お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

お墓の探し方がよく分かる!墓地・霊園選びのポイントを紹介

お墓の探し方のイメージ1

お墓は、そう何度も人生で買うものではありません。
お墓を買うという人の多くが、はじめての経験をしているはずです。

今回の記事では、はじめてお墓を買おうとしている方に、お墓の基礎知識から実際に探す方法、お墓の決め方までを解説していきます。

お墓を探す流れ

まずは、お墓探しの流れを見てみましょう。
スムーズなお墓探しの流れは、以下のようになります。

  1. お墓について知る
  2. お墓についての希望条件を決める
  3. お墓の情報を集める
  4. お墓の比較検討をする
  5. お墓を決める

今回の記事は、この内容をすべて網羅した内容になっています。
初めてお墓を探そうとしている方は、ぜひ最後までご覧ください。

お墓の基礎知識

ここでは、お墓の基礎知識について解説します。

お墓の形態の種類

近年、お墓の種類は多様化しています。
どんなお墓があるかを知ることによって、より希望に近い供養ができます。

一般墓

都立 青山霊園の画像

都立 青山霊園(東京都)

フラワーメモリアル国立府中の画像トップ

フラワーメモリアル国立府中(東京都)

一般墓は、墓石を建てて代々引き継いでいくタイプのお墓です。
現在、一般的に広く知られているお墓の形態です。
昔ながらの一般墓は縦長の和型が主流でしたが、現在は横長の洋型墓石や自由に設計できるデザイン墓石が増えています。
特に、都心部の民営霊園などでは、一区画の面積が小さくても違和感のない洋型のお墓が中心になっています。

跡継ぎがいて、今後も末永く使っていく予定のある方は一般墓がおすすめです。
ただし、跡継ぎが遠方に住んでいる場合、お墓を建てるエリアについては考えなければなりません。

永代供養墓

サニープレイス松戸の画像3

サニープレイス松戸(千葉県)

永代供養墓とは、永代供養が付いているお墓のことです。
永代供養とは、親族に代わってお寺や墓地管理者がお墓の供養をしてくれるというものです。
お墓の形にかかわらず、永代供養が付いているものはすべて永代供養墓です。

墓地管理者にお墓の面倒を見てもらえるので、跡継ぎがいなくてもお墓を持つことができます。
逆に、跡継ぎがいないのに普通のお墓を建ててしまうと、後々にせっかく建てたお墓を撤去することになります。
跡継ぎのないお墓が放置されると霊園にも迷惑が掛かりますし、お墓自体もボロボロになり、みじめな様子になってしまします。
跡継ぎがいないという方は、永代供養墓を検討しましょう。

先ほどの一般墓に永代供養が付いている霊園もありますが、まだ数は多くありません。
「永代供養墓」と言った場合、この後に述べるタイプのお墓が多いです。

合祀墓

南大沢バードヒルズ 永代供養墓の画像2

南大沢バードヒルズ(東京都)

合祀墓は、血縁関係なく大勢の遺骨を一か所に埋葬するお墓です。
「合葬墓」「共同墓地」などと呼ばれることもあります。
ほとんどの場合で永代供養が付いています。

合祀墓の最大のメリットは、費用が安いことです。3~30万円/1体ほどが相場です。
ほとんどの場合で年間管理費もかかりません。
供養の費用を抑えたい方は、合祀墓を検討しましょう。

ただし、一度合祀墓に納骨すると、その後遺骨を取り出すことができなくなります。
納骨後に親族とトラブルになるというケースもありますので、契約前に血縁者には相談しておきましょう。

樹木葬

市原南霊園の画像15

市原南霊園(千葉県)

プレミアム古河まくらがの里樹木葬墓地の画像3

プレミアム古河まくらがの里樹木葬墓地(茨城県)

樹木葬とは、墓石を建てずに樹木の下に遺骨を埋葬するお墓です。
ほとんどの場合で永代供養が付いています。

基本的には一般墓を建てるよりも費用を抑えることができます。
ただし、ほとんどの場合で代々引き継ぐことができないので、跡継ぎがいない方や子どもにお墓の負担を残したくない方におすすめです。
加えて、1区画に納骨できる人数はおおむね1~3人、多くても4~6体なので、大人数を納骨するなら他のお墓も検討しましょう。

