チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • エリアから霊園・墓地を探す

  • 北海道・東北の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 北海道の墓地・霊園で よくある質問

  • 北海道の 霊園・墓地事情

    北海道の 霊園・墓地事情

    北海道は日本の最北端にある都道府県であり、道庁所在地は札幌市です。人口は500万人を超えています。

    北海道本島の面積はおよそ8万㎢と、圧倒的に日本で第一位の面積となっています。世界の島の中でもアイルランドに次ぐ第21位とその面積の広さは日本国内において圧倒的です。

    北海道は大きく分けると、胴体部にあたる菱形の部分と、南西の半島部分から成り立ちます。胴体部と半島部の間の地域は石狩湾から石狩平野、勇払平野を通って太平洋へと抜ける石狩低地帯となっており、札幌市や千歳市、苫小牧市が含まれ、北海道で最も人口が集中する地域となっています。

    面積の広さは圧倒的ですが道内の大半は山間部で、人々が生活している地域は非常に局所的です。人口密度はかなり低い地域となっています。

    北海道にあるお墓の数は1,965件となっており、占有面積の広さから考えると圧倒的に少ないと言えます。
    (令和元年度末時点)(参照:衛生行政報告例 / 令和元年度衛生行政報告例 / 統計表 / 年度報)

    北海道の墓地・霊園の特徴

    北海道は、圧倒的な面積の広さを誇っていますが、道内の大半が山間部であるため、人が生活できず、道民の大半が市街地に集中して暮らしています。

    人口密度は日本の中でも圧倒的に低いため、道内のお墓の敷地面積も広い場所が多く、区画あたりの面積が5㎡以上の区画は珍しくありません。中には10㎡を超えるケースもあります。

    お墓の種類としては寺院墓地や共同墓地がほとんどなく、圧倒的に民営公営問わず霊園が道内の大半の墓地を占めています。区画タイプとしては一般墓地の数が最も多く、次いで永代供養タイプの墓地、納骨堂と数が減り、樹木葬の数は最も少ないです。

    エリア別に見ると、北海道では各地に公営墓地が点在していますが、民営霊園のような新しい霊園は、人口の多い札幌市や旭川市近郊に集中しています。

    北海道は、面積が圧倒的に広く鉄道網はあまり発達しているとは言えないため、お墓参りは車による移動がメインとなっています。道内の都市間の移動は本州でいう県と県をまたぐ移動と同じであり、100km単位での移動も少なくはありません。

    北海道のお墓の特徴

    北海道では500万人以上の人が生活しており、その生活様式は多岐にわたるため、お墓の種類も墓石を建てる一般的な墓から、永代供養タイプのお墓、樹木葬や納骨堂など様々な種類のお墓があります。

    北海道にあるお墓の大半が宗派が自由な場所が多いため、宗派を気にせずどなたでも気軽にご利用できます。

    運営形態としては公営墓地の数が圧倒的に多く、寺院墓地や共同墓地はとても少なくなっています。

    北海道の一般墓の特徴

    北海道の中心地は、道内の他の地域と比べると人口密度は高いですが、面積も広いため、広々とした場所でゆったりと先祖を祀ることができる一般墓が多く存在しています。
    お墓の広さがネックで選ぶことができないというケースは少ないでしょう。

    一般墓の形式としては寺院墓地の数よりも、公園風の霊園の数の方が圧倒的に多く、寺院墓地を探す際には一苦労してしまうほど数が少ないです。

    また、道内にある霊園の多くが宗派が自由なため、宗派が原因で墓地が見つからない、といったことはほとんどないでしょう。

    北海道内にある一般墓は札幌に集中しており、札幌市内の一般墓であれば電車でアクセスができるケースも比較的多いです。しかし、それ以外の地域では電車があまり整備されていないため、車やバスによるアクセスがメインとなっています。

    北海道三笠市にある北海道中央霊園は、JR函館本線「岩見沢駅」から車で約16分と、比較的好アクセスの一般墓です。園霊園の周りには木々があり、自然を感じながら、ゆったりとお参りができます。また、北海道中央霊園の一般墓は、テラス墓所や規格墓所、自由墓所と3種類から選ぶことができます。お墓の形や石種などの選択肢も多いため、ご予算やお好みに応じたお墓づくりができます。

    北海道内の一般墓の価格としてはおよそ0.5万円から利用できる墓地があり、日本の中でもトップクラスに安価に一般墓を利用することが出来ます。

    北海道の永代供養墓の特徴

    北海道では、跡継ぎ不要の永代供養式のお墓は一般墓と比較して数はかなり少なくなっています。また、エリア別に見ると一般墓同様に、札幌市に集中して存在しています。

    北海道札幌市にある真駒内滝野霊園 永代供養墓は、札幌市営地下鉄南北線「真駒内駅」から車で約20分と札幌からのアクセスが良好な永代供養墓です。自然に恵まれた環境にある、お年寄りにも安全な平坦公園墓地であり、広大な敷地には草花が植えられ、墓参者の心を癒してくれます。また、園内には喫茶や食事処などの設備が充実しているため、快適に過ごすことができます。

