公営霊園にも樹木葬はある!公営ならではのメリットと注意点

公営霊園にも樹木葬はある!公営ならではのメリットと注意点

この記事では、公営霊園の樹木葬を検討するなら知っておきたい、公営ならではのメリットや注意点などを解説します。
具体的な霊園情報なども紹介していますので、ぜひ一度ご一読ください。

記事のポイント

ペンのマーク
  • チェックマーク

    公営霊園の樹木葬はまだ少ない

  • チェックマーク

    申込要件や募集期間が定められていることがある

  • チェックマーク

    宗教を問わず永続性の観点で安心できる

  • チェックマーク

    遺骨は土に還すタイプが多い

  • チェックマーク

    樹木葬がある公営霊園の例も紹介

また、こちらから、民営霊園や寺院墓地を含めた全国の樹木葬を探すことができます。
ぜひ一度ご覧ください。

近くの樹木葬を探す >>

樹木葬とは

都立小平霊園 樹木型・樹林型
都立小平霊園の樹木葬

樹木葬とは、樹木や草花を墓標とするお墓です。
これまでのような大きな墓石は建てず、墓石は設置しないか、小さなプレートのようなものを設置します。
代々引き継いでいく必要がなく、個人、夫婦、家族などで使用できます。

公営霊園とは

公営霊園とは、都道府県や市町村などの、地方自治体が経営している霊園です。
「〇〇市営△△霊園」「〇〇町営△△公園」のような名前でよく見られます。
公営霊園の代表といえば都立霊園で、著名人が多く眠る青山霊園などは有名です。

都立青山霊園

公営霊園にある樹木葬のメリット

公営霊園の樹木葬には、次のようなメリットがあります。

公営霊園にある樹木葬のメリット

  • 宗教を問わない
  • 供養の費用を抑えられる
  • 永続性の観点で安心
  • 遺骨を土に還すタイプが多い

宗教を問わない

公営霊園は、宗教の制限がありません。仏教以外の信仰があったり、家族間で信仰が違ったりしてもお墓を持つことができます。
また、公営の樹木葬の特徴的な点として、「霊園が僧侶を招いて読経してもらうことがない」ということが挙げられます。
公営以外の樹木葬、例えば、民営霊園や寺院墓地などの樹木葬では、ほとんどの場合で「永代供養」がついています。永代供養とは、親族などに代わって墓地を管理するお寺などが故人を将来にわたって供養することです。具体的には、お墓の管理を墓地側がしてくれたり、年1回~数回などの合同法要でお経を上げてもらえます。
公営霊園は公共施設である以上宗教を選べないので、お墓の管理はしますが、合同法要などは主催しません。
仏教以外の信仰があるのでお経を上げられたくないという方も、公営霊園の樹木葬はおすすめです。

供養の費用を抑えられる

従来のお墓のように大きな墓石を設置しない分、納骨の費用を抑えることができます。
多くの場合で年間管理費もかかりません。

永続性の観点で安心

公営霊園は自治体が経営しているので、突然経営者が消えて墓地の管理がされなくなるということはありません。
よくあることではありませんが、例えば、民営霊園では運営会社の倒産、寺院墓地では廃寺などで、墓地を維持できなくなってしまうこともあります。公営霊園では、その心配がありません。

遺骨を土に還すタイプが多い

公営の樹木葬では、遺骨を骨袋などで土中に埋葬し、土に還すものが多く見られます。
個別区画に使用期限がついているものでも、期限後に共同区画にて土に還すものもあります。

公営霊園の樹木葬を検討する際の注意点

公営霊園の樹木葬を検討する際の注意点

  • 樹木葬がある公営霊園は数が少ない
  • 申し込み要件がある
  • 抽選になることがある
  • ペットは一緒に埋葬できない
  • 区画場所の指定・納骨の立会はできない傾向

