チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • エリアから霊園・墓地を探す

  • 関東の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 川口市の霊園・墓地の平均価格

    • 一般墓地
      179.3万円~
    • 永代供養
      38.3万円~
    • 納骨堂
      127.5万円~
    • 樹木葬
      47万円~
  • 川口市の墓地・霊園で よくある質問

  • 川口市の 霊園・墓地事情

    POINT!

    • 川口市の個人墓地を除いた墓地は184件(2018年度末時点)
    • 人口・高齢化率がともに微増傾向で、墓地需要も増えると考えられる

    川口市は、埼玉県内でさいたま市に次いで人口が多い都市です。
    川口市の人口はここ数年微増傾向にあり、2021年の統計では約60万人です。
    加えて、高齢者の割合も微増の傾向で、高齢化率は2021年1月1日時点で21.96%です。
    こうした状況から、川口市では墓地の需要は高まっていくと考えられます。
    実際、川口市では2002年以降、13の霊園と2つの納骨堂に経営許可を出し、合計で11,842区画の供給が開始されました。
    参考:かわぐちの人口
    参考:平成14年度以降に経営許可した墓地・納骨堂(川口市で許可)

    厚生労働省の統計によると、川口市内の墓地の総数は、243件です。このうち個人墓地が59件なので、一般に公開されている墓地は184件と考えられます(2018年度末時点)。
    参考:「衛生行政報告例 / 平成30年度衛生行政報告例/ 統計表/ 年度報」

    川口市の墓地・霊園の特徴

    POINT!

    • 川口JCT周辺に民営霊園が集中している
    • 民営霊園も寺院墓地も永代供養墓を併設するケースが増えている
    • 市営霊園もあるが、一般墓所の随時募集はしていない

    川口市は民営霊園の開発が進んでおり、その多くは川口JCT周辺にあります。
    ほとんどが公園風の都市型霊園で、芝生墓所やゆとり墓所など区画の種類も多様です。
    一般墓の他に永代供養墓も盛んに造られており、墓石のお墓を含め、全区画に永代供養がついている霊園も登場しています。

    一方寺院墓地もまだまだ根強く、市内にまんべんなく分布しています。
    檀家墓所ももちろんありますが、民営霊園同様、宗教不問で利用できる永代供養墓も増えてきました。

    この他、市営霊園が1つありますが、一般墓所の随時募集はされていません。
    霊園内の納骨壇は空きがあれば利用できますが、一時預かりを前提としているので、お墓としては利用できません。

    川口市のお墓の特徴

    POINT!

    • 一般墓の他にも永代供養墓が多く造られている
    • 永代供養墓は樹木葬や合葬墓など多様
    • 永代供養付きの一般墓もある
    • 種類を問わずペット対応のお墓もある

    墓石を建てる一般墓もさることながら、継承不要の永代供養墓も多く造られています。
    永代供養の種類は樹木葬や合葬墓、少人数用の小さなお墓など多様で、一般墓の永代供養付き区画も登場しました。埼玉県内では珍しい納骨堂もあります。
    お墓の種類を問わず、ペット対応の墓地もあります。

    川口市の一般墓の特徴

    POINT!

    • 区画面積はおおむね0.8㎡前後で販売されている
    • お墓の形は民営霊園では洋型、寺院墓地では和型が中心

    一般墓の区画はおおむね0.8㎡前後の区画面積で販売されています。
    より小さい区画では0.3㎡、より広い区画では3.0㎡などの区画を用意している場合もあります。
    お墓の形は、民営霊園では現代風の洋型、寺院墓地では昔ながらの和型が中心です。
    また、永代供養付きやペット共葬区画を設けるなど、現代の傾向に合わせたお墓も増えています。
    やはり郊外に比べると価格帯はやや高めで、仮に0.8㎡の区画でお墓を建てるなら、土地と墓石を合わせて120万円以上は見る必要があるでしょう。

    川口市の樹木葬の特徴

    POINT!

    • 山林で土に還す従来の樹木葬のスタイルとは異なる
    • 花壇のような区画に骨壺で埋蔵するタイプが主流
    • 最終的に合葬になる場合が多い点に注意
    • 4~6霊など大人数で個別区画を利用できる樹木葬もある

    川口市の樹木葬はほとんどが都市型のものです。
    山林に埋葬したり、1区画に1本の樹木を植えるような従来のイメージとは異なり、草花を植えた花壇のようなところに納骨室を設け、骨壺で埋葬します。
    多くの場合で個別区画の使用期限が定められており、期限後は合葬墓に移されます。
    この場合、遺骨は個別で土に還ることはありませんので、ご注意ください。
    おひとり様用やご夫婦用の他、4~6霊など大人数で入れる樹木葬もあります。

    川口市の納骨堂の特徴

    POINT!

    • 埼玉県内では貴重な宗教不問の納骨堂がある
    • 形式は棚のような区画に骨壺を納めるロッカー式
    • 継承不要だが、年間管理費を納める限り利用できる

    川口市には、埼玉県内では貴重な宗教不問の納骨堂があります。
    ロッカー式の納骨堂で、夫婦や家族で利用できます。
    必ずしも継承する必要はありませんが、一般墓同様、年間管理費を納める限り利用することができます。

    川口市のお墓の価格

    川口市でお墓を用意する場合、相場はおおむね以下の通りです。

    • 一般墓(墓石のお墓):100~250万円程度
    • 永代供養墓:15~100万円程度
    • 樹木葬:20~90万円程度
    • 納骨堂:50~200万円程度

    川口市のお墓のアクセス

    POINT!

    • 民営霊園はおおむね「新井宿駅」または「戸塚安行駅」の徒歩圏内にある
    • 寺院墓地もおおむね電車やバスでアクセスできる
    • ほとんどの墓地に駐車場がついているので、車でもアクセスできる

    前述のとおり、民営霊園は川口JCTの周辺に集中しているので、おおむね「新井宿駅」または「戸塚安行駅」の徒歩圏内にあります。
    寺院墓地も鉄道沿線や市街地、住宅街などにあるので、やはりほとんどの場合で電車やバスでアクセスできます。
    いずれもほとんどの墓地に駐車場があるので、車でもお参りに行けます。

    川口市にある公営墓地

    さいたま市にある公営墓地は、以下の1つです。

    • 川口市安行霊園

    川口市安行霊園は随時募集はしておらず、市が発表する募集期間に限り、利用申し込みができます。
    ただし、使用者は抽選で決まるので、申し込んだからといって必ずしも墓地を使用できるとは限りません。
    また、安行霊園には納骨壇がありますが、使用期限は1~3年と短く設定されています。正式なお墓が決まるまでの暫定の安置場所になるので、永代供養墓として納骨堂を探している方にはおすすめしません。

  • 川口市の霊園・墓地に関する お役⽴ちコラム