お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

お墓に供えるお花は何がいい?おすすめの墓花と供え方のマナー

墓参花のイメージ1

お墓参りをするときには、お花を持っていく人は多いと思いますが、初めてのお墓参りでお花を持って行くときには、

「供えるお花の金額はいくらくらいがいいの?」

「お花をどうやって供えるの?」

「供えたお花はいつ片付けるの?」

など、こんな疑問があるのではないでしょうか。

また、花だったらどんな種類でもいいのではと思われるかもしれませんが、お墓参りのときに供えるお花にもマナーや注意するべきことはあります。

この記事では、お花の供え方、おすすめするお花、供えてはいけないお花、お花の片付け方など、お墓参りで供えるお花についてみていきます。

1.なぜお墓にお花を供える?

一般的にはお墓にお供えをするものには、お線香や飲み物、季節の野菜や果物、そしてお花があります。

お墓に供えるお花の香りは、亡くなった人の食べ物と言われていますが、違う説によると、お釈迦さまが修行をしていたときに、仏様に会ったのですが、仏様の供養に差し出す物がなかったので、お花を供えたのが始まりとも言われています。

お墓にお花を供えることは、故人、ご先祖さまの心が安らかになると同時に、お墓参りをした人の心も穏やかにしてくれます。

2.お墓に持っていくおすすめのお花

お墓に供えるお花には、特にこれといった決まりはないのですが、やはり長持ちして、枯れても花びらが散らかりにくいものがおすすめのお花です。

お墓に供える代表的なお花というと、やはりではないでしょうか。

菊は夏から冬にかけて買うことができ、どこか高級なイメージもあるので、菊を選ばれる人は多くいらっしゃいます。

また、菊以外にもカーネーションやキンギョソウ、リンドウやグラジオラスなどのお花もおすすめです。

最近ではスーパーなどにバランスよくアレンジされた仏花が売っていますが、初めてのお墓参りだと、故人が好きだったお花や季節に合ったお花をお供えしたいものです。

ここからは、四十九日までにお供えするお花、季節ごとのおすすめするお花についてみていきます。

2-1.四十九日までに持っていくお花

故人が亡くなってから四十九日までの間は忌中になり、喪に伏している期間になります。

この期間にお墓にお供えするお花は、白色のものが良いとされています。

供えるお花の種類は特に決められていませんが、白色のお花というと、菊やユリが代表的なお花になります。

また、白色のお花が良いとされてはいますが、青色や紫色のお花、淡い色のお花も少しアレンジしても大丈夫です。

ただ、赤色や黄色などの色のお花は避けるようにしてください。

2-2.春におすすめのお花

ここからは、季節ごとにおすすめお花についてみていきます。

まずは、春におすすめお花です。

寒かった冬が終わり、暖かく過ごしやすくなる春には、たくさんのお花が開花するので、お墓に供えるお花の種類はたくさんあります。

春に供えるお花のおすすめは、カーネーションやスターチス、アマリリスやキンギョソウ、水仙やスズラン、アネモネやシンピジューム、ストックやスイートピーなどがあります。

カーネーションの花言葉は「愛情」で、中でも赤色のカーネーションは「母への愛情」、白色のカーネーションは「純粋の愛情」とお供えするお花にふさわしい花言葉を持っています。

カーネーション以外にも、スターチスの花言葉は「変わらぬ心」、「途絶えぬ記憶」、キンセンカの花言葉は「別れの悲しみ」、「悲嘆」、「寂しさ」という意味があります。

2-3.夏におすすめのお花

次は夏におすすめのお花をみていきます。

夏におすすめするお花は、スターチスやアストロメリア、リンドウやユリ、ケイトウやヒマワリ、グラジオラスやマーガレット、ホオズキやヤグルマソウ、アンスリュームやロータスなどがあります。

ユリには、「純粋」、「無垢」、「威厳」の花言葉があり、ヒマワリには、「私はあなただけを見つめる」、「愛慕」、「崇拝」の花言葉、ロータスには「清らかな心」、「神聖」という花言葉があります。

ちなみにロータスは英名で、和名は蓮(ハス)になります。

2-4.秋におすすめのお花

次は秋におすすめするお花です。

秋におすすめするお花は、キキョウやトルコキキョウ、リンドウやコスモス、センニチコウやススキ、ワレモコウなどがあります。

赤色のコスモスは「愛情」、白色のコスモスには「優美」、ピンク色のコスモスには「純潔」という花言葉があります。

他には、ワレモコウには「愛慕」、センニチコウには「色あせぬ愛」、ススキには「心が通じる」という意味の花言葉があります。

また、秋はお彼岸があるので、お墓参りをする機会があると思いますが、お墓参りをしたときには、夏に生えた雑草の草抜きなどをしてあげて、お墓をスッキリしてあげると故人やご先祖さまも喜んでくれると思います。

