お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

納骨堂と永代供養の違いを分かりやすく解説します!

東京徳純院の画像4

跡取りがいないのでお墓を継いで行けない・・・という問題にあたった時、解決方法を調べていると、「納骨堂」や「永代供養」などの言葉が出てきます。

どちらも同じタイミングで出てくることが多い言葉ですが、どんな違いがあるのでしょうか。

今回の記事では、「納骨堂」と「永代供養」の違いについて解説します。

 

 

1.納骨堂と永代供養の違い

そもそも、「納骨堂」と「永代供養」では、比べる土俵が違います。

納骨堂は、お墓の種類です。
屋内の専用スペースのようなところに遺骨を安置するタイプのお墓を納骨堂と言います。

一方で、永代供養は、お墓の管理形態を言います。
お墓の承継者がいなくなった後も、お寺などの墓地の管理者が、遺骨の供養を続けてくれることを「永代供養」と言います。

つまり納骨堂と永代供養とは全く別のカテゴリーの話なのです。
「納骨堂」と「永代供養」の2つを比べることは、「チューリップ」と「赤」を比べるようなものなのです。
赤いチューリップもありますし、赤くないチューリップもあります。
また、チューリップ以外でも、赤いものはあります。

同様に、永代供養が付いている納骨堂もありますし、永代供養が付いていない納骨堂もあります。
また、納骨堂以外でも、永代供養が付いているお墓はあります。

2.納骨堂で永代供養をしてもらう場合の費用

では、永代供養が付いている納骨堂の費用はどれくらいになるでしょうか。

具体的には、以下のような費用になります。

・1人用納骨堂 30万円~50万円
・家族用納骨堂 100万円~120万円
・年間管理費 0円~1万8千円

これらを合わせると、一般的な納骨堂に埋葬して永代供養にした場合の費用は、最低で30万円、最高で180万円程度になります。
この金額はお墓を建立した場合の費用相場である150万~300万円と比較しても相当に安くなります。

3.永代供養とは何か

永代供養とは、墓地の管理者に遺骨を供養し続けてもらえるシステムです。
永代供養について、詳しく解説していきます。

3-1.跡継ぎがいなくてもお墓を持てる

永代供養の最大の長所は、跡継ぎの心配をしなくていい点です。
それは、お墓の跡継ぎがいなくなってしまった後も、お寺などの墓地管理者が、お墓の供養を続けてくれるためです。

具体的にどういった供養がなされるかというと、お盆やお彼岸の合同法要などでお経があげられます。
場所によっては、回忌法要の年や命日にお経をあげてくれるところもあります。

もし永代供養が付いていない墓石のお墓を買った後に、お墓を引き継いでいく人がいなくなったらどうなるでしょうか。
お墓は誰もお世話をしないので草は伸び、石は朽ちて、荒廃してしまいます。
これを、俗に「無縁墓」、無縁墓に祀られている人を「無縁仏」と呼びます。

なので、お墓の承継者がいないけどお墓を買いたい場合は、永代供養付きのお墓がおすすめされます。

3-2.個別での安置期間に注意

永代供養のお墓には、多くの場合「個別安置の期間」が定められています。

仏教では、33回忌や50回忌などの弔い上げに合わせて、遺骨は合祀のお墓に移動されます。
合祀墓とは、他の人の遺骨も一緒くたに埋葬されるお墓のことを言います。
大きなお墓の中に広い納骨スペースがあり、そこに遺骨をまいたり、袋に入れて納めていくイメージです。
もちろん、最初から合祀の永代供養墓もあります。

つまり、永代供養墓を買った場合は、原則最終的には合祀になると考えてください。
ただし、合祀のお墓に入った後も合同法要などで供養は続けられます。

ごくたまに、永久個別で遺骨を管理してくれるところもあります。
永代供養が良いけれども合祀は嫌だという場合は、そういったところを探してみましょう。
永久個別で管理してくれるところは、おおむね最初に「永代管理料」というものを一括で納めます。
多くの場合、永代供養付きのお墓は個別安置期間分の年間管理費を納めます。
対して、「永代管理費」は「永代に渡って(存続する限り)管理してもらう費用」となるので、これを納めると、墓地が存続する限りは個別で管理してもらえます。

