チェックした霊園をまとめてお問い合わせ
  • 区画タイプから霊園・墓地を探す

  • 運営形態から霊園・墓地を探す

  • 宗旨・宗派から霊園・墓地を探す

  • 特徴から霊園・墓地を探す

  • エリアから霊園・墓地を探す

  • 関東の都道府県から霊園・墓地を探す

  • 世田谷区の墓地・霊園で よくある質問

  • 世田谷区の 霊園・墓地事情

    世田谷区は東京23区の南西部に位置する区であり、人口が約90万人を超え、政令指定都市のうち、静岡市から北九州市までの8年の人口を上回るほどとなっています。

    都内では、人口と世帯数が第1位、人口密度は第4位となっています。面積は1990年代までは都内で最大でしたが、現在は大田区に次ぐ第2位となっています。

    区内の地目別土地面積の9割以上が住宅地区となっており、商業地はあまり多くありません。

    また、都内では珍しく国分寺周辺では樹林や湧水など豊かな自然が残っています。その環境と景観を保全するために、区では複数の条例を制定し、世田谷区の自然を守っています。

    都心から放射状に鉄道が通っており、鉄道間の連絡や各駅と住宅地を結ぶようにバス路線が走っており、区内のどこへ行くにしても公共交通機関で気軽にアクセスができます。

    世田谷区の墓地・霊園の特徴

    世田谷区は、都内でも人口がかなり多い地域であり、日本で見ると人口密度は非常に高い地域となっています。

    そのため、区内にあるお墓はあまり敷地面積が広くなく、区画あたりの面積が0.5㎡以下の区画が大半となっています。

    お墓の種類としては寺院墓地や共同墓地が大半であり、民営公営問わず霊園の数はあまり多くありません。区画タイプとしては一般墓地の数が最も多く、次いで永代供養タイプの墓地数が多く、納骨堂や樹木葬はあまり多くありません。

    エリア別に見ると、世田谷区にあるお墓は宮内全域に点在する形で存在しています。

    世田谷区は都内でも公共交通機関がかなり発達している地域であるため、電車でかなりの場所に行くことができます。また、駅が周囲にない場合でもバスが至る所にとっているため、アクセスに困ることはほとんどないでしょう。

    世田谷区のお墓の特徴

    世田谷区では90万人以上の人が生活しており、その生活様式は多岐にわたるため、お墓の種類も墓石を建てる一般的な墓から、永代供養タイプのお墓、樹木葬や納骨堂など様々な種類のお墓があります。

    世田谷区内にあるお墓の大半が宗派が自由な場所が多いため、宗派を気にせずどなたでも気軽にご利用できます。
    また、大半のお墓に駐車場が完備されているため、電車やバスのアクセスがよくない地域であっても車を使うことで安心してお参りに行くことができます。

    運営形態としては寺院墓地や共同墓地の方が霊園の数よりも圧倒的に多く存在しています。

    世田谷区の一般墓の特徴

    世田谷区は、基本的に区内全域の人口密度が非常に高いです。

    そのため、区内でお墓を探す場合はあまり区画面積が広くないため、広々とした場所でゆったりと先祖を祀りたい方は近隣の地域で探す必要があります。

    形式としては寺院墓地の数がかなり多く、公園風の霊園の数はとても少なくなっています。寺院墓地の多くは、基本的にそのお寺の宗派の人でないと利用することができないですが、中には寺院墓地であっても宗派が自由な場所もあります。

    また、元から宗派が自由な霊園も存在しているため、宗派が原因で墓地が見つからない、といったことはあまりないでしょう。

    世田谷区内にある一般墓は全域に点在しており、ほとんどの墓地が電車で気軽にアクセスすることができます。また、バスも至る所に通っているため、ご自宅の近くから墓地まで気軽にアクセスすることができます。

    世田谷区弦巻にある世田谷やすらぎ墓苑では、東急世田谷線「世田谷駅」より徒歩約7分と非常にアクセスのいい場所にある一般墓です。手入れの行き届いた豊富な植栽や、レンガを敷き詰めた明るい参道が特徴の美しいいガーデニング霊園となっています。
    墓域は平坦なバリアフリーで水場や休憩スペースが備わっており、お参りのしやすい一般墓と言えます。
    また苑内では、ヒーリングのBGMが流れているため、リラックスした気持ちで故人と向き合うことができます。

    世田谷区の一般墓の価格としてはおよそ30万円から利用できる墓地があり、日本全体の相場から見ると少々高い場所が多いかもしれません。

    世田谷区の永代供養墓の特徴

    世田谷区では、跡継ぎ不要の永代供養式のお墓は一般墓と比較して少し劣りますが比較的多く存在しています。また、区内の全域に点在する形で存在しています。

    世田谷区赤堤にある即法寺 永代供養墓は、東急世田谷線「松原駅」から徒歩6分、小田急線「経堂駅」から徒歩8分、京王線「下高井戸駅」からでも徒歩12分と3路線からアクセスができる非常に立地のいい永代供養墓です。
    便利な立地にありながらも、寺院周囲は閑静な住宅街なため、静かにお参りができます。

    即法寺では、昨今の核家族化、少子高齢化に伴うお墓の承継者不足という問題を受けて、「彌勒殿」「やすらぎ」「やすらぎ五輪塔」という3タイプの永代供養付き墓所を用意し、様々なニーズに答えることができる墓地となっています。