「自然に還りたい」「土に還りたい」という要望がある方にも樹木葬をおすすめしていますが、最近では土に還らない樹木葬も増えているので注意しましょう。
土に還らない樹木葬は特に「都市型樹木葬」「公園型樹木葬」と呼ばれるものに多く、花壇のようなところに石室を作り、そこに骨壺で納骨するタイプが主流です。
この場合、遺骨は一定期間後に取り出され、合祀墓に埋葬されます。

土に還る樹木葬は「里山型樹木葬」と呼ばれるものに多くあります。
里山樹木葬とは名前の通り郊外の里山などにある樹木葬で、遺骨は布の袋か直接土に埋葬するプランが主流です。

ただし、数は多くありませんが、都市型樹木葬でも土に還る樹木葬を販売しているところもあります。

納骨堂

神楽坂真清浄寺納骨堂の画像3

真清浄寺 神楽坂霊廟(東京都)

納骨堂とは、屋内に遺骨を安置するタイプのお墓です。
多くの場合で、納骨堂には永代供養が付いています。
また、場所によっては承継を認めており、一般墓のように代々引き継いでいける納骨堂もあります。
収容人数は樹木葬よりも多い傾向にあり、一人での利用だと割高になる傾向があります。

屋内のお墓なので、天候や季節を問わず快適にお参りできる点がポイントです。
また、駅から近いなどアクセスが良いところも多くあります。

納骨堂にも種類がいくつかあり、主な種類には以下のようなものがあります。

  • ロッカー式納骨堂
    ロッカー式納骨堂は、ロッカーのような棚に、遺骨を骨壺で納骨するタイプです。
    収容人数は2-4人程度が多いでしょう。
  • 仏壇式納骨堂
    仏壇式納骨堂は、一区画の棚が二段に分かれており、上段が仏壇、下段が収骨棚になっている納骨堂です。
    10人以上など大人数で利用できることもあり、代々引き継いでいきたい方におすすめです。
    ただし、仏壇とお墓をセットで買う納骨堂なので、費用は一般墓よりも高くなることがあります。
  • 自動搬送式納骨堂(マンション型)
    自動搬送式納骨堂は、機械が参拝場所まで遺骨を運んでくるタイプの納骨堂です。
    受付機にカードをかざすと、お墓のオブジェが設置された参拝ブースに、遺骨を収蔵した厨子が運ばれてきます。
    外観がマンションのようになっていることが多いので、マンション型とも呼ばれます。
    収容人数は2-8名程度で、比較的大人数にも対応しています。

墓地形態の種類

お墓を建てることができる場所を「墓地」と言います。
墓地は、管理の主体によって分類され、それぞれに特色があります。
ここでは、墓地形態の種類について解説します。

公営霊園

都立多磨霊園の画像2

都立多磨霊園(東京都)

公営霊園は、都道府県や市区町村が管理・運営する墓地です。
公営霊園の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 永続性が安心
  • 管理料と1㎡あたりの墓地使用料は安い傾向
  • 石材店は自分で探す
  • 随時募集はしておらず、抽選になることも多い
  • 使用要件に制限がある

自治体が運営しているので、倒産などの心配がなく、永続性の点では一番安心できます。
また、管理費や1平米あたりの墓地使用料も安い傾向にあります。
ただし、1区画あたりの平米数は大きめの傾向にあるので、そこに建てる墓石の費用も併せると、他の墓地より総額費用が高くなることもあります。

公営霊園では指定業者がいないため、墓石工事をする石材店は自分で探す必要があります。
見積もりを複数社でとる相見積もりもできるので、2社程度は探しておいたほうがいいでしょう。

また、人気の公営霊園では、抽選で墓地の使用者を募集することもしばしばあります。
抽選は年に1回など定期的に行われる場合と、返還区画(お墓があったが後に撤去した区画)が一定数に達したときに行われる場合があります。
使用要件についても、そこの自治体に住んでいること、遺骨を持っていることなどの制限が付くことが多いです。
抽選の情報や使用要件については、自治体の広報やHPで確認できます。