    北海道内の永代供養墓の価格としてはおよそ8万円から利用できる墓地があり、比較的安価に永代供養墓を利用することが出来ます。

    また、宗派自由な永代供養墓が多いため、宗派が理由で寺院墓地を利用することが出来ないといった方も安心してご利用いただけることが多いです。

    北海道の樹木葬の特徴

    北海道にある樹木葬はかなり数が少なく、エリア的にはほぼ札幌市近郊に集中しています。そのため、他の地域にお住まいの方で樹木葬を希望される方は札幌市を中心に探す必要があります。

    北海道札幌市にある真駒内滝野霊園 樹木葬は、札幌市営地下鉄南北線「真駒内駅」から送迎バスが出ているため、比較的アクセスしやすい樹木葬です。広大な敷地に草花が、植えられた美しい霊園であり、シンボルとしてある頭大仏殿ではその周りはラベンダーが植えられ一見の価値があります。また、フルオーダーメイド区画では、区画面積が大きい為、墓石と樹木を並べることができます。

    北海道の樹木葬の中には管理費がかからないタイプの樹木葬もあるため、家族への負担を残さずに祀ることができます。利用人数や安置方法によって異なるプランも用意されているため、豊富な選択肢から選ぶことができます。

    北海道内の樹木葬は、いずれも駅からのアクセスはそこまで良くないため、車を利用するケースが多いですが、中には駅から無料の送迎バスが出ているケースもあります。

    北海道内の樹木葬の半数近くは、宗派不問の樹木葬なため、どなたでも気軽にご利用することが可能です。

    費用としては最も安い場所で15万円から利用できる場所もあるため、比較的安価に樹木葬を利用することが出来ます。

    北海道の納骨堂の特徴

    北海道にある納骨堂の数は樹木葬よりは多く存在し、札幌市や旭川市、北見市に存在しています。

    北海道札幌市にある医王山 浄苑寺 富丘浄苑は、JR函館本線「稲積公園駅」からタクシーで約4分とアクセスのいい場所にある納骨堂です。約2,000基の納骨壇があり、40年近くの歴史がある納骨堂となっており、タイプも家族構成によって選べるので安心です。また、従来のお墓では、墓じまいに数十万円の費用がかかりますが、富丘浄苑ではそのような費用は一切掛かりません。

    北海道にある納骨堂はいずれも駅からそれほど近くない場所にあることが多いため、車やバスを利用してお墓参りに行くことが通常です。

    納骨堂の多くは継承者を必要としない永代供養墓であるため、後継ぎが不安な方やお子様に負担をかけたくない方でも安心してご利用いただけます。

    北海道の納骨堂の費用の目安はおおよそ8万円からご利用いただけます。
    中には管理費が不要な納骨堂もあるため、追加の費用が心配な人にもおすすめできます。

    また、屋内式の納骨堂もあるため、天候や気候に左右されず気軽にお墓参りに行くことができます。

    北海道のお墓の価格

    北海道内でお墓を用意しようとした際の相場としてはお墓の種類別におおむね以下の通りになっています。

    • 一般墓(墓石のお墓):80万円〜150万円程度
    • 永代供養墓:8万円〜70万円程度
    • 樹木葬:15万円〜75万円程度
    • 納骨堂:8万円〜70万円程度

    北海道のお墓のアクセス

     
    北海道にあるお墓はいずれも駅からそれほど近くはないため、アクセスは車やバス、タクシーが中心になります。大半のお墓では駐車場が完備されているため、お車でお参りの際は気軽にアクセスすることができます。一部札幌市内では、電車でのアクセスも可能なお墓があります。

    電車でアクセスする場合はJR函館本線や札幌市営地下鉄南北線などから徒歩やタクシー、バスで行ける距離にあるお墓が多いです。

    北海道にある公営墓地

    北海道は他の地域とは異なり、公営墓地の数が圧倒的に多く、道内にある霊園の多くが各自治体によって運営されている公営墓地であることが多いです。
    そのため、比較的費用も安く利用することができ、募集が締め切られてしまって利用できる公営墓地がない、と悩むケースがほとんどありません。

    北海道札幌市にある札幌市営 里塚霊園は、札幌市営地下鉄東西線「大谷地駅」から車で約15分とアクセスのいい場所にある市営の霊園です。区画面積は4㎡~16㎡と、どの区画も十分な広さを利用でき。緑の美しい芝生の区画もあります。

    北海道のお墓参りの風習

    一般的に日本においてお盆の時期といえば関東の一部地域を除いて8月15日前後であることが多いですが、北海道内の一部では、7月15日前後がお盆となっている地域もあるようです。
    函館などの地域では、「陰暦から陽暦にカレンダーが変わった際に、新暦である7月に変更した」という説や「函館八幡宮の大祭が8月15日にあるため、被らないようにに変更した」という説があります。
    この風習ですが、函館市内の中でも、函館山周辺に菩提寺やお墓を持つ人が多いエリアで限定されているようです。