• 小日向の台地を背にして昔懐かしいたたずまいを残す還国寺があります。周囲は住宅やマンションが立ち並んでいますが、境内は都心とは思えないような自然が残っています。一日50トンの自然湧水を引き込む池には鯉が泳ぎ、雨上がりにはサワガニも姿を見せます。裏山ではタヌキや蛇が顔を見せることもあり、都会の中の里山という風情です。

    還国寺は江戸時代初めの寛永8年(1631年)神田神保町の名の由来となった旗本の神保氏が、増上寺の龍芸上人を招いて現在の新宿区築土町に庵を作ったことに始まります。明暦の大火の後、現在地に移転しました。

    墓所には古今亭志ん生、金春亭馬生、古今亭志ん朝の親子3人の墓があり、今も多くのファンや芸能関係者がお参りに訪れます。

    プラン名 面積
    [間口+奥行]
    向き 永代使用料 石材・工事費 総額費用 年間管理費

    備考

    幅45cm×奥行50cm 0.20㎡
    永代使用料 40万円  墓石 80万円  総額 120万円~

    幅90cm×奥行90cm 0.81㎡
    永代使用料 202.5万円  墓石 130万円  総額 332.5万円

    いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。 いつでもお気軽にお問い合わせください 弊社では、経済産業省が創設した「おもてなし認証」を取得しています。お墓をお探しの皆様が、ぴったりのお墓に出会えるようサポートいたします。
    • 還国寺の 特徴

      • 室内・屋内
      • 駅から近い
      • ペット対応
      • マンション型
      • バリアフリー
      • 会食施設
      • 墓石持込
      • 富士山が見える
      • 新規開園
      • 法要施設
      • 海が見える
      • 管理棟
      • 耐震・免震
      • 著名人
      • 駐車場
    LINEで資料請求・見学予約

    還国寺の 基本情報

    住所 東京都文京区小日向2-19-7
    最寄り駅 「江戸川橋駅」/「茗荷谷駅」/「神楽坂駅」 詳しく見る
    区画タイプ 一般墓地
    運営形態 寺院墓地
    宗旨・宗派 浄土宗
    ペット供養 不可

    還国寺の 地図・アクセス

    東京都文京区小日向2-19-7