もちろん、随時申し込みができたり、使用要件が厳しくない公営霊園もあります。
条件などは、お墓を管理している自治体役所に問い合わせると教えてくれます。

民営霊園

 

箕面ピーステンボスの画像3

箕面ピーステンボス(大阪府)

民営霊園の特徴には、以下のようなものがあります。

  • ほとんど宗教不問で利用できる
  • 設備やサービスが充実している
  • 墓石工事をできる石材店が決まっている

民営霊園は、実質的に石材店などの民間企業が管理・運営している墓地です。
経営主体には寺院を据えているところが多く、他ではNPO法人などが運営していることもあります。

従来のお墓とはイメージが異なり、明るい公園風のデザインで作られた墓地が主流です。宗教も不問のところが圧倒的に多数です。
サービスや設備も充実しており、利用者が快適に使えるような工夫を凝らしている霊園が多いです。

民営霊園では、ほとんどの場合で「指定石材店制度」があります。
指定石材店制度とは、その霊園では特定の石材店でしか墓石工事ができないという制度です。
その霊園で墓石工事ができる石材店を「指定石材店」といいますが、指定石材店は、1社のことも複数社のこともあります。
なお、石材店が複数入っている場合でも、一度どこかの石材店の顧客になると、その霊園内で他の石材店に墓石工事をお願いすることができなくなります。
具体的には、現地に見学に行って石材店に案内してもらった場合、石材店に直接連絡して霊園を案内してもらった場合に、石材店を変えることができなくなります。

寺院墓地

正洞院の画像2

正洞院(東京都)

寺院墓地の特徴には、以下のようなものがあります。

  • お墓以外の仏事も相談できる
  • 宗派が限定される
  • 檀家条件があることが多い

寺院墓地は、お寺が境内の中に設けている墓地です。
寺院墓地でも、指定石材店制度を採用している場合があります。

寺院墓地は宗教活動の一環として設けられるので、通常はお寺と同じ宗派の人だけが墓地を利用できます。
また、寺院墓地の利用にあたっては多くの場合で寺の「檀家(だんか)」になる必要があります。

檀家とは、お寺に属して仏事や供養の面倒を見てもらう家のことです。
檀家はお寺に面倒を見てもらう代わりに、お寺を経済的に支えます。

檀家になると、葬式や法事、その他命日やお盆の読経などはすべて所属するお寺にお願いすることになります。
また、お寺によっては合同法要の参加をお願いされたり、本堂の修繕など都度のお布施をお願いされることがあります。
加えて、檀家はお寺と個人ではなく、お寺と家の関係になるので、この関係は代々引き継がれていけます。

お寺の檀家になる際は、お寺手入れの状態やご住職の人柄、葬儀や法要のお布施、合同法要の参加の有無などを確認しましょう。
いいお寺さんを見つけることができれば、その後の仏事はワンストップでお願いできるので楽になります。
お寺によってはヨガや写経などのイベントを開催していることろもあり、檀家さん同士で新たな繋がりも生まれるかもしれません。

なお、寺院墓地でも、永代供養墓の利用については宗派不問・檀家条件なしのお寺も多くあります。

共同墓地

古高共同墓地の画像2

古高共同墓地(滋賀県)

共同墓地の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 地域で管理・運営している
  • 昔ながらの墓地
  • 墓地の使用料と管理料は安め

共同墓地とは、昔から地域で管理・運営している墓地です。
厚生労働省が出した「墓地経営・管理の指針等について」によると、「墓地経営主体は、市町村等の地方公共団体が原則であり、これによりがたい事情があっても宗教法人又は公益法人などに限られること。」とされており、現行の解釈では今後共同墓地が新しくできることはありません。

共同墓地の管理は自治体または、地域で組織された「墓地管理委員会」が管理しています。
墓地管理委員会によって運営方針は異なり、石材店が決まっている場合や、その地域に住んでいることなどの使用要件が定められている場合もあります。