3-3.永代供養と永代使用権の違い

永代供養と混乱するのが、似た言葉である「永代使用」または「永代使用権」です。この2つは全く異なります。

永代使用権とは墓地の使用権のことです。
一般的には「お墓を買う」という言葉をよく使いますが、実は墓地は買うものではなく「借りる」ものです。
ただし管理料を支払っている間は無期限に利用権利があります。
その無期限に借りることを「永代使用」と言い、その権利を「永代使用権」というのです。

対して「永代供養」は永代に渡って供養を続けることを言いますから、この2つは全く違うことを指します。

3-4.永代供養墓の種類

永代供養をする場合、選べるお墓にはいろいろな種類があります。

3-4-1.合祀墓

故人の遺骨をほかの人の遺骨と一緒に埋葬するお墓でを合祀墓と言います。

合祀墓は墓所内に設けられる場合が多く、屋外にある場合は「永代供養塔」という名称を使うこともあります。
納骨堂など屋内の施設に設けられる場合は、地下あるいは半地下に遺骨を埋葬する納骨室を設け、その上に仏像などの像や供養塔などを建てる形なども見られます。

3-4-2.納骨堂

次に詳しく解説しますが、納骨堂も永代供養付きのものが多くあります。
納骨堂とは、屋内に収骨スペースを設け、そこに遺骨を安置していくものです。

ロッカー式のものがメジャーですが、仏壇型や、最近出てきたマンション型のものなど、種類は多様です。

3-4-3.樹木葬

墓石を建てずに、墓標を樹木にするお墓を樹木葬と言います。
墓地の許可を得た山林に埋葬する「里山型」と、都市部に公園のような墓地を整備する「公園型」があります。
公園型のものでは特に、小さな墓石のプレートなどを置くことが多いでしょう。

なお、樹木葬で「合祀」と言われた場合は、一本の木の根元に複数の遺骨を埋葬し、墓石などを置かない場合が多いです。
ただし、遺骨を埋葬する穴はそれぞれ別に設けられることが多いので、遺骨が他人と混ざることは少ないでしょう。

参考:樹木葬ってどんなお墓?種類やメリット・デメリットを解説

3-4-4.その他の永代供養墓

この他、オブジェのようなものを設けてそこに収骨していくタイプの永代供養墓もあります。

またこれとは別に、「有期限墓」「レンタル墓」と呼ばれるものもあります。
一見普通のお墓と変わらないもので、墓石も建てます。
ただし、初期費用にお墓の撤去費用が含まれていること、使用期限が決められていることが普通のお墓と違います。
跡継ぎがいるうちは使用期限を延長できることが多いでしょう。
使用期限後は、合祀のお墓に埋葬されて供養されます。

4.納骨堂とは何か

屋内の専用スペースに遺骨を納めていくお墓が納骨堂です。
ここでは、納骨堂について詳しく解説していきます。

4-1.納骨堂の定義は

「納骨堂」とは、その文字面の通り、遺骨を納める建築物や施設のことです。別名を霊廟とも言います。
「墓地、埋葬に関する法律」の中では納骨堂は「他人の委託を受け焼骨を収蔵するために納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設」と定義されています。

納骨堂が設けられる場所は、寺院墓地や霊園などの一画の場合と、墓地とは別の場所に独立した納骨堂としてビルなどを建てる場合があります。

4-2.納骨堂の種類

納骨堂にはいろいろな種類があります。

4-2-1.棚式

1つは棚式です。
棚式の納骨堂の歴史は古く、かつてのイメージでは納骨堂というと棚式です。
棚式は建物の壁や仕切りに棚を設け、骨壺並べて安置する方式です。

4-2-2.ロッカー式

ロッカー式とは、壁面にコインロッカーのような個別の納骨スペースを設けて遺骨を安置する方式です。
基本的には扉があり、鍵が渡されますから建物が開いている時間帯であれば、遺族は自由にお参りすることが可能です。

参考:ロッカー式の納骨堂とは?メリット・デメリットを解説!

