お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

自宅供養の方法を解説!手元供養との違いは?仏壇・骨壺・祭壇

自宅供養のイメージ1

四十九日や一周忌を過ぎても、自宅に遺骨を置いたまま供養することがあります。
理由としては故人と離れがたいということが多く挙げられますが、少子化が進む現代では、お墓を建てずに自宅を供養の場として割り切ってしまうということもあります。
今回の記事では、自宅で遺骨を安置する自宅供養について解説します。

自宅供養とは

自宅供養とは、自宅に遺骨を安置して供養することを言います。
火葬場から持ち帰ってきた骨壺のまま家に置いておくこともありますし、専用の自宅供養グッズを改めて用意することもできます。

自宅供養と手元供養の違い

自宅供養といった場合は、全ての遺骨を自宅に安置することを言います。

対して、手元供養遺骨を分骨をして供養する場合に使います。
分骨とは、ご遺骨を2か所以上に分けて供養することです。
また、手元供養と言った場合は、アクセサリーやキーホルダーなどを使って供養品を身に着けるものも含めます。

自宅供養は違法じゃないの?

遺骨を自宅に置き続けることは違法ではありません。

お墓や遺骨については、「墓地、埋葬等に関する法律」(以下、墓埋法)で定められています。
墓埋法では、行政が経営を許可した墓地以外に遺骨を埋葬することを禁止しています。
例えば、家の庭にお墓を作って遺骨を埋葬すると違法になります。遺骨は墓地や霊園に埋葬しなければなりません。

ただし、遺骨をいつまでに埋葬する、といった期限は墓埋法では定められていません。
したがって、自宅でずっと遺骨を保管しておくことで法規定に違反することもありません。

参考:厚生労働省 墓地、埋葬等に関する法律

自宅供養の方法

自宅供養をするといっても、どんな方法があるのでしょうか。
ここでは、自宅供養のパターンを紹介します。

骨壺のまま安置する

火葬場で遺骨を入れてもらった骨壺のまま安置します。
場所は仏間、特に仏壇の前や隣に台を設けるのがベターです。
仏間が無い場合は、リビングや寝室、クローゼットなどに置く方が多いようです。

骨壺は寒暖差で結露すると内部に水がたまるので、直射日光の当たらない場所に保管しましょう。
また、ごくたまにカビが生えることもあるので、湿気がたまりやすい押し入れ、水回りには置かないようにします。

後飾り祭壇を使い続ける

骨壺のまま安置する場合でも、後飾り祭壇を使い続けて供養壇とする方法です。

後飾り祭壇とは、命日から四十九日まで自宅に置いておく祭壇です。
後飾り祭壇には、骨壺や白木位牌、遺影、その他お供えを置きます。

通常、後飾り祭壇は四十九日を目処に処分され、遺骨はお墓に納骨、白木位牌は処分して本位牌を仏壇に置きます。
ただし、納骨と同様、後飾り祭壇をいつまでに処分しないと違法になるといったことはもちろんありません。
後飾り祭壇をそのまま遺骨の供養場所として残しておいても良いでしょう。
お供えもできるので、仏壇代わりに毎日手を合わせられます。

収骨できる仏壇を購入する

最近では、自宅供養用に遺骨を収納できる仏壇も販売されています。
仏壇の下部に収骨用の引き出しがついており、全骨収納できるものもあります。
遺骨の収納には、場合によって粉骨が必要になることもあります。

普段は目につかないところに遺骨をしまうので、来客などがあった際も違和感なく自宅供養ができます。
また、サイズも台付きのものから家具の上に置ける上置き仏壇など好みに合わせることができます。

新しい仏壇なので、デザインは比較的家具調の洋風なものが多いようです。

自宅供養のメリット

ここでは、自宅供養のメリットについて解説します。

毎日お参りができる

自宅供養をしていれば、お墓まで行かなくても毎日お参りができます。

仮にお墓を作ったとすると、お墓参りの機会は命日、お盆、お彼岸など、限られた回数になるでしょう。
また、忙しかったり、お墓を遠方に持つことになると、お参りの回数はもっと限られます。

自宅に遺骨があれば、時間や天候などに囚われず、いつでも手を合わせることができます。

費用がかからない

火葬場で収骨された骨壺を家に置くだけであれば、実質費用は0円です。
また、管理コストもかかりません。

お墓を建てようとすると100万円以上はかかります。
樹木葬や納骨堂の場合も、人数や種類によりますが30~100万円程度が相場です。
合祀にする場合も底値で5万円前後です。
加えて、合祀でない場合はこれに年間管理料が5千~2万円程度かかってきます。

これらの費用負担を軽減できるという点で、自宅供養は有効です。

のちにお墓の負担を残さなくて済む

自宅供養にすればお墓を持たなくていいので、お墓の負担を子どもに残すこともありません。

一般的な墓石のお墓を持った場合、定期的なお墓の掃除は欠かせません。管理費も毎年かかります。
さらに、子どもが遠方に住んでいた場合は、移動の時間や費用の負担がさらに上乗せされます。

自宅供養であれば跡継ぎにお世話を任せることなく、自分で供養できます。
ただし、供養する本人が亡くなった時に遺骨を遺された子供が困ってしまうので、最終的な供養の方法は決めておいた方がベターです。

