お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

公園墓地とはどんなもの?特徴やメリット・デメリット

公園墓地のイメージ1

日本の一般的な墓地は、隣のお墓と近接していて狭い中に苦しそうに墓石が置かれている印象がありませんか。

そのような墓地があまり好きでないなら、公園墓地はいかがでしょうか。
公園墓地ならゆったりとした空間にお墓を作ることができます。

今回の記事では、公園墓地とはどういうものなのかという点について解説して行きます。

1.公園墓地とは?

公園墓地とは、まさに公園のように明るい雰囲気の墓地です。
お墓以外にも広場や花壇、ベンチなど公園のような設備が整っており、設備が行き届いています。
従来の和型のお墓と卒塔婆が並ぶ宗教的な趣とは異なり、明るく自由な雰囲気が特徴です。

また、都市計画法で定められる「墓園」を公園墓地と呼ぶ場合もあるようです。
墓園とは、都市計画法に基づいて全体面積の3分の2以上が墓地ではない自然な空間になっており、かつ都道府県知事に認可された墓地を言います。墓園は都市公園のうちの「特殊公園」に分類されます。
墓園の場合は豊かな自然の中に広大な敷地を持つことが多く、園内は区画の近くまで車で移動できます。
お墓以外にもレクリエーション施設や森林浴のスポットがあり、お墓参り以外でも利用されます。

日本で初めての公園墓地は、大正12年4月1日に開園した都立多磨霊園です。
また、大都市の人口が爆発的に増加し始めた昭年30年代からは、都市の中に墓地を作ることが難しくなったため、郊外に設置されるようになりました。

2.公園墓地の特徴

では公園墓地にはどのような特徴があるのでしょうか

2-1.宗教を選ばない

1つは、ほとんどの公園墓地は宗教不問であるという点です。

寺院の境内にある墓地の場合は、ほとんどの場合でその寺院の宗派に帰依している人しか埋葬できません。
対して、公園墓地は利用者の宗教を限定していない場合が多いため、どのような宗教を持っている人でも埋葬することが可能です。
もちろん無宗教の人でも利用できます。

2-2.明るい場所で緑豊か

多くの公園墓地には植木、並木道、腰掛けて休める東屋やベンチなどが設置され、緑地には季節の花があふれています。
ですからそのような自然を求めて多くの人が墓参以外の目的でも訪れます。

中にはお墓参がてらお弁当を持ってきてハイキングをする人たちもいますし、春になればお花見をする人も、墓参ではなく散歩する人も、あるいは自然を求めて写生をする人もいます。

さらには多くの公園墓地には広場が設けられいますので、そこでフットサル大会や幼稚園の運動会が催されることもあります。

2-4.民営霊園と公営墓地がある

公園墓地の運営主体は主に都道府県などの自治体ですが、そのような公営墓地だけではなく、一般の企業が認可を受けて運営する民間墓地もあります。

民営の公園墓地には「~ガーデニング霊園」といった名称がついている場合が多いです。
民営の場合は、施設に対する投資も積極的なので、庭や建物をヨーロッパ風にしたり、あるいはバラ園などのように整備しているところもあります。

3.公園墓地のメリット・デメリット

公園墓地は以上のような特徴を持っていますが、そこにはメリットもあると同時にやはりデメリットもあります。
そのメリットとデメリットを整理して解説します。

3-1.公園墓地のメリット

まず公園墓地のメリットは以下の通りです。

3-1-1.明るく楽しい雰囲気でお参りできる

一般的な墓地のイメージは暗くてじめじめしていることがあります。
しかし公園墓地は上でも挙げたように開放的な空間で、自然も多く、レクリエーション施設も併設されていますから、お墓参り自体に非常に明るいイメージを与えてくれます。

お墓参りと併せてハイキングなどを行えば、お子さんでもお墓参りを楽しいものだとして歓迎するでしょう。

3-1-2.埋葬する人を選ばない

公園墓地は無宗教の場合が多く、どのような宗派の人であろうと、どこの国籍を持っている人であろうと、一緒に埋葬できます。

寺院墓地や宗派が限定されている墓地では、家族のうち1人が自分の家の宗教とは別の宗教に帰依してしまった場合、一緒に埋葬することはできません。
しかし公園墓地であれば、違う宗教を信じてる家族も一緒に埋葬することが可能です。

3-1-3.多くの公園墓地はバリアフリー

公園墓地の多くはバリアフリー設計になっています。
ですからお年寄りや車いすの人でも安心してお墓参りができます。

3-2.公園墓地のデメリット

このようにメリットが多い公園墓地ですが、やはり以下のようにデメリットも存在します。

3-2-1.年間管理料が高い傾向にある

公園墓地と言えばほとんどの場合で設備が充実しているため、その分メンテナンスのための年間管理料がやや高めになることがあります。
ただしお寺との付き合いはないので、不定期にお布施を納める必要が出てくることはありません。

 

3-2-2.自然豊かな立地では敷地が広すぎることも

郊外に造られるような大規模な公園墓地の場合は、土地がかなり広いことがあります。
入口からお墓がある区画まで何十分も歩くということもよくあります。
大抵敷地が広い場合は園内バスなどがありますが、時間に合わせてお参りに行かなければならないという不便もあるでしょう。

4.公園墓地には一般のお墓以外もある?

一般的な墓地というと、墓石が整然と並んでいる印象がありますが、公園墓地にはそうでないお墓が用意されていることもあります。

樹木葬や、永代供養墓などのお墓が用意されていれば、墓石を建てられない人でも公園墓地を利用できます。

4-1.樹木葬

1つは樹木葬墓地です。
樹木葬とは墓石も設けず、1本の樹木の下に遺骨を納める埋葬方法です。
公園墓地は自然が豊かなので、一般の墓石が並ぶ区画とは別に樹木葬専用の区画が設けられているところもあります。

4-2.永代供養墓

永代供養墓とは、墓地の管理者が承継者が絶えた後も供養を続けていくお墓のことです。
一般的には遺骨はほかの人と一緒に埋葬され、その上に共通の供養塔などが建てられます。
公園墓地の中には、一般の個人墓、一族墓のほかに、このような永代供養を行うお墓も存在します。

ただし、公営の公園墓地には永代供養墓はありません。
これは、自治体が供養のために特定の宗派を選ぶことが出来ないためです。
公営の場合は、立体埋蔵施設などの施設があり、期限後は無縁塚に埋葬されます。

5.公園墓地はどんな人に向いている?

公園墓地は以上のような特徴やメリット、デメリットがありますので、すべての人に向いているわけではありません。
公園墓地を選定するのに向いているのは、以下のよう人たちです。
・比較的、資金に余裕がある人
・明るい気分でお墓参りをしたい人
・子供も楽しめるようなお墓参りがしたいと思っている人
・宗教色を感じない墓地を探している人

6.まとめ

お墓にはいろいろな種類がありますが、その中の選択肢の1つが公園墓地です。
明るい雰囲気に包まれて眠りたいという方は、ぜひご検討されてはいかがでしょうか。