4-2-3.仏壇式

仏壇式とは、個々のスペースに仏壇と同様のものが設置され、その上段に位牌、下段に遺骨を納骨する方式です。
仏壇と同じ形状なので、焼香具、花立て、ロウソク立てが置け、通常のお墓参りと同じつもりでお参りができます。

4-2-4.自動搬送式(マンション型)

自動搬送式とは、専用の参拝ブースに遺骨を機械で呼び出してお参りする納骨堂です。
遺骨は普段バックヤードに収蔵されていますが、収蔵スペースに場所を取るため、見た目がマンションのように高くなっていることが多いです。
そのため、マンション型などとも呼ばれます。
カードを受付機はリーダーにかざすと、遺骨を収蔵した厨子が運ばれてきます。

参考:マンション型のお墓がこれで分かる!費用やメリット・デメリット

4-2-5.位牌式

位牌式は、位牌下部の台座などに収骨スペースをつくり、そこに遺骨を納めて安置していくタイプです。
比較的安価に利用できます。

4-3.納骨堂のメリット

納骨堂には以下のメリットがあります。

4-3-1.管理の手間がかからない

納骨堂は建物内なので、風や雨によって汚れたり劣化したりすることがありません。
屋外のお墓の場合は墓参時に掃除をしたり、場合によっては改修が必要になりますが、納骨堂であればそれらは全く不要です。

4-3-2.天候に関わらず墓参できる

屋内でお墓参りができるという点で言えば、どのような天候でもお墓参りが可能だということとイコールです。
特に最近の納骨堂は冷暖房が完備されているので、暑い夏でも極寒の冬でも快適にお墓参りができます。
トイレも完備されていますし、多くの場合はバリアフリーにもなっています。

4-3-3. お墓と比べて費用が少ない

一般的な墓石のお墓を建立すると、費用は150万~300万円程度が相場です。

ですが、納骨堂は墓石を建てない分、費用を抑えることができます。
ロッカー式であれば50万円前後、マンション型や仏壇式であれば100万円弱で購入できます。
棚式や位牌式になると、中には10万程度で購入できるものもあります。

4-3-4.交通アクセスが良い

お墓の場合は、非常に交通アクセスが悪いこともあります。
しかし納骨堂の場所は最寄り駅から徒歩圏だったり、多くの交通機関が利用できる都心にあることが多いので、交通アクセスのよい場合が多いです。
したがってお参りもしやすいでしょう。

4-3-5.墓地管理者によってはどのような宗派でも納骨が可能

寺院墓地に併設された納骨堂の場合はその寺院の宗派でなければ納骨できませんが、民営や公営の納骨堂であればどのような宗派であっても納骨が可能です。
特に、家族の中で1人だけ家の宗派とは別の宗教に帰依してしまった場合、寺院墓地の納骨堂では一緒に埋葬できず、問題が発生します。
しかし民営、公営の納骨堂であれば、どの宗派を信じていても同じ納骨堂に埋葬できます。

ただし、公営の納骨堂の場合は永代供養が付いていないことに留意してください。
自治体は、供養のための宗教を選ぶことができません。
なので、お参りに来る人がいなくなると、誰も読経などの供養をしてくれなくなります。

4-3-6.家族代々利用できる

仏壇式やお墓式の納骨堂であれば、個人ではなく、家族代々使用できます。
その点では墓石を設ける一般の墓地と同じです。

4-4.納骨堂のデメリット

一方納骨堂には以下のようなデメリットがあります。

4-4-1.自由にお墓参りができない場合がある

一般のお墓であれば、いつでも自由にお墓参りが可能です。
その気になれば、深夜のお墓参りもできるでしょう。
しかし納骨堂の場合は開いている時間が限られているので、深夜や早朝などにお墓参りをすることができません。

さらに納骨堂の種類によっては、共同の参拝所でのお墓参りになるので、通常のお墓のように故人に線香や花を手向けることもできません。

4-4-2.いずれは合祀になる

納骨堂の場合、個別安置期間の終了後や跡継ぎがいなくなった後、遺骨は合祀墓に埋葬されます。
一度合祀にすると、遺骨は二度と取り出すことができません。
後で遺族が新たにお墓を作ったので一緒に埋葬したい、遺族が引っ越すので移転先に近い場所に改葬したいとなっても、対処の使用がありません。

5.まとめ

納骨堂と永代供養の定義と、その違いが明確に分かっていただけたのではないでしょうか。
納骨堂はお墓の種類、永代供養は管理形態の種類です。

ただし公営でなければ、お墓として売り出している納骨堂にはほとんどの場合永代供養が付いています。
また、永代供養墓を検討するのであれば、納骨堂以外にも樹木葬や合祀墓などの選択肢もあります。

どういった条件が良いかを考えて、理想のお墓選びをしましょう。

納骨堂をお考えの方へ

お墓さがしでは全国のお墓を紹介しています。
納骨堂をお探しの方は、是非こちらからお近くの納骨堂を探してみてください。

全国の納骨堂を探す
全国の納骨堂を探す