お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

霊園と墓地の違いは?それぞれの特徴とお墓探しのポイント

墓地と霊園のイメージ1

お墓を探していると、「墓地」という言葉と「霊園」という言葉が出てきます。
どちらもお墓のある場所には変わりないのですが、あえて違う呼び方をするというところが気になります。

今回の記事では、墓地と霊園について解説していきます。

墓地と霊園の違い

「墓地」と「霊園」の違いは一見すると分かりません。
両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

墓地とは?

墓地の意味合いは、2つあります。
一つは、法律上の用語としての意味合いと、もう一つは慣用的な意味合いです。

法律上の「墓地」の意味合い

法律上で「墓地」といった場合は、お墓を設けるために行政の許可を受けているエリアをいます。
つまり、お墓がある所はすべて墓地です。
ただし、行政の経営の許可を受けていない無許可墓地は除きます。

お墓に関しては、「墓地、埋葬などに関する法律」で定められています。
墓地については、以下のように規定されます。

第2条
5  この法律で「墓地」とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可をうけた区域をいう。

参考:厚生労働省 墓地、埋葬などに関する法律

なお、「墳墓」とは死体や焼骨を納める施設、つまりお墓のことです。

慣用的な「墓地」の意味合い

慣用的には、「墓地」は「寺院墓地」のみを指すことがあります。

寺院墓地とは、お寺が宗教活動として運営している墓地です。
お寺の境内にあるお墓は寺院墓地です。

霊園とは?

霊園は、民営または公営のお墓を指します。
「墓地」とは違い、「霊園」の法律上の定義は別途定められていません。
法律上は、寺院墓地も霊園もすべて「墓地」の扱いになります。

民営霊園とは

民営霊園は、宗教法人や公益法人が公益事業を目的として運営するお墓です。
実際には石材店などの民間企業が出資しており、管理や運営も民間企業が携わっていることが多いです。

公営霊園とは

公営霊園は、都道府県や市区町村が運営するお墓です。
人気の所では「抽選」で墓地使用者を募集しており、随時申し込めないことがあります。

墓地(寺院墓地)の特徴と費用

墓地(寺院墓地)には霊園とは特徴も費用も異なります。墓地は日本でも数多く存在し、中には世界遺産として登録されている場所もあります。
墓地の特徴や費用を知りたい人は必見!ここでは、墓地の特徴と費用について詳しくご紹介していきます。

寺院が管理する

墓地(寺院墓地)は寺院が管理する特徴があります。墓地の開設は地方自治体など行政の許可を得ていますが、墓地をどのように管理するか、運営していくかは寺院が方針を決定しているのです。

そして管理者は住職になります。法要で分からないことがあれば相談にのってもらえますし、アドバイスをいただくこともあるかもしれません。また、お墓の管理や使用者のケアを行っている墓地もあるため、安心感が墓地の決め手という人も少なくありません。

仏様と僧侶が身近にいる

仏様と僧侶が身近にいることが墓地の特徴です。なぜなら、寺院墓地にはお墓が寺院の境内にあるため、仏様と僧侶が身近にいるといえるのです。僧侶がとなえる読経の声は、お墓で眠る故人にとっても安らぎを与えてくれるでしょう。

法要する際や、他の家族や親族が亡くなった際には本堂を利用することも可能です。また、寺院墓地は身近なお墓として信頼されており、数は日本で最多だといわれているようです。
寺院墓地で知られる「比叡山延暦寺」は、歴史でも有名でしょう。

他にも「真言宗大本山隨心院」「臨済宗大本山天龍寺」など、世界遺産に登録されているところもあります。

檀家のための墓地

檀家のための墓地という考え方があります。
檀家は特定の寺院に所属する家を意味しており、檀家に所属していないと墓地を持てない可能性が高いです。
お墓を持つために檀家に入ることを「入檀する」といい、墓地と檀家は昔から深く関係しています。

檀家の掟は江戸時代の寺請制度までさかのぼります。この頃はすべての世帯がどこかの寺院に所属するルールがあったようです。
経済的に寺院を援助していて、そのかわりに供養を優先的にしてもらうメリットがありました。

そのため、一回忌や、寺院が多忙になるお盆でも僧侶を招くことに困ることはありませんでした。
ただ、現代では檀家に入ることは法律で定められていませんし、檀家になる必要がない墓地もあります。

相場は「150万円~300万円」

墓地(寺院墓地)の相場は「150万円~300万円」といわれています。
費用に差が出てくるのは『永代使用料』に大きく差があるためです。『永代使用料』は墓地を使用するためにかかる費用であり、場所や区画の大きさで料金が変わってきます。

また、墓石も石の種類やデザイン次第では100万円を超えることもあるようです。墓地を所有するために檀家に入る必要がある場合は『10万円~30万円』かかります
。ただ、檀家に入る必要がない墓地であれば、この料金がタダになるため経済的にラクになるといえるでしょう。

霊園(民営霊園・公営霊園)の特徴と費用

霊園は民営霊園と公営霊園に分かれています。
霊園と墓地との違いについては理解していただけたはずですので、次は霊園の種類について細かく解説していきます。それぞれの特徴と費用をチェックして生きましょう!

