戒名は自分で付けてもいい?戒名料をかけずに自作する方法

  • 投稿日:2019/06/18
  • 更新日:2021/12/03
戒名は自分で付けてもいい?戒名料をかけずに自作する方法

たとえばの話ですが、家族が亡くなった場合、戒名は誰につけてもらいますか。
その時の基本は菩提寺の僧侶につけてもらうということです。もしも菩提寺がない場合は、葬儀で読経してくれた僧侶につけてもらうのが一般的です。

しかし戒名をつけてもらったお礼のお布施はかなり高いのをご存知でしょうか。
読経料込みで安くても20万円、高ければ100万円を超えます。
単に何文字かの戒名を選んでもらっただけで、考えようによっては法外な高額です。

しかし、それが嫌だと思う場合、実は戒名は自分でつけてもよいのです。
そうすればお布施も不要ですし、自分の好みの文字を使った戒名にできます。
では自分で戒名をつける場合にどのようなポイントがあるのでしょうか。

ここではそのような戒名の自分でのつけ方をご紹介します。

戒名は自分で付けてもいい?

冒頭で戒名は自分でつけられると書きましたが、それについてもう少し詳しく解説しましょう。

戒名とは

そもそも戒名とは何なのでしょうか。

戒名の本来的に意味は、仏の弟子になった時につける名前ということです。
ですから本当は戒名は生きている時に修業をして、その成果を認められた時に師匠である僧侶からつけてもらうものなのです。

しかし現在では、亡くなった後にあの世に行って仏の弟子になり、成仏するための名前として付けるのが一般的になりました。

戒名の構成は、どのように生前偉い人でも、あるいはお寺に多額の寄付をした人でも平等で、2文字で表します。これが狭い意味での戒名です。
しかし現在では、その狭い意味での戒名に、院号、道号、位号などをつけて7文字から9文字にし、それを広い意味の、一般的な戒名と言っています。

ちなみに浄土真宗と日蓮宗では戒名と言いません。
浄土真宗では法名日蓮宗では法号ともいいます。

まず浄土真宗では、亡くなった瞬間に阿弥陀如来が来て成仏させてくれるため、成仏するための修業が不要なので戒名と言わないのです。

また日蓮宗では戒名と呼んでも問題ないのですが、仏の弟子になるためのルール、すなわち戒律がないので、戒律を守った人という意味の戒名ではなく、法号と呼ぶのです。

この院号や位号は、生前に寺院に多大な貢献をしたり、社会的な地位が高かったり、あるいはもっとありていに言えば、高額のお礼のお布施を寺院に納めることによって、ランクの高いものをつけてもらえます。
ですから広い意味での戒名は決して平等ではなく、そこにはランクが存在するのです。

では以下院号、道号、位号について解説しましょう。

・院号
院号または院殿号は生前に多大な貢献を寺院に対して果たした場合につけるもので、戒名の一番上に置きます。
つまり、本来は生前に多くの寄付を寺院にした場合につけてもらえる文字です。

・道号
道号は狭い意味の2文字の戒名の上につけられるもう1つの名前です。
言ってみれば俗名の号とか字(あざな)に当たります。
道号は本来、中国で使われた尊称で、仏教で悟りを開いた人に詰めた尊称です。
それが日本に伝来した段階で、戒名の上につけられました。
またその意味合いは、故人の性格や人柄、あるいは従事していた仕事を象徴す文字を選ぶということです。

・位号
位号は戒名の最後につけるもので、ランクの低いものから順に男性であれば、信士、清信士、居士、院居士となります。
女性の場合は信女、清信女、大姉、院大姉です。

戒名は僧侶につけてもらわなければならない?

戒名は通常は菩提寺の僧侶または、葬儀で読経してくれた僧侶に授けてもらいます。
しかしこれはなにも法律で決まったことではりません。
また戒名をつける資格、というものも世間には存在しません。

したがって、自分で好きな文字を使って自分や家族へ戒名をつけても全く問題はありません。

ただし、菩提寺でつけたものではない戒名を持っている人の埋葬を菩提寺の方から拒否されることもあり得ますので、もしも自分でつける場合には、事前に菩提寺に確認したほうが無難でしょう。

戒名を付けないのはアリ?

先ほど書いたように、戒名は生前、死後は別にして、仏の弟子になったことによって名づけられるものです。
したがって自分は無宗教で、死後の世界など信じない、という場合は戒名をつけなくても問題ありません。

またキリスト教神道を信仰している場合も戒名はあえてつける必要はありません。

戒名の付け方

では自分で戒名をつける場合にはどのような点がポイントなのでしょうか。

自分で戒名をつける場合のポイント

戒名を自分でつける場合のポイントは以下のようなものです。

戒名の構成は

戒名は院号、道号、狭い意味での戒名、位号から構成されています。
たとえば「清明院浄心明照居士」の場合は、

清明院:院号
浄心:道号
明照:戒名
居士:位号

となります。ですから自分で戒名をつける場合もこの構成にすれば良いでしょう。

院号は架空の寺名でつける

そもそも院号とは退位した天皇の住まう宮殿を指し、それがその元天皇の呼称になっていました。
歴史上名高い、「後鳥羽院」や「後白河院」などはそれです。
ですので、自分で戒名をつける場合に、院号を入れたいときには、故人が住まうことを想定した宮殿や寺院の名前にすればよいでしょう。