基本的には地域の人が使う墓地なので、近くに共同墓地があれば利用を検討してもいいでしょう。
墓地の使用料や管理料は安い傾向があります。

お墓の希望条件を決める4つのチェックポイント

お墓の探し方のイメージ2

お墓を探すにあたっては、まずどんなお墓が欲しいのかをある程度決めておいた方がスムーズです。
ここで、どんなお墓が良いかを考えるためのチェックポイントを紹介します。

跡継ぎはいるか

まず、お墓を建てたとして、後のそのお墓をお世話してくれる人がいるのかを考えてみましょう。
もしお墓の跡継ぎがいない場合は、永代供養付きのお墓をおすすめします。

これまでの一般墓は、原則お墓の跡継ぎがいることを前提としていました。
もしお墓の跡継ぎがいなくなってしまうと、お墓は放置されてボロボロになってしまします。これを「荒れ墓」などと言います。
荒れ墓に入っている遺骨は誰にも供養されることなく、「無縁仏」となります。

こうした状況を生み出さないためにも、跡継ぎがいない場合は永代供養墓を検討しましょう。
墓石のお墓を建てたい場合も、永代供養付き霊園を探してみましょう。

エリアはどこか

お墓を持つエリアはどこがいいでしょうか。

もし子供が近くに住んでいれば、そのエリアで探すので問題ありません。
ただし、子供が遠方に住んでいる場合は考える必要があります。

  • 子供と同じお墓に入る場合
    子供にお墓を引き継ぐ、または同じお墓に入る場合は、子供の近くで探すのがおすすめです。
    理由は、子供のいる所から遠くにお墓を持つと、子供がお墓の面倒を見ることができなくなり、結果的にお墓を荒れ墓にする可能性があるからです。
    一緒に入る永代供養墓を買うにしても、最終的にお墓の管理をするのは子供なので、やはり子供の近くでお墓を持つ方がいいでしょう。
  • 子供とは同じお墓に入らない場合
    逆に、自分や夫婦だけ、あるいは自分と親だけでお墓を持つ場合は、ご自分の近くのエリアで良いでしょう。
    例えば、自分が最後に入るとすれば、配偶者や親のお墓にお参りをするのも自分になります。
    自分以降は引き継がないので、お参りに行きやすいところにお墓を持てばいいでしょう。
    ただし、子供にお参りに来てほしい場合は、事前に相談しておきましょう。

また、いずれの場合にしても、自分と子供が互いにお参りに行きやすいところにお墓を探すという方法もあります。

予算はどれくらいか

お墓にかけられる予算はどれくらいでしょうか。
予算によって、購入できるお墓の種類も変わってきます。
それぞれのお墓の相場を確認してみましょう。

  • 一般墓:100~250万円
  • 樹木葬:10~100万円(人数や形式による)
  • 納骨堂:20~200万円(人数や形式による)
  • 合祀墓:3~30万円

例えば、予算が30万円だとすると一般墓を建てることはできません。
お金が用意できるまでご遺骨を自宅安置するか、他の種類のお墓を検討しましょう。

さらに、予算が5万円だとすると樹木葬や納骨堂も厳しくなってきます。
この場合は、合祀墓か、お墓を持たない散骨などを検討することになりでしょう。

誰と何人でお墓に入るか

お墓や区画によっては、何人まで納骨できるかが異なります。
また、誰とお墓に入るかによっては、お墓を持つ場所も変わる可能性があります。

それぞれのお墓が収容できる人数はおおむね以下の通りです。

  • 一般墓:上限なし(いっぱいになった場合は骨壺をまとめるなどで対応)
  • 樹木葬:1~4人(まれに5人以上)
  • 納骨堂:2~10人
  • 合祀墓:1人ずつ

基本的に費用感は、「一般墓>納骨堂>樹木葬>合祀墓」となりますが、区画の費用や人数によってはこれにあてはまらないこともあります。
特に納骨する人数が多い場合は、初期費用に関しては納骨堂や一般墓より樹木葬の方が高くなることもあります。