公営の樹木葬を検討する際には、以下のことに留意しましょう。

樹木葬がある公営霊園は数が少ない

樹木葬は比較的新しいお墓で、樹木葬を設置している公営霊園は多くありません。
公営の樹木葬が良いと思っても、希望するエリアにはないかもしれません。

申し込み要件がある

樹木葬に限らず、基本的に公営霊園には申し込み要件が課せられます。誰でも申し込めるわけではない点に注意しましょう。
例えば、墓地を経営する自治体に居住していること、遺骨がすでに手元にあること、他の公営霊園に墓地を取得していないこと、などの要件が考えられます。要件の内容は、自治体によって異なります。

抽選になることがある

人気のある自治体だと、樹木葬を含むお墓の使用者は抽選で決められます。
抽選は年に一回などの定期、あるいは不定期に行われ、抽選に外れるとお墓は使用できません。
抽選の時期などは、自治体のHPや、広報誌などで告知されます。

ペットは一緒に埋葬できない

公営霊園では、ペットを同じお墓に埋葬することは認められていません。
ペットと一緒に眠りたいという方は、民営霊園や寺院墓地などから樹木葬を探しましょう。

区画場所の指定・納骨の立会はできない傾向

公営霊園の樹木葬では、遺骨を納める区画は役所が割り当てることが一般的です。原則、自分で区画を選ぶことはできません。
また、樹木葬への納骨も職員が行い、立会はできない傾向にあります。

お墓さがしでは、全国にある樹木葬を含めたお墓をご紹介しています。
民営霊園や寺院墓地の樹木葬も併せて検討したい方は、ぜひこちらから希望エリアの樹木葬を探してみてください。

全国の樹木葬から探す >>

公営霊園の樹木葬の費用はどれくらい?

公営墓地の樹木葬の費用は、おおむね1体あたり10万~20万円程度です。
複数人で個別区画を使用できる場合は、区画ごとの使用料が人数などに応じて設定されています。
安いところで1体あたり10万円を切りますし、粉骨をすることでより費用を抑えられる霊園もあります。
加えて、ほとんどの場合で年間管理料がかからないので、維持費の心配もありません。

樹木葬がある公営霊園の例

公営霊園の樹木葬には、例えばどんなものがあるでしょうか?
具体的な例を紹介します。

都立小平霊園

都立 小平霊園(東京都)
※樹林型は令和2年度、樹木型は令和4年度の募集内容を参照。
区画名 樹林型合葬埋蔵施設/樹木型合葬埋蔵施設(樹木墓地)
使用料 【樹林型合葬埋蔵施設】遺骨:134,000円/1体、粉骨:44,000円/1体
【樹木型合葬埋蔵施設】191,000円/1体
管理料 なし
シンボルツリー
形態 樹木周辺に設けられた1体、または2体用の個別区画に、骨袋で遺骨を埋蔵する。
備考 居住地などの申込要件あり。例年抽選で使用者を決めているが、募集がない年もある。埋蔵場所を指定することはできない。
参照元

都立小平霊園の樹木葬は2種類あります。

都立小平霊園の樹木葬

  • 樹林型合葬埋蔵施設(じゅりんがたがっそうまいぞうしせつ)
  • 樹木型合葬埋蔵施設(じゅもくがたがっそうまいぞうしせつ)

樹林型合葬埋蔵施設は、大きな一区画に血縁など関係なく複数の遺骨を埋葬します。
一方、樹木型合葬埋蔵施設は、一区画あたりに一人の遺骨を埋葬します。
いずれも、遺骨は一人ずつ骨袋に収め、直接土に接する状態で埋葬されます。埋葬場所は指定できません。

都立小平霊園の樹木葬を利用するには、例年6~7月頃に行われる抽選に受かる必要があります。
申し込めば必ずしも使用できるわけではない点に注意しましょう。

bookmark

こちらもあわせてご覧ください

thumbnail

小平霊園の樹木葬について解説!利用にかかる費用や抽選倍率

都立多磨霊園

都立 多磨霊園(東京都)
※令和5年度の募集内容を参照。
区画名 樹林型合葬埋蔵施設
使用料 【遺骨】86,000円/1体
【粉骨】28,000円/1体
管理料 なし
シンボルツリー
形態 樹木の周辺に複数の遺骨を埋葬する区画を設けている。遺骨は納骨袋に入れ替え、樹木周辺に設けられた複数の遺骨を埋蔵する区画に納骨される。ただし、埋蔵時には一つ一つの遺骨がそれぞれ土に触れる形で納骨される。銘板などは設置できない。
備考 居住地などの申込要件あり。例年抽選で使用者を決めているが、募集がない年もある。埋蔵場所を指定することはできない。
参照元

