期限はいつまで? 納骨の時期と手順について

期限はいつまで? 納骨の時期と手順について

納骨に期限はあるのでしょうか?

納骨については、「いつまでに納骨しなければならない」という期限はありません。

一般的には、お墓がすでにある場合は四十九日の法要のときに納骨するのが一般的です。ただし地域によっては火葬あるいは葬儀当日に納骨することもあります。一方、寒冷地では雪どけの頃まで納骨を延ばすということも多いようです。

お墓がない場合、建墓に2~3ヶ月かかるため、四十九日の法要には間に合いません。そのため、一周忌や初盆、お彼岸といった比較的親族が集まりやすい節目に納骨することが多いようです。

「なるべく早く納骨しなければいけないのではないか」「自宅に安置したままではいけないのではないか」と考えている方も多いようですが、そういう心配はありません。特にお墓がない場合、慌ててお墓を準備するより、一度落ち着いてからじっくりとお墓を探すほうがよいでしょう。

また、長年連れ添った配偶者や子どもが亡くなった場合など、心の整理ができず、納骨の決心がつかないということもあります。ご自身やご家族が納得するタイミングで納骨することが大切です。

お墓がないので納骨ができないという場合、遺骨は自宅かお寺で保管します。遺骨の一時預かりを行っている公営や民営の納骨堂を利用することも可能です。

納骨までの流れ

1.お寺に予約を入れる

四十九日と一周忌の法要に合わせて納骨する場合は、事前にお寺に連絡し、日程を決定します。家族や親族が集まりやすい土日を希望する方が多いため、法要の予約が取りづらいこともあります。なるべく早めに相談したほうがよいでしょう。また、宗派によっては納骨のときに卒塔婆供養を行いますので、卒塔婆が必要な場合も相談しておきましょう。

2.石材店に字彫りを依頼する

墓石に名前や戒名を新たに彫る場合、石材店に依頼します。早ければ依頼して数日、場合によっては2~3週間かかりますので、早めに依頼しておきましょう。

3.石材店にカロートの開閉を依頼

納骨式にはお墓のカロートを開けて納骨しますが、自分たちで開閉するのが難しい場合、石材店に依頼する必要があります。法要の日取りが決まったら早めに連絡するようにしましょう。

4.必要な書類を準備する

納骨の際には埋葬許可証が必要になります。埋葬許可証とは、役所で発行された火葬許可書に、火葬されたことを証明する火葬場の印が押されたもののことです。さらに霊園墓地を使用する場合、墓地使用許可証も必要です。合わせて印鑑も準備しておきましょう。

5.参列者への連絡

親族や参列者への連絡も早めにしましょう。親族の他、故人とごく親しい友人などにも連絡します。納骨式後の会食や引き出物の予約をしなければなりませんから、参列者の人数は正確に把握するようにしましょう。

6.お供え物の準備

お花、果物、お茶、お菓子などのほか、故人の好きだったものを特別に準備することもあります。

7・食事・引き出物の準備

納骨式の後、参列者が会食をするのが一般的です。その場合、参列者の人数が決定した時点で会食場や食事の予約をしましょう。店には法要であることを伝え、おめでたい食材などを避けた献立にしてもらいます。また、引き出物も事前に準備しておきます。

生前からの準備が賢明

納骨に期限はないとはいえ、やはりその時になって慌てるよりも、事前に準備しておいたほうがよいでしょう。

慌ただしく葬る場所を決めるよりも、時間をかけてよりよい選択をすることができますし、なによりも終の棲家は御自分の納得できるところを選びたいものです。また、残されたご遺族も心煩わされることなく、別れのときを過ごすことができます。

さらに、お墓や納骨堂には相続税がかかりませんが、亡くなった後にお墓を建てる場合、そのための費用は相続税の債務として控除することができません。つまり、生前からお墓を準備しておくことで、ご遺族の負担を軽減することができるわけです。

明確な決まりがないことだけに、生前からご家族で話し合っておくのがよいのではないでしょうか。

お墓さがしでは納骨・彫刻サービスをご提供しています。
ご相談無料。納骨をお考えの方はぜひ詳細をご確認ください。
納骨・彫刻パックバナー