセスのしやすさを挙げられます。広尾駅から平坦な道を徒歩3分でお越しいただけますし、駐車場もございますのでお車での来館も便利です。駐車場へはドアマンがご案内いたします。雨の日にさっと傘をだし乗り降りを手伝うなど、ご高齢の方やお身体が不自由な方のサポート対応も行っています。

そして何より、首都圏で唯一の完全個室の納骨堂であることが決め手になっていると感じます。他の方の目を気にすることなく、ご参拝の皆様は故人様との想い想いの時間を過ごされています。

お墓さがしスタッフ

Q.見学レポートを読んでくださっている方に一言お願いします

株式会社 了聞 了聞スタッフ

A.落ち着いた館内で感じる安らぎや荘厳な本堂の雰囲気など、写真だけではお伝えしきれない部分も多くございます。まずは、実際に見て触れて体感していただきたく思います。お気軽にいらしてください。

了聞の価格

納骨堂

プラン名 総額 遺骨安置方法 年間管理費
永代供養 300,000円 合祀
1霊
なし
永代供養
7回忌プラン
700,000円 個別
6年間
1~8霊
20,000円
永代供養
13回忌プラン
1,000,000円 個別
12年間
1~8霊
20,000円
永代供養
33回忌プラン
1,500,000円 個別
32年間
1~8霊
20,000円
霽月タイプ 1,920,000円 個別
永代使用
1~8霊
20,000円
令月タイプ 2,500,000円 個別
永代使用
1~8霊
25,000円
心月タイプ 4,000,000円 個別
永代使用
1~8霊
40,000円
天満月タイプ 8,000,000円 個別
永代使用
1~8霊
80,000円

【備考】
「永代供養墓プラン」
館内1階の永代供養墓「月籠」にて、瑞華院が永代に亘り供養いたします。
個室参拝室はご利用いただけません。

「7回忌プラン(6年間)」「13回忌プラン(12年間)」「33回忌プラン(32年間)」
契約期間中は霽月タイプの個室参拝室をご利用いただけます。
契約期間満了後は永代供養墓「月籠」へ合祀いたします。
最大8霊(収蔵方法により8霊以上も可)

「霽月・令月・心月・天満月タイプ共通」
個室参拝室の永代使用権付き(50年以降自動更新)
最大8霊(収蔵方法により8霊以上も可)

了聞のアクセス

電車、バス、お車等でお越しいただけます。

電車をご利用の方

  • 東京メトロ日比谷線「広尾駅」4 番出口から西麻布方面へ徒歩3分

バスをご利用の方

  • 都営バス「【黒77】目黒駅前~千駄ヶ谷駅前」または「【品97】新宿駅西口~品川車庫前」乗車、「日赤医療センター下」で下車すぐ

お車をご利用の方

  • 六本木通りからお越しの場合:「西麻布交差点」から外苑西通りを広尾方向にお進みください。
  • 明治通り・「天現寺橋交差点」方面からお越しの場合:外苑西通りを西麻布方面へお進みください。 最寄りの首都高速出口は「天現寺」「高樹町」「渋谷」です。

実際に訪問して

本堂を見せていただいた際に、僧侶の方とお話をさせていただきました。
やさしい表情で、地域に開かれたお寺であり、例えれば公民館のように地域の皆様に必要とされる存在を目指しているとおっしゃっていたのが印象的でした。

誰しもが、ふと故人を思い出して会いたくなる瞬間があります。
親族と食事をして故人の話題が出たときや仕事で嫌なことがあったとき、了聞はふらっと大切な人に会いに行ける空間です。
ラウンジも非常に居心地が良いので、くつろぐ場所としても立ち寄りたくなります。

今回ご紹介させていただいた5部屋の参拝室以外にも素敵なお部屋がたくさんあります。
さらに、至上のおもてなしと洗練された了聞の美しさは筆舌に尽くし難く、都内で納骨堂をお探しなら一度現地で見学することをおすすめします。
————
ぜひ、ご興味を持たれた方は、お気軽に資料をご請求ください。
また、現地をご覧になりたい方は、必ず事前に見学のご予約をされてからお出かけください。
見学のご予約はこちらまで↓
お墓さがし相談窓口:0120-207-012

了聞の詳細はこちら >>
了聞のお問い合わせはこちら >>

執筆者情報

お墓ディレクター

馬淵

経歴

石材店勤務を経験後、現在はお墓さがしのライターとして、皆様のお墓に対する不安や疑問を解消できるコンテンツ作りを心掛けています。

保有資格

お墓ディレクター(認定番号 21-200042-00)