お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

合葬墓とは?費用相場やメリット・デメリットを解説!

合葬のイメージ1

少子化や価値観の多様化が進んだ現在、かつては代々引き継ぐことが当たり前だったお墓の形も変わりつつあります。
特に、個別のお墓はいらない、お墓に費用をかけたくない、墓じまい後の遺骨の行き先を探しているという方には「合葬墓」が選ばれます。

今回の記事では、近年需要が伸びている合葬墓について解説します。

合葬墓とは何か

合葬墓(がっそうはか)は、血縁関係なく複数の人が一緒に埋葬されるお墓です。
墓石の小屋のようなものを建てて、その中に袋で納骨するか、直接散骨します。
脇や上にモニュメントや石碑が建てられることもあります。

もともとは神道の用語であった「合祀」から借りて、「合祀墓(ごうしはか)」と呼ばれることも多いです。

合葬墓の特徴

合葬墓は、これまで一般的な家墓とは違う特徴がいくつかあります。
合葬墓の特徴について解説します。

他人の遺骨と一緒くたに埋葬される

合葬墓は、血縁関係なく他人と一緒くたに埋葬されるお墓です。
一度納骨したら二度と取り出せなくなることに注意しましょう。

当然家族や縁者だけの墓として使うことはできません。

永代供養がついている

公営墓地を除き、合葬墓には永代供養がついています。

永代供養とは、墓地を管理するお寺が永代に渡り故人の供養をしてくれることを言います。
お寺がお盆やお彼岸の合同法要でお経をあげてくれるので、故人を無縁仏にしなくて済みます。
寺院墓地に限らず、民営霊園の場合も経営主体はお寺になっているので、同様に供養してくれます。

永代供養がついているので、跡継ぎがいない、墓参りに行けないという方も安心して利用できます。

個別のお参りができない

合葬墓では一つの石碑や供物台を共有して使うので、個別でのお参りはできません。

一般的なお墓の場合は墓石の掃除をし、お供え物を供えて合掌します。
対して合葬墓の場合は墓石の掃除はできないのと、供物台が無ければお供えもできません。
共有の供物台がある場合も、お線香が挙げられないなどの制約があることがあります。

合葬墓の費用

合葬墓の費用や内訳について解説します。

合葬墓の費用相場

合葬墓の相場は5~30万円です。
お墓に遺骨を埋葬する場合は最も安く利用できます。

値段は場所によって差があり、自治体が運営する公営墓地の合葬墓の場合は1万円~で受け付けている所もあります。
ただし、公営の墓地は宗教を選ぶことができないため、自治体が定期的に僧侶を読んでお経をあげてもらうということはできません。

費用の内訳

合祀墓の費用には、以下のようなものが含まれます。

永代供養料

永代供養料とは、お寺に永代に渡り故人を供養してもらうための費用です。
各墓地の合葬墓のプランとして提示されている額には必ず含まれます。

戒名料

合葬墓の費用の中に、戒名料を含めることもあります。
こちらは合葬プランとは別途数万円支払うこともあります。

彫刻料

彫刻料とは、合葬墓の隣などに氏名または戒名を刻むプレートとその彫刻代です。
プランの料金に含まれる場合と、別途支払いになることがあります。

また、銘板をオプションとして販売しており、必ずしもつけなくていい所もあります。

合葬墓の銘板彫刻料が別途かかる場合は、2~5万円程度が相場です。

納骨料

納骨料は、お骨をお墓に納める際の手数料です。

合葬墓の場合、納骨は個別ではなく、一定期間お寺や管理事務所に預かり、決まった時期に一斉に納骨します。
なので、多くの場合で合葬墓のプランとして提示されている額に含まれます。

納骨料が別途必要になる場合の費用相場は、2万円前後です。

合葬墓のメリット

合葬墓にはさまざまなメリットがあります。
遺骨を一緒に埋葬するのに抵抗がある人も、合葬墓のメリットを知ることで考え方が変わるかもしれません。
ここでは、合葬墓のメリットについて詳しくご紹介します。

費用が安い

合葬墓の最大のメリットは費用が安いことです。
安い所だと一人当たり5万円程度で納骨でき、供養の方法としては最も安い部類に入ります。

普通のお墓を建てるには、土地と墓石を合わせて100~300万円程度はかかります。
加えて、毎年の管理費も支払います。

対して、合葬墓は5万円~30万円/1人で利用でき、管理料もかかりません。
普通のお墓を持つことに比べ、格段に費用を抑えることができます。

なお、遺骨を郵送して合祀墓に入れてもらう「送骨サービス」を利用すると、1万円から受付けているお寺もあります。

跡継ぎがいなくても利用できる

合葬墓は、墓地の管理者やお寺が手入れするため、お墓の跡継ぎがいなくても納骨できます。
寺院墓地や民営霊園の場合は、管理するお寺が定期的に読経などで供養してくれるため、無縁仏にならずに済みます。

