チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • エリアから霊園・墓地を探す

  • 中部の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 静岡県の墓地・霊園で よくある質問

  • 静岡県の 霊園・墓地事情

    静岡県は日本の中部地方に位置する県であり県庁所在地は静岡市です。

    直線距離で県域の東西が155km、南北には118kmと全国で13番目に広大な県域を持っており、全国10位の約360万人の人口を有してます。

    県内の総面積の64%が人が住んでいない森林で構成されており、わずかな平野部に人口の大半が集中して生活しているため、都市部の人口密度はかなり高い地域となっています。

    県内には山地も多く、北部では標高3,000mを超える赤石山山脈がそびえており、東部では富士山や箱根山などの火山が存在しています。県の中央には、糸魚川が南北に走っており、それを境に地質構造が大きく異なります。

    静岡県にあるお墓の数は18,766件となっており、全国で12番目の多さを誇っています。(令和元年度末時点)(参照:衛生行政報告例 / 令和元年度衛生行政報告例 / 統計表 / 年度報)

    静岡県の墓地・霊園の特徴

    静岡県は、全国的に見ると人口が多く面積も広いですが、県内の6割以上が森林に囲まれていて人が生活できないため、県民の大半が南部に集中して暮らしています。

    人口密度は局所的に見ると高い方ですが、広大な自然が周囲に多く存在するため、県内のお墓の敷地面積が比較的広いことが多く、区画あたりの面積が1㎡以上の区画も多いです。

    お墓の種類としては寺院墓地や共同墓地の数よりも、民営公営問わず霊園の数の方が少々多くなっていますがそこまで大きな差はありません。区画タイプとしては一般墓地の数が最も多く、次いで永代供養タイプの墓地、樹木葬と数が減り、納骨堂の数は最も少ないです。

    エリア別に見ると、静岡県にあるお墓の多くは県内南部に集中しており、東西には広く点在しています。

    静岡県は、面積が広く鉄道網は東西に発達しているため、人々の生活の基本は車となっており、電車でアクセスが気軽にできる墓地はそこまで多くありません。

    静岡県のお墓の特徴

    静岡県では360万人以上の人が生活しており、その生活様式は多岐にわたるため、お墓の種類も墓石を建てる一般的な墓から、永代供養タイプのお墓、樹木葬や納骨堂など様々な種類のお墓があります。

    静岡県内にあるお墓の大半が宗派が自由な場所が多いため、宗派を気にせずどなたでも気軽にご利用できます。

    また、県内に富士山があることからお墓から富士山が綺麗に見えるという場所も珍しくはありません。

    運営形態としては寺院墓地や共同墓地と霊園の数はおよそ半々となっています。

    静岡県の一般墓の特徴

    静岡県の中心地は、比較的人口密度が高くなっていますが、面積も広いため、広々とした場所でゆったりと先祖を祀ることができる一般墓が多く存在しています。
    お墓の広さがネックで選ぶことができないというケースは少ないでしょう。

    一般墓の形式としては寺院墓地の数よりも、公園風の霊園の数の方が多くなっています。寺院墓地の多くは、基本的にそのお寺の宗派の人でないと利用することができないですが、中には寺院墓地であっても宗派が自由な場所もあります。

    また、元から宗派が自由な霊園も存在しているため、宗派が原因で墓地が見つからない、といったことはあまりないでしょう。

    静岡県内にある一般墓は県の南部に集中しており、ほとんどの墓地が電車で気軽にアクセスできる距離にはないため、車やバスを利用してお墓参りに行くケースが一般的です。

    静岡県沼津市にある愛鷹メモリアルガーデンは、「片浜」駅より車で10分と比較的好アクセスの場所にある一般墓です。園内からは駿河湾と市内が一望でき、愛鷹山と富士山も見ることが出来るため、大変見晴らしの良い一般墓です。日当たりの良い園内には、安心のバリアフリー設計で、車イス専用のトイレもあります。

    静岡県内の一般墓の価格としてはおよそ7万円から利用できる墓地があり、比較的安価に一般墓を利用することが出来ます。

    静岡県の永代供養墓の特徴

    静岡県では、跡継ぎ不要の永代供養式のお墓は一般墓と比較して少し劣りますが比較的多く存在しています。また、エリア別に見ると一般墓同様に、県内南部に集中して存在しています。

