チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • エリアから霊園・墓地を探す

  • 中部の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 愛知県の霊園・墓地の平均価格

    • 一般墓地
      139.9万円~
    • 永代供養
      55.3万円~
    • 納骨堂
      74.5万円~
    • 樹木葬
      54.8万円~
  • 愛知県の墓地・霊園で よくある質問

  • 愛知県の 霊園・墓地事情

    愛知県は日本列島の中央部に位置し、日本海に面した県であり、県庁所在地は名古屋市です。人口は750万人を超え、中部地方の県の中では最も多いです。その人口は日本の中でも4番目に多く、そのため人口密度も非常に高いです。

    県内は大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方に分類できます。
    県内を中央で分割すると東側は山間部、西側は市街地となっており、人口の大半が西部に集中しています。

    愛知県にあるお墓の数は、13,048件となっており、全国で20番目の多さとなっていますが、人口から考えるとそこまで多い数ではありません。
    (令和元年度末時点)(参照:衛生行政報告例 / 令和元年度衛生行政報告例 / 統計表 / 年度報)

    愛知県の墓地・霊園の特徴

    愛知県は、山間部と市街地に分かれており、市街地の人口密度の高さは日本国内でもトップクラスです。一方で、山間部はその面積の割には人口が少なく、人口密度も低くなっています。

    そのため、県内中心部にあるお墓はあまり敷地面積が広くなく、区画あたりの面積が0.5㎡以下の区画も珍しくありません。

    一方、山間部には広大な土地も存在しているため、お墓の敷地面積も広い場所が多く、1区画が5㎡を超えるお墓も存在しています。

    お墓の種類としては寺院墓地や共同墓地の数は、民営公営問わず霊園の数とほぼ変わらない数となっています。区画タイプとしては一般墓地の数が最も多く、次いで永代供養タイプの墓地数が多く、納骨堂、樹木葬の順で数が少なくなっています。

    エリア別に見ると、住民が集中して生活している西部に多くお墓が存在しています。一方で、東部は広大な面積を誇っていますが山間部であるため、あまりお墓が存在していません。

    愛知県の中心部では鉄道網が発達しているため、墓地に電車でアクセスすることが可能です。一方で、中心地から外れると一気に鉄道の数が減ってしまうため、それらの墓地には車やバスを利用してアクセスする必要があります。

    愛知県のお墓の特徴

    愛知県では750万人以上の人が生活しており、人口の多さは日本でもトップクラスであり、その生活様式は多岐にわたるため、お墓の種類も墓石を建てる一般的な墓から、永代供養タイプのお墓、樹木葬や納骨堂など非常に豊富な種類のお墓があります。

    また、愛知県内にあるお墓の大半が宗派が自由な場所が多いため、宗派を気にせずどなたでも気軽にご利用できます。

    大半のお墓には駐車場が完備されているため、電車のアクセスがよくない地域であっても車を使うことで安心してお参りに行くことができます。愛知県では車社会となっており一家に1台以上車があることも多く、駐車場が広いお墓が多いです。

    運営形態としては寺院墓地や共同墓地と霊園の数はどちらも同じぐらい存在しています。

    愛知県の一般墓の特徴

    愛知県は、人口密度が比較的高い西部地域と低い東部地域に分かれています。特に、県内の中心である名古屋市の人口密度はかなり高いため、敷地面積があまり広くないお墓が多いです。

    そのため、市内中心部でお墓を探す場合はあまり区画面積が広くないため、広々とした場所でゆったりと先祖を祀りたい方は中心地から外れた東部や南部でお墓を探す必要があります。

    形式としては寺院墓地の数と公園風の霊園の数はほぼ同じぐらい存在しています。寺院墓地の多くは、基本的にそのお寺の宗派の人でないと利用することができないですが、中には寺院墓地であっても宗派が自由な場所もあります。

    また、元から宗派が自由な霊園も存在しているため、宗派が原因で墓地が見つからない、といったことはあまりないでしょう。

    愛知県内にある一般墓は、名古屋市を中心に分布しています。
    名古屋市では鉄道網が発達しているため、電車によるアクセスが非常に良い墓地が多いです。

    また、愛知県の東部では広大な土地が広がっているため、一般墓の多くは自然豊かなお墓が多く敷地面積も広い場所が多いです。愛知県の中でも緑豊かでのびのびと先祖を祀りたいという方は中心地から外れ、東部や南部でお墓を探すことがおすすめです。

    中でも愛知県豊田市にある南山やすらぎ霊園では、郊外の自然あふれる静かな環境にあり、落ち着いた雰囲気の中で季節ごとの花木を楽しみながらゆったりとお参りができます。

    アクセス面も名古屋方面から高速道路経由でアクセス良好の霊園となっています。
    また、土日祝日限定ですが地下鉄東山線「上社駅」から無料送迎車が運行しているため、お車でお参りに行くことが難しいという人でも安心してお参りに行くことができます。