また、一般墓を建てる霊園では、納骨できる人については墓地使用者の親族に限ることが多くあります。
もし血縁でない方とお墓に入りたい場合は、樹木葬や納骨堂なども検討しましょう。

お墓の探し方3つ

お墓の探し方のイメージ3

理想のお墓の条件が決まってきたら、実際にそれに合うお墓があるかを探してみましょう。
ここでは、お墓の探し方を3つ紹介します。

ポータルサイトを利用する

賃貸の検索サイトのように、お墓にも検索サイトがあります。
このようなサイトのことを専門型ポータルサイトと言います。

お墓の検索サイトでは、エリアやお墓の種類などの条件を指定して、お墓を探すことができます。
電話をすれば条件にあったお墓をその場で探してくれるので、便利です。

こちらのサイトでも検索できるので、ぜひ一度ご覧ください。

条件に合うお墓を探してみる >>

希望エリアの石材店に聞く

お墓を持ちたいと考えているエリアの石材店に相談する方法です。
石材店のスタッフはお墓のプロなので、条件に合うお墓を探しておすすめしてくれるでしょう。
また、より細かいヒヤリングで、より状況にあった他の条件でもお墓を提案してくれます。

ただし、その石材店が販売できないお墓は紹介してもらえません。
幅広く検討したい場合は、何社か聞いてみましょう。

インターネットで検索する

GoogleやYahoo!などで検索して探す方法です。
まずは「地域名×お墓の種類」で検索してみましょう。
例えば、「横浜市×樹木葬」「埼玉県×永代供養墓」などです。

希望のお墓が見つからなければ、「駅チカ」「バリアフリー」などの条件を足していってもいいでしょう。

霊園の公式サイトだけでなく、条件に合うお墓を一覧にしたページなども見ることができます。

お墓の決め方

お墓の探し方のイメージ4

条件に合いそうなお墓をいくつかピックアップできたら、比較検討してお墓を決めていきます。
ここでは、お墓を探してから契約までの流れを解説します。

資料を取り寄せる

まずは気になっている霊園の資料を取り寄せましょう。
霊園資料は、お墓を探した時に使ったサイトや店舗から取り寄せることができます。
雰囲気や細かい条件をチェックして、候補を絞っていきます。

なお、資料の取り寄せの段階は、飛ばして、最初から現地に見学に行っても構いません。

現地に見学に行く

候補の霊園をピックアップしたら、実際に現地に行ってみましょう。
スタッフに説明をしてもらいたい場合は、事前に予約してください。

見学予約は、取り寄せた資料に書いてある電話番号や、資料請求と同じ窓口でできます。
なお、民営霊園で指定石材店の中から石材店を自分で選びたい場合は、希望の石材店から見学予約をしてもらってください。

見学に行った時点で、ピンときたら、キャンセルが効く仮契約をすることもあります。

比較・検討する

いくつか墓地や霊園を見てまわったら、さらにその中から候補を絞ります。
複数人で使うお墓を考えている場合や、子供にお参りをしてほしい場合などは関係者を含めて話し合います。

本契約をする

いよいよお墓を決めたら契約します。
お墓を見学したときに名刺をもらうはずなので、そこに契約したい旨を伝えましょう。
墓石を設置するお墓なら、次は墓石工事の打ち合わせになります。
理想のデザインを石材店と話し合って決めましょう。

お墓を決める7つのチェックポイント

お墓の探し方のイメージ5

ここでは、お墓を比較検討するときにチェックしておきたいポイントを解説します。
現地の様子や契約内容をしっかりチェックして検討しましょう。

アクセスは良いか

お参りをする・してほしい場合は、墓地や霊園までのアクセスはとても重要です。

例えば、遠方に住んでいる子供にお参りをしてほしいと思うなら、子供がお参りしやすい立地で決めましょう。

加えて、交通機関でアクセスできない霊園も注意が必要です。
今は車に乗れても、年を重ねると車が運転できなくなることもあります。
誰かに頼まなければお墓に行くことができず、頼むのも申し訳なくなってお墓から足が遠のくということもままあります。

いずれにしても、「アクセスが悪い=お参りに行かなくなる」に直結します。
特に代々引き継ぐ一般墓は、お参りやお世話をしないと傷む一方です。簡単に移動することもできません。特に気を付けましょう。

