改葬(お墓の引っ越し)に必要な費用は?

改葬(お墓の引っ越し)に必要な費用は?

遺骨を今までのお墓から新しいお墓に移すことを改葬といいます。

近年、遠い田舎にあるお墓を近くに改葬する人が増えています。これから改葬しようと考えている人も多いと思いますが、改葬にはどの程度の費用がかかるのでしょうか。

墓じまいの無料お見積り・ご相談はこちら >>

今あるお墓の処分にかかる費用

改葬にかかる費用は、「今あるお墓を処分するための費用」「新しいお墓に移すための費用」に分けることができます。今あるお墓に関しては、次のような費用が必要になります。

改葬手続きに必要な費用

  • 埋葬証明書:400円~1,500円/1通
  • 改葬許可証:0円~1,000円/1通

埋葬証明書は今の墓地の管理者(寺院や霊園など)から、改葬許可証は今の墓地がある市町村役場で発行してもらいます。手数料は自治体や寺院・霊園によって違います。自治体によっては遺骨1体につき1通が必要なところもあります。

墓じまいに必要な費用

墓石解体のイラスト

  • 墓石処分・区画整理費用:10万円~15万円/1㎡
  • 遺骨取り出しの費用:0円~4万円/1体

墓地を使わなくなる場合、墓石を処分し、区画を更地にして返却しなければなりません。
墓石を処分して、区画を墓地の管理者に返還することを「墓じまい」といいます。
墓じまいの費用の目安は1㎡あたり10万円~15万円とされます。
ただし、重機が使用できるか、鉄筋コンクリートの基礎があるかといった諸条件により、さらに高額になることがあります。

遺骨の取り出しは、自分で行う場合は費用がかかりません。
しかし、納骨室の蓋は非常に重いため、遺骨の取り出しは墓石解体工事を行う石材店や霊園が行うことがほとんどです。

改葬時の僧侶へのお布施

墓前法要のイラスト

  • 閉眼供養のお布施:5千円~1万円
  • 離檀料:寺院による

お墓を撤去する際には、閉眼供養をして魂を抜き、ただの石に戻します。

改葬に当って檀家を離れる場合、「離檀料」が必要になるケースがあります。たまに高額の離檀料を請求されたという話もありますが、必要ないというケースもあり、寺院によって考え方が大きく違います。
事前にご住職や檀家総代さんに相談するとよいでしょう。

ただ、先祖から長年お世話になってきたという感謝を込めて、ある程度のお布施はしたほうがよいかもしれません。閉眼供養のお布施を含めて10万円から20万円というのが一般的な相場とされています。

永代供養墓に移すための費用

少子高齢化や核家族化が進む中で、お墓の管理者や承継者がいなくなったため永代供養がついているお墓への改葬を選択する方が増えています。

永代供養とは、遺族に代わってお寺や霊園などの管理者が、お墓の維持管理や供養を行ってくれることです。
永代供養のついたお墓には、屋内で遺骨を安置する納骨堂や石の代わりに樹木をシンボルとした樹木葬など様々なタイプがあり、種類によって費用相場も異なります。

納骨堂の費用相場

納骨堂とは、遺骨を収蔵する施設です。
納骨堂は大きく分けて、ロッカー式、自動搬送式(マンション型)、仏壇型の3種類があります。
費用相場はおおむね以下のようになります。

納骨堂のタイプ イラスト 収容人数の目安 永代供養(使用)料 年間管理費
ロッカー式 ロッカー式納骨堂イラスト 2-4人 50-100万円 5千~1万2千円程度
自動搬送式
(マンション型)
自動搬送式納骨堂イラスト 8人 80-120万円 1万2千~2万円程度
仏壇式 仏壇式納骨堂イラスト 4-10人 100-200万円 1万2千~2万円程度