    静岡県静岡市にある牧ヶ谷霊苑は、JR東海道線「静岡」駅下車、タクシーで約15分と少し遠い場所にありますが、美しい緑と便利な立地条件を備えた都市型の霊園です。晴れた日には東側に富士山を仰ぎ見みることができ、近くを流れる安部川のせせらぎに耳を傾けながら、自然を感じつつお墓参りができます。

    静岡県内の永代供養墓の価格としてはおよそ7万円から利用できる墓地があり、比較的安価に永代供養墓を利用することが出来ます。

    また、宗派自由な永代供養墓が多いため、宗派が理由で寺院墓地を利用することが出来ないといった方も安心してご利用いただけることが多いです。

    静岡県の樹木葬の特徴

    静岡県にある樹木葬は数が永代供養墓よりは多くないものの比較的多く存在しています。また、エリア的には静岡市や沼津市に集中して存在しています。

    静岡県御殿場市にある龍宝寺 樹木葬は、JR「御殿場駅」より車で約5分と比較的アクセスのいい樹木葬です。周辺には田畑が広がる住宅街で、富士山がはっきりと見える景観がとてもいい立地にあります。また、駐車場も完備していて、東名「御殿場IC」から車で7分程度なので、遠方からのお参りの際にも便利な樹木葬です。

    静岡県の樹木葬の中には管理費がかからないタイプの樹木葬もあるため、家族への負担を残さずに祀ることができます。利用人数や安置方法によって異なるプランも用意されているため、豊富な選択肢から選ぶことができます。

    静岡県内の樹木葬は、いずれも駅からのアクセスはそこまで良くないため、車を利用するケースが多いですが、中には駅から無料の送迎バスが出ているケースもあります。

    静岡県内の樹木葬の半数近くは、宗派不問の樹木葬なため、どなたでも気軽にご利用することが可能です。

    費用としては最も安い場所で7万円から利用できる場所もあるため、比較的安価に樹木葬を利用することが出来ます。

    静岡県の納骨堂の特徴

    静岡県では、近年になって都心を中心に少しずつ建てられています。
    ただし、数自体は他の形態のお墓と比べてかなり少ないので、納骨堂にこだわる場合は車で時間をかけてお参りに行くことになるかもしれません。

    静岡県のお墓の価格

    静岡県内でお墓を用意しようとした際の相場としてはお墓の種類別におおむね以下の通りになっています。

    • 一般墓(墓石のお墓):70万円〜250万円程度
    • 永代供養墓:7万円〜50万円程度
    • 樹木葬:7万円〜45万円程度
    • 納骨堂:20万円〜50万円程度

    静岡県のお墓のアクセス

     
    静岡県にあるお墓はいずれも駅からそれほど近くはないため、アクセスは車やバス、タクシーが中心になります。大半のお墓では駐車場が完備されているため、お車でお参りの際は気軽にアクセスすることができます。

    電車でアクセスする場合はJR東海道本線やJR身延線、JR御殿場線などからタクシーやバスで行ける距離にあるお墓が多いです。

    静岡県にある公営墓地

    静岡県には30件以上の公営墓地があり、全国的に見てもかなり数は多いと言えます。
    静岡県静岡市にある静岡市営 沼上霊園は、「静岡駅」より車で21分ほどの場所にある市営霊園であり、芝生を基調とした緑を感じられる霊園です。
    日当たりもよく、公園にいるような感覚を受ける明るい霊園で非常に人気は高いです。

    民営の墓地と比較するとその数は少ないですが、公営墓地は宗派不問の場所が多く、民営墓地ではお墓を建てられない、といった方にとっては貴重な存在です。

    新規募集を受け付けている墓地もあれば、締め切っている墓地もあるため、利用を検討している方は定期的に各ホームページをチェックするようにしましょう。

    静岡県の公営墓地の多くは車でアクセスすることが基本となっているため、気をつけてお参りに行くようにしましょう。

    静岡県のお墓参りの風習

    静岡県東部では地域独自の風習として、小さい卒塔婆がよく使われていて、ミニ塔婆や花立(はなたて)塔婆と呼ばれており、お盆の時期になるとスーパーで気軽に買うことができるようです。
    かつては、お墓に竹製の花立を供えていたのですが、花の管理に手間がかかるという理由で簡素化され、小さな卒塔婆を置くようになったそうです。
    供え主の名前を記入することもできるため、故人や近親者にお墓を訪れた人の名前を知らせる意味もあるそうです。
    静岡県内でも富士宮市・富士市近辺で見られる風習ということで他の地域の人は驚くことがあるようです。