道号には個性や人柄、職業を反映させる

道号は本人の人柄や性格、仕事、趣味などを反映したものです。
たとえばトンチで有名な一休禅師は、戒名は本来「宗純」です。
一休とは道号で、一休禅師の悟りの境地を表したものです。

道号の例としては、たとえば真面目な人であれば「誠岳」、優しい人であれば「優雲」などが考えられます。

戒名には自分の名前から1字とる

狭い意味での戒名は先ほど書いたように2文字でつけます。
最も簡単なつけかたは、自分の名前から1文字、尊敬する人から1文字とってつける方法です。

あるいは自分の文字と、仏や経典から1文字取っても良いでしょう。
たとえば阿弥陀如来を信仰していたら「慈」、大日如来であれば「照」です。
また真言宗に帰依していたら「真」、浄土宗であれば「浄」とつけるのも方法です。

浄土宗など宗派による戒名の違い

また帰依している宗派によって、独特の戒名のルールがあります。

たとえば浄土宗では院号の代わりに「誉号(よごう)」をつける場合があります。
誉号をつける場合は、「~誉+戒名」になります。

浄土真宗では法名の上に「釈号」をつけ 「釈+法名」となります。

さらに日蓮宗の場合は院号の代わりに「日号」をつけ、「~日+戒名」になります。

戒名生成アプリ「戒名メーカー」でつけてもOK

基本は戒名は自分で自由につけても全く問題がないものですが、しかし何かのガイドラインがなければつけにくいという場合もあるでしょう。
そんな人のために、スマートフォンでダウンロードできる「戒名メーカー」というアプリがあります。

戒名メーカーとは

戒名メーカーと言うアプリは、戒名の自動生成をメイン機能とするものです。
この機能のほか、戒名の編集、つけた戒名の管理、そして戒名を名づけた証明の戒名授与証書も作成、印刷できるものです。

作成したも戒名を、白木の位牌に印刷をして使うことも可能です。
ですから実は戒名メーカーは本職の僧侶にも活用されています。

戒名メーカーの機能

戒名メーカーが優れているのは、戒名を宗派に対応してその宗派のルールに沿って自動でつけることができるという点です。
したがって一般的な「~院~居士」というものをつけられますし、浄土真宗の「釋~」にも日蓮宗の「~日~」にも対応しています。

また通常は高額なお布施を納めないとつけられない「~院居士」などの院号もつけられます。

また自動で選ぶ漢字はその漢字の語感や読み方を考慮して選ばれますから、戒名として全く違和感がありません。
もちろんその中に生前の名字や、名前を組み込むことも可能です。

さらにいったんつけた戒名の道号だけを変える、誉号を付け加えるなども自由自在です。
もちろん、仏教のルールを踏まえて自動生成されるので、忌み嫌われる漢字は除外されます。

あえて禁忌である文字をつけるということも可能です。

戒名メーカーは位牌にもなる

さらに戒名メーカーには簡易位牌機能もあります。
これは何かと言うと、作成した戒名を画面上の位牌のフォーマットで表示させることができるという機能です。

したがって葬儀の時に位牌を作らなくても、スマートフォンに戒名を表示させ、墓前に置いておいても成立するのです。
また表示に併せて、木魚を鳴らしたりする機能もついています。

戒名メーカーのダウンロート

戒名メーカーは「GooglePlay」でも「AppStore」でもダウンロードできるので、Andoroidスマートフォンでも、iPhoneでも使えます。
もちろんパソコンでも使えます。

ダウンロードURL:GooglePlayAppStore

広告枠

安い費用で戒名を付けるには

自分で戒名をつけずに僧侶に授けてもらった場合、その戒名のランクによっては相当の費用がかかります。
しかし戒名を安い費用で授けてもらうということも可能です。

戒名の相場は

そもそも戒名を授けてもらう一般的な相場は、葬儀での読経のお布施と合計して、10~30万円です。
しかし院号がついたり、位号を「居士」などにした場合、戒名のランクは上がり、その分お布施も高額になります。
場合によっては70万から100万円以上請求されます。

葬儀や法要を頼まずに戒名だけお願いすることはできる?

この戒名料としてのお布施を安くしたいと思ったら、読経を除いて戒名だけを授けてもらうと言う方法が良いでしょう。
その場合のお布施は3万~5万円と格段に安くなります。

菩提寺ではないところに戒名をつけてもらう方法も

また戒名は自分の家の菩提寺以外につけてもらうことも可能です。
たとえばネット上で見つけることができる、戒名だけをつけてくれる業者などに頼んでもよいでしょう。

ただし先ほど書いたように菩提寺によっては、自分のところでつけていない戒名の遺骨の埋葬を拒否する場合もあるので、事前に確認が必要です。

まとめ

葬儀を行った時に、意外に大きな費用となるのが戒名をつけてもらうお布施です。
ですから葬儀の費用を安くしようと思ったら、戒名を自分でつけるという方法が有力な選択肢でしょう。
また生前に自分の戒名を自分でつけてしまえば、本当に自分らしい、自分の好きな戒名をつけることができます。

このような理由で戒名を自分でつけるという場合には、以上の解説を参考にしてください。