2-5.冬におすすめのお花

最後に冬におすすめのお花です。

冬におすすめするお花は、センリョウやオンシジュームなどの蘭、スイートピーやストック、サザンカやアイリスなどがあります。

アイリスには、「よい便り」、「メッセージ」、「希望」という花言葉があり、ストックには、「永遠の美」、「愛情の絆」、「求愛」という花言葉があります。

他にもセンリョウには、「利益」、「祝福」、「富」、「財産」、「恵まれた才能」、「可憐」という花言葉があり、オンシジウムには、「可憐」、「一緒に踊って」という花言葉があります。

2-6.おすすめしないお花

ここまで、季節ごとのおすすめのお花についてみてきましたが、お墓に供えるお花の中には、おすすめしないお花もあります。

おすすめしないお花は、トゲがあるもの毒性が強いもの、ツルが伸びるものなどがあります。

ここからはどのようなお花なのかを具体的にみていきます。

・トゲがある花
トゲがある花には、バラアザミがあります。
花のトゲは、花を供えるときに指などにケガをする恐れがあり、また墓地や霊園管理者が花の片付けをするときにもケガをする恐れがあります。

・毒性の強い花
毒性が強いお花でには、彼岸花キョウチクトウがあります。
毒性の強いお花をおすすめしない理由は、その花に触れた手で目をこすったり、口に触れたりすると、人体に危険を及ぼす可能性があるからです。
お墓に供えたお花は、誰が触るかわからない上、小さなお子さんが触れたりすると命に関わることにつながりかねません。

・ツルが伸びる花
ツルが伸びる花には、アサガオクレマチスなどがあります。
ツルが伸びるお花は、花立てに供えにくいということと、もしそのままにしておくとツルが地面を這って伸びると見た目が悪くなったり、お隣のお墓まで伸びてしまうとご迷惑をかけることにもなります。
ですので、ツルが伸びるお花は避けるようにしてください。

2-7.お墓のお花は造花でもいい?

お墓に供えるお花は、絶対に生花ではいけないということはなく、造花でも問題はありません。

海外などではお墓に造花を供えてお墓参りをするのが当たり前の地域もあります。

とはいえ、造花は生花に比べると、どこか無機質な感じがして、見た目は良くありません。

しかし、生花は生きているものなので、いづれは枯れてしまい、見た目も悪くなってしまうので、枯れない造花を供えるのも良いのではないでしょうか。

ただ、地方の寺院墓地や地域の習慣、風習などでは、供えるお花は生花だけと決められていたり、高齢者の中には生花にこだわる人もいるので、造花を供えようと考えている場合は、お墓の管理者や地元の人に聞いてみるようにしてください。

また、造花の中に、何本か生花を混ぜると、お花代の節約にもなりますし、見た目も少し良くなります。

造花は風などで飛ばされることもあるので、茎の部分に重しをつけて飛ばされないようにすることも忘れないようにしてください。

3.花以外でもお供えできる榊と樒

お墓に供えるのは、お花ばかりではありません。

色鮮やかなお花に緑色の植物が入ると全体がしまり、見た目も良くなります。

お花以外でもお供えされる定番の植物には、榊(さかき)樒(しきみ)があります。

3-1.榊(さかき)

は、モッコク科サカキ属の常緑小高木で、神棚や祭壇に供えられるなど、神道の神事にも使われている植物です。

神道とは、日本の風土や生活から自然に生じた神観念で、その対象は自然物の太陽や水から人まであって、八百万の神(やおよろずのかみ)といわれるほど、進行の対象はさまざまです。

日本人の風土や生活やから自然と生まれたものなので、教典などは無く、宗教的な施設は神社になります。

榊は神事で使われるのが定番ではありますが、仏教でのお花に使っても全く問題はありません。
榊には、榊(本榊ともいわれる)とヒサカキの2種類があり、榊は関東以西の比較的温暖な地域で自生していて、関東北部では育ちません。

ヒサカキは、北海道以外の地域で見られ、神社の境内によく植えられていて、葉の先端が尖っているのが特徴です。

3-2.樒(しきみ)

は、マツブサ科シキミ属に分類される常緑小高木で、仏事によく使われている植物です。

樒は春に白い花を咲かせ、中華料理に使われる食材の八角に似た実をつけるのですが、白い花、実や葉には猛毒があり、葉や枝からは独特の強い香りを放つのが特徴です。

名前の由来は樒の実に毒性があることから「悪しき実(あしきみ)」と言われ、やがて「あ」が省略されて、「しきみ」という言葉が定着したと言われています。

臭いや毒があるお花は基本的にお供えしてはいけませんが、樒は昔からの風習もあり、お供えされます。
遺体を土葬するのが一般的だった時代には、樒の猛毒が墓荒らしをする動物をよける効果があるという理由で使われたり、強い香りは虫よけや悪霊よけとして使われてきました。