初期費用や管理料などは予算内か

お墓の費用が予算内に収まるかを見てみましょう。
特に、管理料は後々まで影響します。その時は少し高くてもいいかなと思っても、後々に首を絞めることになりかねません。
また、墓地や霊園によっては納骨時に手数料がかかったり、彫刻がオプション料金になっていたりすることがあります。
初期費用に何がどのくらいかかるのか、契約以降に管理費以外でお金がかかることがあるのかなどはしっかりと確認しておきましょう。

設備が手入れされているか

墓地や霊園の現地見学に行ったら、ぜひ設備をチェックしてみてください。

植栽は荒れていないか、トイレは清潔に保たれているか、参道はきれいに掃除されているか、などです。
加えて、スタッフの対応なども見てください。霊園のスタッフは納骨や法要の手配などをお願いするので、今後も長い付き合いになります。

手入れが行き届いていない霊園は、今後も園内が荒れていく可能性があります。
快適にお参りするためにも、設備はチェックしておきましょう。

陽当たり・風通し・水はけはどうか

一見重要ではないように感じますが、陽当たりや風通しもチェックしておきましょう。
日陰のじめじめしたところでお参りをするのと、日向のさっぱりとしたところでお参りするのは心持ちが違います。
お参りは一回きりではないので、このような心持の積み重ねも、その後のお参りにいくモチベーションに関わってきます。
やはり、お参りに行きたいと思うような霊園や墓地にお墓を持ちたいものです。

また、水はけについても注意しましょう。
墓地内の水はけが悪いと、雨が降った時にお墓の納骨室が浸水する可能性があります。
あえて雨の日に見学に行って、水はけをチェックするのもいいでしょう。

墓石のデザインに制限があるか

墓石のデザインにこだわりがある方は、その墓地でそのデザインが実現できるかも確認しておきましょう。

例えば、「規格墓所」などの名前で販売されている区画は、墓石の形がすでに指定されています。
場合によっては、石種まで決まっていることもあります。

あるいは、規格墓所でなくても、高さの制限が設けられてることもあります。

民営霊園の場合は見学から石材店が対応するので、事前に希望のデザインを伝えておきましょう。
その他の霊園の場合は、墓地の管理者に聞いたり、契約前に契約書をしっかりと呼んで確認しましょう。

宗教・宗派の条件は問題ないか

自分の宗教や宗派が希望の霊園でお墓を持てるかを確認してください。

公営霊園の場合は、宗教や宗派は全く関係なくお墓を持てます。

民営霊園の場合は、宗教不問や宗派不問としながらも、「在来仏教のみ」「新宗教お断り」などとすることもあります。
また、経営主体にはお寺が付いているので、「葬儀と法要はお寺にお願いする」「墓前法要に他寺の僧侶は呼べない」などとする場合もあります。

寺院墓地はほとんどの場合で、寺院の宗派に改宗する必要があります。

なお、自分の宗教や宗派を偽り契約すると、後に墓地の使用権を取り消されることがあります。

事前に宗教や宗派に関わる条件は確認しておきましょう。

永代供養の条件はどうなっているか

多くの永代供養墓では、最終的に遺骨は合祀になります。
樹木葬や納骨堂などの個別区画を使える永代供養墓は、区画の使用期間が決まっており、期限後は合祀になります。
個別区画を使える期間は、「契約時から50年」「最後の納骨から13年」など様々です。

また、数は多くありませんが、期限なく永代にわたり個別で管理される永代供養墓もあります。
個別に土に還す樹木葬や、永代管理墓などが挙げられます。

間違いなく登録した全員が個別区画に入れるのかや、お参りはいつまで個別でできるのかなどは事前に確認しておきましょう。

墓地や霊園をお探しですか?

お墓さがしでは、全国の墓地や霊園をご案内しています。
ご希望のエリアや条件を絞ってお探しできるので、ご自分の条件にあるお墓にはどんなものがあるか、一度チェックしてみましょう。

近くの墓地・霊園を探してみる >>