お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

先祖代々のお墓には誰が入れるの?娘や次男の場合は

お墓には誰が入れるの画像トップ

自分はどこのお墓に入るのだろうか?

次男や娘の立場にある人は、一度は考えたことはあるのではないでしょうか。
ましてや結婚する予定がない、子どもがいないとなると、家墓に入れるのかは気になるところです。

先祖代々のお墓には誰が入れるのか。
家墓に入れなかった場合はどうするのか。

今回はそんな疑問にお答えしていきます。

1.「先祖代々之墓」には誰が入れるの?

先祖代々の墓と言えば、一般的には長男が承継していくイメージがありますよね。
長男以外の人がお墓を継いだり、長男とその家族以外がお墓に入ることはできるのでしょうか。

以下では、法律や慣習の観点から、誰がお墓に入れるのかを解説します。

1-1.法律では決まっていない

お墓には誰が入れるのか?
このことについて規定する法律は何らありません。

ではお墓の継承者についてはどうでしょうか。
また、お墓の継承については民法で以下のように規定されています。

民法(897条)
「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、相続分の規定によらず、慣習に従って祖先の祭祀を主催すべき者がこれを承継する。但し、被相続人の指定に従って祭祀を主催するべき人があるときは、その者が承継する」

ここから見ても、お墓の承継者を長男に指定するような文言はありません。

法律上、誰がどのお墓に入るかや、誰がお墓を誰が継承するのかは決められていないのです。

1-2.慣習では永代使用者とその家族が入る

実のところ、お墓に関しては慣習による取り決めが多く存在します。
慣習では、お墓には長男とその家族が入るのが一般的です。
次男・三男は分家の初代としてお墓を立て、長女・次女は婚家のお墓に入ります。

お墓には誰が入れるの画像1

現在では一般的になった「先祖代々之墓」は、明治の終わり以降に普及しました。

明治時代には「家制度」が制定され、戸主が一家を統率するものとされました。
この制度は江戸時代の武士階級の家父長的な制度に由来するといわれています。
また、本家や分家の考えも、この家制度のもと定められたものです。

こうした中、お墓は父から長男に受け継がれ、本家の家族だけが入るものになったと考えられます。

家制度はすでに廃止されていますので、前述のとおり現在では決まりはありません。
しかし、こういった背景をもとに、現在の慣習が生まれたようです。

では、こういった慣習のもと、長男とその家族以外が代家のお墓に入ることはできるのでしょうか。

1-3.継承者と墓地管理者の合意があれば誰でも入れる

お墓に誰が入れるかについては、墓地の承継者と墓地管理者に制限する権利があります。

お墓の承継者とは、墓地の使用権を継いでいる人です。
墓地の使用権利者がその上にお墓を建てて、これを所有します。

一方、埋葬に関しては墓地管理者の承諾のもと行います。
自分でお墓を所有していたとしても、遺骨を埋葬するときは管理者の許可が必要です。

言い換えれば、墓の承継者と墓地管理者しだいでは、誰でもお墓に入ることができます。

しかし、慣習の例外となる納骨は、承継者も墓地の管理者も嫌がることがあります。
じっくりと話し合って、双方の合意を取り付けましょう。

1-4.一般的な墓地の利用規約

特定の墓地で誰を埋葬できるかは、ほとんどの場合利用規約に定められています。
埋葬の許可はこの利用規約に基づいて出されます。

一般的に、墓に入れるのは「永代使用権者の家族」とされることが多いようです。

この他では、以下のような規定がある場合もあります。

・永代使用権者の家族
・永代使用権者△親等以内の親族
・永代使用権者と苗字が同じ親族
・檀信徒(寺院墓地の場合)

また、平成12年に発行された厚生労働省の「墓地使用に関する標準契約約款」では、「使用者の親族及び縁故者」と記載されています。
「墓地使用に関する標準契約約款」は、厚生省が各自治体に通達した「墓地経営・管理の指針等について」に記載されています。
実際の墓地経営者が使用しているものではないので、参考までにしてください。
墓地経営・管理の指針等について:http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0413-2.html

実際、規約は墓地によって様々に決められています。
必ず規約を確認し、墓に入れるのかが分からない場合は、霊園や墓地の管理者に相談しましょう。
事情によっては、許可が下りることもあります。