    愛知県の永代供養墓の特徴

    愛知県では、跡継ぎ不要の永代供養式のお墓は一般墓と比較して少し数が劣りますが、比較的多く存在しています。また、エリア別に見ると名古屋市に集中して存在しています。

    名古屋市にある覚王山 北山霊苑は、75年以上の歴史を持つ民営霊園であり、地下鉄名城線「自由が丘」駅から徒歩5分と非常にアクセスの良い場所にあります。
    様々な供養ニーズに応じて選べる多彩なプランが用意されているため、豊富な選択肢からお墓を選ぶことができます。

    また、愛知県内にはバリアフリーが徹底されており、手すりやスロープが完備されている永代供養墓もあるので、年配の方や車イスを利用される方でも安心してお参りに行くことができます。

    愛知県内の永代供養墓の価格としてはおよそ5万円から利用できる墓地があり、比較的安価に永代供養墓を利用することが出来ます。

    また、宗派自由な永代供養墓が多いため、宗派が理由で寺院墓地を利用することが出来ないといった方も安心してご利用いただけることが多いです。

    愛知県の樹木葬の特徴

    愛知県にある樹木葬はいずれも、名古屋市を中心に豊田市や豊橋市、蒲郡市に多く存在しています。

    愛知県瀬戸市にある祥雲寺 個別永代樹木葬では、個別区画の使用期限がなく、永代にご利用いただけます。
    また、県内でも比較的珍しいペット対応区画もあるため、ご自分とペットのお墓を持ちたい方や、ご家族とペット一緒のお墓に入りたい方におすすめです。

    中には管理費がかからないタイプの樹木葬もあるため、家族への負担を残さずに祀ることができます。利用人数や安置方法によって異なるプランも用意されているため、豊富な選択肢から選ぶことができます。

    愛知県内の樹木葬は、市街地にあることも多いため駅から徒歩でいける好アクセスの樹木葬が多いです。駅から遠い場所であっても、無料の送迎バスがあったり駐車場が完備されているため、どなたでも気軽にお参りに行くことができます。

    愛知県内の樹木葬の半数近くは、宗派不問の樹木葬なため、どなたでも気軽にご利用することが可能です。

    費用としては最も安い場所で30万円から利用できる場所が多いです。

    愛知県の納骨堂の特徴

    愛知県には230件以上の納骨堂が存在します。
    (令和元年度末時点)(参照:衛生行政報告例 / 令和元年度衛生行政報告例 / 統計表 / 年度報)

    愛知県にある納骨堂は駅から近い場所にあることが多いため、電車で気軽にアクセスできます。

    納骨堂の多くは継承者を必要としない永代供養墓であるため、後継ぎが不安な方やお子様に負担をかけたくない方でも安心してご利用いただけます。

    愛知県の納骨堂の費用の目安はおおよそ20万円からで、費用のかかる仏壇式納骨堂では、100万円を超える費用がかかる所もあります。
    中には管理費が不要な納骨堂もあるため、追加の費用が心配な人にもおすすめできます。

    屋内式の納骨堂も多く存在しているため、季節や天候に左右されず気軽にお墓参りに行くことができます。

    愛知県のお墓の価格

    愛知県内でお墓を用意しようとした際の相場としてはお墓の種類別におおむね以下の通りになっています。

    • 一般墓(墓石のお墓):60万円〜200万円程度
    • 永代供養墓:5万円〜80万円程度
    • 樹木葬:30万円〜60万円程度
    • 納骨堂:20万円〜100万円程度

    愛知県のお墓のアクセス

     
    愛知県では、市内中心部に存在するお墓の多くはいずれも駅から近いため、アクセスは非常に良いです。

    山間部にあるお墓へお参りに行く際は、アクセスは電車ではなく車やバスを使う必要があります。大半のお墓には駐車場が完備されているため、安心してお車で行くことができます。

    電車でアクセスする場合はJR東海道本線や名鉄三河線などから徒歩で行ける距離にあるお墓が多いです。

    愛知県にある公営墓地

    愛知県には、50件以上の公営墓地があります。県内全域に点在しているため、ご自宅の近くで探すこともできます。

    民営の墓地と比較するとその数は少ないですが、公営墓地は宗派不問の場所が多く、民営墓地ではお墓を建てられない、といった方にとっては貴重な存在です。

    新規募集を受け付けている墓地もあれば、締め切っている墓地もあるため、利用を検討している方は定期的に各ホームページをチェックするようにしましょう。

    愛知県の公営墓地の多くは電車でのアクセスが可能なため、気軽にお参りに行くことができます。

    愛知県のお墓参りの風習

    愛知県では、お盆の時期に特殊な提灯である「ほおずき提灯」をお墓や仏壇にお供えするという風習があります。

    これは、ご先祖さまが帰ってくる際の目印となる「迎え火」の役割があるとされています。
    提灯には持ち手がついており、子供でも持ちやすくなっているのが特徴です。
    愛知県の中でも西三河地域を中心に伝わっている風習のようです。
    今では若い人の中では知らない方も増えているようで、貴重な風習になっています。