宗派によるお墓の違いを解説!違う宗派でも納骨できる?
普段、生活をしていて自分の宗派を意識することはなく、お墓を新しく建てる、仏壇を新しく購入するなどのときになってはじめて自分の宗派を知るということも少なくありません。 日本にはさまざまな仏教の宗派があり、宗派によって教えや教義が違うので、お葬式やお墓に違いがあります。 近年では、故人が生前好きだった言葉やメッセージ性がある文字をお墓に刻むなど自由にお墓を建てる人が増えてきていますが、和型のお墓などを建てるとやはり「南無阿弥陀仏」などの仏教らしい言葉を彫刻したほうがしっくりくることもあります。 ただし、これらの彫刻は宗派によって異なるので、注意が必要です。 そこで今回は、日本の仏教の宗派、宗派によるお墓の違い、宗派によって違う墓石に刻む文字、宗派ごとに気をつけたいマナーなど、宗派ごとのお墓の違いについてみていきます。 [toc]

宗派とは

宗派とは、仏教内の分派を示す言葉で、教義・信仰対象などの違い、歴史的経緯などにより、生じた一つの集団のことになります。 奈良時代までは、一つのお寺にさまざまな考えを持った僧侶がいました。 同じ分野を学ぶ僧侶たちが集まった集団は「衆」と呼ばれており、衆の中にその分野を指導する僧侶がいました。 今でいうと大学のサークルのような感じです。 このような形態だったお寺ですが、平安時代になると、一つの衆が一つお寺を使うようになって、「衆」から「宗」へと変わっていきました。 ちなみに、衆とは、多くの人、大勢の人、人数の多いことなどの意味があり、宗とは、ある教義を奉じている信者の一団、信仰の組織団体などの意味があります。

日本仏教の宗派

仏教大国である日本の宗派は、十三宗五十六派あると言われています。 もともと仏教は古代インドが発祥で、中国、朝鮮を経由して日本に伝わり、飛鳥時代に聖徳太子が日本に根付かせました。 奈良時代には南都六宗と呼ばれる学派が現れ、平安時代には最澄や空海がそれぞれの思想を展開していきます。 鎌倉時代に入ると、法然とその弟子の親鸞、栄西や道元、日蓮によって、現在の主な宗派が成立しました。 永い歴史の中で生まれてきた十三の宗派は、大きく五つにわかれています。 【奈良仏教系の南都六宗】 法相宗(ほっそうしゅう) 華厳宗(けごんしゅう) 律宗(りっしゅう) 【平安時代の密教系】 天台宗(てんだいしゅう) 真言宗(しんごんしゅう) 【浄土系】 浄土宗(じょうどしゅう) 浄土真宗(じょうどしんしゅう) 融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう) 時宗(じしゅう) 【法華系】 日蓮宗(にちれんしゅう) 【禅宗系】 曹洞宗(そうとうしゅう) 臨済宗(りんざいしゅう) 黄檗宗(おうばくしゅう) このように宗派は大きく五つの系統、十三の宗派、五十六の派閥に分かれています。 それぞれに教えや教義などが違いがあり、各宗派ごとに葬式やお墓に対する考え方も違いがあります。

各宗派のお墓の違い

各宗派ごとに葬式やお墓に対する考え方に違いがあるのですが、お墓の形は宗派によって違いはなく、お墓の形や色も原則的には自由です。 ただ、お墓に刻まれる戒名や法号は各宗派によって違いがあります。 戒名(かいみょう)、法号(ほうごう)とは、仏の弟子になった証として授かる仏名で、生前に信仰が厚かった人やお寺に貢献した人に与えられるものですが、現在では、亡くなって授かることが多く、生前の名前を俗名、亡くなってからの名前を戒名、法号、法名(ほうみょう)と言います。

宗派によって違う戒名、法号、念仏

亡くなってから授かる名前のことを戒名や法号と言いますが、宗派によって意味の違いは特になく、天台宗や真言宗、浄土宗では戒名と呼ばれ、浄土真宗や日蓮宗では法号と呼ばれています。 お墓には戒名や法号の名前を刻むのが一般的ですが、宗派によって刻み方が違いますので、宗派ごとに具体的にみていきます。

浄土真宗

浄土真宗のお墓には、石の正面に「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と念仏を刻むのが一般的ですが、「俱会一処(くえいっしょ)」と刻むこともあります。 右側面に、「〇〇家先祖代々」と刻み、その下に法号を刻んでいきます。 法号の前に男性の場合は、「釈(釋)」の文字を刻み、女性の場合は「釈尼(釋尼)」とつきますが、近年では、女性に尼をつけるのは差別になるということで、性別に関係なく「釈(釋)」を刻む傾向があります。

浄土宗

浄土宗のお墓には、石の正面に「南無阿弥陀仏」と念仏を刻むか、「〇〇家之墓」上部に阿弥陀如来を表す梵字を刻みます。 また、五輪塔がある場合は、上から「南無・阿・弥・陀・仏」と刻んでいきます。

真言宗

真言宗のお墓には、石の正面に「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」と念仏を刻むか、「〇〇家之墓」上部に大日如来を表す梵字を刻みます。 また、五輪塔がある場合は、上から「空・風・火・水・地」と刻んでいきます。 戒名の上には、「ア」の梵字を刻み、子どもの場合は「カ」の梵字を刻みます。