    世田谷区内の永代供養墓の価格としてはおよそ10万円から利用できる墓地があり、比較的安価に永代供養墓を利用することが出来ます。

    また、宗派自由な永代供養墓が多いため、宗派が理由で寺院墓地を利用することが出来ないといった方も安心してご利用いただけることが多いです。

    世田谷区の樹木葬の特徴

    世田谷区にある樹木葬は数がそれほど多くなく、北烏山や弦巻に集中して存在しています。

    世田谷区弦巻にある世田谷やすらぎ墓苑 花壇葬セレナージュは、東急世田谷線「世田谷駅」より徒歩約7分と非常にアクセスのいい樹木葬です。美しい花々に囲まれて眠る跡継ぎ不要の樹木葬であり、区画は1名様用から4名様用まであり、様々な世帯の方が利用できます。

    世田谷区の樹木葬の中には管理費がかからないタイプの樹木葬もあるため、家族への負担を残さずに祀ることができます。利用人数や安置方法によって異なるプランも用意されているため、豊富な選択肢から選ぶことができます。

    世田谷区内の樹木葬は、いずれも駅からのアクセスが非常にいい場所にあるため、思い立った際に気軽にお墓参りに行くことができます。また、少々駅から離れている場合も駅から送迎バスが出ていることが多いため、安心してお墓参りに行くことができます。

    世田谷区内の樹木葬の半数近くは、宗派不問の樹木葬なため、どなたでも気軽にご利用することが可能です。

    費用としては最も安い場所で28万円から利用できる場所もあるため、比較的安価に樹木葬を利用することが出来ます。

    世田谷区の納骨堂の特徴

    世田谷区にある納骨堂の数はあまり多くなく、樹木葬と同様に、北烏山や弦巻に数件ある程度です。そのため、区内で納骨堂をご希望の方はあまり選択肢は多くないです。

    世田谷区弦巻にある常在寺 納骨堂は、東急世田谷線「世田谷駅」徒歩7分と非常にアクセスのいい場所にある納骨堂です。1506年に創建された由緒ある納骨堂であり、常在寺境内には「名残常盤記」で有名な常盤姫の墓や、守り本尊鬼子母神が安置されています。

    世田谷区にある納骨堂はいずれも駅から近い場所にあるため電車で気軽にアクセスすることができます。

    納骨堂の多くは継承者を必要としない永代供養墓であるため、後継ぎが不安な方やお子様に負担をかけたくない方でも安心してご利用いただけます。

    世田谷区の納骨堂の費用の目安はおおよそ20万円からご利用いただけます。
    中には管理費が不要な納骨堂もあるため、追加の費用が心配な人にもおすすめできます。

    屋内式の納骨堂も存在しているため、季節や天候に左右されず気軽にお墓参りに行くことができます。また、お墓の他、法要施設や礼拝施設があり、お墓参りから法事までワンストップで対応できる納骨堂もあります。

    世田谷区のお墓の価格

    世田谷区内でお墓を用意しようとした際の相場としてはお墓の種類別におおむね以下の通りになっています。

    • 一般墓(墓石のお墓):100万円〜250万円程度
    • 永代供養墓:10万円〜180万円程度
    • 樹木葬:28万円〜60万円程度
    • 納骨堂:20万円〜80万円程度

    世田谷区のお墓のアクセス

     
    世田谷区にあるお墓はいずれも駅から近いため、アクセスは非常に良いです。
    少し駅から外れていたとしても、区内の全域にバスが張り巡らされているため、気軽にお墓参りに行くことができます。

    電車でアクセスする場合は東急田園都市線や東急大井町線、小田急線などから徒歩で行ける距離にあるお墓が多いです。

    世田谷区にある公営墓地

    世田谷区には公営の墓地がなく、そもそも東京都内の公営墓地の数は非常に少ないです。
    都内にある都立霊園は以下の通りです。

    • 雑司ヶ谷霊園
    • 青山霊園
    • 谷中霊園
    • 染井霊園
    • 八柱霊園
    • 小平霊園
    • 八王子霊園
    • 多摩霊園

    東京都の人口から考えると都立霊園の数は非常に少ないため、どうしても公営墓地を利用したいという方は東京以外の近隣地域で探す方が効果的かもしれません。

    民営の墓地と比較するとその数は少ないですが、公営墓地は宗派不問の場所が多く、民営墓地ではお墓を建てられない、といった方にとっては貴重な存在です。

    また、都立霊園を利用するためには居住要件や遺骨の有無などが要件に入ります。霊園や区画によって若干異なるので、その年の募集のしおりを確認しましょう。

    世田谷区のお墓参りの風習

    全国的にお盆の時期は8月の中旬であることが多いですが、実はお盆には旧盆と新盆の2種類のお盆があるのです。
    8月のお盆は旧盆と呼ばれ、7月中旬のお盆は新盆と呼ばれます。
    世田谷区を含む東京都では新盆が主流と言われており、お盆の時期は7月中旬とされることが多いです。

    歴史を遡るともともとは7月15日がお盆だったのですが明治時代に改暦が行われ、日本の多くの行事が30日遅れとなりました。
    その流れでお盆も8月15日となったのですが、関東地方の一部では今でも新盆の7月15日をお盆としている地域が残っています。

  • 世田谷区の霊園・墓地に関する お役⽴ちコラム