2.慣習上の一般的な解釈

基本的には長男とその家族が先祖代々のお墓に入ります。
慣習上、次男や娘が家墓に入るのはNGなのでしょうか。

以下では、場合別に慣習上の解釈を見ていきます。

2-1.次男は本家の墓に入れるか

一般的に、次男や三男は分家の初代として新しいお墓を建てます。
しかし、以下のような場合は本家のお墓に入ることが多いです。

・未婚である
・結婚したが、離婚している
・結婚しているが、子供がいない

お墓には誰が入れるの画像2

既婚で子供がいない場合は、妻と一緒に本家の墓に入ることができます。
逆に、子供がいる場合は本家の墓に入ることは珍しいでしょう。

2-2.娘は実家の墓に入れるか

通常、女性は結婚していれば婚家のお墓に入ります。
以下のような場合ですと、実家のお墓にスムーズに入ることができます。

・未婚である
・結婚したが離婚して、苗字を戻している

お墓には誰が入れるの画像3

離婚した場合も、子どものために苗字を戻さないことがあります。
霊園によっては苗字が違う人の合葬を認めていないことがありますので、確認しましょう。
墓石に現在の姓を別に彫刻するなどの対応が必要になることもあります。

また、子どもが両親どちらの墓に入るかは、本人に決める権利があります。
子どもの墓のことは心配せずともいいでしょう。

2-3.内縁の妻は夫の墓に入れるか

以下のような場合だと、内縁の妻もお墓に入れることがあります。

・夫に正妻がいない場合

お墓には誰が入れるの画像4

親族のみ埋葬できるという規定でも、親族に準ずる者も埋葬して構わないことが多いはずです。
管理者に事情を話せばお墓に入れてもらえるでしょう。
あとは、お墓の所有者次第となります。

また、墓地の経営者は正当な理由なしに埋葬を拒否できないと法律で定められています(埋墓法第13条)。
法律では、内縁の妻を親族に準ずる者として扱うこともあります。
法的な観点から見ても、内縁の妻であることは「埋葬を拒否する正当な理由」に当たらないと考えられます。
管理者側が拒否した場合も、訴訟に持ち込めば勝てる可能性があります。

なお、夫に正妻がいる場合は他の墓を建てるのが無難です。
世間的な倫理観に反するばかりか、家族とや親族とのトラブルは免れません。

内縁の妻のお墓については、こちらもご覧ください。
●事実婚(内縁)のお墓探しに抑えておく3つの事項

2-4.親戚はどこまで同じ墓に入れるか

何親等までの親戚がお墓に入ることができるかは、霊園の規則によります
民営霊園では6親等のところまで入れるところが多いようです。
寺院墓地では2親等、3親等、あるいは1家系と決めているところもあります。

親戚がお墓に入れるかで最も話題に出るのは、叔父・叔母だと思われます。

実家の墓を長男が子どもに承継している場合、甥や姪の一家が管理しているはずです。
叔父・叔母は3親等ですので、墓地の規則から考えても実家のお墓入れることろはそれなりにありそうです。

しかし、自分のお骨のお世話を甥や姪の一家にさせるのは、気が引ける方も多いのではないでしょうか。
管理規則に抵触しないのであれば、あとは甥や姪との関係と自分の心の持ちようです。
やはり実家の墓に入りたいのであれば、お墓を承継している一家に相談してみましょう。

3.一人っ子同士で結婚した場合

お墓には誰が入れるの画像5

一人っ子同士でで結婚したために、1つの世帯に管理するお墓が2つになることがあります。
この夫婦はどちらのお墓に入ることになるのでしょうか。
対応としては以下のようなものが考えられます。

●お墓が2つになった時の対応
・両家墓を作る
・一方を墓じまいする
・他の承継者を探す

3-1.両家墓を作る

両家のお墓をまとめたものを両家墓と言います。
両家墓を作る方法は以下の2つです。

・どちらか一方のお骨を、もう一方のお墓に移す。
・両家のお骨を入れるお墓を新しく建てる。

両家墓を建てると苗字が混在することになるので、
2つの苗字を彫刻します。

両家墓については、こちらもご参照ください。
●両家墓を建てるときの問題点や注意点は?

3-2.一方を墓じまいする

一方を墓じまいすることによって、もう一方のお墓に夫婦で入ります。
墓じまいした際の改葬先は、永代供養墓や合祀などが考えられるでしょう。

どちらか一方のお墓をなくすことになるので、関係する親族とは十分に話し合いましょう。

墓じまいについては、こちらをご覧ください。
●墓じまいをする手順は?必要な手続きや書類をチェック
●墓じまいにまつわるトラブル対策!弁護士の見解も紹介

3-3.他の承継者を探す

本家筋の親戚に相談することで、他の承継者が見つかるかもしれません。
例えば、父の兄弟の一家(叔父一家)が継いでくれることもあるかもしれません。
一方を管理してくれる人が現れれば、もう一方のお墓に夫婦で入ることでまとまるでしょう。

4.お墓に入れる人数は?

