墓じまいの手続きと必要書類がこれで分かる!手順と流れを解説

墓じまいの手続きと必要書類がこれで分かる!手順と流れを解説

墓じまいとは、お墓を解体・撤去して墓地を管理者に返還するまでの一連の流れを言います。
また、墓じまいには遺骨の移動を伴うため、その意味で「改葬」と言うこともあります。

墓じまいをするには、行政手続きが必要です。
行政手続きの流れは、以下のようになります。

墓じまいの行政手続きの流れ
1.自治体から「改葬許可申請書」を入手する
2.現在の墓地管理者から「改葬許可申請書」に署名・捺印してもらう
3.改葬先から受入証明書をもらう
4.お墓の使用者から承諾書に署名・捺印してもらう
5.書類一式を役所の窓口に提出する
6.「改葬許可証」が交付されて手続き完了

この記事では、墓じまいにかかる手続きを詳しく解説します。

墓じまい無料お見積り・ご相談 >>

墓じまい全体の流れ

まずは、行政手続きを含めた墓じまい全体の流れを解説します。
墓じまいの流れは、以下のようになります。

1.お墓の名義人・親族に了承を得る

2.現在の墓地管理者・お寺に相談する

3.改葬先(遺骨の引っ越し先)を決める

4.墓石の解体工事をする石材店を決める

5.自治体の役所で行政手続きをする

6.閉眼法要をする

7.墓石の解体工事をして墓地を返還する

8.遺骨を改葬先に納骨する

墓じまいの手続きに必要な書類

段取りが整ったら、墓じまいの手続きをします。
墓じまいに必要な書類は、以下の通りです。

書類 発行元
改葬許可申請書 墓のある自治体役所
埋蔵(埋葬証明書)または署名・捺印 墓地管理者
受入証明書 遺骨の引越し先
承諾書 墓地の名義人
申請者の身分証明書写し 書類の申請者

改葬許可申請書

改葬許可申請書は、改葬許可証の交付を申請する書類で、現在の墓地がある自治体役所で配布しています。
改葬許可申請書はどこの自治体でも必要な書類です。
役所の窓口(環境衛生課、市民生活課など)またはHPから入手できます。

埋蔵(埋葬)証明書または署名・捺印

埋蔵(埋葬)証明書は、現在の墓地に誰が埋葬されているのかを証明する書類で、現在の墓地の管理者から発行してもらいます。
民営霊園や公営墓地なら管理事務所、寺院墓地ならお寺から発行してもらいます。
ただし、埋蔵(埋葬)証明書の代わりに改葬許可申請書への署名・捺印でOKな場合もあります。
自治体のHPまたは窓口で確認してみましょう。

受入証明書

受入証明書は、墓地の契約を証明する書類で、新しい墓地(改葬先)の管理者が契約時に発行します。
受入証明書が必要か否かは、自治体によって異なり、改葬許可申請書に墓地名を記入すればOKなこともあります。
自治体のHPで確認してみましょう。

承諾書

承諾書は、墓地の使用者(墓地の名義人)と、改葬許可申請をする人が違う場合に必要です。
承諾書のテンプレートは墓地のある役所で配布されています。窓口またはHPから入手しましょう。
墓地の使用者は改葬許可申請をする場合は不要です。

申請者の身分証明書写し

改葬手続きには書類を提出する人の身分証明書が必要なことがあります。
墓地の使用者ではなく、申請者の身分証明書である点に注意しましょう。
身分証明書が必要かどうかは自治体によって異なります。

墓じまいの手続きの流れと手順

お墓のある自治体役所で必要な、「改葬許可申請」の流れを紹介します。
役所から「改葬許可証」が出て初めて遺骨を取り出すことができるようになるので、遅くとも墓石の解体工事に取り掛かる前までに手続きを完了してください。

1.自治体から「改葬許可申請書」を入手する

2.現在の墓地管理者から「改葬許可申請書」に署名・捺印してもらう

3.改葬先から受入証明書をもらう

4.お墓の使用者から承諾書に署名・捺印してもらう

5.書類一式を役所の窓口に提出する

6.「改葬許可証」が交付されて手続き完了

墓じまいの費用はどれくらい?

墓じまいの費用相場は、以下のようになっています。
ただし、お墓の立地や広さ、造りによって、相場の倍以上の金額がかかることもあります。

墓じまいの費用と内訳

  • 墓石解体費用:20~30万円(8~10万円/㎡)程度
  • 閉眼法要のお布施:1~5万円程度
  • 離檀料(寺院墓地のみ):1~20万円程度

これとは別に、遺骨の引越し先の費用が掛かります。
費用相場は以下の通りです。

遺骨の供養先にかかる費用

  • 墓石のお墓(新規建立) :100~250万円
  • 永代供養(納骨堂) :30~100万円
  • 永代供養(樹木葬) :10~70万円
  • 永代供養(合葬墓): 3~30万円/1人
  • 散骨: 3~30万円/1人
  • 送骨: 1~10万円/1人

詳しくは、以下のコラムをご覧ください。

【参考】墓じまいとは?費用と流れを詳しく解説!トラブル対策も紹介

墓じまいの手続きQ&A

一般的なケースであれば書類をもらって各方面に署名・捺印をもらうだけで手続きできるのですが、イレギュラーなケースでは手続きが難航することもあります。
ケース別の改葬手続きについて解説します。

Q.お墓が遠くて現地に行けないのですが、手続きはできますか?
Q.土葬のお墓を改葬することはできますか?
Q.墓地の管理者が分からないのですが、どうすればいいでしょうか?
Q.家の敷地や畑にぽつねんとあるお墓の墓じまいの手続きはどうなりますか?
Q.納骨していないお墓を墓じまいする場合も手続きは必要でしょうか?
Q.取り出した遺骨を自宅保管する場合も手続きは必要でしょうか?
Q.取り出した遺骨を散骨する場合も手続きは必要でしょうか?
Q.お寺から法外な離檀料を請求されてトラブルになったのですが

まとめ

墓じまいの手続きについて解説しました。
墓じまいには現在の墓地がある市区町村の役所で手続きが必要です。
分からないことや、特殊なケースの場合も、役所の窓口に行けば相談に乗ってくれます。
手続きには現在の墓地管理者、改葬先の墓地管理者、墓地の使用者の三者の承諾が必要です。
手続きに入る前に事前に了承を得ておきましょう。
また、申請書類に解体業者の情報を書く場合もあるので、工事をする石材店も先に決めておきましょう。

墓じまいの見積もりサービスに相談してみよう

お墓さがしでは、墓じまいをパック料金で承っています。
お見積り・ご相談を完全無料で承っていますので、お気軽にご相談ください。

墓じまいお見積もりサービス

執筆者情報

お墓さがしスタッフ

佐野

経歴

2018年より、お墓マガジンのコラムを執筆しています。適切な情報をお届けできるよう努めて参ります。