4.お墓に持っていくお花の値段

お墓に持っていくお花の値段は500円から1,500円くらいですが、お墓に供えるお花は1対(2ヶ所)になるので、1,000円から3,000円くらいの値段になります。

スーパーやお花屋さんでは、その季節に応じた花、定番の花などを組み合わせたものが用意されていて、値段も比較的安いのですが、故人が生前好きだったお花を入れたり、高級なお花を入れたりすると値段は高くなってしまいます。

また、お花を選ぶときに気をつけたいのが本数です。

花の本数は、3本、5本、7本と奇数の本数が良いと言われていて、花立に入る程度になるように考えてください。

5.お墓に供えるお花の供え方とマナー

スーパーで売られているお花、お花屋さんで買ったお花をそのまま供えるのもいいのですが、供えるお花にもうひと手間加えることで、お花の見栄えやお花を長持ちさせることができます。

ここからは、お花の供え方を含めてお花のそれぞれの部分、長持ちのさせ方など、お花についてみていきます。

5-1.お花の葉の部分

まずは、お花の葉の部分についてですが、葉の部分が水に浸かると腐りやすくなり、花の部分も腐りやすくなります。

ですので、葉が水に触れる部分はあらかじめ取っておくと、花を長持ちさせることができます。

5-2.お花の根元の部分

お花の根本の部分、つまり茎の端ですが、茎の先端部分は斜めに切るようにしてください。

茎の先端部分を斜めに切ることで、切った部分の面積が広がり、水の吸い上げがよくなることで、お花を長持ちさせることができます。

お花を供える前には、茎の先端部分を斜めに切るようにしてください。

5-3.お花の供え方

お花の供え方ですが、お花は必ず参拝する人の方に向けるようにし、供えるお花は1本の花を中心にひし形になるように整えると見た目がよくなります。

ほとんどのお墓にある花立は、1対になっていてお墓の左右にあるので、左右に供えるお花は左右対称になるようにしてください。

また、花の長さは花立の高さの2倍くらいの長さを目安にすると、バランス良く見えるようになります。

5-4.供えたお花を片付ける

お墓に供えたお花を片付けずにそのままにして帰る人も多いですが、そのままにされたお花は枯れてやがて腐ってしまいます。

腐ったお花が入った花立には虫が湧くこともあり、衛生上も良くはありません。

供えたお花は、しばらくしてから回収するのがいいのですが、お墓が遠方にあったり、忙しくてなかなかお墓に行けないという人もいます。

そのようなときは、霊園の管理者に回収をお願いするか、ダメな場合は、お墓参りが終わった後に、そのお花を持ち帰るようにしましょう。

持ち帰ったお花は、仏壇に飾るのではなく、和室にある床の間やリビングや玄関などに飾るようにしましょう。

これは、お墓で一度供えたお花は仏様に差し上げたことになるので、仏壇に再度供えるのは良くないと言われているためです。

5-5.供えたお花を長持ちさせる

供えたお花を長持ちさせるには、花立の水の雑菌の繁殖を抑えることです。

花立の水の雑菌の繁殖を抑えるには、10円玉と塩素系漂白剤が有効です。
銅製の10円玉に含まれる銅イオンは、水の中の雑菌の繁殖を抑えるので、お花が腐るのを遅らせてくれます。
10円玉と同様に、塩素系漂白剤も雑菌の繁殖を抑えてくれるので、お花が腐るのを遅らせてくれます。

10円玉と塩素系漂白剤以外でお花を長持ちさせる方法として、砂糖と氷があります。
花立の水に砂糖を入れることで、花は養分を補給することができるので長持ちします。
また、お盆などの暑い時期は、花立の水の温度が上がり、雑菌は繁殖しやすくなります。
そのようなときは、花立の中に氷を入れておくことで、花立の水の温度が下がり、花を長持ちさせることができます。

6.まとめ

ここまで、お花の供え方、おすすめするお花、供えてはいけないお花、お花の片付け方など、お墓参りで供えるお花についてみてきました。

お墓に供えるお花の種類などに決まりはなく、供える時期に見ごろの花や故人が好きだったお花を供えるのがいいですね。

また、供えてはいけないお花の中には、お隣のお墓に迷惑をかけるお花があったり、四十九日までに供えるお花は色にも気をつけなくてはいけません。

お墓に供えるお花のルールやマナーは守るようにしながら、故人の供養になるようなお花をお墓参りのときに持っていくようにしてください。