ロッカー式納骨堂

ロッカー式納骨堂は、ロッカーのように前面に扉が設けられた棚に、骨壺に入った遺骨を収蔵するものです。
ロッカー式といってもその実態は簡素なものではなく、扉に装飾が施された華美なものが多くあります。

費用相場は、50-100万円です。
納骨堂の中では一番お求めやすいタイプです。

ただし、同じ棚でも区画の位置によって費用が異なることがあります。
一番お参りしやすい目線の高さにある区画は、価格が高めに設定されることが多く、それに対して、一番上や一番下の段は他の区画に比べて安めになっていることがあります。

収蔵人数に制限があり、2~4人で使用できるところが多く、ご夫婦や1家族での利用に向いています。

ほとんどの場合、個別の区画での収蔵に期限が設けられており、期限後は合祀(合葬)墓に移されます。
期限は納骨堂によってそれぞれですが、期限が長いほど費用も高くなります。

自動搬送式(マンション型)納骨堂

自動搬送式(マンション型)納骨堂は、お参りの際にタッチパネルにICカードを近づけると、故人の遺骨がバックヤードから参拝スペースまで自動で運ばれてくるものです。
自動搬送式の納骨堂は、高層ビルのような外観をしていることが多いため、「マンション型」とも呼ばれます。

駅から徒歩圏内など、アクセスの良いのが特徴です。

費用相場は、80~120万円です。
価格には、永代使用料、永代供養料、彫刻料、遺骨を収蔵する入れ物(厨子)の料金、参拝に必要なICカードの料金などが含まれます。

バックヤードがある分収蔵人数が多く、8人で使用できるところもあります。
ロッカー式同様、個別での遺骨の収蔵に期限が設けられているところもありますが、年間管理費を支払い続ける限り個別で収蔵してくれるところもあります。
そのため、家のお墓としての使用にも問題ないでしょう。

仏壇式納骨堂

仏壇式納骨堂は、区画ごとに1つの仏壇が割り当てられているものです。
多くの場合、上段が仏壇、下段が遺骨の収蔵スペースになっています。
家の仏壇に手を合わせるようにお参りをします。

費用相場は、100-200万円です。
納骨堂の中で一番費用が高めなタイプです。

遺骨の収蔵スペースが大きいため、4~10人で使用することができ、家のお墓としての利用にも向いています。

ただし、他のタイプの納骨堂に比べて、宗教宗派が問われる場合があります。
仏壇式の納骨堂を検討する場合は、宗教宗派に縛りがないか確認しましょう。
近くの納骨堂を探してみる >>

樹木葬の費用相場

樹木葬とは、石の代わりに樹木や花をシンボルとしたお墓です。
樹木葬は埋葬方法によって費用相場が大きく変わります。
埋葬方法には、「合葬型」「集合型」「個別型」があります。

樹木葬のタイプ イラスト 収容人数の目安 永代供養(使用)料 年間管理費
合葬型 合葬型樹木葬のイラスト 1人 10~20万円程度 0円
集合型 集合型樹木葬のイラスト 1~4人 20~100万円程度 0~5千円程度
個別型 個別型樹木葬のイラスト 1~6人 50~100万円程度 0~5千円程度

合葬型樹木葬

合葬型樹木葬は、1つの区画に不特定多数の人が一緒に埋葬されているタイプです。
共同の参拝スペースにて、お参りをします。
費用が最も抑えられるタイプで、費用相場は、1人あたり10~20万円程度です。
費用を極力抑えたい方におすすめです。

集合型樹木葬

集合型樹木葬は、1つのシンボルの周囲に複数の区画を設けたタイプです。
多くの場合、区画ごとに家名などが書かれたプレートが置かれており、どこに故人が眠っているのかわかるようになっています。
合葬型同様、共同の参拝スペースでお参りをします。

費用相場は、20~100万円程度です。
使用人数が多くなるほど費用は高くなる傾向があり、最大で4体まで埋蔵できるところもあります。
夫婦や1家族での使用に向いています。