日蓮宗

日蓮宗のお墓には、石の正面に「南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)」と念仏を刻むのですが、髭題目(ひげだいもく)と呼ばれるひげを長く伸ばすような独特の書体で刻まれるのが特徴になります。 正面に「〇〇家」と刻む場合には、上部に「南無妙法蓮華経」を刻みます。 また、五輪塔がある場合は、上から「南無・妙・法・蓮華・経」と刻んでいきます。

禅宗

禅宗のお墓には、石の正面に「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」と念仏を刻むか、「〇〇家之墓」上部に円相と言われる〇(丸い輪)を刻みます。 また、五輪塔がある場合は、上から「空・風・火・水・地」と刻んでいきます。

天台宗

天台宗のお墓には、石の正面に「南無阿弥陀仏」と念仏を刻むか、釈迦如来または阿弥陀如来を表す梵字を刻みます。 また、五輪塔がある場合は、上から「空・風・火・水・地」と刻んでいきます。

宗派が違うけど納骨はできる?

宗派の違いによって納骨ができるかどうかは、墓地や墓苑などの管理者の判断になり、管理規約を確認する必要があります。 相対的に公営、民営などの墓地、墓苑などでは、宗派を問われていないことが多いのですが、寺院が管理している寺院墓地では、公営、民営に比べて厳しくなります。 ただ、近年では、檀家制度を設けていない寺院も増えてきているので、宗派が違っていても納骨できる可能性もあるので、寺院に相談してみてください。

宗派が違うときお墓の彫刻は変えらる?

違う宗派の人を一緒に納骨する際、お墓の正面に特定の宗派を表す彫刻があるのは抵抗があるかもしれません。 それでは、石塔の彫刻を変えるにはどうするかというと、ほとんどの場合石ごと取り替えることになります。 石塔正面の彫刻はかなり深く掘られているため、周りをすべて削りなおすと石塔本体が小さくなってしまう上、手間がかかります。 墓石にいろいろなデザインや加工がされた墓石になると、削り直した一面と他の面とのバランスが崩れて、つり合いが取れなくなり、さらに他の面にも手を加えなければならなくなります。 また、一度彫られた文字を何らかの方法で埋めるのも、耐久性や見た目の観点から言ってお勧めできません。 このように、手を加えれば加えるほど、かかる費用は増えていき、墓石の大きさ、形が変わっていくので、墓石を買い直すのが無難でしょう。

宗派ごとに気をつけたいマナー

ここまで、お墓について宗派ごとの違いについてみてきましたが、それ以外にもお墓参りに欠かせない数珠や線香についても気をつけたいマナーがあるので、それぞれについてみていきます。

宗派ごとに違う数珠

数珠には2種類の数珠があり、一重の数珠を略式といい、二連の数珠を本式といいますが、宗派によって使う数珠に違いがあります。 一重の数珠は、一般的にどの宗派でも使うことができます。 二連の数珠は浄土真宗や浄土宗、日蓮宗、曹洞宗、臨済宗、天台宗、真言宗で使われます。

宗派ごとに違う線香のあげ方

宗派ごとによって線香のあげ方に違いはありますが、線香自体は香り、煙などお好みで選んでいただいても大丈夫です。 ただ、線香の形は寺院によって決まりがある場合がありますので、寺院墓地にお墓がある場合は事前に寺院に確認するようにしてください。 宗派によって違いがある線香のあげ方について、宗派ごとにみていきます。

天台宗

天台宗のお墓で線香をあげるときは、3本の線香を折らずに1本の自分側に立て、2本をお墓側に逆三角形になるように立てます。

真言宗

真言宗のお墓で線香をあげるときは、3本の線香を折らずに1本の自分側に立て、2本をお墓側に逆三角形になるように立てます。

浄土宗

浄土宗のお墓で線香をあげるときは、1~3本の線香を折らずに、線香立ての真ん中に立てます。

浄土真宗

浄土真宗のお墓で線香をあげるときは、1本の線香を半分になるように折って、横に寝かせます。

曹洞宗

曹洞宗のお墓で線香をあげるときは、1本の線香を折らずに、線香立ての真ん中に立てます。

日蓮宗

日蓮宗のお墓で線香をあげるときは、1本の線香を折らずに、線香立ての真ん中に立てます。

臨済宗

臨済宗のお墓で線香をあげるときは、1本の線香を折らずに、線香立ての真ん中に立てます。

まとめ

ここまで、日本の仏教の宗派、宗派によるお墓の違い、宗派によって違う墓石に刻む文字、宗派ごとに気をつけたいマナーなど、宗派ごとのお墓の違いについてみてきました。 新しくお墓を建てるには高額な費用がかかるので、何かあったからとお墓を建て直すことは容易なことではないので、建てたあとにトラブルになるようなことは避けたいですよね。 新しくお墓を建てようと考えている人は、この記事を参考にしていただき、宗派ごとの違いを理解していただくとともに、お墓を建てる前に公営・民営の墓地や霊園、寺院墓地の管理者に相談するようにしてください。