自宅供養の注意点

自宅供養をするにあたって、気を付けることはあるでしょうか。
自宅供養をしたい人必見の、注意点を紹介します。

遺骨にカビが生えることがある

ごくたまに遺骨にカビが生えることがあります。

火葬された直後の遺骨は完全に滅菌状態で、そのまま骨壺に入れられます。
よくあることではありませんが、保管の状態が悪いと遺骨にカビが生えます。
保管の際は、以下に注意しましょう。

  • 寒暖差が少ない、直射日光が当たらない場所で保管する
  • 湿気の多い所や水回りに遺骨を置かない
  • 素手で遺骨を触らない
  • 骨壺を開けない

カビの原因は湿気です。寒暖差で骨壺内部が結露し、水がたまることがあるので注意しましょう。
また、外部からカビ菌が入ることを防ぐため、骨壺を開けたり、素手で触ったりすることも控えましょう。

なお、絶対にカビを避けたいという方は、遺骨を粉骨して真空パックに納めるという手もあります。
粉骨とは、遺骨をパウダー状に砕くことを言います。
プランや遺骨の量、状態にもよりますが、概ね1体1~2万円で業者に依頼できます。
粉骨を必要とする自宅供養や手元供養品を販売している会社では、セットプランでお願いできることもあります。

いずれはどこかに納骨しなければならない

自宅供養されていた遺骨は、供養していた人も亡くなった時、残された人が供養することになります。
後の負担を考えると、自宅供養をするとしても、その後遺骨をどうするのかを決めておきましょう。
具体的には、自宅供養の期限と納骨先を決めておきます。

自宅供養の期限は、たとえば弔い上げのタイミングや、供養する本人が亡くなった時などが挙げられます。

納骨先は、家墓があればそこに埋葬すればいいでしょう。
ただし、お墓が無い、あるいはお墓の跡継ぎがいない場合は、永代供養墓散骨を検討します。

永代供養墓とは、墓地を管理するお寺が故人の供養をしてくれるお墓です。跡継ぎ不要のため、少子化の現代にあって需要が伸びてきています。
永代供養墓には、合祀墓、樹木葬、納骨堂などがあります。
すぐに納骨しなくても、先に区画だけ買える永代供養墓もあるので、探してみましょう。
また、散骨は、遺骨をパウダー状に砕いて海や山にまく供養の方法です。

身内や親戚に納骨を迫られることがある

親戚や身内の中でも色々な考えがあるので、納骨しないことに反対されることがあります

自宅供養に反対するよくあげられる理由に、「納骨しないと成仏できない」ということがあります。
ですが、仏教の教義上は納骨に関係なく、四十九日の時点閻魔大王の裁きを受け、次の転生先が決まります。
浄土真宗にいたっては亡くなってすぐ後に極楽往生します。
教義上、納骨しないことを理由に故人の魂がこの世をさまよい続けることはないので、安心してください。

ただし、単純に遺骨が身近にあることに恐怖を感じる人もいます。
また、いつまでも近くにご遺骨を置いておくと、ずっと悲しみを引きずってしまうという方もいます。

少なくとも、自宅供養に関しては一緒に暮らすご家族の同意は得るようにしましょう。

手元供養の方法

自宅供養がピンとこなかったという方は、手元供養品を検討してはいかがでしょうか。
自宅供養よりもコンパクトなグッズが多く、アクセサリーなどにして身に着けることもできます。

ミニ骨壺やオブジェに収骨する

専用の容器に遺骨を収納し、リビングなどに置きます。
ミニ骨壺やお地蔵さまを模したオブジェなど種類は多様で、お好みに合わせて選べます。
ほとんどの場合で現代の住宅に多い洋風インテリアになじむデザインで製作されており、リビングの棚の上などにおいても違和感がありません。

さらに手元供養壇のようなステージ型の台を用意し、お花や遺影を一緒に飾ることもできます。

遺骨を宝石やプレートなどのオブジェに加工する

遺骨そのものを加工して、宝石やプレートなど他のものにしてしまう方法です。
見た目に遺骨であることが分からないので、やはりリビングなどに飾っても違和感がありません。

宝石の場合は水晶のようなデザインや、ガラス細工のように加工してくれるものなどがあります。
プレートの場合は、故人の名前やイラスト、生年月日、没年月日などを刻んでもらえます。

遺骨をアクセサリーにして身に着ける

遺骨を自宅に置くのではなく、アクセサリーにして身に着けられる商品もあります。

遺骨をアクセサリーにする場合は、大きく遺骨そのものを小さな入れ物に収納するものと、遺骨を宝石に加工したものを使用するタイプがあります。

遺骨そのものを収納できるアクセサリーとしては、ペンダントやキーホルダーがあります。

遺骨を宝石にしたものは様々な用途に使用できますので、ペンダントの他ネックレス、指輪、イヤリングと種類は多様です。
遺骨から作る宝石としてはダイヤが主流でしたが、最近では真珠やサファイヤを作る技術も登場してきました。

まとめ

自宅供養とは、自宅で全身の遺骨を供養することです。
火葬場で収骨した骨壺をそのまま安置しても構いませんが、最近では自宅供養の仏壇などのグッズも販売されています。
お墓を建てるよりも費用負担を減らすことができ、いつでもお参りできるのがポイントです。
自宅に遺骨を無期限に置いておくことは違法ではありません。また、納骨しないと成仏できないということも仏教の教義上はありません。

ただし、管理に気を付けないとカビが生えることがあるので注意しましょう。
また、最終的には遺骨はどこかに埋葬するか散骨する必要があるので、自宅供養の期限や埋葬先は決めておきたいところです。

ご自分の納得できる方法で、故人を供養できる環境を作りましょう。