個別型樹木葬

個別型樹木葬は、区画ごとに1つのシンボルがあり、その根元に埋葬するタイプです。
墓石のお墓と同じようにお参りできます。

費用相場は、50~100万円程度です。
花や樹木の他に小さな石碑を建てるものもあるため、費用は高めです。

集合墓に比べれば1~6人と埋蔵人数が多いですが、基本的にご夫婦や1家族での使用に向いています。

近くの樹木葬を探してみる >>

合祀(合葬)墓の費用相場

合葬墓・合祀墓のイラスト
合祀(合葬)墓とは、1つの大きいお墓に、複数の人の遺骨をまとめて埋葬するものです。
合祀とはもともと、神道の用語で、複数の神や霊を合わせて祀るという意味の言葉でした。そこから仏教式のお墓で遺骨を合同で埋葬することも合祀と呼ぶようになっています。
自治体が運営する墓地では、「合祀」は特定の宗教の用語なので、「合葬」と呼ばれることが多いです。

合祀(合葬)墓の費用相場は、1人10万円~30万円程度です。
公営の霊園では、1万円台のところもあります。
一番費用が安いお墓といえるでしょう。

近くの合祀(合葬)墓を探してみる >>

新しい墓石のお墓に移すための費用

承継者の問題がなく、家のお墓を代々受け継いで行きたいという方には、新しい墓石のお墓に遺骨を移すことをおすすめします。

永代供養墓は、多くの場合、納骨できる人数に限りがあります。
そのため、家のお墓としての使用には向いていないものも多くあります。

また、使用人数が多くなるほど費用が高くなるため、大人数で使用するケースでは、一般的な墓石のお墓にした方が安く済むこともあります。

新しい墓石のお墓に移す費用は、一般的な新しいお墓を建てる場合とだいたい同程度と考えてよいでしょう。
以下のような費用が必要です。

新しい墓石の建立費

墓石のお墓のイラスト

  • 墓地代+墓石工事費:100万円~300万円

新しいお墓を建てる場合、その建立費が必要になります。どのようなお墓を建てるかによって大きく違ってきます。石のお墓ではなく、納骨堂や樹木葬といった選択肢もあるでしょう。

元のお墓の墓石を使う場合、墓石代は不要になりますが、運搬費がかかります。距離や棹石の大きさによって20万円~100万円と違いが大きく、場合によっては新しい墓石を建てるより高くなることもあるようです。

また、すでにあるお墓に改葬する場合、この金額は不要です。

納骨に関わる費用

  • 納骨費用:0円~3万円程度/1体
  • 開眼供養のお布施:3万円~5万円
  • 戒名料:寺院による
  • 事務手数料:数千円(霊園による)

改葬先が寺院墓地の場合、以前と違う宗派になると新たに戒名や法名をつけるよう求められる場合があります。また、新たに檀家になるため入檀料が必要になることもあります。

事務手数料は霊園に支払う手数料で、金額は霊園によって違います。

近くの墓地を探してみる >>

まとめ

改葬にかかる費用について解説しました。

今あるお墓の処分にかかる費用は、そこまで大きく費用が変わることはありません。
それよりも、お墓から取り出した遺骨の引っ越し先をどうするのかによって費用は大きくかわります。
次のお墓も家墓として使用するなら、一般墓か自動搬送式などの収蔵人数の多い納骨堂が向いています。
承継者が途絶えてしまい、夫婦や1家族だけが使用するお墓なら、樹木葬やロッカー式の納骨堂がおすすめです。

お墓さがしでは、ご条件に合った改葬先のご案内や墓じまいの無料見積もりサービスを承っています。
改葬でお悩みの方はぜひご相談ください。

墓じまいの見積もりサービスに相談してみよう

お墓さがしでは、墓じまいをパック料金で承っています。
お見積り・ご相談を完全無料で承っていますので、お気軽にご相談ください。

墓じまいお見積もりサービス