お墓の情報発信マガジン

お墓に関する知識・ニュースなどを発信

【お一人様のお墓】独身女性・独身男性はどうする?

お一人様

生涯未婚率が男性23%、女性14%という数字が出てくるようになり、生涯を未婚で終わらせる人々も多くなってきました。

その理由としても時代の流れや、女性の自立など様々な内容が考えられます。

その中で注目されているのが「お一人様のお墓」ではないでしょうか。

跡を継ぐ者が居ない場合のお墓の用意の仕方、そもそもお墓は必要なのか?

お墓に関する疑問などを人々のコメントからひも解いていきます。

そもそもお墓って必要なの?

お墓の意味とはなんでしょうか?

現在では「残された者が故人を弔うために建てる」という意味合いが強く「残された者」がキーワードになっています。

お一人様の場合、その「残された者」がいない為に、お墓に対する考えが異なるのではないでしょうか。

現在は、旧来の墓地を用意しお墓を建てるという方法以外にも、草木と眠る樹木葬や、永代供養墓、散骨なども出てきています。

ツイッターからお墓に関してのコメントをピックアップしてみました。

多くの方がお墓に関するなんらかの不安、疑問などを持たれているようです。

独身者のお墓の選択肢について

では、お一人様の場合のお墓の選択肢を考えてみましょう。

ここで重要視されるのが「永代供養が付いているか」という事になります。これはお墓の詳細を見るときに書いてある「永代使用料」とは別物になりますのでご注意下さい。

永代供養とは
永代供養とは感じの通りに、「永代に渡り供養してもらえる」という意味になります。
これはまさしく、後継ぎが居なくても、誰もお参りに来てくれなくてもお坊さんが代わりに供養して頂けるのです。
勿論、お坊さんの世代が変わっても何世代も供養して頂けるという意味合いも込められています。

永代使用料とは
永代使用料は、墓地を購入する際に「永代に渡り使用が出来る」というものになります。
「使用」に対しての権利であり「供養」に対してのものではありません。
その為、「その墓地は何世代にわたっても使用していく」という前提の為、後継ぎが必要となってきます。

こういった事を考えると独身女性・独身男性の場合は基本的に「永代供養」が備わっているお墓のタイプを検討する必要があります。

では、早速内容を紹介してきます。

樹木葬


【相場】30万~60万
【永代供養】あり
名前のまま考えると、樹木と関係がありそうな内容ですが現在ではお花や草木の下に納骨するスペースを設けてあるお墓になります。

この場合は、墓石を使ったお墓を建てる費用がないので、価格的にも安価に収まります。

その他にも、お骨を特殊な骨壺に入れて将来は自然に還る事が出来るタイプもあります。

冷たい石の中では無く、自然と共に眠りたい方にはお勧めではないでしょうか。

●全国の樹木葬はコチラ

永代供養墓


【相場】3万~50万
【永代供養】あり
このタイプは昔からあり、みなさん一緒の場所にお骨を収め供養されるタイプです。

納骨にも二通りありますが、合葬タイプと個別タイプです。

合葬タイプ

合葬タイプの場合は、骨壺からお骨を取り出して皆さんと一緒の場所に埋葬されます。

このタイプであれば非常に価格も安価であり10万円以下もあります。

個別タイプ

個別アイプは、それぞれにスペースが用意され骨壺のまま納骨が出来ます。

しかし、場所によって異なりますが契約期間を過ぎると、合葬と同じように皆さんと一緒の場所へ骨壺からお骨を取り出され埋葬されます。

●全国の永代供養墓はコチラ

納骨堂


【相場】40万~90万
【永代供養】あり
納骨堂は基本的に室内の納骨壇に個別に納骨されるタイプになります。

最近は納骨堂も様々な種類が誕生しており、煌びやかなものや、マンションタイプ、などなど幅広い選択を行えるようになりました。

●全国の納骨堂はコチラ

代々のお墓に入る


【相場】少額経費のみ
【永代供養】なし
一番手軽なのが、代々のお墓に入る事です。
一件、経済的にも一番良い選択のように思われるかもしれませんが、いくつかの問題があります。
それは、お墓を守ってくれる人が居ない為に無縁仏になってしまうという事です。
また、お墓を維持するために多少なりにお金が発生する為にその部分をどうするか霊園・墓地側と交渉する必要があります。

他にも兄弟がいる場合に、「お墓を継ぐのは長男」という考えが多いのが実情です。
その時に、他の兄弟が入っていいのか?等の事を家族で話し合う必要があります。
その場合も、残された人々の為の費用の問題等の話も出てくるかと思われます。

友達と一緒にお墓に入る

友達
【相場】130万~
【永代供養】選べる
以前は血族の方のみでしか、同じお墓に入る事が出来ない場合がほとんでしたが、最近は友達同士で入れるお墓も出ているのです。

友達や、同じ趣味を持つ者たちが集いお墓を購入し、残されたものがお墓を守り、その後は永代供養されるというのも可能なのです。

散骨

散骨
【相場】3万~30万
【永代供養】なし
お骨を粉骨し、海などに撒く方法です。

海洋散骨などは人気を博しており、海が好きだった方や自然と一体になりたいという方からの注目も集まっています。

場所も沖縄やハワイなども可能です。

他にも宇宙葬と言って、宇宙にお骨を届ける方法などもあります。

以上が、ご自身が亡くなった後のお墓の選択肢です。

もしお墓を用意せずに死んだらどうなるの?

もし、突然の病などで倒れそのまま亡くなった場合はどうなるのでしょうか?
本来であれば、そのお骨は遺族に返されます。

しかし、遺族もおらず故人一人だけの場合は、各自治体が管理される無縁塚に埋葬されるのです。

これは、同じような境遇でお骨を引き取ってもらえない、身内が居ない等の問題で自治体に引き取られたお骨の集合場所になります。

まとめ

独身者にとってお墓というのは遠い存在のように感じますが、亡くなった後はどこかに入らなくてはいけないのです。

その為、生前のうちから早めにお墓の事を考える事が重要になってきます。

ただ、その中で考えるべき事としては確かに独身ではあるかもしれませんが、兄弟や友達がお参りに来てくれる事もあるのでは無いでしょうか。

お墓の形が変わっていく中でも「お墓参り」という行為は、変わらずに残っています。

故人を思う気持ちがあるからこそ「その場所」が必要なのではないでしょうか。

ご自身が最後に眠りにつく場所を考えられてみては如何でしょうか。