都立多磨霊園には、「樹林型合葬墓地」の一種類の樹木葬があります。
小平霊園の樹林型合葬墓地と同様に、大きな区画の中に複数人を埋葬します。埋葬箇所は指定できません。

横浜市営メモリアルグリーン

横浜市メモリアルグリーン(神奈川県)
※2024年1月現在の市役所HPの情報を参照。
区画名 合葬式樹木型
使用料 140,000円/1体
管理料 62,850円(永年)
シンボルツリー ヒメシャラ、ケヤキ、クスノキ
形態 シンボルツリー周辺の芝生を掘削し、個別に骨壺のまま直接土中に埋蔵する。
備考 居住地などの申込要件あり。令和5年度は抽選が行われた。なお、新規使用者の募集は平成25年度に終了しており、以降は未使用の返還区画のみ募集している。
参照元

横浜市営メモリアルグリーンは、2008年に国内の公営墓地で初めて樹木葬を設置しました。
「合葬式樹木型納骨施設」という名称の区画で、シンボルツリーの下に芝で覆われたマウンド上の区画があり、その土中に遺骨を骨壺で直接埋葬します。
お参りは、区画手前にある共用の献花台でします。

その他の樹木葬がある公営霊園

インターネット上で確認できた、その他の公営の樹木葬をまとめました。
なお、情報は2024年1月現在で確認できる最新のものです。
公営霊園の墓地使用者の募集内容は年度ごとに内容が変わることがあるので、最新の情報や詳細は各自治体にご確認ください。

北海道・東北地方

関東地方

中部地方

近畿地方

中国・四国地方

公営霊園の樹木葬に納骨するまでの流れ

ここでは、公営霊園の樹木葬の使用にかかる大まかな流れを説明します。
手続きの内容や流れは自治体によって異なりますので、詳しくは自治体が公表する募集要項などをご覧ください。

公営霊園の樹木葬に納骨するまでの流れ
1.申込受付
まずは、公営霊園の募集時期に、使用を申し込みます。
募集時期は、自治体のHPや広報誌にて告知されます。
(2.抽選・結果通知)
人気が高い霊園では、使用者を抽選で決めます。抽選がない霊園もあります。
当落の結果は抽選会で公表されたり、当選のお知らせが届くことで分かります。
抽選に受かったら、使用許可の手続きに進みます。
3.書類提出・資格審査
公営墓地では申込要件などを定めていることが多いので、当選者が要件を満たしているかを審査します。
住民票の写しや戸籍抄本など、自治体が定める必要書類を提出し、資格審査を受けます。
4.使用料(・管理料)納付
審査が通ったら、使用料と、ある場合は初年度分の管理料を納付します。
5.使用許可の決定・許可証交付
使用料などを納付したら、使用許可証が交付されます。
許可証は郵送などで届きますので、大切に保管しましょう。
6.納骨手続き・納骨
使用許可証が交付されたら、納骨の手続きに進みます。
遺骨の必要日時や必要書類などを打ち合わせて、遺骨を霊園に持参します。
基本的には、納骨は自治体の職員が行います。

民営霊園や寺院墓地にある樹木葬との違い

公営霊園の樹木葬は、民営霊園や寺院墓地の樹木葬と比べてどのような違いがあるでしょうか?
それぞれについて解説します。

民営霊園にある樹木葬との違い

公営霊園の樹木葬と比べると、民営霊園の樹木葬には以下のような違いがあります。

公営霊園と比較した民営霊園の樹木葬の特徴

  • 霊園自体の設備やサービスが充実している
  • 公営よりは費用相場が高い傾向
  • 永代供養がついている
  • ペット共葬区画を探せる

民営霊園は、実質的な運営を民間の会社が担っている霊園です。
場所によって異なりますが、設備やサービスは充実している傾向にあります。
例えば、専用のガーデナーが美しい景観を維持していたり、管理棟にカフェがついていたり、法要施設があってさらに僧侶の手配までしてくれたりする、というような具合です。
費用は公営霊園と比較すると高い傾向にあり、年間管理料がかかるところも珍しくありません。