民営霊園の場合

民営霊園は宗教法人などが経営しています。
墓地とは違い宗派や宗教の制限が緩く設定されます。
広い耕地を保有しており霊園内は公園のような明るい雰囲気があります。
霊園によっては一般人がピクニックや散歩しに訪れるところもあるようです。

お墓の独特の雰囲気が怖いという人もいて、墓地より霊園の方が参拝しやすいという人もいるでしょう。
ただし、寺院墓地や公営霊園い比べると実際に管理している企業の倒産リスクがあります。

民営墓地の費用は『数十万円~150万円』になっており、契約する霊園の場所や設備により値段に差が出てきます。

公営霊園の場合

公営霊園は自治体が経営主体になってお墓を管理します。
公営霊園の場合は完全に宗教自由です。また、経営主体の倒産リスクもありません。

ただし、申込要件は以下のように設定されることが多いです。

  • 経営する自治体の市区町村に住所(または本籍)がある
  • 遺骨がある
  • 決められた期限内に墓標を設置できる

また、人気の所は随時申込できるわけではなく、定期または不定期の抽選で使用者を募集します。

その他のお墓に関する用語

墓地や霊園の他、周辺の用語についても解説します。

共同墓地とは

共同墓地は集落や村落などの共同体が管理している墓地を指します。
「部落墓地」「集落墓地」「村墓地」などと呼ばれることもあるようです。

墓埋法が制定される以前からあった共同墓地はについては「みなし墓地」と呼ばれています。

しかし、最近は合祀墓や合葬墓を共同墓地と呼ぶケースも多く、管理者が永代供養するため契約者の普段が少なくなるメリットがあります。
地域の生活と密着した墓地という特徴を持っているため、住宅のすぐとなりにある共同墓地も多く存在するのです。

樹木葬墓地とは

樹木葬墓地は、樹木葬ができる墓地です。
樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓です。

先に述べた「寺院墓地」「民営霊園」「公営霊園」「共同墓地」とは全く別の分類で、寺院墓地の樹木葬墓地もあれば、民営霊園の樹木葬墓地もあります。

墓石を建てるよりも安価で、跡継ぎも不要です。

墓地購入のポイント

墓地購入は故人のためであり大切なことです。

最近はお墓の種類も増えており、中には室内のお墓もあり、多種多様なお墓の中から選択することができます。お墓の規模によってかかる費用にも差が生まれます。

ここでは、墓地購入のポイントについて詳しく解説していきます。ぜひ、ご覧ください!

宗教・宗派の制限

自分の宗教や宗派を確認して、使用できる墓地を探しましょう。

宗派にこだわりがあり、同じ宗派の人だけの墓地にお墓を持ちたい場合は寺院墓地を探します。
自分の宗派を調べて、同じ宗派のお寺を探しましょう。

逆に宗教色のないお墓をお探しなら民営霊園または公営霊園がおすすめです。
公営霊園は完全に宗教不問です。民営霊園はお寺の方針によって制限があることがあるので、確認しましょう。

アクセス

後にお参りする人がアクセスしやすい墓地を探しましょう。
遠方だったり行きづらい所にあると、なかなかお参りに行けず、結局お墓を引っ越すことにもなりかねません。
お墓を立てたら誰がお参りするのかを考えて、行きやすい立地にお墓を持ちましょう

予算

一般墓を建てる費用相場は150~300万円といわれています。
都心に行くほど高くなる傾向にあり、地方に行くほど安くなります。
かなり費用を抑えたとしても60万円以上はかかるので、費用の捻出が難しければローンや永代供養墓を検討しましょう。

まとめ

墓地と霊園の違いや特徴、費用について詳しくご紹介しました。

お墓は大切なものなので知識を深めておくと選択の幅が広がります。
寺院墓地は宗派により制限されることが多いため、宗派を気にせずお墓を選びたい人は霊園が向いています。

また、霊園には民営霊園と公営霊園といった種類があるのも覚えておきましょう。

お墓の費用は規模や種類で差が生まれるため、自分にあったお墓を選択してください!