お墓にはいったい何人分の遺骨を入れることができるのでしょうか。

お墓にはカロートと呼ばれる納骨スペースがあります。
また、骨壺の大きさも様々です。
何人入れるという決まりはありませんから、カロートと骨壺の大きさ次第で入れる人数は変わります。

目安としては、0.4㎡の一般区画なら1~2体、1㎡なら3~4体程度となります。

もし納骨スペースがいっぱいになってしまったら、どうすればいいのでしょうか?
以下のような方法で、収容数を増やすことができます。

・いくつかのお骨を1つの骨壺にまとめる
・お骨を細かく砕く(粉骨)
・お骨を袋に移したものを、カロートの土が露出している部分に置き自然に返す
・お骨納骨室の土が露出している部分に埋める

5.先祖代々のお墓に入れないときは

お墓の承継者や墓地の権利者と相談したけど、お墓には入れてもらえなさそう・・・
自分の遺骨はどこに入れればいいのでしょうか。
葬儀の後に埋葬先が決まっていないとなると、遺族に手間をかけてしまします。

ここでは本家のお墓以外の埋葬先を紹介します。

5-1.新しいお墓を建てる

本家とは別に、新しいお墓を建てます。
自分も世帯を持っていて、跡継ぎがいる場合はこの方法が一般的です。
本家と同じ墓地に建ててもいいですし、全く違う霊園に作っても構いません。

墓地や霊園の選び方はこちらをご覧ください。
●【迷ったら】霊園・墓地の選び方がコレで分かる!

5-2.永代供養のお墓に入る

跡継ぎがいない場合は、永代供養付きお墓を選ぶのが無難でしょう。
永代供養付きのお墓では、跡継ぎがいなくとも霊園の管理者が供養し続けてくれます。

永代供養のお墓には、以下のようなものがあります。

・樹木葬
木の下で眠る供養の形です。
一般のお墓を建てるよりも相場は安価です。
多くは期限付きで埋葬し、その後合祀されます。
●全国の樹木葬はコチラ

・納骨堂
遺骨を安置する室内墓で、ロッカー式、仏壇式、自動搬送式など、種類は様々です。
こちらも多くの場合期限付きでその後合祀されます。
●全国の納骨堂はコチラ

・永代供養塔/合祀墓
他の遺骨と一緒に保管する施設です。
多くの場合は屋外にあります。
期限付きで個別に埋葬できるものもあります。
●全国の永代供養墓はコチラ

5-3.散骨する

お墓を持たず、海や山にお骨を還すことを散骨と言います。
自然に還りたいという故人の遺志を尊重する形で行われることが多いです。

法律では散骨については明確に定義されておらず、マナーや節度をもって行うものとされています。

金銭的な負担も少なく、跡継ぎも不要というメリットもあります。
しかし、一度散骨してしまうと二度と遺骨を取り戻すことはできないので、慎重に検討しましょう。

散骨については、こちらもご覧ください。
●遺骨を自然に還す「散骨」のメリット・デメリットと問題点

6.誰でも入れるお墓をつくるには?

以上では、先祖代々のお墓には誰が入ることができるのかを述べてきました。

ですが、こんな慣習わずらわしいと感じませんか?

少しずつですが、本家や分家関係なく、一族であればだれでも入れるお墓を作るという動きも出てきました。
これまで述べてきた通り、法律では誰が入るかを取り決めはありません。
ですから、墓地の管理規約が許せば、「一族のお墓」を作ることもできます。

墓石には家名ではなく、「南無阿弥陀仏」などの称名や「ありがとう」「絆」などの言葉を彫刻します。

一族に縁のあったものであれば親等や苗字にかかわらず、誰でも入れるお墓。
こういったものがあれば、自分のお墓への不安も軽くなるかもしれません。

7.まとめ

ここまで、先祖代々のお墓には誰が入れるのかを紹介してきました。
お墓に誰が入れるかについて、法律上の制限はありません。
お墓の承継者と墓地の管理者の承諾さえあれば、誰でも入ることができます。
しかし、根強い慣習を破る場合は、根気強い相談が必要になることもあります。

先祖代々の墓に入れずとも、幅広い選択肢からお墓を選ぶことができます。
入れなくともあまり落ち込まず、自分らしいお墓を探してみましょう。