永年管理の公営霊園とは違い、通常永代供養がついていますので、年に1~数回などのペースで、合同法要が営まれます。
また、ペットと一緒に入れる樹木葬をお探しの方は、民営霊園で検討すると探しやすいでしょう。

民営霊園の樹木葬を探す >>

寺院墓地にある樹木葬との違い

公営霊園と比較した寺院墓地の樹木葬の特徴

  • 永代供養がついている
  • 公営よりは費用相場が高い傾向
  • 納骨法要は必須のことが多い
  • お墓以外の仏事の相談がしやすい

寺院墓地は、お寺が管理するお墓です。通常は寺院境内にあります。
「お墓に永代供養がついている」「費用が比較的高い」ということは、民営霊園と同様です。

お寺の樹木葬でも宗教あるいは宗派を問わないものが多くありますが、納骨法要は管理する寺院が行うことが多いでしょう。
また、通常は境内で樹木葬を管理しているので、他寺など、よその宗教者も同伴できないことが多いでしょう。
一方、仏事全般を任せられることが強みで、葬儀や法要などで僧侶を呼びたい場合も、相談先に困りません。

寺院墓地の樹木葬を探す >>

公営霊園の樹木葬のこれまでとこれから

これまでお墓といえば墓石のお墓が一般的で、公営霊園でも墓石を建てるための区画を整備していました。
しかしながら、少子化やそれに伴うお墓の無縁化問題、墓地不足の問題、変化するお墓のニーズなどを背景に、様々な自治体の墓地関連の検討委員会で、樹木葬などの新しいお墓について調査・検討されています。
参考例:第2回 神戸市立墓園のあり方を検討する有識者会議
参考例:船橋市墓地等基本方針

千葉市平和公園では令和5年度に合葬式樹木葬墓地墓地の供給が開始され、令和8年度中に完成予定の横浜市の(仮称)舞岡墓園でも、樹木葬が整備されています。
今でこそ樹木葬がある公営霊園の数は多くありませんが、今後は公営の樹木葬が増えていくかもしれません。

まとめ

今回の記事では、公営霊園の樹木葬のメリットや注意点、費用などについて解説しました。
以下に内容をまとめます。

公営霊園の樹木葬まとめ
メリット
  • 宗教を問わない
  • 供養の費用を抑えられる
  • 永続性の観点で安心
  • 遺骨を土に還すタイプが多い
注意点
  • 樹木葬がある公営霊園は数が少ない
  • 申し込み要件がある
  • 抽選になることがある
  • ペットは一緒に埋葬できない
  • 区画場所の指定・納骨の立会はできない傾向
費用 1体あたり10万~20万円程度
樹木葬がある公営霊園の例
  • 都立 小平霊園(東京都)
  • 都立 多磨霊園(東京都)
  • 横浜市メモリアルグリーン(神奈川県)

など

納骨までの流れ
  1. 申込受付
  2. (抽選・結果通知)
  3. 書類提出・資格審査
  4. 使用料(・管理料)納付
  5. 使用許可の決定・許可証交付
  6. 納骨手続き・納骨

公営霊園の樹木葬を検討している方の、ご参考になれば幸いです。
また、樹木葬は民営霊園や寺院墓地でも多く設置されています。条件にある公営の樹木葬が無い方は、併せて検討すると、選択肢が広がります。
お墓さがしでは、民営霊園や寺院墓地を含めた全国の樹木葬を探すことができます。
ぜひお気軽に、ご活用ください。

近くの樹木葬を探す >>

執筆者情報

お墓さがしスタッフ

佐野

経歴

2018年より、お墓マガジンのコラムを執筆しています。適切な情報をお届けできるよう努めて参ります。

公営の樹木葬に関するQ&A