後々の負担が残らない

合祀墓を利用すれば、子どもがいる場合も、お墓の負担を全く残さずに済みます。

合祀墓には年間管理費がかからないため、初期費用を納めればその後の費用負担はありません。
また、お墓の掃除などの手入れも不要です。

合葬墓のデメリット

合葬墓のメリットをご紹介しましたが、デメリットもありますので理解しておきましょう。ここでは、合葬墓のメリットについて徹底解説します!

他人と遺骨が混ざる

合葬墓は納骨室の地面は原則土がむき出しになっており、遺骨はそこに散骨されたり土に還る袋で納骨されます。
袋で納骨する場合もいずれは朽ちるので、合祀墓に埋葬された遺骨は最終的に混ざることになります。

このように他人の遺骨と自分や身内の遺骨が混ざることに抵抗がある方は、合葬墓に向いていません。
ただし、樹木葬の「合葬」といった場合は、個別で土に還す場合もあるので、そちらを検討してもいいでしょう。

納骨後は遺骨を取り出せない

合葬墓に遺骨を埋葬すると、二度と取り出せなくなります。

引っ越すので遺骨も近くに移したい、遺骨の引き取り手が現れたので個別のお墓に埋葬したいといった場合も、合葬墓に入れてしまうとできなくなります。
合葬墓に納骨する際は、慎重に検討しましょう。

親族から反発を招くことがある

合葬墓はまだ一般的なお墓のスタイルではないので、親族や親戚から反発を招くことがあります。

親を合葬墓に納骨した後、叔父や叔母からクレームが来て、「それなら家で引き取ったのに」と言われても後の祭りです。
納骨前には必ず親族に相談しましょう。
跡継ぎがいないという理由で合祀墓を探しているのであれば、親族に引き取り手が現れることもあります。

合葬墓と他の永代供養墓との違い

合葬墓と他の永代供養墓にはさまざまな違いがあります。
ここでは合葬墓と納骨堂、樹木葬についてご紹介しますので、ぜひご覧ください!

合葬墓と納骨堂の違いとは?

納骨堂とは、屋内の専用スペースに遺骨を安置するタイプのお墓です。
納骨堂には、ロッカーのような区画に骨壺を納めるロッカー式や、参拝ブースに機械が遺骨を運んでくる自動搬送式(マンション型)などがあります。

合葬墓との最大の違いはやはり個別安置されることです。
この他、納骨堂は永代供養がついていながら、代々引き継いで行けることもあります。

また、改葬などで大人数を永代供養にしたい場合は、一人一人合葬墓に入れるよりも、納骨堂の複数人区画を使った方が費用を抑えられることがあります。

なお、納骨堂の場合も、一定期間を過ぎた後や跡継ぎがいなくなった時点で、遺骨は合祀墓に移されて供養されます。

合葬墓と樹木葬の違い

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓です。

樹木葬も、個別埋葬や個別区画が主流です。
費用を抑えたいけど遺骨が混ざりがたくないという方は、樹木葬の合祀タイプがおすすめです。

樹木葬の合祀タイプも霊園によってスタイルが違いますが、広い芝生の区画内に個別で遺骨を埋葬し、土に還すスタイルのものだと他人の遺骨と混ざりません。
ただし、樹下の納骨室にまとめて合葬することもあるので、内容は霊園ごとに確認しましょう。

また、4-5人の複数人用の区画を扱っていることもあり、大人数を埋葬する場合は合祀墓や納骨堂より費用を抑えられることがあります。

まとめ

合葬墓の特徴やメリット、デメリットについてご紹介しました。年を重ねるにつれてお墓のことを気にする人も多いです。
また、身近な人は亡くなったときにお墓の種類や手続きに迷う人も多いので、今のうちに終活をしておくのも一つの手段でしょう。

合葬墓は複数人の遺骨を一緒に埋葬するため、デメリットが気になりがちですが、実は半永久的に供養してもらえたり、値段が安いなどのメリットも多いです。
従来の形にとらわれず、自分や家族に合った供養の方法を探しましょう。